第24回 ゆきのまち幻想文学賞 授賞式に行ってきました☆

 
 
ドグ子でーす! 土偶のゆるキャラとして、土曜日は八甲田ホテルの第24回 ゆきのまち幻想文学賞の授賞式に行ってきました☆ 授賞式の朗読会、本当にすごかったよー☆ ドグ子、もう物語に入り込んじゃって泣いちゃったYO! 
 
ドグ子は本読むの苦手なんだけど、人に読んでもらうのは大好きなの。だから1年に一回、萩尾望都先生に会うためっていうのもあるけど、ゆきのまち幻想文学賞の朗読会で、音楽と朗読を聞かせてもらうのを自分にだけのプレゼントにしているの☆ 本当に今回も、朗読がすごく良かったんDAYO~! 涙が止まらなかったDESU!
 
 
写真はゆきのまち幻想文学賞の授賞式が行われる八甲田ホテルです☆ 授賞式のパーティーでドグ子、徹夜で練習した「ももクロが自己紹介の途中で間違ってXJAPANのTOSHIさんになってしまう」をやりたかったんだけど、ネタが飛んじゃったの!
 
それで、一生懸命練習した「転んで泣いてる子どもの前に運良くルー大柴さんが現れてちょっといいことを言ってくる」をやったんだけど、さすがに文学賞の授賞式だけあって、一発ギャグの反応は微妙だったんDAYONE~!
 
 
賞を取られた方も、そうでない方も、本当にみんな物語を作る力を持っている人達ばかりだから、頭の向こうにバックボーンみたいな世界が雲みたいに浮いているのが、ドグ子には見えるのね。ここには100人くらいの人がいるけど、その上に100個以上の世界が浮いているのが見えるのYO
 
その幻想の世界に土偶のOLとしてお邪魔出来たこと、本当に嬉しく思います☆ また来年もドグ子遊びに行くから、ゆきのまち幻想文学賞のファンのみんな、また素敵な物語を書いて、来年会場で会おうYONE~! ドグ子待ってるからね☆ 
 
ドグドグ~!!
 

返信数:2

この記事へのコメントはRSS 2.0フィードで確認できます。

Both comments and pings are currently closed.

  1. 久作 より:

    おひさしぶりです。授賞式のことは新聞で知っていましたがまさか、スイッチさんがいらしゃったとは、いや、ドグ子さんがいらしゃったとは、書いてありませんでした…みんなが脳内宇宙をもっているんでしょうね。下ばかりみているとそんなことも忘れてつかれてしまうんでしょうか?顔はあげていきたいとおもいました\(^o^)/

  2. yamadaswitch より:

    久作さん

    お久しぶりです(^O^)
    幻想文学賞、中身盛りだくさんでした!
    山上進さんの演奏もあり、バイオリン演奏やソプラノ歌手の方、
    もりもりっとして華やかでした。
    世の中は、意味がわからない方が面白いなと感じたので
    また新聞に書きますね。☆