育児日記強化週間その10。まるで奇跡を見るようだ。

♪ 腹出してイェイ!イェイ!

腹出してイェイ!イェイ!

かわいいあの子もイチコロさ。

 

第285回 まるで奇跡を見るようだ。 

 

マペ次郎の中耳炎が、治りました! 

耳の治療は長くかかると聞いて覚悟を決めて、 

この1ヵ月間は2日に1度耳鼻科に通ってましたが、 

とうとう、中耳炎が治りましたー! 

何故か時を同じくして、師匠の虫歯も歯医者さんで完治しまして。 

お医者さんに行けば治るのは当たり前のことなのかもしれないのだけど、 

2人同時に治ったせいで、まるで奇跡をみるような気持ちです。 

明けない夜はないって、本当のことだったんだなあ…。 

何故か、私の通っていた耳鼻科ではお年寄りが多かったので、 

アイドル並みに可愛がられていたマペ次郎。 

何故かよその知らないおばあちゃん達に向かって、 

「イェイ! イェイ!」と自分のおなかを出しながら近づいていきます。 

自分の1番可愛いところ(おなか)を出しながら1歳児が「イェイ! イェイ!」と近づいてくるんですから。

は構わずにはいられなくなりますよ。 

 

待ち時間をおばあちゃん達と遊んでもらえたおかげで、非常にラクに過せました。 

小児科となると、こうはいきません。風邪引きの子どもばっかりですから。 

ここ1ヶ月間を病院通いで過ごしてわかったのですが、 

どこの病院も朝一番って、1番込むんですね。 

午前9時から11時が1番混んでいて、11時に突然空くんですよ。 

もしも急な発熱とか痛みのない場合は、午前中は11時頃、 

午後は3時頃に行くと嘘みたいに空いているのでオススメです。 

 

さて。奇跡的なことというのは、まとめて起こるようで。 

同じ日にもう一つ奇跡が起こりまして。 

6ヵ月前に卒乳したマペ次郎に、 

未だにオッパイを吸われていたスイッチかあさんは 

「痛い痛い! もうやめてー!」と、寝ぼけてオッパイを吸い続ける吸血息子を、 

どうにかして引きはがしたいと思っていたのですが、離れませんで。 

それが、昨日の夜に「オッパイ飲む人ー!」と声をかけたら、 

「ハイ!」とマペ次郎が手を挙げるので、 

「ええっ飲むの~!?」と言ったら「んげんげ!」と笑うというのを 

繰り返しているうちに、「あれ? どうやらこの子、 オッパイを飲んでいるっていう自覚があるんじゃないかしら?」

と思いまして。 「オッパイ飲まない人ー!」と言っても「ハイ!」と手を挙げるマペ次郎ですが。 

「オッパイ飲む人ー?」でまた「ハイ!」と手を挙げるというのを 繰り返していたところ、

自然に「やはりもう、この歳(今月2才) でオッパイというのは恥ずかしいものなのかも」

と、本人自ら悟ったらしく。 なんと、マペ次郎は自分でがまんして、オッパイをやめてしまったのです! 

「ま、まるで奇跡を見るようだ…」 

と、オッパイを吸われなかっただけで奇跡を 

感じられるようになった私は感動して言いました。 

こんなで奇跡を感じられるなんて。 

本当にお得な人生です。

 

 

※※※この画像(記事)は、陸奥新報社提供です。無断転載はできません。※※※

その他の記事はこちらから→陸奥新報掲載記事

ページ左上の山田スイッチ社のところからも見れます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 

返信数:3

この記事へのコメントはRSS 2.0フィードで確認できます。

Both comments and pings are currently closed.

  1. yamadaswitch より:

    だけど、この後またオッパイ飲み始めちゃったんだよねえ……。

    奇跡は起こらないのか。

    いやしかし、全部奇跡だと思って暮らせば

    生きてるだけで奇跡ですよ。

  2. おふく より:

    なんだか、自分を見ているような日記。。
    2歳で断乳したはずの娘ッ子が、
    未だにぱいちゃんちゅうちゅうしている
    幻を見ています。。。
    いや、幻じゃない!現実だ!
    あれ?!8カ月前にやめたよね!???

    娘ッ子、にやりです。。

  3. yamadaswitch より:

    おふくさん

    子どもって、どこまでもおっぱい好きですよね-!
    女の子でもそうなんだなあ。
    次男坊は今、おっぱいさえあれば何もいらなそうな状態ですが、
    こんな状態も長くは続かないんでしょうね。笑