育児日記強化週間その4。パンダ、ねてるねえ。

どうしても師匠にゾウを見せたくなった私は

猛暑なのに、家族を引っぱって上野動物園を訪れたのでした。

ケンさん暑いの大の苦手なのにね

猛暑さなかみたゾウの姿は・・・

第119回 パンダ、ねてるねえ。

師匠とケンさんと三人で、お盆に上野動物園へ行ってきました!
何故お盆の帰省ラッシュの最中に、上京しなければならんのか…。

その日、東京の気温は三十五度
午後二時には光化学スモッグ警報まで出たのですが、
師匠にゾウを見せたい一心で新幹線に乗り、やってきました、上野動物園!

ケンさん「いいか?見るのはゾウじゃない、師匠だ!
ゾウを見て喜ぶ師匠を見にいくんだ!
私「ラ、ラジャー!」
師匠「ゾウさん見るんだよ、な!」
毎日のように「新幹線でゾウさん見に行くよ~」と唱え続けたところ、
師匠はまんまと暗示にかかって、わくわくしながら動物園に突入しました。
入り口にレンタルのベビーカーを見つけ
「ひい~、ありがたや~なんまんだぶ、なんまんだぶ!」と、
ベビーカーに師匠を乗せ、いざ出陣!旅先のベビーカーはありがたいです。
パンダ舎で初めてパンダを見る師匠。「パンダ、ねてるねえ」
って、パンダが暑さで横になってるよ! 

そう。炎天下の午後の動物園といえば、
やる気のないパンダとライオンに決まっています。
しかし、ゾウは違う!ゾウは暑い時こそ水浴びを欠かさないものです。
スイッチかあさんはゾウが好き。ゾウとかカバとか、キリンとか。
想像を絶するほど大きな動物が大好きなんです。
キリンの歩き方とか、あの大きさの歩行は同じ生き物とは思えない。
歩き方を見ているだけでも芸術を見ているような、そんな感動をもたらします。
「師匠、ゾウだよ、ゾウ!」
「ぞうさん、ねてるねえ!」
…ゾウまでも…!?

どうやらゾウは寝転がって、飼育係のおじさんに、
背中をマッサージしてもらっていたみたいです。
ああ、いかん。
このままでは動物園の動物は寝てばかりという印象を子供に与えてしまう。
しばらく見ていたら、ゾウは立ち上がって、
鼻でホースの水を自由に操り始めました。
師匠「ぞうさん、水浴びしてるねえ!」

そうだ、それが見せたかったんだ!
この後、師匠はトラの迫力に、「こわいよー」と言って私にしがみついてました。
ケンさんが暑さで倒れそうになりつつも、
休憩所で涼んで水分を補給して、無事に炎天下の動物園を回り切ったのでした。

旅行は、家族の絆を深めますね。
だって、旅先じゃ子供を守らなきゃって気持ちに、自然になるから。
「何が一番楽しかった?」
師匠にそう聞くと、彼は元気に、「トーマス!」と答えたのでした。
トーマス…!?トーマスってあの、百円入れると動くトーマスの乗り物か!?
動物園の外にあったやつか?
そんなの、さくら野にだってあるじゃんよ! 

普段硬貨を入れる乗り物にお金を入れない山田家は、
手動で動かして(揺さぶって…)乗せるので
旅行で奮発してお金を入れてもらい、動くトーマスに乗せてもらった師匠は、
それが一番嬉しかったみたいです。
 

 

※※※この画像(記事)は、陸奥新報社提供です。無断転載はできません。※※※

その他の記事はこちらから→陸奥新報掲載記事

ページ左上の山田スイッチ社のところからも見れます。