脳の本二冊

年末に、脳の本を二~三冊読んでいたら

意外な事実が次々と出てきて

びっくりしているドグ子です☆


喜びを司ったり、人のやる気を出させるのが

脳の側坐核っていうところなんだドグけど、

ここはちょっと動きにくい場所なんだドグ。

外からの刺激が来ないと動き出さない。


だからやる気はやらなきゃ出ないっていう。

ちょっとアイドリングみたいに何かやると

やる気って出るものなんだドグ~!


『天才たちの日課』っていう本でも、大体の天才は

仕事する前にむだに電話かけまくったり

手紙描いたり、数式を解く前にリタリンとかの薬飲んだりしていたドグ~☆




それで、悲しいとか恐怖とか

そういうのを司る部分が扁桃体っていうんだドグけど、

扁桃体は勝手にしかもすぐ反応してしまうんだドグ☆

蛇や蜘蛛の写真にすぐに反応する扁桃体は、

実際に蛇を見たことがない人でも恐怖を感じて反応するんだドグ。



それで、感情を固定するのに有効なのが

なんと、睡眠なんだドグって!


嬉しい感情とか、悲しい感情とかの固定や、

眠りによって記憶の取捨選択をして、

いらない記憶(たとえば定食屋さんで出た皿の柄とか)

そういうのを処理して、いる記憶を残すみたいなことを

睡眠によって人は処理しているから

睡眠不足になるといらない記憶を

処分できなくて

イライラしてしまうのだとか。



それで、最近読んで衝撃を受けたのが、

テトリスの効用。

たったの3分間テトリスをすると、欲求の24%を減らせるというお話があって

びび、びっくりしたんだドグ~。


欲求の24%減ってすごくないドグか!?

好きで好きでしょうがない人に会いたくても、

テトリスやったら24%

「会わなくてもいいか。」

になるんだドグ……!



テトリスの何がいいかというと、小さいことを達成することで

脳が得る報酬の大きさなんだドグ。

そして脳に他の物事を思いつかせないというのが

欲求をビジュアル化させるのを防ぐんだドグって!


睡眠が記憶の固定につながり、ゲームが欲求の減少を促すなら、

振られて帰ってきたらすぐに寝ないで、

とりあえずテトリスをやってから寝たほうがダメージは少なくて済む

ってことドグ……!



やる気を出したい時はアイドリングにメールするなり




ブログに日記書くなりして、

悲しい目に遭った時はテトリスやってから眠る。


だけどもっと中島みゆき的に生きたいと思ったら

やっぱりテトリスなんかしないで、

すぐに眠って悲しい記憶の固定に繋げた方が儲かるって

ことだと思うドグ~!


ついしん


中島みゆきの「道に倒れて誰かの名を~叫び続けたことはありますか?」(わかれうた)

って歌詞マジでこわいんだドグけど!!