自家用竪穴式住居 建設予定地

080630_1356~0002.jpg

ここが建設予定地です。

「自家用縄文住居」とは、建築史家の藤森照信さんが
ご著書の「タンポポ・ハウスのできるまで」の中で(恐らく)初めて使われた言葉です。
自家用の縄文住居。
藤森さんが建築に携わる前、本当に趣味で作られた
自家用の縄文住居は。写真で見ると本当に、原始人の家です。笑
建設に際して藤森さんは、「茅で葺くのは本当に大変」と語っておられて、
茅葺き屋根を作る際に結成されていた「ゆい」の存在に思いを馳せておられました。

藤森照信さんが本格的に建築に取り組んだのは、
神長官守矢資料館の建設を依頼されたことがきっかけだそうです。
土の匂いのする建築。
出来上がった建築はまるで遺跡のよう。
藤森さん流に言うと、「自然素材路線をやりすぎた建築」
なのですが、本当に現代ここまでやりすぎれる人がいるのだろうか!?という
ほど、その建築方法はこだわり抜いています。

藤森照信野蛮ギャルド建築 (ギャラリー・間叢書)

¥1,800
Amazon.co.jp

漆喰壁、手拭きガラス、丸太で使うミネゾウ(イチイ)の柱、
屋根に葺かれた鉄平石、半世紀前の割板の技術でできた壁、火で炙った黒い柱、
屋根に植えられたニホンタンポポとニラの花!!

私が藤森建築にハマるきっかけとなったのはこちら、
宮村周子さんの「展覧会リコメン すごはや!アート2.0」です。

宮村さんのブログはとにかく、熱い。
魂の熱さで書いてるね、この人は。

奈良美智+graf AtoZ展でお会いして、ほんの数分お話していたら
ただならぬものを感じしまい。
「ひょっとして、STUDIO VOICEのAtoZ特集の文章、
宮村さんじゃございません!?」
と聞いたところ、ご本人でした。

さてさて。
我が家の自家用竪穴式住居の建設会議ですが。
土曜日に開いて決まったことを箇条書きにしてみますと、
まずは。


①竪穴式住居なので穴を掘る
②穴は30センチ~50センチ。
③掘った土を周りに盛る
④入り口は南を意識して作る
⑤炉は真ん中に石を並べて作る
⑥大きさは10平米以内とする
⑦材料は丸太・藁・縄などの身近な素材で作る
⑧そのために、昔、米作りで使っていたボウガケの棒が余っている家があったら、
棒を分けてもらう。
⑨縄文時代には使われていなかったが、竹も使い勝手が良いので使うことにする
⑩夏に間伐された杉の木の皮が森に落ちているので、
それを拾って来て壁材にする。
⑪中で火を焚くので煙が抜けるところをあらかじめ作っておく
⑫煙突の向きは東西を意識する

などなどです。
まずは、材料集めが一番大変かなと。
そんなわけで、皆様方にお願いがあります。

ボウガケの棒、藁、竹など。
余っている人は至急連絡を!!

竪穴式住居の材料を寄与して頂けた方には、
完成した竪穴式住居にご招待!

お名前・連絡先電話番号などを記入して、
下記のメールアドレスまで送って下さい。
こちらから材料を取りにいきまーす!
(できれば県内の方、お願い致します。あの、
地産地消を目指してますので・・・。)
hirakashi@live.jp

2008年夏、完成予定です。
竪穴式住居、建つのか建たないのか!?
どうぞ宜しくお願いいたします!

山田スイッチ