選挙来ますね。

前回の選挙で、

民主党が圧勝して

そのマニフェストをことごとく守れなかったことにきっとみんな腹を立てて、

第三極に入れるかっていうともうなんだか疲れちゃって、

結局は自民党が圧勝するんだろうなとは思うのですが、

民主党がマニフェストをなぜ守れなかったのかというと、

各省庁で働く官僚の皆さんを、全然うまく使えなかったっていう

大きな理由がありますよね。

 

そうすると、官僚を動かすことができなければ

何党が勝利しても無駄ってことになるの? とケンさんに聞いたところ、

「一度だけうまくいった時があるんず」

というお返事を頂きました。

 

「小泉さんのやった郵政民営化の時はよ、民主党のように官僚を排除するでもなく、

官僚の言いなりになるでもなく、官僚を選んだらしいんだわ。

その時に選ばれたのがあの、ハクビシンを投げ込まれた人だって話だや?」

「こ……古賀さん!?」

 

そんな古賀さんは今、日本維新の会にいるわけですけど、

石原慎太郎とくっついてしまった橋本さんはもう、

なんかやばいぐらいぶれまくっているような気がするんですね……。

みんなの党が合流しなくて良かったなあと思います。

渡辺さんはぶれないね。

 

選挙は、「行かないと各党に一票入れたのと同じことになる」と

ケンさんに言われています。

なので、嫌いな政党があるのなら、その党とは逆の政党に一票入れれば良いと言われ、

まるで逆…まるで逆…と思っていたら

共産党に入れていたということが過去何回かありました。(笑)

 

実を言うとスイッチかあさんはもう、国の政治にさほど興味がありません。

党はそもそもいらないんじゃないかと思っています。

 

これからは、より個人や企業が自分の生活を救うために

がんばらなきゃいけない時代になると思うんです。

やりたいことがあったら個人でやる。

国は借金まみれですから。

国よりもお金を持っていて自分のやりたい支援を自分のお金で行うことができれば、

税金の使い方であれこれ文句言わなくても

済むのかなと。

 

ケンさんに言わせると、今の日本の政治に満足できていても

それは借金の下に造られた満足のいく社会であって

今後どうなるかはわからないものなんだそうです。

借金、1000兆円近くあるんだもんなあ。

 

それを考えると消費税は上がっても文句はないですね。

あとは、いつでも国を捨てられるように

自分を磨くことです。

どこの国に行っても生きていけるように、

生き残るたくましさだけは磨いておかなきゃなあと思うんです。

 

返信数:1

この記事へのコメントはRSS 2.0フィードで確認できます。

Both comments and pings are currently closed.

  1. yamadaswitch より:

    国の借金のことについて。

    ケンさんに「これって踏み倒せないの?」と聞いたら

    「アカンアカンアカンアカン!!! そんな借金踏み倒すような国、
    だれが相手にするねんな!」と
    いろいろ細かく怒られました☆

    すいっち