金環日食の夢を見た

2012年5月21日の朝に、金環日食が見られるのだそうです。

金環日食は、月が太陽の大部分を隠す形になり、

太陽の縁がリング状に輝く現象のことです。 

その報道をテレビで見て、あまりの美しさに夢に出てきてしまいました。

夢の中で私は、縄文友の会の隊長と、koyomiさんと、ランディさんと一緒に

金環日食を観るための縄文会議を開いているのですが、

「あ、もう始まる時間だ」と言って表に出ると、

金色の輪っかになった太陽が空に昇っていたのでした。

 

金環日食について詳しくは、アストロアーツ 金環日食特設サイト を

ご覧ください。

5月21日は特別な日。私の相方の誕生日です。

日本でこれが観られるのは、平安時代以来のことだそうです。