魔法の百均 第2回「かっさプレート発見!」

魔法の百均 第2回「かっさプレート発見!」
 
百円ショップで美しくなりたいと思っていたら、「かっさプレート」を発見しました!
かっさとは、中華圏で昔から行われている伝統民間療法で、経絡に沿ってそのプレートを使って体を撫でさすると、滞った「気」と「血」の流れを整え、新陳代謝を促し、老廃物の排出をサポートするものです。
 
かっさプレートは、ツルツルした手に馴染みのある厚さ5ミリくらいの丸っこい板で、色々な形の物があります。
素材は高いものではローズクオーツ製や、水牛の角を使って作られたものなどがありますが、色々試した結果、水牛の角製でも百均のプラスチック製でも、効果はさして変わらないことがわかりました!
 
老廃物を排出させるためのマッサージなのですが、不思議なことにかっさプレートで老廃物が溜まっているところをこすると赤いアザが浮き出てくるんです。
 
摩擦が起こらないようにボディクリームやオイルを塗ってマッサージするのですが、ただのプラスチックの滑らかな板で撫でるだけで、背中やふくらはぎ、腕など。撫でた場所が赤くなるんですね。
 
特に背中を撫でると赤くアザが浮き出てくるのですが、面白いことに初めて使用する時は真っ赤になって「コレ、体に悪いんじゃないの?」と不安に思っても、そのアザが消えた数日から1週間後にもう一度かっさプレートで撫でると、前ほど赤くならないんです。
 
「ひょっとするとコレは、老廃物がうまく流れたのかも?」
そう思って、試しに息子にかっさマッサージを施したところ、「痛い痛い痛い!」と嫌がるものの(老廃物が溜まっているところがすごく痛い)、翌日には赤みも減り、痛みも消えているんです。
 
3度めにはもう、気持ちいいマッサージとして「コレやって!」とリクエストされるくらいに。
 
かっさは経絡に沿って撫でさするので、背骨に沿って上から下へ、背中の中心から脇腹へ、肩も中心から外側へと撫でさすっていきます。
腕と脚は、内側は下から上へ。外側は上から下へと撫でさすります。
 
さて、このかっさプレートで美人になるためにはやはり、顔もマッサージしなくてはならないのですが。
申し上げましたようにかっさを使うと老廃物が溜まっている場所が赤くアザになりますので、顔のマッサージは力をゆるめて、アザにならないように行います。
 
かっさプレートで顔のリンパの流れを良くするように、オイルやクリームを塗って顔の中心から外側へマッサージし、老廃物を顔のはじっこに寄せたら、今度は上から下へとこめかみの辺りを通って、あごの付け根から首へと流し、最後はリンパの大通りがある鎖骨の内側のラインへと流し込みます。実験結果、気持ち、小顔になった気がします。
 
かっさで美人に。ぜひトライしてみて下さい。
(参考 台湾美容技芸発展協会HP)
 
※※※この画像(記事は)は、陸奥新報社提供です。無断転載はできません。※※※