魔法の百均 第22回「きれいなマニキュアで元気になる」

魔法の百均 第22回「きれいなマニキュアで元気になる」
 
先日の台風の時、なんとなく頭が痛いとか、眠い、気分が沈む…といった症状が出た人、多いんじゃないでしょうか?
百均の魔法使いは気圧が低いと眠気に勝てず、泥のように眠ってしまいます。
眠らないと頭がおかしくなりそうなほど、眠いのです。
 
これに気づいたのはここ数年のことで、すごく眠い時に天気が悪く、気圧が下がっていることが多かったのです。
 
なので台風にもなると通常よりもすごい低気圧がやって来るので、頭は痛いし眠いし、だるいし大変なことになります。
こういうのを「気象病」というのですって!
気象病とは、ウィキペディアによると近年認知されつつある病名で、気象の変化によって症状が出現したり、悪化する病症の総称なんですって。
昔から、「雨が降ると古傷が痛む」っていう人、いましたよね。
気圧が下がると普段、高気圧の時にちょうどよく圧がかかっている私達の身体は、押される力が足りなくなって、血管が拡張しやすくなって不調を起こすのそうです。
 
そこで、百均の魔法使いが一体どういう対策を取っているかというと、「頭痛〜る」というスマートフォン用のアプリを使って、毎日の気圧をチェックしているんですね!
天気予報で天気の悪い日と、低気圧がいつ来るかをチェックするのもいいですよね。
 
そうすると、3日前くらいから低気圧が来るのがわかっていれば、高気圧の間にがんばって、気圧が低い間は思う存分、倒れていられるようにしておくんです。
気象病を持っている人は、「意味もわからず具合が悪い」状態から、「気圧が低くて具合が悪い」ということがわかっただけでも、対策ができると思うんです。
 
実際、気圧が低い時は頭が痛いので、イライラしがちになるところを、「今、天気が悪いから私はイライラしているんだな」と認識すれば、家族や同僚に当たらなくて済みます。
だって、お天気のせいなのですから。
 
気持ちが沈みがちな時、女性だったらマニキュアをきれいに塗ることで元気が出ることってありますよね。
元気な色や優しい色で、気持ちを高める手段がマニキュアだと思うんです。
 
百均に行くと、カラフルなマニキュアが全部108円で売っているんです!しかも、マニキュアを塗る前に塗るベースコートや、仕上げに塗るトップコートも108円なんです。
最近では、マニキュアの仕上げに一滴垂らすと乾きが良く、潤いのある仕上がりになる速乾液まで発売されています。
 
気圧が低くて具合の悪い日は、せめて指先に可愛い色をあしらって、「きれいだなあ、可愛いなあ」と、気分を良くしていきましょう。
きれいな色を見るたびに元気が出ます。
そんな時百均は、心強い味方なのです。
 
※※※この画像(記事は)は、陸奥新報社提供です。無断転載はできません。※※※