Archive for 10月, 2016

縄文んのポケモン作り☆

ドグドグ~! 安芸早穂子さんのワークショップ、「縄文のポケモン作り」に参加してきたドグ~!

土偶作るの最高に面白いドグ! 今日も一日、ドグッとがんばろうね~☆

JOMON FANでの連載がとうとう95回目に! もう8年連載やってるドグ~!

 

 

JOMON FAN で連載中の「あそこのお母さん縄文人だから」はこちら☆

http://aomori-jomon.jp/essay/?p=8679

 

女子仏教トーク、がんばりました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミホコさんとキョウさんが、はるばる遠い青森まで来て下さるということで

これは、なんらかのイベントをやらねばなるまい!


とここ1か月はイベント準備に明け暮れていたんだドグけど、


本ッッッッッ当~~~~に、





やってよかったドグ~~~~!!!!





会話が、こんなに楽しいものだとは。


知っていたけど、知らなかった!!





キョウさんの仏教トークはニコ生で前から聞いてて


「この人、話うまいなあ~」ってずっと思っていたんだドグけど、


まさかキョウさんがこんなに面白い人だったなんて!





恋愛を語らせたら面白さ半端なかったドグ!!





そして、とつとつと語られるのに


その話のブレのなさ。


芯が通った仏教的世界観を持ちながら


びっくりするほどオリジナリティのある


ミホコさんんの語りは、





ドグ子とキョウさんが


「こ、ここに悟られた方がおられる……!」





と驚愕するほどミホコさんの語りは見事だったんだドグ~!





お二人を青森県の一押し温泉


「青荷温泉ランプの宿」にお勧めしたら、


電気もなくWi-Fiもない環境にめっちゃ驚かれてて


「そういえばあそこ、電気通ってなかったんだ……」と


思い出すドグ子のうっかりっぷりもありましたが。(笑)





青荷温泉ランプの宿に、


「強制ネットラマダンの宿」という


新しい名前を頂けましたドグ~。(*´Д`)





当日のカフェはお客様満員御礼で、


1歳と4歳の子持ちのお母さんまで来てくれて


途中、子どもの声とか珈琲の豆を挽く音とか


入っちゃってるんだけど





これもまた、仏教ぽいなと


思ったドグ子でした☆





お話した内容につきましては、


少しずつアップできたらと思っていますドグ!


とにかく今朝は充実感でいっぱいで。


今度は「男女DE仏教トーク」っていうのも


ありだなあと思ったドグ子でした☆





ドグドグ~!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

会場となった白金珈琲さん。ここは、県内唯一、国内でも30数台しかないSLAYERというエスプレッソマシーンが

あるカフェなんだドグ~! 

 

 

 

 

 

 

 

白金珈琲のオーナーさんのご協力により実現した縄文パフェ。(笑)

縄文土器にパフェが入っている仕様☆

トッピングはドングリ、栗、くるみドグ~!

※お店のメニューには縄文パフェがありませんので、ご注意を!

 

明日はいよいよ女子仏教トーーーク!

10月15日(土)の午後2時からニコ生やりますドグ!





アドレスはこちらドグ~!


http://live.nicovideo.jp/gate/lv278300172





30分間のニコ生トーク☆


プリテスの母、ミホコさんと


元祖・女子仏教のキョウさんが


青森初来日!! いや、来青か!





地道にチラシを置いてもらっていた開催場所の喫茶店では


既に定員に達しましたので


当日は熱い会になりそうドグ~!

 

どこまでが運命?

今、異例中の異例と言われる聖人の


聖テレジア(テレーズ)の自伝を読んでいるんだドグけど、





キリスト教でも仏教でもアプローチがすごいなって


思うのは、





すっごいたくさんの人が普通に死ぬところドグ。





里中満智子先生の描いた「ブッダをめぐる人々」


の中でも、


生まれた子供がすぐ栄養失調で死んじゃって


死体を燃やすお金もないキサー・ゴータミー


(痩せたゴータミ―というあだ名)が





死体置き場に赤ちゃんを置きに行って


もう一回赤ちゃんにお別れを言ってくる……! と


思ったら、


野犬に食われてたという





衝撃的な一コマから始まるんだドグ。





で、聖テレーズの親はしょっちゅう妊娠していて


しょっちゅう子ども生んでるんだドグけど、


けっこう病弱で次々に死ぬんだドグ。





この子も死んだ、あの子も死んだ、


辛いと思っていたら今度は6歳まで育った子が死んだ。






しょっぱなからこんな「人、めっちゃ普通に死ぬ」原理を聞かされてくると、


「意味はわからないが神の思し召しなのだろう」





という考え方もあり得る気がしてくるんだドグ。





そう。敬虔なキリスト教徒はどんなに納得がいかないことが


起こっても、


「神様がお望みになった」の一言で納得してしまえるんだドグ。






この世の中には納得できないことがたくさんあるはずなのに、


全ては神の思し召し。望まれるがままに


と考えて生きることは、


完全なる運命論を生きることだと思うんだドグ。





「なぜ私の子が? と考えるなんて、せんなきこと」





そう言ってしまえる人しか


「今を生きる」の境地にはたどり着けないんだドグ。





振られて悲しいのも、子どもが死んで悲しいのも、


病気になって辛く「なぜ、私が?」と思うのも、頭が過去にいる証拠になってしまうドグ。





今を生きる人は、「しょうがないじゃん。次!」


と言って過去から現在へ楽に行ってしまうドグ。


すべてが運命で決まっているならば


ただ今を生きるよりほかがないんだドグ。





でも、生まれた時から「将来何になるの? 何歳までにやるの?」


と聞かれ続ける現代の子に、


運命論を受け入れるのは非常に難しいことだと思うドグ





「そう、運命は努力で変えられる!」





と、常に信じ込まされているからドグ。





「19歳までにアイドルデビューして途中方向転換して


24歳で女優に、その後ニュースキャスターを経て


政界に40歳でデビュー」






とか、なれなかった時に焦らずいる準備ができないじゃないドグか。


運命は努力で変えられるって信じ込まされているんじゃ。


やなせたかし先生はアンパンマンを絵本にしても、


「こんな辛気臭い本、もう書かないでください」と言われ続けたんだドグ。





でも、あるテレビディレクターが保育園で一番ボロボロになるまで読み込まれていたアンパンマンに目を止めて、アニメ化の話を持ち込み、


アニメにされ、ようやくアンパンマンが日の目を見たんだドグ。


その時、やなせたかし先生はもう70歳近くになっていたんだドグ。





でも、





70歳から輝くことが運命で決まっているのなら、


40歳が普通なのも運命で決まってるし、


30歳で焦ることも運命で決まっているはずドグ。






だったら、焦る必要って何一つないんじゃないか? って


思うドグ。





今月は、思いもしなかったことばかり起こる月なんだドグけど、


どれも運命なので、受け入れていこうと思うドグ~!

 

女子仏教トークイベント 遊びに来てね!

先日、10年ぶりに会ったAtoZ展のボランティア仲間の友達が
初女さんの講演で市民会館に900人人を入れるイベントのリーダーだったことを知り、
縄文遺跡に300人とか、まだ甘かったんだな……と思った次第。
 
「人、ギリギリまで来ないよね~!!」
 
「気が狂いそうになるドグよね!」
 
と、プロデュース業をやったことあるもの同士の会話がはずみ、
10年会ってなかったけど
お互いがんばったなあ……って何とも言えない気持ちになりましたドグ。
 
イベントって、来る人も休みが確定するまで
連絡できないから
本当に、ギリギリにならないと
チケット買わないものなんだドグよ。
 
だからギリギリまで、どの辺まで宣伝していいのかは
いつも見極めが大変。
出来る限りのことをしておいて損はないんだドグ。
 
そんなわけで!
 
10月15日、午後二時から四時まで「女子仏教トーク」に来たいと思ってる方は、お早めにご連絡くださいドグ!
 
残り8席になりました。
ケーキセット・エジプト占いまたはプリテス診断付きで1000円という、お得な価格設定となっておりますドグ!
場所は、平川市の白金珈琲さん。
弘前駅城東口より、車で15分です。
 
メッセージまたはメールshop@yamadaswitch.com宛てにご連絡くださいドグ~!(^▽^)/