占いとはシミュレーションのこと。

昨日の夜から朝にかけて
考えていたことがまとまったので、
ちょっとここでメモさせてくださいドグ。
 
ドグ子は、10歳の頃からエジプトカード占いというものを
やっていて、
それは最近になってその人の潜在意識を占っているんだな
ということがわかったんだドグけど、
 
その人の潜在意識はその人のことをなんでも知っているんだドグ。
顕在意識は社会的なことを考えて自分の考えを大事にしないから、気をつけなきゃいけないんだドグ。
「本当はこうしたいし、どうしたらいいのかわかっている」
けど、すぐにそれをやれないのは頭が邪魔するからなんだドグね。
 
頭っていうのは、シミュレーションが大好き。
これをこうしたらどうなるのか? というシミュレーションを
繰り返すのが好き。
 
だから占いってけっこう喜ばれるものなんだドグけど、
 
大事なのはシミュレーションをシミュレーションで
 
終わらせないことなんだドグ。
 
「A君に告白したらどうなるのかなあ?」
 
「じゃあ、占ってみますドグ!
ええと、この問題は感情的なことだから、愛情について占っているドグね。貴方はそろそろ失恋から立ち直るべき時なんだドグ。
 
だから、どうしたらいいかは自分の直感に任せていいから、
新しい人にまずは自分から与える。気持ちを伝える、ちょっと褒めるとか
アクションするといいドグ。
 
とにかく、自分に素直になって、透明な水のような気持ちで、
自分がどうしたいのかを大切に実行するといいドグ。
後は前の彼氏のことは忘れることドグ!
そうすると運命の恋人になれるって出てるドグ~!」
 
って、カードが出るとするじゃないドグか。
 
でもカードの結果を実行するのはその人なんだドグ。
占いはあくまでもシミュレーション。
シミュレーションの結果が良かったとしても、一つ一つの
「気持ちを伝える」とか「水のように素直な気持ちになって、自分がどうしたいのかを大切にする」「前の彼氏を忘れる」をやらないと、結果がぶれてくるんだドグ。
 
「会社をやめたらうまくいく」という
占いに安心して、ずっと辞めずにきてしまう人って、結構いるドグね。
でも、一つアクションをしないと盤面が動かないドグから。
やらなきゃいけないことって、本当にやらなきゃいけないことなんだドグ。
 
やめるのも、休むのも、黙って様子を見ることも、
過去のことは過去のことにと、思い切って過去を燃やすことも、
思い切って告白することも。
必ずその人の頭の中で思いついてることだと思うドグ。
思いついたことを、やれば占いなんていらなくなるドグ。
 
だって現実はいつでも、「これをやったらどうなるのか?」の答えを
リアルに目の前に提示してくれているんだドグから。
 
その現実ではやることをやるだけ
そしてやることをやるっていうのは、
時間的なブレはあるかもしれないけど
非常に大きな実りをもたらすものだと
 
ドグ子は思うんだドグ~☆