検索結果 "お話"

指でお話。指談講座を受けてきました!

田口ランディさんに連れられて、箱根の聖地を指談講師の牧野順子さん、

マクロビ料理研究家の田口竜三さんと一緒に回りました。(*´▽`*)

この日はランディさんが、早起きしておむすびを握ってくれていて。石仏が彫られた巨石の前でおむすびを食べて感動!! 田口家の梅干しが、森のイスキアで食べた梅干しと同じ味がしたのです!

ランディさんとはもう10年以上のお付き合いになるのですが、10年前からずっとランディさんは、優しいのです。
思いやりでいっぱいで、優しさがキラキラしてる。いつも思う。「私も、そうなりたいな」って。(*´▽`*)

翌朝に、湯河原の海で牧野さんと石の上にバランスを取って石を重ねる遊びをしていたら、初めてチャレンジされた牧野さんがどんどん石を重ねていくのに驚きました!

石の声も聴こえるんだ……! って。

牧野さんが「合氣道を30年やっていたから指談がすぐできるようになった」というお話を聞いて、

「きっとそれは、藤平光一さんの心身統一合氣道なんじゃないかな?」

と思っていたのですが、本当に牧野さんのお師匠さんが、今はもう亡くなられた合氣道の達人、藤平光一さんでビックリしました。

藤平光一さんの『氣の威力』が、私の愛読書だったから。翌日の指談講座では、牧野さんの培ってこられた合氣道の精神が、指談にすごく活きているのを目の当たりにして、震えるほど感動してしまいました。

三歳くらいの言語障害のあるお子さんが、牧野さんと指で会話をしているビデオを見て、「あたし、ほんとうはなんでもしってるのよ」というセリフに驚き、「ごはんどうしたらもっと食べれる?」という質問に、「一口が多すぎるのよね。もっと少なくしてくれたら、食べれると思う」と、言語で答えているのを見て、それを聞いたお母さんが本当に納得されているのを見て、指談ってすごいと思ったのでした。

そしてそして、牧野さんに習ったその日、私も指談の基礎が使えるようになったのです!!

耳の魔法は本当に不思議で、言葉にしなくても私たちは、きっと私たちの体から出ている微弱な電磁波や筋反射で、気持ちを伝えあっているんだと、お腹の底から納得させられました。

翌日の講習会も出たかったのですが、なんと次の日が参観日でお弁当を作らなきゃいけなくて、しかもお昼から講演会で青森市のお寺でお話しなきゃいけなかったので、慌てて帰りました。・゜・(つД`)・゜・

指談講座、すごかったです。
魔法を本当に体験したと、感じました。
そしてもう、その魔法の基礎が使えるようになったのです。

こんな、素晴らしい会を企画して下さった田口ランディさん、遠くから来て下さった牧野さん、優しさに満ちた会場の宮上幼稚園さんに、

心から感謝申し上げます。

本当にありがとうございましたー!

 

 

それゆけ! ランディちゃん

山田スイッチの描いた『それゆけ! ランディちゃん』が田口ランディさんのオフィシャルHPに掲載されました☆ ふおお~!
 
ランディさんの面白さを、一つずつ漫画にしていきたいと思ってます。なぜかって、もう素のランディさんが面白すぎて、自分だけでお話聞いてるのがもったいなくなってきたからです。(笑)
 
ランディさんって、私にとっては頭がパッカーンと開いてる、初めて見るような人なんですね。
 
今年はランディさんの面白いところ、たくさん漫画にしていきたいです☆(^▽^)/
 
山田スイッチ

 

 

 

核って。 山田スイッチ

高レベル放射性廃棄物の地層処分が必要なことって、
知ってる人どれくらいいるんだろう?

 

今、国は高レベル放射性廃棄物の最終処分場が決まらなくて、焦ってる。
言い方は悪いけど、焦ってるんだと思う。
最終処分場っていうのは、地下300mより深くの場所に造るので、
その建設には開始から埋め戻すまでに100年かかる途方もない施設。
更に埋めたら、一万年以上保存して半減期を待つ。

放射性廃棄物は、原発から必ず出るから
必ず日本のどこかに(青森県以外に)埋めなきゃいけないんだよね。

なんで青森県以外なのかというと、
「青森県を最終処分場にしない」っていう
国との約束があるから

その約束を信じて青森県は六ケ所村に
高レベル放射性廃棄物を受け入れる約束をしたんだよね。

約束破ろうっていうなら、
即返品だよね。

おととい、経産省のチェンジさん(あだ名)達と六ケ所村の
村民の方々、作家さんや無農薬リンゴを栽培する農学博士の方、

原発反対の会の方、福島県川内村在住の雑誌編集者さん、

写真雑誌の編集者さん、飲食店経営の方、NUMO(原子力発電環境整備機構)の方など

様々な人たちとお話をして、

今、現状として
最終処分地に対してみんなが
どんな考えを持っているかを聞いて来ました☆

 

とにかく、100年かかる事業だから
チョッパヤ(超早く)で最終処分地を決めたいのに、
2007年に高知県の東陽町の町長が候補地の文献調査に名乗り出ると
高知県知事やとなりの徳島県知事に猛反発くらって
白紙になっちゃった。

 

だって、誰もふるさとにそんなもの、作ってもらいたくないもの。
仕方がない。
それでも、地表近くに放射性廃棄物があるのは、
危険なこと。

 

もしもテロ攻撃を受けたら、日本はそれだけでアウト。
宇宙にも捨てられず(打ち上げが失敗したら世界がオワタになる)
海洋投棄なんてもってのほか。
原発反対の小出裕章先生も、地中に埋めるより他がないと語っている。

 

日本……というより世界は、
原発を試してみたんだよね。

安く膨大なエネルギーを手に入れたかったから。
それで、試してみて日本には1966年に東海村の原子力発電所が建って、
その後はあれよあれよと54基もできた。
原発の使用期限は50年って聞きます。
それより長く使えたとしても、永遠には使えない。

そうすると、東海村のはもう98年で使用停止しているけど
最初に建てた原発は、2017年現在そろそろ終わりを迎える頃なんだよね。

思ってたよりゴミも出るし、
その処分も大掛かり。
次のエネルギーにシフトするにも、
出したゴミの後始末をしないで行くにはあまりにも無責任。

 

国は、きちんと後始末をするために
最終処分場の候補地を探している。
六ケ所村の人たちも、必ず約束を守って、
50年しか預からないというのを強くおっしゃっていた。

 

「原発今すぐ停止」も、「原発できるだけ使いたい」も、
私にとってはどっちでもいいことなんだ。
だっていずれ使用期限が切れる。

原発みたいなコスパが悪いことをずっと続けるとは思えない。

 

大事なのは、後片付け。
各原発は、最後は廃炉にしなければならない。
途方もない話だけど、一基一基片づけていかなければ
未来の人たちに申し訳が立たない。

 

なんか面倒なもの見切り発車で作ってくれちゃったなあ
思うけど、
選挙で選ばれた政党が進めてきたことで、
それは国民が選挙で投票してそうしたことなんだから
何の文句も言えない。

最終処分場は、活断層のないところに
作るんだろうけども、
日本に故郷のない場所って、あるのだろうか。

どこかしら、誰かの故郷になっていて、
必ず反対運動に会う。

 

そこでよく出るアイディアが、「東京に造っちゃえば?」
なんだけど
東京だって、誰かのふるさとだ。

この問題を考える時、ほとほと、「人類って……、」
という情けなーい、気分に陥る。
だって、埋めるしかないゴミを作っちゃうのは
頭が悪いもの。

 

「埋めなくても放射能0にできました!!」っていう明るい話が
欲しいんですわ。そのためにも、原子力の研究者には
がんばってほしい。

 

なんでフィンランドはオンカロを作る場所を
決められたのかな。

フィンランドがどのようにしてオルキルオトにオンカロを作ることにしたのか、
民意だったのか、政府主導でやったのか。
それを調べた方がいいと思う。

 

うまーく管理するしかないけど、
うまーく管理できなかったら、

恐竜が地球に隕石が落ちて滅んでしまったように
人類も滅んでしまう。

 

恐竜のいた9千万年前、人類はまだネズミみたいな小さな哺乳類だったと
城田安幸先生が言った。

そのネズミが核を作るまでになった。
科学の力でなかなか死なないようにもなった。

(縄文時代(1万4000年前~2300年前頃)の平均寿命は30歳前後だった。)
だけど、人類はただ、生きるのみだと思う。

 

私は核は推進でも反対でもなく、
お片付け大事派だ。
あればあったなりに、なければないなりに生きなきゃいけないけど、
お片付けだけはきちんとしたい。

 

そのためには、核の現状っていうものを
知ってる限り人に話して、
「どうしたものか」とない知恵絞っていきたいと思っている。

 

 

2016年 面白かった漫画個人的ベスト5

1位 『ダーリンは70歳』西原理恵子



西原さんの新境地は、ひたすら面白いギャグマンガ!!

高須院長という強大なネタを引っ提げて、

暴れまくる西原さんの「やらせろー!!」が

本当にもう、勢いあっていいんだドグ~!

本当に、笑えるドグ。



今回、順位で本当に悩んだんだドグけど、

死ぬまでにあと何回読むかの回数で決めることにしましたドグ。

1位、2位は、本当は入れ替えてもいいんだドグけど

この漫画はずっと読んで、笑っていると思うドグ~!





2位 ペコロスの母の贈り物 岡野雄一



『ペコロスの母に会いに』の岡野雄一さんが

描いたペコロスの続編。

長崎の方言が描く、映画のようなお話。



映画のようなコマ割り。抒情。ボケても幸せに

現世と空想の世界を行ったり来たりする世界観は、

もはや漫画ですらない気がするドグ。

コレ、絶対お勧めドグ~!!





3位 『進撃の巨人』20巻 諫山創 

続きが気になる漫画。

異形のもの、その出生、どこから来て何を企んでいるのか

真実は何なのか。

20巻も21巻もすごいYO!

ずっと面白くハラハラしてる漫画は珍しいドグ。





4位 『ぼのぼの』41巻 いがらしみきお

中学校からずっと読み続けてきたぼのぼのに、

とうとうお母さんが出て来たんだドグ。

ぼのぼの出生の謎、なぜいつもお父さんと一緒なのか。

そして、悲しみとは一体何なのか。



「悲しみは病気だ。」

これは、福島県に今も在住するいがらし先生の一つの悟りだと

思うんだドグ。いがらし先生はぼのぼのの他にもめちゃくちゃ

ディープでヤバい『I』全三巻とか『かむろば村へ』上下とか書いていて、

本当に人生の実相を探っている方だと思いますドグ。

41巻を読んでいて驚くのは、生きることでしか悲しみは消せないということを、

読者も夢中になって読んでいるうちに最初の悲しみを

忘れてしまうというところなんだドグ。

こんなに、すごい話だっけか……? そんな『ぼのぼの』をぜひ。







5位『トネガワ』4巻 萩原天晴 (著), 福本伸行 (著), 橋本智広 (著), 三好智樹 (著)

悪魔的面白さ……。

この表紙見たらわかるドグよね!?

なんて楽しそう……。

2巻のセリフで、「トネガワ、お前ヨガについてどう思う?」

っていう兵藤会長のセリフがあるんだドグけど、

本当になんか、兵藤会長がだんだん可愛くなるドグよ。

そして四巻も感想は「かわいい」なんだドグ。

『カイジ』を読んだ誰もが、「かわいい」という感情を持つ日が訪れるとは、

思わなかったはずドグ~☆



振り返って。



2016年も、漫画は面白かった……。

H×Hにハマって全巻読んだドグけど、

2016年発売は33巻のみっていうことで

今回はこんな感じドグ☆

ふおお~!

 

女子仏教トーク、がんばりました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミホコさんとキョウさんが、はるばる遠い青森まで来て下さるということで

これは、なんらかのイベントをやらねばなるまい!


とここ1か月はイベント準備に明け暮れていたんだドグけど、


本ッッッッッ当~~~~に、





やってよかったドグ~~~~!!!!





会話が、こんなに楽しいものだとは。


知っていたけど、知らなかった!!





キョウさんの仏教トークはニコ生で前から聞いてて


「この人、話うまいなあ~」ってずっと思っていたんだドグけど、


まさかキョウさんがこんなに面白い人だったなんて!





恋愛を語らせたら面白さ半端なかったドグ!!





そして、とつとつと語られるのに


その話のブレのなさ。


芯が通った仏教的世界観を持ちながら


びっくりするほどオリジナリティのある


ミホコさんんの語りは、





ドグ子とキョウさんが


「こ、ここに悟られた方がおられる……!」





と驚愕するほどミホコさんの語りは見事だったんだドグ~!





お二人を青森県の一押し温泉


「青荷温泉ランプの宿」にお勧めしたら、


電気もなくWi-Fiもない環境にめっちゃ驚かれてて


「そういえばあそこ、電気通ってなかったんだ……」と


思い出すドグ子のうっかりっぷりもありましたが。(笑)





青荷温泉ランプの宿に、


「強制ネットラマダンの宿」という


新しい名前を頂けましたドグ~。(*´Д`)





当日のカフェはお客様満員御礼で、


1歳と4歳の子持ちのお母さんまで来てくれて


途中、子どもの声とか珈琲の豆を挽く音とか


入っちゃってるんだけど





これもまた、仏教ぽいなと


思ったドグ子でした☆





お話した内容につきましては、


少しずつアップできたらと思っていますドグ!


とにかく今朝は充実感でいっぱいで。


今度は「男女DE仏教トーク」っていうのも


ありだなあと思ったドグ子でした☆





ドグドグ~!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

会場となった白金珈琲さん。ここは、県内唯一、国内でも30数台しかないSLAYERというエスプレッソマシーンが

あるカフェなんだドグ~! 

 

 

 

 

 

 

 

白金珈琲のオーナーさんのご協力により実現した縄文パフェ。(笑)

縄文土器にパフェが入っている仕様☆

トッピングはドングリ、栗、くるみドグ~!

※お店のメニューには縄文パフェがありませんので、ご注意を!