検索結果 "もの"

こどもの日 空に一筋 光の龍

こどもの日 空に一筋 光の龍 (ドグ子☆)

 

不動樹里さんと鮑 義忠さんの新刊『日帰り 神の国ツアー』(VOICE)

日帰り 神の国ツアー  自分の天界を観て、変えて、現世を豊かにする! ──【特別付録】願望別神さま護符8枚

を読んでいたら、天界のことを書かれているのに、逆にこの世が空に龍の飛ぶ世界に思えてきて、葉っぱが緑色なだけで嬉しいドグ。

新芽は透明に輝いているし。

3月くらいになんか、すごい迷いの時期みたいなものがあったんだけど、5月1日に目が覚めて感じたのは、「喜びでしかない」という感覚だったドグ。

この人生は、喜びでしかない。

こんな感覚にたどり着けたのだから、
あの頃悩んでて本当によかった。

今日も空には光がいっぱい。
この人生は、喜びでしかないドグ~!

 

 

 

けものフレンズと手塚治虫を同時に見る。

アニメ「けものフレンズ」観ながら
手塚治虫の「火の鳥」の黎明編と鳳凰編を読んでたんだドグけど、
手塚治虫のすごいところは、人間の醜さをきちんと描いている
ところだと思うんだドグ~。
 
火の鳥の中じゃ、人って蟻のように殺されるドグね。
女子供関係なく死ぬドグ。
手塚治虫は火の鳥を、
 
「いつの世にも変わらぬ人間の生への執着、
それに関連して起こる様々な欲の葛藤を
火の鳥を狂言回しにして描くことにしました。」と、
ハッキリ書いているのがすごいドグ……。
(KADOKAWA 絶品コミック 火の鳥 黎明編 手塚治虫著 より)
 
この人は歴史に人間の残酷さを学び、
歴史を織り込みながらドラマを描く才能のある人なんだと……。
黎明編は『古事記』をよほど読み込んでいないと描けないような
うまいパロディなんだドグ。
 
手塚治虫のすごいところは、
無意識と意識のバランスがすごいところ。
意識的に人間の醜さをさらそうとする場面と、
意識的でないと描けない戦争。
 
窮地に追いやられた人間の、
何かを超えた力、暗い穴から光が差し込んだような
一瞬のシーンは、
意識の領域からはみ出たような感覚を
味わわせてくれるドグ。
 
鳳凰編だと、我王が両腕を失くしてから見た世界の美しさとか。
夢中で彫った仏像の迫力が、絵としてそこで成り立つほど
力を持っているところとか。
 
「黎明編」だと、
鼻がでかくて醜く、誰からも好きと言われたことのない猿田彦が、
卑弥呼の命令で蜂の巣に入れられ、全身をハチに刺されれた後、
ナギと舟でクマソに逃げるシーン。
 
猿田彦を憎んで殺そうとしていたクマソの奴隷の少年・ナギが、
鼻の傷跡をずっと口に含んで癒すシーンとか
すごい情動的でエロティックだと思うんだドグ。
 
あと、手塚治虫は一つの物語の中で、
 
清らかだった人間が出世欲に目をくらませ
相手の腕を奪い取るほどの腹黒い心を持つこととか、
 
怒りでいっぱいの殺人鬼が人と出会い、生きることで
全てを受け入れた悟りの境地に達する瞬間など
「同じ人間の中に起こること」を、
描いているんだドグ……。
 
「けものフレンズ」の「わーすっごーい!」を見ながら
手塚治虫を読むと、すごくバランスがいいドグ……。(*´Д`)

 

 

恐怖は静かに忍び寄るもの。

整体師をやってる友人が、コリやら体のねじれ、病気というものは

「静かに忍び寄ってくるもの」だ
って言うんだドグ。



静かに忍び寄り、気づいた時には

手もつけられない状態に!

だから、静かに身に着けたものを
取り去る時は、

盛大に音を立てながら「いだだだだ! やめてー!」



と派手になるそうドグ。




静かに忍び寄るものの一つとして、

体重もあれは、少しずつ増えてくるから曲者ドグ~!



毎年1キロ太っていったら、

5年で5キロ太っちゃうドグ!

「1キロは誤差の範囲内」だと思っていると

手遅れに……!



そんなわけで、ダイエットしようと思うドグ~!(*´Д`)

今日から晩ご飯はキャベツドグよ。|д゚)



先日、セーラー服を着て土偶を被ってしていたら、

土偶を取ったところを見られ、しかも

Twitterに「23歳だったんですね! JK(女子高生)だと思いました。

すごいなあ~!」ってコメントもらったんだドグけど、



この「すごいなあ~」は、

①女子高生じゃないのにセーラー服を着る勇気がすごい

②23歳なのに女子高生のふりをしているのがすごい

③何も、守るものがないというのはすごい

④キチガイってすごい




のうちのどれだと思うドグ……?



①②だったとしたら、

こっちは年齢をたったの一桁ごまかしているのではなく、



倍以上ごまかしているんだから、きっともっとすごいんだドグ~。



(*´Д`)そろそろ、年齢設定を普通に、「不明」に替えようかと

考えているドグ……。




逆に「88歳(米寿)」とかね。



ドグドグ~!

 

子どもの成長が著しい。

すっかり春ですね! 何年ぶりかってぐらいに子どもの写真アップします。

師匠とマペ次郎さんです。大きくなりました~!

春だから模様替えに追われておりまして。

なぜだか一句詠めてしまったぐらいです。

子の成長 片付けられない 母が追う 春の光に 逐一伸びる

実を言うと私、片付けられない女なんです。

先日、心も整う「捨てる」ルールと「しまう」ルールという本を読んでいたら、

「あなたは捨てられない女? それとも片付けられない女?」

という11の設問がありまして。設問に答えていったところ、11個のうちの10個のYESがあった私は「片付けられない上に捨てられない女」なのだそうです。

けっこうへこみました……。

心も整う「捨てる」ルールと「しまう」ルール

いやしかし、自分は「片付けれもせず、しかも捨てられない女なんだ」という自覚が湧いた途端に、

親の敵を取るように不要品を処分できるようになりましたね。この本すごいです!

やっぱり自覚っていうのが大事なんだろうなあ。

弘前市のリサイクル工房さくらさんに大変お世話になってしまいました。

いっぱい引き取ってくれてありがとうございます!

春なのでばっけも生えて、師匠たちとばっけ摘みをしました。春の香りが鮮烈です。

今年もばっけ味噌作ろうっと!

ばっけ摘みを覚えた師匠とマペ次郎。

あとでばっけ味噌を食べさせたら、「信じられない!」という顔で5歳児が苦味を表現してくれました。

最近のドグ子とお友達の鈴木彩花ちゃん。

ハゲヅラ被ってる二十代女子はこの子だけ!

もうすっかり春ですね。

 

その辺のもので生きる

友人の、テンダーさんは20代でアメリカのトラッカースクールに狩猟を学びに出かけ、帰ってきたら鹿とか猪とかをナイフで捌ける人になっていたんだけど。

この子は馬鹿か天才かの紙一重だなあといつも思う。いや、天才なんだけどね。

しかし、会ってみると本当に素直で、楽しい人なのです。


田口ランディさんの「ゾーンにて」にも、彼と思しき人が登場する。トキさんに動物の解体を教えてくれた男の子ととして。

ゾーンにて


そんな彼がアウトドアカルチャーのニュースサイトA kimamaで連載を始めることになりました☆ タイトル決めを上野の大統領で考えていたんだだけど、隣で編集のFさんが「テンダーくんの、アウトドアーとテクノロジーを融合した生活をタイトルにしたいんです! こういう人はめったにいない!」と熱く語っていたので、

「アウトドアーとテクノロジーを混ぜてみる? アウトロジーとかテクノドアーとか。」と言ってみたところ、「う~ん」と唸る編集さん。
「でもテンダーのいいところはサバイバルできるところだと思うの。」と私。「でも、サバイバルという言葉も使い古された感がありますから……」

 

「それじゃ、その辺のもので生きるって、どう?

これを言ったら、「それだ!!」と何故か天啓が降りてきたようになり、タイトルが決まってしまったのでした。

ついでに母である書道家・中田桂翠さんにタイトルを書いてもらい、

 

テンダーのページが完成!!  書にレオナルド・ダ・ヴィンチのイラストを合わせる辺り、テンダーさんはやっぱり最高だなあ~と思うのです。

 

「その辺のもので生きる」

 

かなりその辺のもので生きると思うから、見てみてね!