検索結果 "アップル"

魔法の百均 第18回「スリムアップシュガー」

魔法の百均 第18回「スリムアップシュガー」
 
ケーキは食べたいけど、太りたくはないし…。
 
こんな乙女心に揺れ動いている人は多いのではないでしょうか。
私もケーキが大好きだけど太りたくない乙女なので、スイーツはできるだけカロリー消費が大きい朝や昼に食べるとか、シフォンケーキなどの卵白で膨らんでいてカロリーの低いケーキ(1切れあたり140kcalほど)を選ぶようにしています。
 
本当はアップルパイが一番好きなんですけどね。
アップルパイは、何か偉いことをした時に自分へのご褒美として「よくやった!」と言って食べています。
ああ、カロリーを気にせず、毎日通学で自転車を2時間もこいでいた10代の頃が懐かしい…。
 
ダイエットのコツを細身の友人に聞いたら、「飲み物でカロリーを取らないこと」と語っていました。
 
生クリームやチョコレートソースたっぷりのドリンクは、1杯であっても大きめのアップルパイ1個(160gで330kcalほど) と同じカロリーか、それ以上あることが多く、この二つをケーキセットにしたら、おやつの時間に600kcal超を摂取してしまうこともあるんですって。
一方、アイスコーヒー1杯(200g)はミルクとシロップを入れても50~60kcalで、ブラックのままだと10kcalもない程度と すごく低いんですね。
 
ただいま百均では、カロリーが砂糖の約3分の1で、同じ甘さを得られるという人工甘味料のスティックタイプ が販売されているんです。
 
成分は、砂糖と甘味料(アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物、アセスルファムK)、香料です。
 
アスパルテームはアミノ酸の化合物です。
L-フェニルアラニンは天然の必須アミノ酸の一つです。
アセスルファムKは酢酸から合成する人工甘味料で、砂糖の200倍の甘さがあります。
厚生労働省が使用を認めている「指定添加物」です。
 
「甘くてカロリーが低くても、人工甘味料はちょっと…」という方には、スーパーなどで販売されている自然派甘味料がお薦めです。
 
「羅漢果」というウリ科の植物から抽出した 高純度エキスと、トウモロコシなどの発酵から得られる天然甘味成分「エリスリトール」で作られたものは、カロリーゼロで安心ですよ。
お値段は砂糖の15倍と、びっくりするほどお高いのですが。
 
エリスリトールや虫歯予防になるキシリトールは、糖アルコールと呼ばれ、取り過ぎるとおなかがゆるくなることがありますが、それは消化しにくい糖だからなんですね。
 
ダイエットをがんばっているのに痩せないという方は、試しに新しい甘味料にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?
 
※※※この画像(記事は)は、陸奥新報社提供です。無断転載はできません。※※※

 

[うちのバッチャ] 16. スティーブ・ジョブズの孫

スティーブ・ジョブズの孫
 
 師匠とマペ次郎もようやく保育園に入りまして。バッチャの朝は、2人の保育園児の支度を手伝いながら、「さっさとご飯食べなさい! ハミガキしなさい! 服着なさい! いつまでもテレビ見てないで、サッサとしなさい!」と、叫ぶことから始まるようになりました。
「子どもが保育園に行くまでの時間が、1日のうちで1番大変ですよね……」
 私が言うと、バッチャは「いくさだ……」と答えたのでした。
 なかなか、普段の生活からは「戦」という言葉は出ないものなのですが、うちのバッチャからは出てきてしまうのですね。とくに朝の時間がない時にジッチャがうろうろし出すと戦況はより混乱してきます。刻一刻と登園時間が迫り来る中、ひ孫が顔を洗おうにもジッチャが洗面台からどかない時、バッチャは朝一番の声を出します。
「おジッチャー! 聞こえてるんずなー? さっさと、どかなかー(どきなさいよ)!」
 わが家のジッチャも今年で90歳です。さすがに耳が遠くなって来て、怒鳴られたって聞こえやしません。
 
 近所のヒサオさんの家でも、70歳を過ぎた頃からヒサオさんの耳が遠くなったそうで、ヒサオさんの奥さんは耳の悪くなったヒサオさん相手にこう言うのでした。
「おジッチャ、いいか? わ(私)が喋る時は、よーく唇の動きを見へ! そうすればわかるはんで!」
 と、70歳を過ぎてから「読唇術を覚えろ」と言うのでした……。耳の聞こえなくなったおじいちゃん対策はあちこちで始まっているのです。
「なして(何故)、こしたに(こんなに)聞こえなくなってまったんだべ? わい~、なんぼいい耳だもんだずかさ!」
「なんぼいい耳だもんだずかさ」(どれだけいい耳なんでしょう)は、津軽の人がよく使う冗談です。全然切れない包丁を津軽の人は、「なんて切れない包丁なのよ」とは言いません。「なんぼ良く切れる包丁だのよ!」と、正反対のことを言ってギャグにしてしまうのです。
「おばあちゃん、耳っていうのは、耳をよく使った人ほど悪くなるものらしいんですよ。ベートーベンも若い頃から難聴で苦しんで、耳が聞こえないからスプーンをくわえてピアノにあてて、その振動を感じながら作曲したって言いますよ」
 すると、バッチャは感心たようにこう言ったのでした。
「おんろ~、あの人だばそうもすべねえ(するだろうねえ)!」
 と、ベートーベンをまるで知り合いでも褒めるかのように感心して褒めていました。
 
 私とバッチャが青森の片隅で毎日繰り広げられる朝の保育園戦争に駆り出されていた頃、アメリカではアップルの創設者、スティーブ・ジョブズ氏がお亡くなりになりました。
 スティーブ・ジョブズ氏の名言 「Stay Hungry,Stay Foolish」(ハングリーであれ、愚かであれ)の中には、人が必死に生きるためのヒントが隠されています。
 朝のニュースでジョブズ氏の死に、ソフトバンク社の孫正義さんがテレビでコメントを求められているのを観て、バッチャが言いました。
「あれ! この人死んだのか!」
 バッチャはジョブズを知っていたのか? そう思ってびっくりすると、バッチャの指さしていたのは孫正義さんの方でした。
「いや、おばあちゃん、この人はソフトバンク社という電話会社の社長さんで、死んだのはスティーブ・ジョブズっていう外国のアップル社の社長さんです。だから……死んでないです」
 そう答えました。するとバッチャは納得したようにこう言ったのです。
「ああ~この人、その人の孫(まご)だのな!」
 と。
「エエッ、まご? 孫正義さんがスティーブ・ジョブズの、孫……?」
 ……ひょっとするとバッチャは孫正義さんの「孫」を、「まご」と読んだのかもしれません。ま……孫・正義……? 
 こんなことどうして思いついたのかわからないのですが、とりあえずバッチャはすごいなと思ったのでした。
 
 
 

青森県の最強バッチャが繰り広げる、愉快で楽しい村のお年寄り情報満載エッセイ集!   

これを読んだら即・元気!!

『うちのバッチャ』
 
山田スイッチ 著
山田スイッチ社 刊
¥1,000
 
お買い求めはこちらから!

 

 

 

 

日輪出てます。

K0050039.JPGアップルヒル上空に日輪が出てますよー!
 

 

アップルヒルに来ています!

K0050038.JPG夏は暑いね!

 

ドキドキ☆頻尿日記24日目

 

さてさて、

本日のドキドキ☆頻尿日記24日め(6時~16時)

回数 4回 (2・5時間に1回)

サプリメント有り

飲んだもの ビタミンガード、水

      
昼ご飯 海苔巻き
晩ご飯 エビと鶏のクリームシチュー、もらい物の寿司
おやつ 乾燥ワカメ、タコの酢物、モッツァレラチーズ

昨日のアップルワインによる頻尿がなく、朝までぐっすりだったことから頻尿は、お酒の種類によるものなのか、お酒の量によるものなのかを確かめるべく、本日はお酒の種類をワインにし、頻尿が起こった銀河高原ビール350ミリリットルと同じ量を飲んでみることにしました。

ちなみに、頻尿無しの昨夜はアップルワイン200ミリリットル。
本日はアップルワイン180ミリ、ワイン180ミリ、ワインのお湯割り180ミリで頻尿になるかならないか様子を見ます。

うまくいけばワイン系なら頻尿にならないことに!
翌日は銀河高原ビールの量を200ミリに減らして飲んで度合いを調べることにしますね。

それにしても、お酒を飲むとつまみが必要になるからきっと太るね。ピザ用のモッツァレラが止まらないよ!