検索結果 "エレキ"

魔法の百均 第1回「夢の百均生活の幕開け」

 
魔法の百均 第1回「夢の百均生活の幕開け」
 
こんにちは! 
うっかり者のコラムニスト、山田スイッチです。
若い頃はお笑い芸人を目指し、東京ではお笑いコンビの「日本エレキテル連合」のような白塗りの顔で舞台に立ち、テクノ舞踏という踊りを踊っていたのですが。人生のいかなる局面も、百均で乗り越えてきた……という自負があります。
 
人生で何か成し遂げなきゃいけない時、私は必ず百均に行くんです。
百均に行くと大体の困難はそこで解決されてしまいます。
もはや、百均で解決できない困難はないとまで言ってしまう勢いです。
 
どんな困難でも、精一杯やってダメだったら割り切れるじゃないですか。
精一杯やったんだもの。それでダメだったら次に行こう! って。
そこの判断基準をなんと、百均に託そうと思うわけです。
おお……商品はたったの百円+税なのに、責任は10万円分の価値がありますね!
 
例えば、20代の頃の私の夢は、「ブラジルでサンマを焼いて売って歩くこと」だったのですが。
その夢の実現に何が必要かと言うと、サンマを焼くための網と、魚焼きの串と、ライターと炭が必要なんですね。
それ全部売ってるんですよ、百均で!
 
それで、スーパーから買ってきたサンマを大量のアイスノンと一緒にクーラーバッグに詰めて、百均で買った画用紙とマジックペンで「サンマ1匹いかがですか?」とポルトガル語で書くんです。
そうするとブラジル人にも意図が伝わるんですよ! ブラジルの公用語はポルトガル語だから!
 
2004年に私は私の夫を連れて、ブラジル国内でサンマを焼いて歩くという……、日本人があまりやりたがらない旅を実行し、サンパウロの公園やリオデジャネイロのビーチでサンマを焼いて売り歩きました。
 
ブラジルとアルゼンチンの2国にまたがる、幅が4千メートルあるイグアスの滝では、イグアス国定公園の出口で日本から持っていたインスタント味噌汁を配り、ブラジル人に「これは、冬に飲んだらとてもいい」と言われ、サンマは「とても美味しい」と言ってもらえました。
私は心の中でガッツポーズをし、「やった! ブラジル人にサンマと味噌汁、うまいって言われたよ!」と叫んでいました。
その配っていた味噌汁でさえ、日本の、弘前にある百均で買った、インスタント味噌汁だったのです。
 
海外旅行に行くと、ダシが急に欲しくなりますよね。
インスタント味噌汁は海外旅行の必須アイテムです。
いつの日か、私もブラジルでサンマを焼いて売って歩きたい。もしそんな風に願うなら、まず行ってみるべきは百均の串コーナー10本で108円! です。
これから百均で色んな夢を叶えようと思っています。百均で美人にもなりたいし、百均で体も鍛えたい!
夢の百均生活の幕開けです。
 
※※※この画像(記事は)は、陸奥新報社提供です。無断転載はできません。※※※

 

 

リスペクト! どんだんず

 青森県民は意外なほどにお笑いが好きなのですが、これには青森県に根付いている

青森放送のラジオ番組の中にある、「今週のどんだんず」という投稿コーナーが影響していると思うのです。

 

 1984年よりラジオ番組でリスナー投稿コーナーとして出現した「今週のどんだんず」は、
番組が終了した後もコーナーだけが生き残ったという伝説を持ち、
青森県民にとって怒りを笑いに変える場所なのです。
 
 
まずは、CD化された「今週のどんだんず」から一つ、ご紹介しますね。
 
「先日、テレビでプロレスを観ていたら、それをカッチャ(お母さん)が観て言いました。
わい、わい、わい、わい! こったに血ぃ流して……! 話し合いで解決、できねんだべかの!」
 
 
 なんでプロレスなのに、話し合いで解決するのよ!? と、
 
思わず突っ込みたくなる時に青森県民は「どんだんず~!(一体、どうなのよ!)」と叫ぶんですね。
 
 
 このネタをラジオ番組で聞けない人は、傑作選CDが青森県内のローソンやミニストップで販売されているので
 
現地でご購入頂けます。
 
 
 傑作選のCDの中には、孫がバッチャ(おばあちゃん)に毎年「バッチャ、何歳になった?」と聞いても、「62歳!」「62歳!」「62歳!」
 
と言われ続け、孫がパニックになってカッチャ(お母さん)に聞くと、
 
「バッチャはね、昔、聖なる水を飲んだからよ……」 言われ、
 
「聖なる水って何よ!? どんだんず~!」と叫ぶ回もありました。
 
 
 青森県のカッチャは予想もつかないことを言いますね。
 
しかし、どんだんずの真骨頂はやはりジッコ、バッコと呼ばれるジジババネタなのです。
 
 
 「スーパーの前でジッコが氷の上でムーンウォークしていた……。
 
知らないふりしてスーパーから戻ると、ジッコが、「工藤さん知らねえか!?」と聞いてきた。
 
工藤さんって、誰よ!? どんだんず~!」
 
 
 ジジババは、予想もつかないネタを提供してくれることから、
 
青森県内ではお年寄りが何か新しいネタをやらないかと、温かく見守る風習まで生まれてきています……。
 
これが単なるラジオ番組の1コーナーによる影響だとしたら、恐ろしいものがありますね。
 
 
 ちなみに、青森放送主催で秋に2日間に渡って開催されるRABまつりには、
 
その時旬な芸人が登場することで有名です。
 
お金があって人気の芸人を呼んでるわけではなく、ブレイク寸前で安く呼べる芸人を1年前に見抜ける人物がRABにいるからです。
 
今年のRABまつりは214年9月13日、9月14日の二日間です!
 
 
 
 
 2014年のRABまつりの総合MCは「大!天才てれびくん」でブレイクした古坂大魔王。
 
芸人にあばれる君や、日本エレキテル連合、可愛さでキテるジバニャンや、アイドルのDREAM5他多数が出演します。
 
HPをチェックしてみてね☆
 
 お笑い好きの青森県民。 県民性はシャイですが、心の中ではいつでもネタを探しているのです。
 
 
※ 文中、ラジオネームがどうしても聞き取れなくて、書き込めませんでした。申し訳ありませんっっ。
  ラジオネームがわかる方、お知らせ下さい。ぜひとも!
 

 

 

エコハンター展まであと3日!

エコハンター展まであと三日!

土曜日までに創作物いっぱいです☆

イラスト160点を展示するのに今回はエレキさんに手伝ってもらって

マスキングアートもご紹介しようと思っています☆☆☆

紙粘土で作ったたくさんのジェファーソン達。

一体このジェファーソン、何になるのでしょうか……?

 

 

おっと! ガチャガチャです!!

ジェファーソンのガチャガチャ、略してジェファガチャです!!

しかもおみくじ付き!!

何故か今回、一番気合いが入っている「山田スイッチの本棚」では、

山田スイッチのお薦め本100冊をご紹介。

ご自由にお手にとって、お読み頂けます。

本当に本って、いいよね。この準備してると読みふけっちゃうから危ないよ!

26日は北常盤駅舎カフェpopppolaにて

山田スイッチのトークショー「爆裂! エコハンター」と

雪雄子さんの舞踏「さとこさぁ~ん」が

ございます!

なんと、入場無料!!

ぜひとも、お誘い合わせの上お立ち寄り下さい。(^-^)p

ついでにジェファガチャやっていって下さい。

1回200円です~!

 

[うちのバッチャ] 21. 男の行き先を止めるな

 
21. 男の行き先を止めるな
 
 最近、夏にふんどしを締める若者が増えているというのです。
「何故、今この時代にふんどしなのか?」
 それを考えると夜も眠れません。
 先日、昼のラジオでたまたまふんどしの話題が出ていまして。どうもそれはエコロジーと関係があるらしいのです。しかし、何故ふんどしがエコになってしまうのでしょうか? パンツだとゴムが伸びるからエコにはならないの? 
 お年寄りならふんどしをはいている可能性があるのではないか? と思うのですが、あいにくうちのジッチャもバッチャも下着は普通のパンツをはいています。
 その辺が謎でしょうがなかったので、ふんどしを締めている若者に話を聞いてみました。
 私の周りでは既に2人の若者がこの1年の間に、ふんどしを愛用し始めているのです。私の周りにいる男友達というのは、3人しかおりませんで。3人のうちの2人となると、私の男友達は約65パーセントがふんどしということになってしまいます。
 最後の1人がふんどしの方に行ってしまったら、私の男友達は全員、ふんどし男ということになってしまうので、どうか最後の1人はパンツのままでいて下さいと、願ってやまないのでした。
 ふんどしを日常的にはいている友達の名前は、エレキ君とテンダー君といいます。
 彼らはエコロジーな生活を求めるあまり、衣類も自分たちで自給自足しようとして、ふんどしに行き着いてしまったそうなのです。
「ふんどしは、ゴムのように締め付けがないからリンパの通りも良くなるし、男性は局部を温めすぎると良くないので、ブリーフよりもふんどしの方が熱がこもらなくていいんですよ。」
 と、エレキ君。
「スイッチさん、褌学会ってご存知ですか?」
 テンダー君が言いました。
「ふんどし学会……?」
「ええ。褌学会は褌を愛する人なら誰でも入会できるという、会則も入会金も事務局もない団体なんです。 そして、会に入る唯一の条件っていうのが、「青い三角定規」が歌う『太陽がくれた季節』の替え歌、『褌がくれた季節』を歌えることなんですね。」
「いや……、だからといって入るか入らないかは、別だよね……」
「僕たちは今、ヘンプ(麻生地)で作ったふんどしの販売をしてるんですよ。そして、うちの褌は先が切りっぱなしになっているんです。エレキ君、そこ説明して」
 すると、エレキ君が答えました。
「浅草のお祭りに、祭りになると必ず現れるという名物のおばあさんがいてですね。褌学会の人にこう言ったそうなんです。『あんた達、褌学会、褌学会って言ってるけどさ、褌の先っぽ、縫い止めてるんだろう?』って。学会の人が『ばあさん、それがどうかしたのか?』と言ったら、そのおばあさんが……、『男の行き先を、止めるな!』って」
「……男の行き先を?」
「止めるなって。だから我が社のふんどしは、先が切りっぱなしなんですよ!」
 ……よくわからないのですが、ふんどしの先っぽは、男の行き先なんですね。
 ふんどしをはいている人と話をすると、「そもそも何故人はパンツをはくのか?」というそもそも論に発展します。
 今まではただ惰性でパンツをはいてきましたが、果たしてパンツは本当に必要だったのか……パンツを、はかない自由というものもこの世には存在するのではないか? と。
 今時の社会に暮らす人なら、昔のように9時5時で仕事も終わらず、9時9時で当たり前のように残業があったり、子ども達は子ども達で学校が終わっても、塾に行ってまだ勉強をしなければならなかったりするのでしょう。そんな大変なことが、当たり前の世の中になってきていると思います。
 だけどせめて、そんな生活の中でもはく下着ぐらいは自由で良いのではないでしょうか。 行き先を止められないふんどしをはくことで、もしかしたら「生きる実感を得られるのかもしれない」と、思った次第でした。
 そんなわけで試しに頂いた女性用のふんどしをはいて近所の温泉に行ってみたところ、色も赤という非常に派手な色だったために、たくさんのおばちゃん、おばさん、若い娘さんからの視線を集めることになってしまいました。
 1人のおばあちゃんが言いました。
「いやあ……、これ私、昔若かった頃に生理帯として使ったことがあるわ。」
「ええっ、ふんどしをですか?」
「ええ、これに綿を入れて使っていたものだけど、パンツとしては使わなかったわねえ」
「ええっ、最初からパンツをはいていらしたんですか?」
 声をかけてくれたおばあちゃんは、どう見ても70歳から80歳といった年齢でした。
「パンツって昔はズロースって呼んでいたけども、昔からズロースはズロースの形だったわよ。だけど、小さい頃は着物を着ていたから、そもそも下着なんて着けなかったのよね。あら~、珍しい。本当に珍しい。」
 温泉に来て、近所のおばあちゃんから、思わぬ下着の歴史を知ることになったのでした。
 
 

青森県の最強バッチャが繰り広げる、愉快で楽しい村のお年寄り情報満載エッセイ集!   

これを読んだら即・元気!!

『うちのバッチャ』
 
山田スイッチ 著
山田スイッチ社 刊
¥1,000
 
お買い求めはこちらから!

 

[うちのバッチャ] 19. 自然農の畑

19. 自然農の畑
 
 友達のエレキ君が神奈川県の大磯というところで自然農の畑を作るというので、東京に行ったついでに大磯に行って見てきました。
 自然農とは一体、何なのか?
 やり方は人それぞれだと言いますが、まず。基本なのが畑を「耕さない」ことだとエレキ君は言います。「耕さない・草を抜かない」そんな農法が存在するのか? と驚きましたが、よく考えたら山に生えている山菜は、肥料をやらなくても勝手に生えているわけで。耕したり草を抜かなくても、植物は自分の力で育っていくのかもしれません。
 
「根っこが土を耕してくれるから、雑草の根っこは抜かないで、根っこをかき分けて植えるんです。」
 エレキ君が言います。
「土の中にいる微生物も土の深さによっている種類が違うので、耕さないことで微生物の層を、より自然な形に保っているんです。生えてる雑草は根っこから抜かないで、鎌で切ったら土の上に置きます。そうすれば草が肥料になるし、水分が蒸発しにくいから、黒マルチをかけなくてもいいんですよ」
「本当に? そんなに楽なら、私にもできるかも~?」
 そう思っていたのですが、どうやら楽そうに見えたのは気のせいだったようで、草の根を抜かない自然農は、耕さない分、実は普通の農法よりもずっと手間がかるのでした。最初に耕耘機などで耕した畑では土も柔らかく、一気に種を植えることが出来るのですが、耕していない畑では根っこだらけの土を手でかきわけて種を植えなければならないし、どこに植えたかを良く覚えていないと雑草と作物の見分けも付きにくくなって、せっかく出た芽を抜いてしまうこともあるそうです。
 更に、雑草が作物よりも伸びた場合は日陰になって育ちにくくなるので、本当にしょっちゅう草を刈らなきゃいけないんですね。その分、野生に近い状態で育つので味わいは格段に深くなるのです。
 これは……収穫も手伝って、野菜をせしめねば! 
 自然農の畑で育ったキュウリは、味わい深く、花のような香りがします。キュウリに香りがあるなんて、それまで知らなかった私は驚いてしまいました。
 
 命豊かな自然農の畑ですが、うちのバッチャが見たら根こそぎ草を抜きそうです。
「わい~、こったに草とば生えらかして……」
 と。「生えらかす」は津軽弁で草が生えている状態を言うのですが、この言葉を聞くと草が生えるのを「抑えきれなかった」という、自責の念が伝わってきますね。
 バッチャは意外と几帳面なので、生えてる草には容赦ないのです。バッチャは夏の間、ずっと草むしりをしています。広い畑を、春は菜の花菜とニンニク、夏にトマトとキュウリ、ピーマンにナス、枝豆、トウモロコシ。秋は大根と白菜、キャベツにカブにニンジンと。広い面積を自由自在に野菜で彩っていくのです。
 
 畑を開墾している友達のエレキくんは、23歳です。以前はエレキギターの職人をしていたので、名前がエレキくんになりました。うちに遊びに来ると一宿一飯のお礼にバッチャと畑の草むしりをしていきます。
 23歳で農に目覚めるなんて、鋭いなあと思いながら。彼は神奈川県民ですが、青森県の岩木山の麓にある自然農の農園でお手伝いをしながら、農業を学んでいるのでした
 
 

青森県の最強バッチャが繰り広げる、愉快で楽しい村のお年寄り情報満載エッセイ集!   

これを読んだら即・元気!!

『うちのバッチャ』
 
山田スイッチ 著
山田スイッチ社 刊
¥1,000
 
お買い求めはこちらから