検索結果 "エレキ"

エレキさん生誕28周年祭

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
弘前市土手町のカリマハラジャにて。
 
この写真の見所は、写っている人全員のボトムスを一人の人間が作っているところです。
 
なんと、100%エレクロです。
 
青森県にはエレクロという、ユニクロではめったに作らない
 
タイパンツやリバーシブル・ダブルガーゼ・ギャザースカートを作るエレキさんという
 
人がいるんですね。
 
エレキさんの職業は一体、何なんだろう。
 
謎です。
 
さて! 今日はそんなエレキさんのお誕生日!
 
生誕28年祭です。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
本日のケーキはボンジュールのチーズケーキ。
 
激うまです!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
koyomiさんの歌うハッピーバースデーに合わせてロウソクの火を消すエレキさん(28)
 
いつもより体が細くなっているのは息を吐き出しちゃってるせいでしょう。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
こっちから見ると女子会みたい~。
 
エレキさん、どっちかというと女子にカウントされそうです。
 
青森県に来てからというもの、自然農の畑で修行を積んだり、
 
わが家の庭に竪穴式住居を建てたり、
 
外ヶ浜町に建てたストーンサークルの石を運んだり、
 
我が社のために小説を書かせられたりしていた
 
エレキさん。
 
28歳の豊富は「死なないこと」だそうです!
 
 
「いやあ、今時代がちょうど移り変わってる時だから、
 
その移り変わりを見るためには、長生きしなきゃいけないんですよね。」
 
なるほどー
 
ちなみに縄文友の会・隊長の今年の抱負は?
 
「世界征服だね」
 
「せ、世界征服してどうするの??」
 
「いや、わっかんない。でもとりあえず世界征服」
 
エレキ「世界征服したい人って意外と多いんですよね」
 
「えっ多いの!?」
 
多いの? 少ないの? どっち!!
 
そんなわけで。今年もテンダー隊員に代わってエレキ生誕祭をお届けした
 
スイッチ隊員です。
 
早くも来年の記述が楽しみであります。
 
来年はエレキさん、何をやってるんだろうか。今から楽しみです。
 

教えて! エレキさん

新コーナー開設。

「教えて! エレキさん」


まずエレキさんとは一体、何者なのか?


情報1 エレキギターを作っていた

情報2 その後世界一周の船に乗った

情報3 船を降りた後に「これからは自給自足だわ!」と思って六ヶ所村で自給っぽい生活を始めた

情報4 本当はたまにしか奥様言葉で応対してくれない

情報5 山田スイッチ社のイラストの色塗りを担当している

情報6 ケンさんに案外好かれている。(ケンさんは女性よりも男性が好き)

情報7 だけどケンさんは縄文友の会の隊長・Nさんの方が「ちょうどいい」そうだ。(ちょうどいいって…)

情報8 エレキさんは歩いて秋田から関東まで行ったことがある

情報9 エレキさんは江戸時代の人が実はそんなに自給自足していなかった事実を知り、

     自給自足じゃなくてもいいやと思った

情報10陸奥新報紙や読売新聞青森県版には、当コラムにたびたび出演するために

     案外青森県では有名人だ。

情報11風のふんどしというふんどしを販売している

情報12メガネをかけている

情報13エレキは友達のテンダーとTHE・エコ暮らし
というサイトでバナナで釘を打ったりしていた。

情報14私の奥様友達である


というわけで、私の奥様友達なんですの。


そんな奥様友達のエレキさんに聞いてみました。


教えて! エレキさん


こうご期待!


関連記事  エレキさん誕生 http://ameblo.jp/yamadaswitch/entry-10873897837.html

 

おしえて! エレキさん

新コーナー開設。「おしえて! エレキさん」

Q1

国が貯蔵しているお米(備蓄米)がたくさんありすぎて、
その貯蔵する冷蔵庫の電気代が原発一基分になるってきいたんですが
お米は一体、どう保存したらお得に暮らせるのでしょうか?

おしえて、エレキさん!


A1

いきなり難題ですね。最初なんだからもっと簡単なのにして欲しいわ。
えっ?ならないの? それじゃあ、仕方ないわね。

知人の発明家が言ったのよ。

「お米は籾のまま保存して、食べるときには自宅で籾摺りを行うことによって、
おいしくいただくことが出来ます。
しかも、籾の状態なら常温で保存可能ですので、冷蔵庫も使わなくて済みます。
ですが、家庭用の籾摺り機というものがないんですね。残念なことに。
ということで、私が作りました。」

そして完成した物がこちら↓

非電化籾摺り機Ⅱよ!!

山田スイッチの『言い得て妙』 仕事と育児の荒波に、お母さんはもうどうやって原稿を書いてるのかわからなくなってきました。。。-籾摺り機Ⅱ

詳しい機能や使い方はこちらからね。

米1合の籾摺りがたったの50秒ですって。
6合なら5分で終わりますのよ。

奥様A「奥様みて、最近いい物を買ったの。ごりごり←籾をする音」

奥様B「なんですの?それは。ごりごり」

A「お米の籾をすれるのよ~。ごりごり。これでいつでも、新鮮がご飯が食べれるわ。
  しかも、毎日使ってたら、気のせいか二の腕が引き締まった気がするのよ。ごりごり」

ってな具合になるかもしれないわね。

彼は他にも電気を使わない冷蔵庫など、非電化系の発明をしているわ。

スイッチ 「彼って、気軽に呼ばれますけど、発明家の藤村さんじゃないですか!」

エレキ

「ちょっと一手間かかりますが、これでおいしくお米をいただけますわね。
子供にお手伝いをさせたり、旦那さんの日課にしてもいいんじゃないかしら?

ではまた、ごきげんよう。」

エレキ奥様へ

奥様どうもありがとう! そんなわけで余分な備蓄米はとっととニワトリにでもあげちゃって、
米は籾付きで保存して頂ければ国の冷蔵庫代が原発一基分浮くっていうとってもお得な奥様レシピでした!

やっぱり米は、米蔵よね~!

テクテクノロジー革命―非電化とスロービジネスが未来をひらく (ゆっくりノートブック)/藤村 靖之

¥1,260
Amazon.co.jp

 

エレキさん誕生

山田スイッチの『言い得て妙』 仕事と育児の荒波に、お母さんはもうどうやって原稿を書いてるのかわからなくなってきました。。。-110427_1329~001.jpg
    

明日はTHE・エコ暮らしで

おなじみの国民的アイドル「エレキさん」の生誕27周年記念祭です。

エレキさんは、この間わが家に数日間滞在し、朝晩のごはんを食べて

いかれたのですが。肉大学 焼き肉学部卒業のうちのケンさん(うちの夫)と同じ食事をするうちに、

お腹をこわされまして。

 

なんか、辛そうでした。

 

ちなみに、ケンさんは牛肉学部 焼き肉学科卒だそうです。

牛肉学部には焼き肉学科の他にもステーキ学科があります。

豚肉学部とんかつ学科卒は、地元のとんかつ店への就職が有利になるそうなので、

ぜひそちらにご入学を……って。

 

普通に専門学校通ったほうが良くねえ!? 

 

とまあ、この話は置いておいて……。

 

ここ最近のエレキさん発言で面白かったものを一つ。

 

山田スイッチの『言い得て妙』 仕事と育児の荒波に、お母さんはもうどうやって原稿を書いてるのかわからなくなってきました。。。-110427_1329~001.jpg
 

 「これは都市伝説なんですけど、

厳格なマクロビオティックをやっていて

無農薬野菜しか食べてなかった人がいたんです。

その人、コンビニのお弁当一口食べたら

死んじゃったんだって……」

 

 

 

 

 「ええ~!?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

じゃあ、もう一つ。

 

 

 

山田スイッチの『言い得て妙』 仕事と育児の荒波に、お母さんはもうどうやって原稿を書いてるのかわからなくなってきました。。。-110427_1329~001.jpg

 「いつか……人々が出した物を元の位置に

戻せる日が来ますように。」

 

 

 

 「い……祈ってる……!?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「最近……」

山田スイッチの『言い得て妙』 仕事と育児の荒波に、お母さんはもうどうやって原稿を書いてるのかわからなくなってきました。。。-110427_1329~001.jpg

  「最近、このポーズでないと考えがまとまらなく

 なったんだよねえ」

 

 

 「そんなポーズ!?????」

 

そんなこんなで。

 

本当はテンダー隊員(@ヨホホ研究所)
が報告すべきエレキ生誕27周年なのですが。

とりあえず今年はスイッチ隊員が報告しておきました!

 

来年もよろしくお願い致します!

 

 

エレキとバッチャ。

先日、神奈川から来ていたお友達はエレキという名前で。
バッチャにエレキを「エレキ」として紹介すべきかどうか
迷ってはみたのですが。

普通に「エレキさん」とバッチャに呼ばれ、
2、3日で「エレキはどこさ行った?」と
エレキ扱いされていたエレキさんです。

ピタゴラ装置を作るのにやっきになっていたら
師匠にも気に入られ、「エ~レキ~!!ご飯だよ~!!」
とか、「朝ダヨ……」となつかれておりました。

先日の植樹しながら日本を歩いて縦断している中溪さん ご一行に、
後ほどエレキも加わります。
田沢湖付近からだそうです。
見かけたらみなさん、応援してくださいね。

ふんどしデザイナーであり、発明家の卵でもあるエレキとは
会うとずっと発明の話をしてしまいます。
「土に還る紙オムツが欲しいんだけど、作れるかなあ」
とか、
「納豆菌の保水力って半端ないらしい」
とか。

我々は、新たなオムツを開発したいと思っているのです。
納豆菌とか使って。
思いついた中では、「水に流せるオムツ」が最強です。

関係ないけど、妹が開発した激うまマヨネーズ
は、マヨネーズと和風ドレッシングを1:1で混ぜるだけなのですが。
生野菜に付けて食べるとすごく美味しいので
試してみて下さい。

エレキと植樹隊に影響されてか、バッチャが庭にエゴノキを植えました。

猿賀神社では5月6日まで 尾上・花と植木まつりが開催中。
造園業が盛んな尾上町の造園屋さんが、こぞって集まっているので、
珍しい庭木とか、超でっかい植木を手に入れてみたい方は、
ぜひ尾上の猿賀神社まで!

オーガニックコットンや麻布を使った
心地よい「風のふんどし」のお求めはコチラで!
野毛商店 http://nogefarm.cart.fc2.com/