検索結果 "キャラ"

原稿一本吹っ飛んだ……

先週の秋葉原訪問にて、
道路をマリオカートによく似たレンタルカートに、
マリオやルイージ、ヨッシーのコスプレをした人たちが乗ってるのを見て
えらく感動したドグ子。
 
帰ってすぐに今週土曜掲載の新聞記事にコラムを書いたら、
本日付の新聞記事でマリオカートの会社、
任天堂に訴えられてたんだドグ……。( ゚Д゚)( ゚Д゚)( ゚Д゚)
 
あかん……あかんこれ、載せんらんねえドグ……。
案の定、新聞社から電話があって
 
「どうします? うちとしては、
五分五分の意見で、現象をただ捉えてるだけとする派と
さすがに不謹慎という派に分かれましたが……」
 
「いや、キャラクターもの書く時はいつも気を付けていたんだドグけど、
今回、ちょっとぐらいいいか? って、気を抜いてしもうたんだドグ……。
三日前とかなら、すぐ直せたドグけど、今回はもう、あかんので別原稿
載せてくださいドグ……」
 
ふおおおお。
今週の原稿料一本、吹っ飛んだドグ……。(*´Д`);;;
任天堂があと一日訴えるの遅ければ載ったのに!!
でも、仕方ないドグ~。(*´Д`)
 
ちなみに、著作権に最も厳しいのはディズニー。
もしも放送されたくない番組に出たら、
大声でミッキーマウスの歌を歌うと放送できなくなるという
噂があるドグ。
 
豆知識として覚えておいてNE☆
 
 
安倍総理もマリオのコスプレしてたから、
行けるかと思ったんだドグけどなあ……。

 

 

新しいカルマの捉え方 「聲の形」

聲の形 コミック 全7巻完結セット (週刊少年マガジンKC)
 
カルマっていうのは、仏教用語で「業」を
表しているんだドグけど、
それって、前世の失敗とか、悪行とかが関係していて
前世の負債を償うために、
今世で「カルマだから仕方ないよね。」
 
と、割り切るためのものなんだドグ。
 
例えば、嫌なダンナと結婚してても離婚できない場合、
「これもカルマだから仕方がない」
と割り切れば、仕方ないなりに生きれるじゃないドグか。
 
でも、生まれ変わりがなく、死んだらTHE・ENDの
考え方や、生まれ変わっても裁きはなく、業を負わないって
考え方では、カルマそのものが存在できなくなる。
 
だとしたら現代の新しいカルマの考え方って、
「魂の成長のためにやらなきゃいけないと感じていること」
だと思うんだドグ☆
 
やらなきゃいけないと感じてるだけなので、
実はそれ、やらなくてもいいんだドグ。
 
でも、気になるとか、無視もできないっていうのは、
そういう「やったらなんか、成長できるのかな?」
 
っていう、期待が込められているはずなんだドグね。
 
なんでもかんでも、割り切れないところに愛があるとか。
それは愛なんだけど、どう考えても損だと思うところに
カルマって呼べばあきらめて受け入れられそう
って期待がある気がするドグ。
 
映画「聲の形」は、
カルマを乗り越える話だと思うドグ。
 
耳が聞こえない、いじめたら今度はいじめられた
すぐには明るくなんてなれない
いい子ちゃんである自分を変えられない
意地悪なキャラを変えられない
 
そういう人たちが、そういう人たちのまま
業として耳の聞こえないヒロインと関わるには、
あんまりに幼かった。
いじめてた子が今度はいじめられっ子になるという図式は、
 
最近じゃよく見かけるようになったけど
昔はなかった気がする。
多分、クリエイターって人と違い過ぎていじめられやすいだろうから、
自身の体験を描くことでこの、因果応報というカルマを
世に表すんだと思う。
 
顔にバッテンが貼ってあるという表現がやたらリアルだった。
 
ずっとにこにこしてるだけのヒロインが、
多分、「花火と一緒に散りたい」
と思っていたであろう
こととか。この映画は本当に、音に生かされている。
 
カルマも何も関係なくなった時、
ドグ子が求めたいのは、人の素直さ。
 
素直な人に触れるのは、
宝物を手にするようなものだから。
ヒロインが最後に「バー、カ! バーッッ、カ!」
 
って言ったのは、本当に最高だった
ドグ。

 

 

うちのバッチャ2

うちのバッチャ2 -88歳快進撃-

目次

07.肉大卒の夫
08.珍しい日
09.津軽式ギャグ
10.偉大な田んぼ
11.獅子踊り
12.ご長寿ネタ
13.ナマコ美人
14.ありそうでないこと
15.ネイティブ・ツガリアン
16.雪の一日
17.ドキドキ☆頻尿日記
18.雪の一日 その2
19.たなちゅうさん
20.宇宙的な主婦
21.バッチャとゆるキャラ
22.バッチャの本
23.男前に育てる
24.夫のつけたあだ名
25.こけしのある風景
26.梅雨の楽しみ
27.行動的なお年寄り
28.バッチャと温泉
29.メグウィンさんねぶた祭りへ!
30.うちの嫁姑問題
31.福島で本格ピッツァ
32.風邪の季節
33.風邪のチャンス
34.入院した夫
35.レディー・ガガに一言
36.気功師、現れる
37.バッチャの子ども時代
38.過去にこだわらない女
39.男は何歳から?
40.節分の楽しみ
41.七戸の本気
42.カレーの付け合わせ
43.自由な夫
44.弱くても勝てます
45.仙台の牛タン
46.元気の出ることば
47.夏の準備
48.バッチャに聞いたあの世
49.バッチャ達のブルース
50.悩みに新アイディア
51.デコお盆
52.ジッチャの虹
53.永遠のパシリ
54.ポルターガイスト
55.未来に行く方法
 
あとがき「9歳 19歳 29歳」
 
解説

 

ついに出た! 青森県最強バッチャとドジな嫁が繰り広げるぶっ飛びエッセイ☆ 

マンガも6ページに増量

『うちのバッチャ2
 -88歳快進撃-』
 
山田スイッチ 著
山田スイッチ社 刊
¥1,000
 
 
・お買い求めの際は青森県内の各書店か(郷土本コーナー)山田スイッチ社をご利用ください!
 
 

第90回 弘前の素敵な考古館|JOMON FAN:

第90回 弘前の素敵な考古館|JOMON FAN:

縄文ファン

 

 

ふおお~!今年の春、弘前城桜まつりでふっとび土偶の撮影をしてきたドグ子☆

ゆるキャラとして認められたのか、

各国の人が集まってきたドグ~!!(*´Д`) 

詳しくはJOMON FAN のエッセイで!!

 

 

 

2016弘前城桜まつりに土偶のゆるキャラが!

桜が咲くと、浮かれますよね。(^▽^)/

そんなわけで、浮かれたドグ子の様子を

画像でお楽しみくださいドグ~!


 

 


とりあえず弘前城桜まつりでふっとんでみたドグ子。










そのとりあえずふっとんでみたドグ子を波動拳で飛ばす


物造りのマサトさん。



 








そしてドグ子の吹っ飛んだ理由を


「ウォシュレットが強すぎたため」とする悪旧Reのヴィーナスさん。



 








実は衝撃派を地面に打ってるドグ子も!!


 








そしてバイトちゃんに「頼む!コミスタで効果入れてくれ!!」と頼んだ結果……。


ふっとび土偶が完成!!




 





 なんか、感動したドグ~~~~!!




 画像ありがとうございましたドグ~!!(*´Д`)(*´Д`)(*´Д`)