検索結果 "ストーン"

願い事の叶え方

ドグ子は、意外と願い事が叶いやすい体質なんだ

ドグけど、

それってどうやって叶えているのかというと、

方法があるんだドグ。



ここ十年ほどの間に、

けっこうあり得ない願いが叶ってきたドグ子は

叶え方を一つ知ってるドグ。

それは、実際に本人にいうこと。

これっきゃないドグ。



アラーキーに写真撮ってもらった時も、

奈良美智さんに表紙イラストを描いてもらった時も、

田口ランディさんに好きですって言った時も

ドグ子は全部、自分から行ったドグ。



こうしたいって、本人に表明する。

それでも叶わない時は、

詰める。



詰将棋みたいに。

叶わないなら詰めて、詰めて、叶うまで詰める。

マンガ家になりたかったら、マンガを描く。

とてもシンプル。



自分以外の人に聞いて、答えをもらうのも詰めること。

そうすれば願い事は、自然と叶っていくんだドグ。



叶いやすい願い事は、あらかじめ神様が「こうしたい」と

思っていること。

それを感知して、神様がやりたいことを

自分がその手足になって動けば、

大体のことはかなってしまうドグ。



50㍍級のストーンサークルを作ることだって、

庭に竪穴式住居を建てることだって、

神様がお望みならそれは、いろいろな偶然が重なって

叶ってしまう。



そうすると、「自分の望み」というものは

本当は自分の望みではなく、

自分をなくして天からキャッチした情報にすぎないということに

なるドグよね?



誰しもが、こうありたいと自分で思いついたと

思っているけども、

その思いつきという電波を受信しただけであって、

発信した人は誰か? ということなんだドグ。




更に、現代人は思いつきを信用しないから、

叶いやすい願い事は逆に、無視してしまいがちドグ。

右脳の声を信じず、左脳のこうあるべきにとらわれてしまう。

そうすると、願いは叶いにくくなる。



佐藤初女さんは、よく「神様のお望みなら物事はうまくいく。

うまくいかない時は、待って様子を見る」と

おっしゃっていたドグ。



これは、極意。

待って様子を見ている時、

人は、状況を見極めるドグ。

真っ直ぐ見てわからないことは、俯瞰して。

俯瞰してもわからないことは、斜めから。



そうして物事をよく見る習慣を身に着けると、

妄念が消えてゆくんだドグ。



妄念が消えた時、

全ては喜びであるとわかるドグ。



喜びで物事を行えるようになったら、

それはもう叶っているようなものドグ。

何故なら、他者からの評価を超えたステージに

上がっていけるから。




生きていること自体が喜びであるなら、

それはもう。

全ての願いが叶ったことと同じ意味ドグ~!

 

潜在意識とドグ子。

ドグドグ~。
 
最近、願い事はなんでも叶うけど、それは
潜在意識っていう、自分の表層の意識よりも
深く潜ってて自分でも気づかない位置にある
意識のチューニングが大事だなあって
感じているんだドグ~。
 
ドグ子は、20代のわりと早い時期にコラムニストでデビューしたから、
思いがけずに続けて本を出し、
多いときは1万8千部も刷ってもらったんだドグけど(この時代は
出版好景気で文庫は冊数が多かったから)、
 
さすがに経験の少ない30前の人間が
続けて本を出しちゃったもんだから、
4冊目の本を出した後、もう自分の中に何も残っていないし
これ以上書いても恥ずかしい!
「もう二度と本を出したくない!!」と、
強烈に自分を呪っちゃったことがあるんだドグ~。(*´Д`)
 
で、
 
その願いが叶ってその後、かなり長い間本が出せずにいたんだドグ。
だって、「出したくない!」って強く願ったわけだからして。
 
でも、「新聞連載を増やしたい」とか、
「縄文の仕事したい」とか、「竪穴式住居作りたい」
「ストーンサークル作りたい」なんていう、、無理めの願い事は、
本当に潜在意識が「当たり前にできる」と感じているから
驚くほどすぐに叶っちゃうんだドグ。
 
それで、
本を出したくなくなった時期と出版不況の時期は重なっていて。
今考えるとドグ子みたいな売れない新人は
そんなこと願わなくても自然に本が出せなくなったわけなんだドグけど
 
本を出さなくなってから数年も経つと、
ちょっとは経験も増えてきて
なんか書きたいなあって思うわけなんだドグ。
 
それでドグ子は、
 
「誰かの本に呼ばれて書くとか、そういう楽なスタンスがいいなあ」
 
って思いつくんだドグ。
 
それで、またその願い事が叶うんだドグ。
茂木健一郎さんの編著の本に
「東北に住んでいた」という理由だけでコラムニストとして参加したり、
乙女の玉手箱シリーズ「こけし」っていう本に、
ライターとして参加して書いたり。
本当にピンポイントに願い事は叶うんだドグ。
 
どうしたら人に迷惑をかけずに、しかも新しい本を出せるのかと
考えたドグ子は思いついたんだドグ。
 
「なんだ、自分で本を出せばいいんだドグ!!」
 
ってことに気づき、同人誌で1650部刷って書店で雑貨扱いとして売り、
ほとんど青森県内だけで完売するっていう
嘘みたいなことも起こったんだドグ!
 
今年本を出すなら、もう2000部刷って出そうと決めているドグ~☆
 
今、ドグ子の潜在意識は「じわじわと漫画家になる」ことを望んでいるので、
じわりじわりと、漫画を描いていこうと思っているドグ。
 
漫画を、心の底から尊敬しているから
かえって漫画家になるなんて
おこがましくてできないと思っていたんだドグけど、
「じわりじわりと、なろう!」
 
って
今、潜在意識が言ってくれてるドグ~!

 

 

縄文5行日記

日曜日、小牧野の森 縄文の学び舎に行って、憧れの国文学教授の小林達雄先生の
前説やってきたんだドグ~!(^O^)p
そんなわけで縄文5行日記ドグ~!
 
①土偶買っちゃった☆
小林千幌さんの土偶「山霧の神」ドグ~!
聞いて! 奥様、こちらの土偶がなんと、
たったの3万円だったんだドグ~!
やっだー! お買得ドグ~!
物造りのマサトさん曰く、「岡本太郎の太陽の塔みたい」
だドグ~!
絶対、土に埋めておけば千年以内に国宝に認定されるドグ~!
 
②ドグ子の縄文レベルの高さについて
実はドグ子、縄文検定があったら1級ぐらい
軽く取れちゃうぐらい縄文スキルが高いんだドグ☆
やってみたことを振り返ってみると、
 
☆縄文土器を作ったことがある
☆竪穴式住居を作ったことがある
☆ストーンサークル(50㍍✕45㍍)を作ったことがある
☆縄文遺跡の上で縄文イベントを3年以上連続でやったことがある
☆シャーマンの友達がいる
☆縄文遺跡のダウジング調査をしたことがある
☆土偶のゆるキャラをやっている
☆マイ土偶を持っている
 
などなど。
でもこれって、女子高生がネイルの上手な付け方を語るぐらい、
専門的すぎてよくわからないドグNE……。
「ネイルの上にスワロフスキーを載せてトップコートでコーティングすればあ」とか言われても「ハア」としか
答えられないドグ……。
 
③LINEスタンプ作ってみた☆
土偶仲間と一緒にLINEスタンプを製作中ドグ~!
LINEスタンプの買い方がわからないんだドグけど、
LINEコインって一体、どこから手に入れるんだドグ……?
わからなすぎて涙が出ちゃうドグ……。
ドグ子、めったにオンラインにならないから
ラインスタンプなんて今まで買わずに来たけど、
発売されたら、お知らせするドグ~!
④小林達雄先生の講演の前説をやりましたドグ!!
ふおお~!
ドグ子のヒーローは今、岡田さんとか50代以上になってしまい、
小林達雄先生においてはもう、78才なんだドグけど
小林先生の土偶説や文明論はすっごく面白いんだドグ☆
 
⑤仙骨治療を受けた。
2ヶ月に一回くらい、ドグ子は体の修理をしているんだドグ。
大体、2ヶ月もあれば筋肉を無茶な使い方したり
長時間同じ姿勢でいることからくるぶしとか
土踏まず、首の辺りがコッチコチになってるんだドグ~!
 
それで、今「トリガーポイント」って言って、
押すと死ぬほど痛くて、しかも一箇所を押すと別の場所に反応があるポイントを紹介した治療法が出てるんだドグけど、
仙骨治療はそのトリガーポイントにチタンの棒を当てて、
ゴム製のハンマーで振動を与えて筋肉の硬直を緩ませるのを、相手の仙骨の出す信号通りにやるっていう珍しい施術なんだドグ。死ぬほど痛いけど!!
 
(身体を正しく使っていないと、肩甲骨の位置とかズレちゃうんだドグ!)
そんなわけで今、ゆるゆるしてるドグ……。
体がコッチコチにならないためには、
正しい姿勢で素早く歩くのが大事だって、何度も言われているのに全然守れてないドグ……。
でも今日からちょっとずつ歩くドグ~!
 
ドグドグ~!(^O^)
 

魔法の百均 第14回「いざ、縄文遺跡へ」

魔法の百均 第14回「いざ、縄文遺跡へ」
 
今週の百均の魔法使いは、百均グッズを使って縄文遺跡に行くことにしました!
縄文遺跡での準備に何が必要かというと、虫除けグッズが必要なんです。
大体の遺跡は山の中にあるので、平地と違ってハチや蚊がいっぱいいるんですね。
特にアブに刺されるとずっと腫れたりするので、まずは万全の虫除け対策が必要です。
 
最近、百均でオシャレでカラフルな虫除けリングが売っているのですが。これも使い始めは多少の効果があります。
しかし、腕に付けたリングから遠い場所が虫に刺されるので、足元や首周りには必ず虫除けスプレーをしましょう。
 
虫刺されの大半は、服装で防ぐことができます。長袖、長ズボン、ズックは基本ですね。
素材もジーンズなどの堅い素材が良く、とにかく肌を露出しないことです。
蚊にとっては美味しそうな人間が腕や足を出してやって来たら、「どうぞ血を吸って下さい」と言っているようなものですから。自分が食べ放題のメニューにならないように気をつけましょう。
 
首周りの空いてる服で行く時は、虫が入るのを防ぐためにスカーフを巻くのをお勧めします。
なんと! 百均で216円も払うと、なかなか素敵なスカーフが買えるんです。
素材も柔らかだし、色もいいし。選べば1000円くらいのスカーフに見えますよ。
 
そして頭にはスズメバチ対策を! おお…、縄文遺跡がだんだん、危険な場所に思えてきましたが、白っぽいバンダナを巻くか帽子を被れば大丈夫です。
 
スズメバチは黒い色を攻撃するので、縄文遺跡に行く時は黒い服では行かないほうがいいのです。
また、眼球の黒も狙われると危険なので、UVカットができる度なしメガネをかけてみてはいかがでしょうか? 
なんと、百均に行くと紫外線やブルーライトがカットできるメガネが売っているんです。太陽が眩しいと目が疲労するので、UVカットのサングラスもお勧めです。
 
青森県内には縄文遺跡がなんと、3700ヶ所もあるんです。
そのうち、ストーンサークルは青森市、平川市、弘前市にあります。
弘前市のストーンサークルは「大森勝山遺跡」といって、岩木山の頂上が良く見える、岩木山の北東の山麓に作られています。
 
普段は遺跡保護のために土の下に埋め戻されていますが。時折一般公開されますので、その時は出かけてみて下さい。
場の雰囲気がとても良いのです。
縄文人が石を環状に並べたことで、その場のエネルギーを高めたからだと以前、大森勝山遺跡にご案内した作家の田口ランディさんがおっしゃっていました。
 
百均グッズを使って縄文探索を! 遺跡の周りにはお店がない場合が多いので、百均で飲み物を調達して行くといいですね。
ゴミは必ず持ち帰って、遺跡から元気を分けてもらいましょう!
 
※※※この画像(記事は)は、陸奥新報社提供です。無断転載はできません。※※※

 

遺跡のダウジングツアー2

あそこのおかあさん縄文人だから

が更新されました!

遺跡のダウジングツアー2 は、秋田県の大湯環状列石編です!

ダウジングが好きな人も、ストーンサークルが好きな人も

ぜひ読んでみてください☆

http://aomori-jomon.jp/essay/?p=8087