検索結果 "ハンター"

エネルギーの使い方。

ドグ子は、若い頃仙台の外来語専門学校(2年で卒業)に行って、

将来はオーストラリアで保母さんをするのが夢だったんだドグ。



それなのに、

親の反対にあい、

私立の4年制大学に行ってミステリーハンターを目指すうちに、



就いた職業は板前だったんだドグ。



正直、そこの板場に就職しなかったら、

物書きにはなれなかったなって思うドグ。

女子なのに板場。

しかも、いる人全員のキャラが濃いという空間に置かれて、


「なんでこんな目に遭うドグ~!?」



と、困ってなかったらきっと

物書きにはなれなかったんだドグ。



困り……それは、物書きにおいてなくてはならない

エネルギードグ。。




困りがなかったら、書かなくても済むんじゃないかって思うドグ。



それで、エネルギーについてなんだドグけど、

ドグ子は大学入学当初、

入りたくもない大学に入ったので相当、

エネルギーを無駄にしたんだドグ。



嫌いなことに使うエネルギーほど無駄なものはないドグ。

嫌を打ち消すのに、相当量のエネルギーを注ぐよりは、

好きに普通に、エネルギーを注いだ方が結果はいいドグ。



今から未来を予想することって

なかなかできないけど、

過去に起きた出来事を、「こうだったからではないか?」

と検証することはできるじゃないドグか。



何十年も生きてから、若い頃に起こったことを

「どうして起こっていたのか?」

と読み解くと、面白いぐらいにその

「本当の自分」が求めていたものがわかるドグ。




「ああ~、板場で体を壊したのは、やっぱり

自己表現の道に行きたかったからなんだドグね……」




って、後からなら言ってあげられるんだドグ。



それを言うと、嫌いな大学に行ってなぜか面白い板場に就職したのも、



「ああ~、物書きになるために天が用意してくれた

奇跡の店だったんだドグね……職場の先輩に元・全日本女子プロレスの人も

いたドグし」




って、思うんだドグ。



全日本女子プロレスにいた先輩は、

女子プロにいる間、練習がきつくて、きつくて、

ずっと居酒屋の店員に憧れていたんだドグって。




そして、女子プロの後輩だった子は、

「あたし、スーパーでレジ打ちできる女になりたい」

って、憧れていたんだそうドグ。





どこがゴールかなんて、わからないから。

できるだけ、気持ちよくエネルギーを注げるように

生きたいドグ~☆(*^-^*)

 

松尾スズキさん。

先日、あさイチというNHKの情報番組に、


劇作家の松尾スズキさんが出ていらして、


しかも、深夜にあったバスの事故で放送が遅れていらして、





「さすが松尾さんだ……」





と思ったんだドグ~。





松尾さん、「TAROの塔」の主演・岡本太郎役でも


NHKのドラマに出ていらしたんだけど、


第三回が震災と被って、放送されず


その後に放送されるも時間が変更になるという


不幸……めったに味わえない不幸と


いつも隣り合わせの松尾さんが、好きドグ。





そもそも、ドグ子がコラムニストになれたのは


松尾スズキさんのおかげなんだドグ。





当時、ぴあコラム大賞の募集があった時ドグ子は


コラムの書き方なんて全然わからなかったんだドグけど、


TVブロスで連載されてた松尾スズキさんの


「おばあちゃん! それ偶然だろうけどリーゼントになってるよ!」





を、とにかく分析して、分析しまくったんだドグ!


コラムというものは一体何なのかを理解する上で、

松尾さんのコラムは本当に素晴らしいものだったんだドグ!





貧乏お笑い芸人志望から、一週間でエッセイ4本を書いて


ぴあコラム大賞を受賞し、どうにかこうにかコラム書きになったドグ子。


(今はもう、この賞ってないんだドグけどね(*´Д`))





それで、貧乏で白塗りダンサーやってた


お笑い芸人を解散したばかりのドグ子は、


ぴあの編集者さんのはからいで、大ファンだった


松尾さんに三茶でお会いしたことがあったんだドグ☆





松尾さんは、すごく大きな人で、


面白くしようとしなくてもなんか、面白さがにじみ出ている人で、


12年くらい前に三茶のバーでドグ子は、


ぴあの編集さんと松尾さんに人生相談をしていたところ、夜が明けて


朝になっていたんだドグ……。






「大学を出て就職したら、そこが山海料理店で板前になっちゃって、

ミステリーハンターを目指していたはずが、

お笑い芸人になって、今、白塗りでテクノに合わせて踊ることに……





と。。。





松尾さんは、こんな訳のわからないドグ子の話を、


ほとんど黙って聞いてくれてたんだドグ~。





それで、ドグ子が一番最初に本を出した時に、


帯コメントにこんな素敵なことを書いてくれたんだドグ。





「山田スイッチの愚痴をずっとずっと聞いていたい。


そして最後に殴りたい」






って。





すごく、愛のある方なんだドグ~。。。





意味の、わからない子の話をちゃんと聞いてくれる。





今考えると、松尾さんの度量の深さって


半端ないなあと思うんだドグ~!

 

エコハンター第160回「エコタイプ別診断」

 
エコハンター第160回「エコタイプ別診断」
 
さて、連載160回を迎えるエコハンターも、今回が最終回となりました!
今まで様々なエコをご紹介して参りましたが、皆さんに一体、どんなタイプのエコが向いているのかを、今回はエコタイプ別診断でお届けしようと思います!
次から出る問題のYESの数を数えて下さい。
 
第1問 環境に良いならつい何でもやってしまう。
第2問 ゴミの分別は得意な方 
第3問 美味しいものが大好き! 
第4問 添加物にこだわりがある。 
第5問 アレルギーがない 
第6問 洗濯洗剤にこだわりがある。 
第7問 無農薬とかはもう、当たり前である。
第8問 実は引きこもりだ。
 
皆さん、どうでしたか? 
YESの数が8個の人は、引きこもり型エコレディです。
普段からあまり車に乗らない、余分な服や雑貨を買わない貴方は、生きているだけでCO2の増加を防ぐ、エコ界の神的存在です。エアコンを切ってコタツや布団で暖を取ると、より一層エコな感じに!
 
YESの数が7個の人は、極エコ自然農レディです。
ずばり、貴方に向いているエコは、有機農法を超え、畑の生態系にまで配慮した自然農です!
 
YESの数が6個の人は、主婦系エコレディです。
エコロジー、つまりギリシア語のオイコス(家)+ノモス(法)+ロゴス(真理)という学問を修めるすごい主婦です。環境を良くするも、悪くするも主婦次第なのです!
 
YESの数が3個以上の貴方は、都会派エコレディです。
ずばり、貴方に向いているエコは、お買い物によってエコをもたらすショッピング・エコ。フェアトレードの有機コーヒーや紅茶を買うだけで発展途上国の土壌を農薬から守り、途上国の賃金アップによって、子どもたちへの教育の機会を設けるなど。大いなる役割を持っています。
 
YESの数が0個だった貴方にお勧めなのは、体質改善エコ。
アレルギー体質でありながら洗剤を選ぶのが苦手な貴方には、晩ご飯を鍋物にすることで余分な油を摂らず、お刺身を食べて漁業に貢献しながらαリノレン酸を摂取し、炎症になりにくい体質に導くエコです。
 
エコロジーは本当に、身近な学問です。これからも皆さん、エコを楽しんで下さいね!
 
 
※※※この画像(記事は)は、陸奥新報社提供です。無断転載はできません。※※※

 

 

 

エコハンター第159回「引き継いでいくエコ」

エコハンター第159回「引き継いでいくエコ」
 
エコハンターの私に「無添加」という言葉を教えてくれた、弘前市土手町で「カリ・マハラジャ」を営んでいた海老名英一さんが今年の5月に永眠されました。
前日のカリーの仕込みを元気にこなした海老名さんは、翌日パタリと逝ってしまったそうです。
もう、研究に研究を重ねて洗練されたあのカリーの味を味わえないかと思うと、本当に切ないです。
 
海老名さんは、いつもご自身の病気をスパイスで治そうとして、闘っていました。
いつも元気で、ニコニコした笑顔で。
海老名さんのカリーを食べるとお腹がポカポカして指先まで血がよく通い、私の風邪は海老名さんのカリーがよく治してくれたものでした。
海老名さんはよく、「食品を買う時は表じゃなくて、裏を見なさい」とおっしゃっていました。
そして初めて私は食品表示というものに興味を持ったのです。
 
食品表示はその食品に含まれる物が多い順に書かれます。
これを見るとどれくらいの添加物がその食品に含まれているかがわかるのです。
カリ・マハラジャのカリーは無添加で、「食べる宝石」とまで称されたカリーでした。
材料から無農薬のものを選び、海老名さんが調合したスパイスで作られていました。
 
海老名さんはカリーを作る水作りにも真剣に取り組んでいて、アルカリイオン水を作った後に更に浄水器にかけ、麦飯石とたくさんの水晶の入ったポットに入れ、最後にマグネシウムと水を反応させて作る水素水をお客さんに供していました。
その味はまさに、極みとも言える水の味でした。 
 
海老名さんがあまりに突然に逝ってしまったので、ずっと実感が湧いてこなかったのですが。
ふと、私が息子の顔を見た時に、何故か自分が生きていながら新しい肉体を持ったこの子に生まれ変わっているような気がして。
自分の肉体はまだここにあるけど、私の遺伝子はもう、新しい肉体に生まれ変わっているんだと感じたのです。
そして、海老名さんも、誰かの一部になっているのです。
 
海老名さんは私にとって、知識の詰まった図書館のような人でした。彼の知を、引き継いでいけたらと、いつも思うのです。
 
 
※※※この画像(記事は)は、陸奥新報社提供です。無断転載はできません。※※※

 

 

 

 

エコハンター第158回「ゴム手袋があなたを守る」

エコハンター第158回「ゴム手袋があなたを守る」
 
「冬になると指先がガサガサになるのよ〜! エコハンターならなんとかできない?」と言われ、考えたのですが。
指先ガサガサの原因はやっぱり、洗剤による手荒れなのではないでしょうか?
 
エコハンターがエコを始める前、一番悩んだのはお洗濯後に指先に穴が空くくらい手が荒れたことです。
一体、何が原因でこれほど手が荒れるのか? 
そう思ったエコハンターは、お洗濯物を干す時にゴム手袋を着用してみたんですね。
そうしたらなんと、荒れなくなったんですよ!
 
そこから考えられたのは、柔軟剤が私の肌に合っていないんじゃないか? ということでした。
柔軟剤はすすぎ終わってから仕上げに投入するので、直接肌に触れてしまいます。
乾けば影響もないのでしょうけども、肌の弱い人はゴム手袋をして干すといいですよ!
 
フランスでは柔軟剤の代わりにワインビネガーを使うということを本で読み、試しにお酢を柔軟剤代わりに使ってみたことがあります。
洗濯石けんでアルカリ性に傾いた衣類をお酢が弱酸性に戻してくれるので、柔らかくなるという仕組みです。
 
市販の柔軟剤のようにフワフワになるわけではありませんが、洗濯物のごわつきが減ります。
また、クエン酸主体でエッセンシャルオイルの入った香りの良い柔軟剤も販売されていますので、探してみて下さい。
 
水が冷たくなるこの季節は、お洗濯物の汚れが落ちにくくなりますよね。
粉末洗剤の溶け残りが気になる方は、液体洗剤にして、なおかつヤカンのお湯などを投入し、水温を上げると汚れ落ちが良くなります。
その際は熱湯が直接衣類にかからないよう、ヤカンに水を足して注ぐなど工夫をしましょう。
 
泡立ちが良くても髪に合わなかったシャンプーは、そのまま捨てるのはもったいないです。
ぜひとも、お洗濯やお風呂掃除に活用しましょう。3プッシュで洗濯機45リットルのお洗濯が可能です。
 
私は普段、お洗濯には過炭酸ナトリウム(酸素系漂白剤)を使っているのですが、これで落ちない汚れは意外とシャンプーで落ちることが多いのです。
色々やってみると、お洗濯ほど楽しい実験はないなと感じるのです。
 
 
※※※この画像(記事は)は、陸奥新報社提供です。無断転載はできません。※※※