検索結果 "ブログ"

ドグ子 中身

土偶の中身を始めてからはや4年……

「ドグ子 中身」で検索する人が増えました。

そして、検索すると嬉しいことに、

古代少女戦士ドグちゃんの、ドグちゃんが出てきます。

ふおお。

あんなにピチピチしてないドグ!!

 

このブログだから言いますドグけども、

中身は40歳ドグ。

外側は23歳OLの設定だったドグけども

似合う服を探したところセーラー服に落ち着いてしまいましたドグし、

23歳でセーラー服ってのも違法な感じドグし。

何より中身が40歳ドグから……。

 

そういうわけで、

今回はステルスマーケティング的に、ドグ子の中身自信が

使ってほしい画像をアップする次第ドグ。

朝の太陽光を思い切り当てて自撮りしたドグ子はこうドグ!

(現在の検索では、すっぴんでメガネか古代少女隊のドグちゃんです)

 

これによってちゃんとイメージ操作ができるのかどうか。

試してみるドグ~!

これが中身なんだドグけど、どうなんだドグか?

最近の写真。40歳はもう大人ドグ~!

正面顔。ドグドグ~!

 

一閑張りバッグの展示即売会 弘前

ケンさんのお母さん、葛西京子さんの
一閑張りバッグの展示即売会が鳴海要記念陶房館で
開催中です!
美しい手仕事、類いまれなるセンス。
葛西京子さんの手仕事は、丁寧さに心が温まる不思議な
世界を作っています。
お時間のある方はぜひどうぞ!
6月7日~6月12日まで。(最終日は午後3時半までの展示になります)
 
展覧会詳細 鳴海要記念陶房館のブログはこちら!
https://blogs.yahoo.co.jp/narumikanametouboukan/GALLERY/show_image.html?id=34651130&no=0
 

素敵な三十代になるために

友達のお誕生日おめメッセージに、 



「素敵な三十代が待ってますよ!」

書いたら、 



「素敵な三十代のなり方、教えてください!」

といただき、



そ、



そこまで考えていなかった……



と思ったドグ子ドグ~。( ゚Д゚)!!



で、考えに考えてたんだドグけど、



ようよう思い出せるのは二十代のことで、

三十代のことがあまり、、、思い出せないんだドグ。



つい最近のことなのに……。



で、二十代のことはよく思い出せるので、

ちょっと「これは、区切りだったかも!?」

という二十代の踏ん切りみたいなやつを

ちょっと載せるドグ☆



ドグ子26歳。表現以外での収入を得ることを絶つ。



この時、月収12万円。

週に1本コラム書くよりほか、仕事がなかった頃。

アルバイトに行くか行くまいか悩んだ結果、

「親のすねかじってでも、バイトするまい!!!!」

と何故か激しく心に誓った頃ドグ。



あと、大きいのが<op:large>メンター(師)との出会い。



ドグ子の師匠はランディさんなんだドグけど、

26歳の頃ってブログが登場して、

突然文章がタダになった時代なんだドグ!

それで、最初の頃ってタダで書くの!? ってけっこう

抵抗あったんだドグけど、

師匠から

「出し惜しみしたらクソつまんない作家になって、

何回も同じこと書くようになっちゃうわよ!」
と言われ、



ブログに、「全部出していこう!」



って気持ちになったんだドグ。

このころは、単発のエッセイ依頼とかがあったり

なかったりで不安定な収入状態。


たまに本を出したりするも、その都度なんか

でっかい支出があって通帳残高が5万以上入ってたことなかったドグ。



でも「表現以外では食ってはいけない」という

足枷を付けていたので、

表現できない時はずっっっっっっと、ボランティア活動をしていたんだドグ。

展覧会のタダで巡回するボランティアとか。

働いても働いてもお金にならないやつ。



でもそのおかげで奈良美智さんとか、

美術関係の人とか、

普通には知り合えない人と知り合えたドグ☆



今でもなんか、ずっとボランティアみたいな人生ドグ……。

で、この頃から本を出すとテレビに出れる



みたいな感じにはなってきたんだドグけど、

とくに素敵にはならない二十代だったんだドグ。

何でって、悩んでばかりいたから。



二十代のドグ子の口癖は、生きるのがつらい だドグよ!



かなり「生きるのつらい」が気に入ってて、

ずーーーーーーっと「生きるのつらい」って

言ってたドグよ!



でも、救いだったのが周りに変な人が多かったから、

ドグ子が「生きるのつらい」って言うと、

松山千春の

「生きる~のが~♪つらいとか~苦しいだとか~いう前に~♪」



っていう、「大空と大地の間に」って歌を必ず歌われたんだドグ!

「野に咲く~花ならば~♪力の限り~生きて~やれ~♪」



って、あの歌、けっこうおもしろいんだドグよ。

流石にコレをずっと歌われ続けると、

生きるのつらい言うのもバカバカしくなっちゃって。

なんか、だんだんどうでもよくなったんだドグ~。



で、最大の出会いは、

二十代で佐藤初女さんに出会ったこと。



自分のことで悩まなくなってきたドグ子は、

今度は他人のことで悩むんだドグ。

それで、初女さんに会った時に、

聞いたんだドグ。



「初女さんでも、悩まれるということはあるのでしょうか?」



そうしたら、静かに



「あります。こんな仕事をしているのですから、悩みます。

ですが、その悩みを超えたところでしか、本物にはなれないと

思っています」




と聞いて、なんか。心底ほっとしたんだドグ~。



悩みって、「自分の家が火事」と同じようなことだと

思うんだドグ。

自分の家が火事だと心底、狂いそうになるけど、

他人の家だと冷静でいられる。起こっていることは同じなのに。



究極は、頭の中で起こっていることは現実以外はすべて

妄想なんだドグ。

何も起こっちゃいない。

ただ現実が展開していくに任せればいいだけ。



現実って不思議な展開の仕方をするから。



そう思って暮らしていると、三十代なんて

あっという間すぎて、

もう四十代ドグ!




素敵な三十代……皆さんも何か、アドバイスくださいドグ~!

 

ドブ落ちて 初めてわかる 陸の高さよ

ドグ子がブログを始めたのは

11年前になるんだドグよ。

3日に1度は更新しているのんきな田舎と考えのブログなんだドグけど、

昨日ふと、



これから先10年間の出来事が記された日記があったとしたら、

読むか、読まないか?




と思いつき、



「はあああ! 今から10年前の自分は、

10年先までの記録が残されていることに

驚くに違いないドグ!

まさかこんなことが起こるだなんて、予想もしていないはずドグ~!!」



と、10年前の自分の気持ちになって

ブログを読み返してみたんだドグ。



で、目に飛び込んできたのは

10年前のドグ子の、家族からの評価。



「おまえは、ドブに落ちても『ここで一句』とか

言ってそうだな。

ドブ落ちて 初めてわかる 陸の高さよ」




と、「ドブに落ちても一句詠みそう」



という評価をもらってることがわかったんだドグ。



い、意味がわからないドグ~!



で、過去だから意味がわからないのかというと、

そうでもなくて

今現在も意味がわからないまま生きているんだドグ~!( ;∀;)

 

アノニマス・エイド東京慰霊祭2016

東京在住のkoyomiファンに朗報!!

koyomiさんが2016年3月11日(金)に開かれる、アノニマス・エイド東京慰霊祭2016に参加されます!
そしてなんと! 新曲「こうふくのしま」を生で歌ってくれますよーーーー!!!!

 

この日は、私も新宿の経王寺に土偶のゆるキャラとして参加ドグ~! 

 

ドグ子は15時半には会場に着いているので、昼しか来れない人も声かけてね! 

 

田口ランディさんのトークやkoyomiさんの歌とギター、ウォン・ウィンツアンさんや上畑正和さんの即興演奏もあります!

タイムテーブルはこちら! 入場は無料です☆☆☆

 

■19時から20時
「こうふくのしま」を作曲してくれた、弘前のkoyomiさんと、田口ランディのライブ&トークがあります!ユルキャラ「ドグ子さん」の飛び入り参加もありそう!

 

■20時〜21時30分
毎年恒例、大好評の追悼演奏ライブ
あの「瞑想のピアニスト」ウォン・ウィンツアンさんと、上畑正和さんの即興演奏があります。

入場は無料です。

(夜の部は会場の定員に限りがあるため、お立ち見になる場合もありますのでご了承ください。お身体の具合の悪い方はスタッフにお申し出くださいね)

 

終了時間はだいたい21時30分頃を予定していますが、この日のピアノは即興演奏なので時間が押す可能性があります。

詳しくは、田口ランディさんのブログでご確認を!

http://runday.exblog.jp/25261011/