検索結果 "住居"

願い事の叶え方

ドグ子は、意外と願い事が叶いやすい体質なんだ

ドグけど、

それってどうやって叶えているのかというと、

方法があるんだドグ。



ここ十年ほどの間に、

けっこうあり得ない願いが叶ってきたドグ子は

叶え方を一つ知ってるドグ。

それは、実際に本人にいうこと。

これっきゃないドグ。



アラーキーに写真撮ってもらった時も、

奈良美智さんに表紙イラストを描いてもらった時も、

田口ランディさんに好きですって言った時も

ドグ子は全部、自分から行ったドグ。



こうしたいって、本人に表明する。

それでも叶わない時は、

詰める。



詰将棋みたいに。

叶わないなら詰めて、詰めて、叶うまで詰める。

マンガ家になりたかったら、マンガを描く。

とてもシンプル。



自分以外の人に聞いて、答えをもらうのも詰めること。

そうすれば願い事は、自然と叶っていくんだドグ。



叶いやすい願い事は、あらかじめ神様が「こうしたい」と

思っていること。

それを感知して、神様がやりたいことを

自分がその手足になって動けば、

大体のことはかなってしまうドグ。



50㍍級のストーンサークルを作ることだって、

庭に竪穴式住居を建てることだって、

神様がお望みならそれは、いろいろな偶然が重なって

叶ってしまう。



そうすると、「自分の望み」というものは

本当は自分の望みではなく、

自分をなくして天からキャッチした情報にすぎないということに

なるドグよね?



誰しもが、こうありたいと自分で思いついたと

思っているけども、

その思いつきという電波を受信しただけであって、

発信した人は誰か? ということなんだドグ。




更に、現代人は思いつきを信用しないから、

叶いやすい願い事は逆に、無視してしまいがちドグ。

右脳の声を信じず、左脳のこうあるべきにとらわれてしまう。

そうすると、願いは叶いにくくなる。



佐藤初女さんは、よく「神様のお望みなら物事はうまくいく。

うまくいかない時は、待って様子を見る」と

おっしゃっていたドグ。



これは、極意。

待って様子を見ている時、

人は、状況を見極めるドグ。

真っ直ぐ見てわからないことは、俯瞰して。

俯瞰してもわからないことは、斜めから。



そうして物事をよく見る習慣を身に着けると、

妄念が消えてゆくんだドグ。



妄念が消えた時、

全ては喜びであるとわかるドグ。



喜びで物事を行えるようになったら、

それはもう叶っているようなものドグ。

何故なら、他者からの評価を超えたステージに

上がっていけるから。




生きていること自体が喜びであるなら、

それはもう。

全ての願いが叶ったことと同じ意味ドグ~!

 

潜在意識とドグ子。

ドグドグ~。
 
最近、願い事はなんでも叶うけど、それは
潜在意識っていう、自分の表層の意識よりも
深く潜ってて自分でも気づかない位置にある
意識のチューニングが大事だなあって
感じているんだドグ~。
 
ドグ子は、20代のわりと早い時期にコラムニストでデビューしたから、
思いがけずに続けて本を出し、
多いときは1万8千部も刷ってもらったんだドグけど(この時代は
出版好景気で文庫は冊数が多かったから)、
 
さすがに経験の少ない30前の人間が
続けて本を出しちゃったもんだから、
4冊目の本を出した後、もう自分の中に何も残っていないし
これ以上書いても恥ずかしい!
「もう二度と本を出したくない!!」と、
強烈に自分を呪っちゃったことがあるんだドグ~。(*´Д`)
 
で、
 
その願いが叶ってその後、かなり長い間本が出せずにいたんだドグ。
だって、「出したくない!」って強く願ったわけだからして。
 
でも、「新聞連載を増やしたい」とか、
「縄文の仕事したい」とか、「竪穴式住居作りたい」
「ストーンサークル作りたい」なんていう、、無理めの願い事は、
本当に潜在意識が「当たり前にできる」と感じているから
驚くほどすぐに叶っちゃうんだドグ。
 
それで、
本を出したくなくなった時期と出版不況の時期は重なっていて。
今考えるとドグ子みたいな売れない新人は
そんなこと願わなくても自然に本が出せなくなったわけなんだドグけど
 
本を出さなくなってから数年も経つと、
ちょっとは経験も増えてきて
なんか書きたいなあって思うわけなんだドグ。
 
それでドグ子は、
 
「誰かの本に呼ばれて書くとか、そういう楽なスタンスがいいなあ」
 
って思いつくんだドグ。
 
それで、またその願い事が叶うんだドグ。
茂木健一郎さんの編著の本に
「東北に住んでいた」という理由だけでコラムニストとして参加したり、
乙女の玉手箱シリーズ「こけし」っていう本に、
ライターとして参加して書いたり。
本当にピンポイントに願い事は叶うんだドグ。
 
どうしたら人に迷惑をかけずに、しかも新しい本を出せるのかと
考えたドグ子は思いついたんだドグ。
 
「なんだ、自分で本を出せばいいんだドグ!!」
 
ってことに気づき、同人誌で1650部刷って書店で雑貨扱いとして売り、
ほとんど青森県内だけで完売するっていう
嘘みたいなことも起こったんだドグ!
 
今年本を出すなら、もう2000部刷って出そうと決めているドグ~☆
 
今、ドグ子の潜在意識は「じわじわと漫画家になる」ことを望んでいるので、
じわりじわりと、漫画を描いていこうと思っているドグ。
 
漫画を、心の底から尊敬しているから
かえって漫画家になるなんて
おこがましくてできないと思っていたんだドグけど、
「じわりじわりと、なろう!」
 
って
今、潜在意識が言ってくれてるドグ~!

 

 

縄文5行日記

日曜日、小牧野の森 縄文の学び舎に行って、憧れの国文学教授の小林達雄先生の
前説やってきたんだドグ~!(^O^)p
そんなわけで縄文5行日記ドグ~!
 
①土偶買っちゃった☆
小林千幌さんの土偶「山霧の神」ドグ~!
聞いて! 奥様、こちらの土偶がなんと、
たったの3万円だったんだドグ~!
やっだー! お買得ドグ~!
物造りのマサトさん曰く、「岡本太郎の太陽の塔みたい」
だドグ~!
絶対、土に埋めておけば千年以内に国宝に認定されるドグ~!
 
②ドグ子の縄文レベルの高さについて
実はドグ子、縄文検定があったら1級ぐらい
軽く取れちゃうぐらい縄文スキルが高いんだドグ☆
やってみたことを振り返ってみると、
 
☆縄文土器を作ったことがある
☆竪穴式住居を作ったことがある
☆ストーンサークル(50㍍✕45㍍)を作ったことがある
☆縄文遺跡の上で縄文イベントを3年以上連続でやったことがある
☆シャーマンの友達がいる
☆縄文遺跡のダウジング調査をしたことがある
☆土偶のゆるキャラをやっている
☆マイ土偶を持っている
 
などなど。
でもこれって、女子高生がネイルの上手な付け方を語るぐらい、
専門的すぎてよくわからないドグNE……。
「ネイルの上にスワロフスキーを載せてトップコートでコーティングすればあ」とか言われても「ハア」としか
答えられないドグ……。
 
③LINEスタンプ作ってみた☆
土偶仲間と一緒にLINEスタンプを製作中ドグ~!
LINEスタンプの買い方がわからないんだドグけど、
LINEコインって一体、どこから手に入れるんだドグ……?
わからなすぎて涙が出ちゃうドグ……。
ドグ子、めったにオンラインにならないから
ラインスタンプなんて今まで買わずに来たけど、
発売されたら、お知らせするドグ~!
④小林達雄先生の講演の前説をやりましたドグ!!
ふおお~!
ドグ子のヒーローは今、岡田さんとか50代以上になってしまい、
小林達雄先生においてはもう、78才なんだドグけど
小林先生の土偶説や文明論はすっごく面白いんだドグ☆
 
⑤仙骨治療を受けた。
2ヶ月に一回くらい、ドグ子は体の修理をしているんだドグ。
大体、2ヶ月もあれば筋肉を無茶な使い方したり
長時間同じ姿勢でいることからくるぶしとか
土踏まず、首の辺りがコッチコチになってるんだドグ~!
 
それで、今「トリガーポイント」って言って、
押すと死ぬほど痛くて、しかも一箇所を押すと別の場所に反応があるポイントを紹介した治療法が出てるんだドグけど、
仙骨治療はそのトリガーポイントにチタンの棒を当てて、
ゴム製のハンマーで振動を与えて筋肉の硬直を緩ませるのを、相手の仙骨の出す信号通りにやるっていう珍しい施術なんだドグ。死ぬほど痛いけど!!
 
(身体を正しく使っていないと、肩甲骨の位置とかズレちゃうんだドグ!)
そんなわけで今、ゆるゆるしてるドグ……。
体がコッチコチにならないためには、
正しい姿勢で素早く歩くのが大事だって、何度も言われているのに全然守れてないドグ……。
でも今日からちょっとずつ歩くドグ~!
 
ドグドグ~!(^O^)
 

打診打診だよ、人生は。

おはようドグ~!



ドグ子です。

「打診」という言葉が好きなドグ子なんだけど、

この由来をちょっぴりお伝えできればなあと

思って今朝は書いてるドグ☆



人って、思っていることを口に出さないと

伝わらない生き物なのに、



自分の思っていることだけは、



思っているだけで伝わると



誤解する生き物だと思うんだドグ~!



だけど、「打診する」と決意した時、

言葉は、頭のなかから初めて体の外に出る
んだドグ。



「こんなことを思っていたのか!」



と、初めて伝えられるの。



神社に行ってドグ子が「80万円下さい!」って

お願いすると、それは神さまとドグ子には伝わるけど

他の人にはドグ子が80万円欲しいと思っていることが伝わらないので



ドグ子は「80万円下さい!ってお願いしたんです」って

他の人にもお話するの。




そうすると、初めて「ああ、ドグ子君は80万円稼ぐ気持ちがあるのね」



っていうことで、80万円分の仕事が舞い込んでくるの。



ようは、自分の内にあった言葉を



意を決して自分の外に出すことをドグ子は



打診と呼んでいるんです☆ドグ~!



奈良美智さんに本の表紙を描いてもらいたいけど、

思っているだけじゃいつまでも伝わらないじゃない?

岡田さんに会ってみたいけど、

思っているだけじゃいつまでも伝わらない。



だから、言葉にして体の外に出してあげると、

海に一滴の色の付いた水が落ちるように

ただ何もせずに思っていた状態とは少し

違う状態に行けるんだYONE☆

 

しあわせスイッチ





ドグ子はそうやって打診して、

奈良美智さんに表紙を描いてもらって、

庭に竪穴式住居作って、

ブラジルでサンマを焼いて売って歩いて本にして、

青森県に巨大ストーンサークルを造ったから。。



初めの一歩であって、

一番しんどい、

「言葉にして相手に伝えること」を、

とても大事にしているの。



それを、打診と呼んでいるんだドグ~。



でも、打診さえすれば、後はやって来るものをどんどんこなすより

他がないので。

巻き込まれるように働いていくんだけど

その一歩がないと、働くことができない。



好きな相手に、好きと言わないと

何も始まらないよね。

誰も「お察し申し上げます」なんて言って

先取りしてなんかくれないんだから。



打診するのは、とても面倒なことなんだけど、

ここぞという時には全力を出して

いける土偶でありたい

と、ドグ子は思うんだドグ~☆(^O^)p



ドグドグ~☆

 

山田スイッチ講演依頼用のメールアドレス

どうもこんにちは!

白鳥の渡る季節、皆さまいかがお過ごしでしょうか? 山田スイッチです!

先日、HPのお問い合わせフォームからとても丁寧なメッセージを頂いたのですが、

申し込みフォームのメールアドレスの入力ミス

返信ができない方がいらっしゃいました☆

 

お問い合わせフォームからメッセージを送る際は、

メッセージの中に連絡先住所と電話番号を書いてくださると、

確実に返信ができますので、どうぞよろしくお願い致します。

 

また、ショップ用のメールアドレス shop☆yamadaswitch.com

でもメールを送ることができます。

迷惑メール対策に@を☆に置き換えておりますので、

☆を@に置き換えてメッセージして下さい。

 

ところで、講演依頼の際、皆さん気になさるのですが、

講演料はあればあるなりに、なくてもないなりにやれますから問題ありません。

話の内容は同じです。

着ていく衣装が着物になるか、ならないかの違いですので、あまり気にしないでください。

(着物は着るだけでもちょっと手間がかかるので……)

遠い場所に行くときは交通費分は出していただけると助かりますが、

何か「気概」のようなものを感じる時は交通費がなくてもいけます。

 

気概、大事です!

気概があれば何でもできる!!そんなわけで、

これからもどうぞよろしくお願い致します☆

山田スイッチ

 

追記 <講演内容> 

ブラジルに行ってサンマを焼いて売ってきた話(実際に2004年にブラジルに渡り、1週間ブラジル各地でサンマを焼いて売って歩いた記録)、

青森からミステリーハンターになりに上京した話(ミステリーハンターになるつもりが、誤って板前からのスタートになったうっかり話爆裂のおはなし)、

庭に竪穴式住居を建てた話(2007年は自宅庭に竪穴式住居を建設。願い事ってどうすれば叶うのかの実体験)

地獄は本当は存在しない話。(地獄発祥の地はインド。釈迦が2600年前に初めて地獄を語った時、日本風の鬼や血の池地獄、針の山、エンマ大王は存在しなかったというお話)

生ゴミが土に還る話(土の中には何億、何兆というバクテリアがいて、生ゴミを食べてフンをすることで土に埋めれば生ゴミが土に還るという話)

お腹に縄を巻いて出産した話(第二子の際の実話)

出産予定日より10日遅れ、子どもがなかなか生まれてこないので、出産日当日に10キロ歩いた話(歩いている途中に本当に子どもが降りてきて、産気づいて陣痛が起こりました☆)

うつ病を飲尿療法で治した話(1年間の飲尿経験アリ。尿については誰よりもよく語れると思っています。)、季節性感情障害について

頻尿の改善のために一ヶ月間、アルコール、カフェインを一切断って実験した話

家族に黙って油を変えるだけで中耳炎、蓄膿症、気管支炎を治した話。(いわゆるオメガ3系、6系、9系の油の話です。家族の健康は使用する油の、脂肪酸の種類にかかっていました。)

エコロジーについて(エコハンターとして陸奥新報氏で連載100回を超えるエコアイディアを執筆中)

外ヶ浜町に石7700個を使った現代のストーンサークルを造ったお話(思いついてから最短2ヶ月でストーンサークルが完成。縄文の太陽信仰について

縄文人の寿命は30才前後であったことから、縄文時代に人はどのように生きたかという話。

脳卒中と介護の話(生まれた時から脳卒中だった実の祖父との16年間の経験を通して、脳卒中って実は面白いという話)

歩いて地球を旅する若者たちの話(何故か出会った地球を歩いて旅する若者たちの話)

秋田民謡 ドンパン節が生んだ女(私のことです。ドンパン節について熱く語ります☆)

 

などなどです☆

なにか興味のある事例がありましたら、お声がけくださいね。(^O^) スイッチより