検索結果 "初女"

願い事の叶え方

ドグ子は、意外と願い事が叶いやすい体質なんだ

ドグけど、

それってどうやって叶えているのかというと、

方法があるんだドグ。



ここ十年ほどの間に、

けっこうあり得ない願いが叶ってきたドグ子は

叶え方を一つ知ってるドグ。

それは、実際に本人にいうこと。

これっきゃないドグ。



アラーキーに写真撮ってもらった時も、

奈良美智さんに表紙イラストを描いてもらった時も、

田口ランディさんに好きですって言った時も

ドグ子は全部、自分から行ったドグ。



こうしたいって、本人に表明する。

それでも叶わない時は、

詰める。



詰将棋みたいに。

叶わないなら詰めて、詰めて、叶うまで詰める。

マンガ家になりたかったら、マンガを描く。

とてもシンプル。



自分以外の人に聞いて、答えをもらうのも詰めること。

そうすれば願い事は、自然と叶っていくんだドグ。



叶いやすい願い事は、あらかじめ神様が「こうしたい」と

思っていること。

それを感知して、神様がやりたいことを

自分がその手足になって動けば、

大体のことはかなってしまうドグ。



50㍍級のストーンサークルを作ることだって、

庭に竪穴式住居を建てることだって、

神様がお望みならそれは、いろいろな偶然が重なって

叶ってしまう。



そうすると、「自分の望み」というものは

本当は自分の望みではなく、

自分をなくして天からキャッチした情報にすぎないということに

なるドグよね?



誰しもが、こうありたいと自分で思いついたと

思っているけども、

その思いつきという電波を受信しただけであって、

発信した人は誰か? ということなんだドグ。




更に、現代人は思いつきを信用しないから、

叶いやすい願い事は逆に、無視してしまいがちドグ。

右脳の声を信じず、左脳のこうあるべきにとらわれてしまう。

そうすると、願いは叶いにくくなる。



佐藤初女さんは、よく「神様のお望みなら物事はうまくいく。

うまくいかない時は、待って様子を見る」と

おっしゃっていたドグ。



これは、極意。

待って様子を見ている時、

人は、状況を見極めるドグ。

真っ直ぐ見てわからないことは、俯瞰して。

俯瞰してもわからないことは、斜めから。



そうして物事をよく見る習慣を身に着けると、

妄念が消えてゆくんだドグ。



妄念が消えた時、

全ては喜びであるとわかるドグ。



喜びで物事を行えるようになったら、

それはもう叶っているようなものドグ。

何故なら、他者からの評価を超えたステージに

上がっていけるから。




生きていること自体が喜びであるなら、

それはもう。

全ての願いが叶ったことと同じ意味ドグ~!

 

銀座で佐藤初女さんの写真展開催

おはようドグ~!
 
今日は、佐藤初女さんが帰天されてから1年めに当たる日ドグ。
ご飯を炊いて、おむすび結んで食べようと思いますドグ!
 
アスパラ菜とか、茹でてる時に初女さんのこと思い出すドグよ。
そうすると本当に緑が輝いて来て、
美味しいおひたしができるんだドグ~! 
 
今日も一日、がんばろうね!
写真は、ドグ子の結んだおむすびドグ~!
 
東京では2017年2月1日より5日間、佐藤初女さんのご命日に合わせ、
銀座の森岡書店さんにて岸圭子さんの写真展
「いのちをむすぶ 佐藤初女」が開催されます。
 
岸さんが毎日、在廊の予定です。
お時間がある方、ぜひ初女さんのお写真に、会いに行ってくださいドグ!
 
ササゲを薄く切る初女さんの姿に、
きっと力をもらえると思いますドグ。
 
写真展詳細
http://satohatsume-inochiomusubu.hatenablog.com/
 

女子仏教トークイベント 遊びに来てね!

先日、10年ぶりに会ったAtoZ展のボランティア仲間の友達が
初女さんの講演で市民会館に900人人を入れるイベントのリーダーだったことを知り、
縄文遺跡に300人とか、まだ甘かったんだな……と思った次第。
 
「人、ギリギリまで来ないよね~!!」
 
「気が狂いそうになるドグよね!」
 
と、プロデュース業をやったことあるもの同士の会話がはずみ、
10年会ってなかったけど
お互いがんばったなあ……って何とも言えない気持ちになりましたドグ。
 
イベントって、来る人も休みが確定するまで
連絡できないから
本当に、ギリギリにならないと
チケット買わないものなんだドグよ。
 
だからギリギリまで、どの辺まで宣伝していいのかは
いつも見極めが大変。
出来る限りのことをしておいて損はないんだドグ。
 
そんなわけで!
 
10月15日、午後二時から四時まで「女子仏教トーク」に来たいと思ってる方は、お早めにご連絡くださいドグ!
 
残り8席になりました。
ケーキセット・エジプト占いまたはプリテス診断付きで1000円という、お得な価格設定となっておりますドグ!
場所は、平川市の白金珈琲さん。
弘前駅城東口より、車で15分です。
 
メッセージまたはメールshop@yamadaswitch.com宛てにご連絡くださいドグ~!(^▽^)/
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

二人の写真家が見た 佐藤初女 写真展

集英社の方が弘前でクリスチャンの佐藤初女さんの写真展をやるために身銭を切ってこの地に10日間も
尽くしてくださっており、
それ見たら私も手伝おう! って気持ちになって、
 
明日の木曜日と明後日の金曜日は10時から15時までスペースデネガの
 
岸圭子写真展「いのちをむすぶ・佐藤初女」の受付にいます☆ 
 
10月9日 10時~19時まで
 
 
遊びに来てドグ~!
 
80点、20年にもおよぶ佐藤初女さんの軌跡。
 
そのまんまの初女さが、まるで生きているように
 
写真から強い力を与えてくれます。
 
百石町記念館で開催されていた、
 
オザキマサキさんの写真展
「佐藤初女 森のイスキア ただただ いまを 生き続ける ということ」
 
は、本日から会場がカトリック弘前教会の集会室で開かれます。(10月9日まで)
カトリック弘前教会に遊びに行くチャンス☆
彼の撮る、透明な存在そのものの初女さんも
 
ぜひ見てほしいです☆
 
 

 

 

岸圭子 佐藤初女写真展 弘前

スペースデネガギャラリーでの写真家・岸圭子さんによる佐藤初女写真展は、

圧倒的でした。初女さんのお写真が80点以上。

20年の記録です。その一枚一枚から、エネルギーがほとばしっています。

 

写真の中で初女さんが生き生きとしていて。まぶしそうに雪の光を眺めています。

こちらを、ただじっと見ている初女さんと目が合うと、

なんともいえない気分になります。

静かなのに、指先に細やかな場を震わすような何かが込められているんです。

 

koyomiさんの歌を、ここで聞けてよかった。

イスキアのスタッフのお母さんたちも、元気で、がんばっています。

写真展は10月9日まで。

 

本日は百石町記念館での写真家・オザキマサキさんの佐藤初女写真展で、

17時から19時まで岸恵子さんとオザキマサキさんのアーティスト・トークがあります。

入場無料。40名様まで 後半、私もharappa小杉くんとお話させていただきます。

初女さんのこと、たくさん語り合いたいです。