検索結果 "報告"

感情に溺れない方法。

「前の彼が忘れられなくて苦しい」という


のを、月にいっぺん報告してくる統合失調症の友達がいるんだドグ。


彼女は、統合失調症になる前からの友達で、


病気になった原因は前彼の暴力。





友達の立ち合いの元で


彼氏と別れるための交渉をし、


無事に別れて実家に帰ったんだドグけど


まだ元カレのことが好きで苦しいんだドグって。





これは、戦争体験者が戦争中に起こったことが一番リアルに感じられるため、


実生活に戻った時に現実感を持てず、


戦争体験を語る時にだけ現実感を持てるというのに


似てるドグ。





そんで、彼女は元カレと別れて


もう4年が経っているんだドグけど


まだ苦しくて好きなんだドグって。





これに関してランディさんは、「感情は嘘をつくからね」


言ってる。





「本当に好きなら、元カレが家に来た時に会ってるはずだもの。


本当は嫌なのよ。でも、感情って長く続けたことを正しいと


嘘をつくから」





「そ、そうなんだドグか~!」





それで、昨日も一か月ぶりの「元カレ苦しい電話」


来たのでなんか、例えて言ってみたんだドグ。





「感情に溺れるっていうのは、右脳が優位になってるんだドグよ。


理性を司るのは左脳だから。情動脳の右脳が優位になってる時って


すごく怒ったり、泣いたり、死のうと思ったりするんだドグけど、


なんで溺れてるかわかるドグ?」





「いえ……」





「プールで溺れてるのがあなただって、イメージしてみるドグ。


冷静に考えれば、溺れずにプールのへりにつかまって


上がることができるドグ。


でも溺れちゃうのは、水(元カレとの思い出)があるせいだと思ってるドグよね?」





「うん。うんうん。」





「実は、溺れるのって気持ちいいことなんだドグ。


溺れて溺れて溺れ切れば、もう浮くしかないって考え方もあるドグ。


失恋して中島みゆきを飽きるまで歌う方式とか。


でも、溺れてるのが嫌なら、ヨガ
しか他ないドグよ!」




「よ……ヨガ?」





「ようは、感情に溺れてる時に働いていない左脳を動かすことなんだドグ。ヨガとか、瞑想を始めると深い呼吸を覚えるから、副交感神経優位になって、落ち着くんだドグ。落ち着いて
右脳優位の状態が緩和されれば、トラウマがだんだん消えていくんだドグ。

「だから、本気で溺れるのはもう嫌だ! って思ったら、


自分を岸に上げる努力をしなきゃダメドグ。




ドグ子は、瞑想とヨガがトラウマに効くって聞いてから


ヨガを始めたら、なんか忙しくて悩んでる暇がないドグよ。(笑)」






「そういえば、うちの妹がヨガを始めたって言ってました」





「ええっ! うちの妹もヨガの先生やってるドグよ!」





「ちょっと、妹に聞いてみます」





なんか、ちょっと新しい感じがしてきたのは


立春のせいだと思うドグ。(o^―^o)








ドグドグ。

 

今月上京2回☆

ドグドグ~!

明日は、前々から応援していた
田口ランディさんの講演会のお手伝いで
かなっくホールに行くドグ~!
メールの確認等、できなくなりますので
ちょっぴりネットラマダン入りますドグ☆

行く途中でポルポル様にも会う予定ドグ☆

 

今回は、

ギャラリー明神下に見学に行ったり、
私に会いたいと言ってくれてる保育園の先生に会いに行ったり、
仙骨治療を受けたりと。

なんだか盛りだくさんですドグ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今月は上京予定が2回あって、
7月30・31日は東京ビッグサイトの癒しフェアドグ~!
日本ダウジング協会会長さんと、田口ランディさんと
昨年、青森・秋田ダウジングツアーをやったので
そのご報告と「究極の幸せの作り方、見せます!」という
タイトルでトークバトルを。

究極の幸せって一体、何なのか……。
震えが走りますドグ……。

7月31日は、実はドグ子の誕生日☆
こんな日に土偶被ってビッグサイト行くのか~と、
感慨深いドグ……。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前日のワークショップも受けてダウジング通の土偶になる予定のドグ子。お席にまだ空きがあるようなので、ダウジングを身に着けたい人はぜひ、7月30日の12時半~14時半のダウジング講座を癒しフェアサイトで探してみてくださいドグ~!

お暇な方はぜひ、遊びにいらしてくださいドグ!

31日のトークショーは無料ですが、
会場に入るときに入場料が1000円かかります!
お気をつけて!!

 

 

腰に届け

国際腰痛学会が腰痛を感じていない
4000人の腰をMRIで調べたところ、
なんと76%の人に椎間板ヘルニアが見つかったんだドグ!

 

(『腰、ひざ、肩、首の慢性痛が手術なしで治るトリガーポイントほぐし』

加茂整形外科医院院長 加茂淳著(主婦の友 インフォス情報社より)

 

またヘルニアは自然に消えてしまうこともあり、
最近ではヘルニアは手術をしないで様子を見る整形外科医が
増えているんだドグって!

 

友達が腰痛だというので、
急いでこの本の感想をまとめているところドグ~!

 

本によると、痛みを感じているのは神経でなくて脳だということが、
腰痛を知る上で一番大事なことなんだドグ!

 

ストレスが腰痛の原因だということが、
最近話題に出てくるんだドグけど、
その仕組みがこの本に書いてあって、
怒りや不安は筋肉を硬直させ、血管を収縮させるんだドグ。
 ↓
それが慢性化すると、条件反射で交感神経の緊張と
血管の収縮が起こるようになるんだドグって!

 

しかも交感神経が緊張すると、
副腎も刺激されて血圧を上げるホルモンが分泌されるんだドグ~!
そうすると更に血管の収縮が強くなるんだドグ。。。

 

おおお、恐ろしいドグ~!

 

交感神経の緊張 → 副腎に刺激 → 血管が収縮 → 血圧が上がる →

 更に血管が収縮 → 血流が悪くなる → 細胞組織が酸欠状態に → 

発痛物質ブラジキニンが血漿から放出 → 脳が痛いと感じる

 

と、こんな風に脳はストレスで腰が痛いと感じるんだドグって!!

「脳に向かって長期間、持続して痛みの信号が送られると、
一種の記憶として信号が神経回路に残り、
痛みの原因がなくなった後も信号を送り続けることがある」

んだドグって!

血液循環の悪さが筋肉のけいれん(スパズム)を起こし、
筋肉がまるで骨のように硬くなり、しこりができるんだドグって。
そのしこりのことを「筋硬結」または「索状硬結」っていうドグ。

 

それで、最近よく耳にするのが、

筋肉ではなく「筋膜」。

 

筋肉ではなく筋肉を覆う一枚の膜、筋膜のよれが
こりを生み出しているというお話なんだドグけど、
昨日(2016年1月9日)世界一受けたい授業で筋膜リリースのお話をやったみたいなので、
ぜひとも「筋膜リリース」で検索して欲しいドグ~!

 

腰の痛みは、
従来は安静にしていれば治ると言われていたドグけど、
血流が悪くなっているのを更に安静にしていたら、血流の改善には
ならないんだドグ。

 

なので、気になった方はこの本を読んで、
慢性痛の改善に取り組んで頂ければと思っているドグ☆

ちなみに、ドグ子はこの本で紹介されいてるアイテムで身体をコロコロ転がして、

腰痛予防に取り組んでいるドグ~!

3ヶ月間の試用期間によって「これは、使える!!」と

思ったので、ご報告しますドグ~!!

ドグ子ヽ(=´▽`=)ノ

 

http://www.amazon.co.jp/TRIGGERPOINT-PERFORMANCE-TPP-20-GRID-Foam-Roller-%E3%82%B0%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%89%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%BC-%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%A0%E3%82%B0%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%80%90%E4%B8%A6%E8%A1%8C%E8%BC%B8%E5%85%A5%E5%93%81%E3%80%91/dp/B00DFHCB0C%3FSubscriptionId%3DAKIAI7F5LWAIHOKT3ILA%26tag%3Dotakingex01-22%26linkCode%3Dxm2%26camp%3D2025%26creative%3D165953%26creativeASIN%3DB00DFHCB0C

 

[うちのバッチャ] 第四章 バッチャと青森の風土— 29. 津軽の厳しい冬から、春

第四章 バッチャと青森の風土 
 
29.津軽の厳しい冬から、春
 
 冬の間、家の中で裁縫をし、うたた寝をしていたバッチャ達は、ようやく春の日差しに誘われて近所を歩くようになりました。
 冬の間はめっきり来客の数が減るのすが、それは近所のバッチャ達も家の中に籠もって食糧を蓄えながら、冬眠していたのですね。暖かくなるにつれて、わが家を訪れるバッチャの数は日増しに増えてきました。 
 まず春の一報を伝えてくれたのは、ご近所のマツヤさんでした。バッチャ達のエンターテイメント(ようするに娯楽)の7割方は、「孫の写真」によるものです。マツヤさんのお孫さんが成人式を迎えたそうなので、写真を持って我が家を訪れてくれました。
 しかしよく考えたら、成人式から早2ヶ月……。
本当にバッチャ達というのは、春にならないと活動を開始しないものなのですね。
 そんなバッチャ達が張り切って畑にねまる(津軽弁で、座る)季節、春。
 春は畑と山菜との闘いです。山菜を採って、湯がいて、塩漬けにして。焼いて炒めて、味噌漬けにして。いかにたくさんの山菜を調理するかの勝負です。
 まずは一斉に、フキノトウが芽を出します。
 ぼやぼやしてると食べ頃を逃すので、フキノトウを見つけたら急いで摘んで、その日の晩ご飯に出します。とりあえずは天ぷらにして。
 待ちこがれていた春の味わい。「フキノトウが芽を出しました!」と、猛烈にバッチャにアピールします。
 アピールしておかないと、私の好物のばっけ味噌(フキ味噌)を作ってもらいそびれるので、必要以上に慌てながら報告します。
「バババ、バッチャ、ばっけが! ばっけが……!」
 ……って一体、何事なんでしょうね。
 ばっけ味噌は、その名の通りばっけ(フキノトウ)を洗って、刻んで油で炒めて、みりんと味噌を入れて弱火で煮詰めたものです。
 
 家で作るばっけ味噌ほど、春の味がつまったものはないと思います。ばっけ味噌は保存が効くので、フキノトウが採れるようになったら、とにかくばっけ味噌作りです。ばっけ味噌のおにぎりなんて、最高に美味しいのです。
 小さい子は山菜を好かないと思われがちですが、うちの息子は1歳の頃からこの苦みのあるばっけ味噌のおにぎりを食べて、ばっけの天ぷらを素手で食べておりました。
 ばっけは食べ頃の時期を逃しても、そのうち「フキ」になるのでお得です。山菜というのは本当に、無駄のない植物だと思います。
 このばっけの出る季節は実をいうと、目安があります。青森県内では渡ってきた白鳥がフォー、フォーと鳴きながらロシアに帰ると、ちょうど庭先のばっけが芽を出す季節です。
 白鳥が鳴き、山菜が芽を出し、バッチャ達が畑に溢れ出す季節、春。
 スプリング(英語で、わき出る・芽を出す・跳躍する)とは、よく言ったものです。
 
 

青森県の最強バッチャが繰り広げる、愉快で楽しい村のお年寄り情報満載エッセイ集!   

これを読んだら即・元気!!

『うちのバッチャ』
 
山田スイッチ 著
山田スイッチ社 刊
¥1,000
 
お買い求めはこちらから!

 

 

 

 

[うちのバッチャ] 22. バッチャの魔法の言葉

 
22. バッチャの魔法の言葉
 
 青森港からフェリーに乗って、1才と5才の子どもを連れて北海道へ行ってきました!
「お船、早いねえ!」
「マグロがいるねえ! きっとあれは、大間のマグロに違いない」
夫を置いて、実家のメンバーと子供達を連れて1週間……。釧路までは車で函館から約10時間!
 バッチャに北海道旅行に子どもを連れて行く旨を伝えると、バッチャはこう言いました。
「まあ、どんでも(どうでも)いいばって、気を付けて行ってきなさい!」と。
 バッチャは、何を言ってもこう答えてくれます。「2週間、ブラジルに行ってきてもいいですか? ブラジルでサンマを売ってきたいので……」の時もそうでしたし、「おばあちゃん庭に、縄文式の……竪穴式住居を建ててもいいですか? ちょっと穴を掘って、建てるぐらいなので」と言った時もそうでした。
 何を言っても「どうでもいいから無事で帰ってきなさい!」と言って旅立たせるバッチャという人は、本当に大きな人です。
 仕事のあるダンナは置いてきぼりで、ダンナの面倒は全てバッチャに任せて出かけるのに。
 こんなに迷惑な嫁はいないと思うのですが、「まあ、どんでも(どうでも)いいばって無事に帰ってきなさい!」というのはある意味、悟りの域に達している気がするのです。
 深夜2時に青森港から出発して朝6時に函館に着き、車で9時間かけて釧路までやってきた我々一行。
 釧路に嫁いだ姉に会うのは1年ぶりです。私には3歳年上の姉と、7歳年下の妹がいまして。私が高校生だった時に当時大学生だった姉が、小学生だった妹と「茶碗蒸しの上にのっているナルト」をめぐって本気のケンカをしていたことを、今でもよく思い出します。
 釧路へ向かう途中、お昼ご飯を食べにサービスエリアに入ると、ナルト1つをめぐって本気でケンカをしていた妹のひろちゃんが、保育園に通ううちの長男に「ひろちゃん、ナルトちょうだい!」と言われ、「ハイハイ」と大人しくナルトを食べさせているのを見て、「妹も大人になったなあ……」と感慨に耽りました。
 函館の朝市では丼にのっていた4本のカニのうち、2本を長男にあげたひろちゃん。
「ひろちゃんも大人になって……」
 と思った瞬間、長男が言いました。
「もう1本ちょうだい!」
 ひろちゃんはすかさず言いました。
「もう1本は、ダメだ!」
 ……さすがに4本中の3本のカニは、譲れなかったようです。
 朝市で初めていくら丼の存在を知った1才のマペ次郎は、いくらにいたく感動したらしく。
 店のいくら丼のサンプルを全て指さして、「ヤー!(どうやら『いくら』と言っているらしい)」と声をかけておりました。
 水槽の中で泳ぐイカを見て、「きんぎょ! きーんぎょ!」と興奮するマペ次郎。「そんなに白くて大きな金魚はいない……」と思いながらも、北海道気分はぐんぐん高まって来るのでした。
 漁港好きの私は憧れの漁港、牡蠣の水揚げで有名な厚岸漁港にも立ち寄ってきました。
 女子大生がヴィトンのバッグを愛するように、漁港好きの私は厚岸という地名になんらかのブランド意識を感じていました。厚岸……厚岸の牡蠣……なんとしてでも厚岸には寄らねば……と。寄って生牡蠣を食べねばならんと思い、買った生牡蠣をその場で食べて参りました。
 一週間も家を離れ、北海道の姉の家で。毎日毎日バッチャに今日一日の報告をしていたら、「そう毎日電話しなくても、いいんじゃないの?」と姉に言われ、気がつきました。
 バッチャに一日の報告をしないと、寂しいのです。
 毎日顔を見て、バッチャの作ったご飯をのうのうと食べていたものですから。バッチャの顔を見ない毎日というのは、非常に寂しいものなのでした。その日もバッチャに電話をかけていると、息子がいとこのケーマ君とケンカして、電話がつながる瞬間に泣き出してしまいました。突然泣き出す息子。つながる電話。
 電話に出て、とりあえず言い訳から始める私。
「あの。さっきまで笑ってたんですけど、急に泣き出して……!」
 すると、バッチャ。
「泣いたり笑ったりさねば(しなきゃ)、どすばー!?」
(……ど、どすばー!?)
「泣いたり笑ったりして、おっきく(大きく)ならねば、どすばー(どうするんだい)? どれどれ、バッチャだよー。」
 泣いてた息子は一瞬で泣きやみ、涙を拭きました。
 私はまだまだ子育て初心者マークなので、子どもが泣き出すと不用意に焦って、なんとかしようとするのですが。バッチャぐらいのクラスになると、泣いたぐらいでは動じません。むしろ、泣けば喜ぶぐらいです。
 泣いたり笑ったりして、大きくなるんだよ。
 それを聞いたら、どんな風に生きてもいいんだなあ、と思えて。また一つ、自由になった気がしたのでした。
 
 

青森県の最強バッチャが繰り広げる、愉快で楽しい村のお年寄り情報満載エッセイ集!   

これを読んだら即・元気!!

『うちのバッチャ』
 
山田スイッチ 著
山田スイッチ社 刊
¥1,000
 
お買い求めはこちらから!