検索結果 "太郎"

小牧温泉青森屋の岡本太郎作品。

山田スイッチの『言い得て妙』 仕事と育児の荒波に、お母さんはもうどうやって原稿を書いてるのかわからなくなってきました。。。-110227_1507~001.jpg

歓びの鐘 という作品。今日、初めて見た! 

 

最近のマペ太郎さん

山田スイッチの『言い得て妙』 仕事と育児の荒波に、お母さんはもうどうやって原稿を書いてるのかわからなくなってきました。。。-090726_1816~0001.jpg

スイッチに似てきました。

 

マペ太郎

山田スイッチの『言い得て妙』 仕事と育児の荒波に、お母さんはもうどうやって原稿を書いてるのかわからなくなってきました。。。-090625_0542~01.jpg

神奈川県まで羽田経由で、おんぶで連れていかれたマペ太郎。終始ご機嫌でした…!

 

岡本太郎と縄文

山田スイッチの『言い得て妙』 仕事と育児の荒波に、お母さんはもうどうやって原稿を書いてるのかわからなくなってきました。。。-あそこのおかあさん縄文人だから
JOMON FAN で連載している「あそこのおかあさん縄文人だから」の
第十回が掲載されました。

今回は、数日前の夜中に、突然
「そうだ!そうだったんだ!」と。ずーっと
岡本太郎の思想と縄文について考えていたことと
自分の感じる岡本太郎の作品についてのアレコレが
わかった!気がして。

もう「ユリイカ!ユリイカ!」騒ぎ出すような
興奮状態だったのですが。
それで一気に書き上げてしまったので
いつもと文体が違ったりします。
岡本太郎は、ですます調で語れなかった……。
なんでだかはしらないんですけどね。

JOMON FAN の今回のゲストは俳優であり、画家である
片岡鶴太郎さん。
彼のインタビューが掲載されているので、ぜひご覧ください。

JOMON FAN

 

岡本太郎に学ぶ

山田スイッチの『言い得て妙』 仕事と育児の荒波に、お母さんはもうどうやって原稿を書いてるのかわからなくなってきました。。。-この本、凄いよ!!

青森県の縄文関連情報総合サイトJOMON FAN
連載中のスイッチかあさんのエッセイ、
「あそこのおかあさん縄文人だから」の第八回が掲載されました!

今回のテーマは、「岡本太郎に学ぶ」
岡本太郎と縄文につきましては、並々ならないものがあります。
岡本太郎の「縄文土器論」(美術手帖 2000年十月号掲載)もすごいのですが、
今回は「美の呪力」(新潮文庫)に焦点を当てて、場所の力について書かせていただきました。

「岡本太郎に学ぶ」は、松尾スズキさんの
「この日本人に学びたい」(光文社知恵の森文庫)から
ヒントを得て、タイトルにさせていただいたのですが。
実をいうと、文庫版の『この日本人に学びたい』の解説は
三年くらい前に、スイッチかあさんが書かせていただいたものです。

(よく、こんな売れない物書きに書かせてくれたなあ…と。
本当に松尾さんの優しさには、いたみいります。)
この日本人に学びたい (知恵の森文庫)/松尾 スズキ

¥500
Amazon.co.jp

松尾さん、大好き!