検索結果 "子ども"

山田スイッチの2016年まとめ。

2016年末。今年の学びは、これに尽きるんじゃないか思った言葉。
コーチングの仕事をしているベニオくんが言った言葉は、
本当に私を救ってくれたなあと思いますドグ。
 
「病むも病まないも付き合うも付き合わないも変わるも変わらないも自分で選んでいい
変わりたいと思って主張したら変わりどころ」と僕は信じています。(by ベニオ)
 
すごく辛いという事実に、気付けない人は案外と多いんだドグ。
やめたいことを、辞められる人がめったにいない。
 
でも、じぶんで選んでいるという、厳然たる事実を受け入れれば、
「なんだ、選んでこうしているんだ」
と、もう一度選びなおすことができるはず。
 
2016年は、地下500メートルの穴に潜ったり、
ネプタ祭りの子供会会長をやったり、伊勢神宮に行ったり、本を出したり、
家の建て替えで何か月も仮設住宅に暮らしたり、
女子仏教トークをやったり、子どもが髄膜炎になったりと。
 
本当に目まぐるしい一年でしたが、自分で選んでやったことに何の後悔もなく、
 
むしろ様々な出来事がいつも
私を救ってくれてたと感じましたドグ。
 
やっと、漫画描いて暮らせる……!!
 
長かったけど、ようやく体制が整ったのを感じますドグ~!
 
漫画を描いている時、私の顔は漫画の中の登場人物と同じ顔をしているんですドグ。
それはそれは、しあわせな顔をしていて。
この準備に一年かかったのだと思えば、
 
来年はもう、生きるだけでOKな感じがしてくるんでした☆
 
皆さま、よいお年を!
 
山田スイッチ☆
 
 
 
 
 

女子仏教トーク、がんばりました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミホコさんとキョウさんが、はるばる遠い青森まで来て下さるということで

これは、なんらかのイベントをやらねばなるまい!


とここ1か月はイベント準備に明け暮れていたんだドグけど、


本ッッッッッ当~~~~に、





やってよかったドグ~~~~!!!!





会話が、こんなに楽しいものだとは。


知っていたけど、知らなかった!!





キョウさんの仏教トークはニコ生で前から聞いてて


「この人、話うまいなあ~」ってずっと思っていたんだドグけど、


まさかキョウさんがこんなに面白い人だったなんて!





恋愛を語らせたら面白さ半端なかったドグ!!





そして、とつとつと語られるのに


その話のブレのなさ。


芯が通った仏教的世界観を持ちながら


びっくりするほどオリジナリティのある


ミホコさんんの語りは、





ドグ子とキョウさんが


「こ、ここに悟られた方がおられる……!」





と驚愕するほどミホコさんの語りは見事だったんだドグ~!





お二人を青森県の一押し温泉


「青荷温泉ランプの宿」にお勧めしたら、


電気もなくWi-Fiもない環境にめっちゃ驚かれてて


「そういえばあそこ、電気通ってなかったんだ……」と


思い出すドグ子のうっかりっぷりもありましたが。(笑)





青荷温泉ランプの宿に、


「強制ネットラマダンの宿」という


新しい名前を頂けましたドグ~。(*´Д`)





当日のカフェはお客様満員御礼で、


1歳と4歳の子持ちのお母さんまで来てくれて


途中、子どもの声とか珈琲の豆を挽く音とか


入っちゃってるんだけど





これもまた、仏教ぽいなと


思ったドグ子でした☆





お話した内容につきましては、


少しずつアップできたらと思っていますドグ!


とにかく今朝は充実感でいっぱいで。


今度は「男女DE仏教トーク」っていうのも


ありだなあと思ったドグ子でした☆





ドグドグ~!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

会場となった白金珈琲さん。ここは、県内唯一、国内でも30数台しかないSLAYERというエスプレッソマシーンが

あるカフェなんだドグ~! 

 

 

 

 

 

 

 

白金珈琲のオーナーさんのご協力により実現した縄文パフェ。(笑)

縄文土器にパフェが入っている仕様☆

トッピングはドングリ、栗、くるみドグ~!

※お店のメニューには縄文パフェがありませんので、ご注意を!

 

どこまでが運命?

今、異例中の異例と言われる聖人の


聖テレジア(テレーズ)の自伝を読んでいるんだドグけど、





キリスト教でも仏教でもアプローチがすごいなって


思うのは、





すっごいたくさんの人が普通に死ぬところドグ。





里中満智子先生の描いた「ブッダをめぐる人々」


の中でも、


生まれた子供がすぐ栄養失調で死んじゃって


死体を燃やすお金もないキサー・ゴータミー


(痩せたゴータミ―というあだ名)が





死体置き場に赤ちゃんを置きに行って


もう一回赤ちゃんにお別れを言ってくる……! と


思ったら、


野犬に食われてたという





衝撃的な一コマから始まるんだドグ。





で、聖テレーズの親はしょっちゅう妊娠していて


しょっちゅう子ども生んでるんだドグけど、


けっこう病弱で次々に死ぬんだドグ。





この子も死んだ、あの子も死んだ、


辛いと思っていたら今度は6歳まで育った子が死んだ。






しょっぱなからこんな「人、めっちゃ普通に死ぬ」原理を聞かされてくると、


「意味はわからないが神の思し召しなのだろう」





という考え方もあり得る気がしてくるんだドグ。





そう。敬虔なキリスト教徒はどんなに納得がいかないことが


起こっても、


「神様がお望みになった」の一言で納得してしまえるんだドグ。






この世の中には納得できないことがたくさんあるはずなのに、


全ては神の思し召し。望まれるがままに


と考えて生きることは、


完全なる運命論を生きることだと思うんだドグ。





「なぜ私の子が? と考えるなんて、せんなきこと」





そう言ってしまえる人しか


「今を生きる」の境地にはたどり着けないんだドグ。





振られて悲しいのも、子どもが死んで悲しいのも、


病気になって辛く「なぜ、私が?」と思うのも、頭が過去にいる証拠になってしまうドグ。





今を生きる人は、「しょうがないじゃん。次!」


と言って過去から現在へ楽に行ってしまうドグ。


すべてが運命で決まっているならば


ただ今を生きるよりほかがないんだドグ。





でも、生まれた時から「将来何になるの? 何歳までにやるの?」


と聞かれ続ける現代の子に、


運命論を受け入れるのは非常に難しいことだと思うドグ





「そう、運命は努力で変えられる!」





と、常に信じ込まされているからドグ。





「19歳までにアイドルデビューして途中方向転換して


24歳で女優に、その後ニュースキャスターを経て


政界に40歳でデビュー」






とか、なれなかった時に焦らずいる準備ができないじゃないドグか。


運命は努力で変えられるって信じ込まされているんじゃ。


やなせたかし先生はアンパンマンを絵本にしても、


「こんな辛気臭い本、もう書かないでください」と言われ続けたんだドグ。





でも、あるテレビディレクターが保育園で一番ボロボロになるまで読み込まれていたアンパンマンに目を止めて、アニメ化の話を持ち込み、


アニメにされ、ようやくアンパンマンが日の目を見たんだドグ。


その時、やなせたかし先生はもう70歳近くになっていたんだドグ。





でも、





70歳から輝くことが運命で決まっているのなら、


40歳が普通なのも運命で決まってるし、


30歳で焦ることも運命で決まっているはずドグ。






だったら、焦る必要って何一つないんじゃないか? って


思うドグ。





今月は、思いもしなかったことばかり起こる月なんだドグけど、


どれも運命なので、受け入れていこうと思うドグ~!

 

メモ的なこと。てっぺん取ったる

今朝ふと、てっぺんを取ることについて考えたんだドグ。
てっぺんを取るためには何が必要なのか?

それはとりあえず、てっぺんっを目指すことが
必要なんじゃないかと思ったんだドグ~!

坂本龍馬とか、幕末の有名人って
ことごとく若くして死んでる=若いうちにてっぺん目指して
有名になってる
ということを考えると、

てっぺん目指すのに年齢的な問題って何もないんだなと
いう気がしたんだドグ。

で、てっぺん目指すのに何が不要かと考えたところ、
足元を見る習性が不要なんじゃないかな? と
思ったんだドグ~。
目指すものはてっぺんなのだからして。

それで、足元見ずにてっぺん目指すってたぶん、
ちまちましたらアカン!!
ってことなんだドグ。
少なくとも、自分のできる最大限の力でいつでも取れる
てっぺんがあるドグ。

それは、貧乏のてっぺんを取ること!!

ただの貧乏は貧乏ドグけど、
てっぺん取った貧乏は輝いている……
だから、貧乏は時折テレビ番組になり
生き抜く力がクローズアップされるドグ。

ただの貧乏は節約するけど
貧乏のてっぺんは堂々と雑草を食べる。
そんな感じがするドグ~。

『テルマエ・ロマエ』の作者・ヤマザキマリさんも
若いころイタリアで、びっくりするほど貧乏で芸術家ばかり
周りにいて、
アーリオ・オーリオっていう、塩と胡椒のみのパスタばっか
食べてたっていうドグ。

芸術家になるためにイタリアに行き、
イタリア人男性と恋に落ち、貧乏と芸術に揉まれ、
付き合っているうちに「この男と一緒にいたら子ども育てるとか無理」
と思って、

イタリアに渡って10年も経ってから
帰国資金を調達するために日本の漫画雑誌に投稿し、
どうにか10万稼いで日本に帰って、
子ども育てながらイタリア語講師やイタリア料理の番組に出るようになった

って、本に書いてあったんだドグけど
(それまでマンガは一度も描いたことがなく、画家を目指していたんだドグ)
同じ貧乏でもイタリアで暮らした貧乏は、
イタリア語が話せるという特典がついてくるんだな……という
教訓を得たドグ。

貧乏だった頃のヤマザキマリさんは、
イタリアで本ばかり読んで、芸術家同士で思想を語り合っていたんだドグ。
だから、漫画が描けるくらいに内面が豊かになったんだドグね。

ヤマザキマリさんのようにてっぺんを取るためには
いらないことをしないことも必要なのかな? ってドグ子は思ったドグ。

なぜなら、家にある不用品の始末で今、
すっごい悩んでいるから!!

この不用品について考える時間をてっぺん取ることに使えば、
もう少し早く漫画家になれるかもしれないのに……!!

って今朝、考えたんだドグ~。(*´ω`)

 

[うちのバッチャ2] 06.木を植える人

木を植える人
 
風は涼しく、日射しは暖かい。植樹をするにはちょうどいい季節がやってきましたね。
この季節になるとホームセンターでは、苗を求める人達でいっぱいになります。
「今年はどんな木を植えようかしら。やっぱり実のなる木がいいかしら、花のなる木がいいかしら」
まるで若い娘さんが初夏の服を選ぶように、おばあちゃん達は毎年、庭に植える木を選ぶのです。
「ツツジだばピンクと白、どっちがいいべか?」
「おめんとこ(あなたの所)の庭だば、ピンクがいいんでねなあ! 松あるし、少しパッとさせた方がいいんた(いいような)気がするや!」
こういったおばあちゃん同士の会話を聞いていると、
「水玉とボーダーだったら、どっちが似合うと思う?」
「そうねえ。ボーダーだと普通すぎるし、水玉だと甘くなりすぎちゃうから、水玉にデニムを合わせて甘さを抑えちゃえば?」
なんて風に相談し合って服を選ぶお嬢さん方と大して変わらない気がしてくるのです。ツツジの甘さを松の渋さで抑える上級テクニックで、お庭のセンスアップは間違いなしです。
ちなみに、私が1番好きな木は藤の木で、2番目に好きな木が松なんですね。藤の木は花が咲く日のことを思って、1年中楽しみにしていられるのが良いのです。5月の暖かい日に一斉に花ほころぶのもいいし、花が終わった後にジャングルのように繁った葉っぱの下に潜って、涼むのも趣があります。
松は枝ぶりを見るのが好きです。見事な松を見かけると、しばらくは眺めていられます。
植木にはロマンがあるんですね。子どもが生まれる度に庭に記念樹を植えて、子どもの成長とともに大きくなるその木を眺めていると、木が、まるで自分の子どものように思えてきます。長男の時に植えた桜は7年目に青々と繁り、次男が生まれた時のエゴノキはまだ3年目で、可愛らしく小さな白い花をつけています。
3年前、うちの庭に「木を植えさせて下さい」という人がやって来ました。その人の名前は中溪宏一さん。歩きながら木を植える、アースウォーカーという仕事をされていました。
アースウォーカーは、北海道から沖縄までの距離を自分の足で歩き、木の苗を日本中に植えていきます。木を植える人達の姿を見て、言葉でなしにその魅力に惹かれ、見た人の何かが鼓舞され、中溪さん達は歩く支援をしてもらったそうです。
中溪さんは、何も持っていなくても、応援したくなる青年でした。ある時、中溪さん達が秋田県を歩いていると、おばあさんに突然声をかけられました。
「格好いいものをやるから、うちに来てくれ!」
そして中溪さん達がそのおばあさんの家に行くと、丼になみなみと注がれた牛乳を出されたそうです。丼いっぱいの牛乳……! なんて格好いいのでしょう。おばあさんの魂の高鳴りを感じます。彼らに出会った人達はきっと今年も、庭に木を植えるのでしょう。

 

ついに出た! 青森県最強バッチャとドジな嫁が繰り広げるぶっ飛びエッセイ☆ 

マンガも6ページに増量

『うちのバッチャ2
 -88歳快進撃-』
 
山田スイッチ 著
山田スイッチ社 刊
¥1,000
 
 
・お買い求めの際は青森県内の各書店か(郷土本コーナー)山田スイッチ社をご利用ください!