検索結果 "子育て"

テーマが違う。

自分で作ったコロッケが、

見た目はアレなんだドグけど

妙~にうまいので、ドグ子の家族には好評なんだドグ。



ドグ子は家のことを自分でやらないと

気が済まない性格らしく、

ごはん、掃除、洗濯などをやっていると、

もちろん書く時間は少なくなるので

天才のような文章は永遠に書けないという

ジレンマに陥るドグ。




これは、テーマが違うんだドグな……

というのが今日の悟りで。



人生が一回きりだと思っていると、

この人生で恋愛も結婚も仕事も創作も家事も育児も

なんだってがんばらなきゃいけないような

気分になってくるドグけど、



人生が何回もある→生まれ変わりがある

と思えば、



「今期の目標は天才コラムニストじゃなくて、

家事のできる土偶なんだなあ」




と、

割り切って暮らせるんだドグ。



一番大事なのは、生き延びることだと思っていると、

どうやったら平常運転で回せるかってすごく大事で。

できるだけストレスがかからない生き方を今、

選択してると思うドグ。




それで、面白いのは楽な道を模索しているうちに年を取って、

昔はストレスがかかってできなかったことも

こなせるようになったことなんだドグ~。



もう、テレビが回ってても全然気にならなくなったドグ子は

最近は市のPRビデオに

出演とナレーションとイラストを提供しているんだドグけど

そういうの全然、苦にならないドグ。



4コマ漫画を描くのは大変ドグけど

1コマ漫画ならいける……のが今の現状で。

4コマ行けるようにするにはもう何年か、

1コマを描き続けてみようかとも思っているんだドグ。



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そういう風にしていたら、

すっごい時間かかるけど、

ストレスなくぬる~っと行けるかなあ?

って思っているドグ~☆



でも、まさか自分がのんきな土偶になるだなんて。

20代の頃は予測もしなかったんだドグ。



(*´Д`)はふーん

 

子育て動画に出るよ☆

今日は、RABサービスさんがわが家の餃子作りを取材してくれました。2歳から餃子手伝ってる師匠とマぺ次郎のあり得ない餃子の取材☆ (*´ω`) 子育て支援サービスのネット動画になるらしいドグ~! あと、本のことを今日書いたら、いつも(・∀・)イイネ!!をくれる方が本を買って下さり、恐悦至極に存じます! ドグ~~!

 

魔法の百均 第5回「手に合ったお箸の選び方」

魔法の百均第5回「手に合ったお箸の選び方」
 
持ちやすい子どものお茶碗を探していたところ、最終的には百均で落ち着いてしまいました。
幼児向けではなくて、小学校低学年向けのお茶碗って、なかなかないのです。
たまたま百均で子ども用のお茶碗を持ってみたところ、陶器でも軽くできていて、「これだ!」と思ったんです。
百均で食器を選ぶ時は、重さに重点を置いています。
 
見た目が可愛くても、重いとなかなか扱いずらくて、出番がなくなってしまうものですから。
とにかく食器は買う前に何度も持って、イメージトレーニングをして、食事のシーンに合うかどうかを判断します。
値段ではないんです。
重さなんです!
 
百均には子ども用のメラミン樹脂で出来ている食器やプラスチックのお弁当箱が豊富にあるので、子育ての強い味方なのです。
何故百均の商品がこれほど安いのかを考えてみたところ、品質に大きな差があるというよりは、アニメの有名なキャラクターが使われているか、いないかにもよるのではないか? と思いました。
アニメのキャラクターが付いていたら、キャラクター使用料も込みの商品の値段ですから。
千円のお弁当箱と百円のお弁当箱の違いの多くは、デザイン料だと思うんですね。
 
私は色々と試すのが好きなので、百均のお弁当箱も津軽塗りのお弁当箱も両方試して、シーンに合わせて使っています。
例えば、子どもに年に3〜4回かしかない「お弁当の日」のお弁当箱を持たせるのなら、一番に考えるべきはお弁当箱のサイズだと思うんですよ。
そしてお花見などの風雅な雰囲気を楽しむなら、津軽塗りのお重が似合うと思うんです。
 
津軽塗りの夫婦箸って、必ず女性用が男性用より小さくできていて、女性の手に合った長さになっていますよね。
お箸のサイズの選び方は、右手の人差し指と親指を直角に広げ、親指と人差指の長さ(一咫というそうです)に、1・5をかけた長さが、自分の手に合った長さなんですって。
 
3〜4歳だと14・5センチ、5〜6歳だと16センチ、7〜9歳だと18センチのお箸が目安になります。
手の大きい子でしたら、一度計ってあげるといいですね。
 
これまで子どものお箸は一律、同じ長さで選んでいたのですが、6才児がなんとなく持ちずらそうだったので、「ひょっとすると、この子にとっては菜箸でご飯を食べるくらい、持ちにくいものなのかも?」と、そう思って百均でちょうどよいサイズの木のお箸を買ってあげたところ、気に入って使ってくれています。
 
子どもって小さい時は必ず箸の先をかじるので、しょっちゅう箸が悪くなるんですね。
なんでそんなに箸を噛じるのか。箸から甘い液でも出ているのかしら? しかし、7歳くらいになると自然と噛じらなくなるので、小さいうちは百均のお箸でも良いのかもしれません。
 
※※※この画像(記事は)は、陸奥新報社提供です。無断転載はできません。※※※

 

アトピーにかからない食事

11月5日の石川小学校の講演用にマンガ描いてみました☆

マンガ描くのは……こっこクラブで「山田スイッチの縄文式子育て」

を描いて以来なので……5年ぶり? 

マンガだとすごく気負っちゃって、ものすごく集中するのですが、

チラシだとなんかすぐ描けますね……。気の持ちようなんでしょうね。

チラシは楽!

 

文中に登場するのはこちら!

油を断てばアトピーはここまで治る―どんなに重い症状でも家庭で簡単に治せる!

下関市立中央病院で1万人のアトピー性皮膚炎の患者を治癒した

実績を持つ永田良隆先生。

ステロイドと食事療法の両立を唱えておられます。

油って、今まで目には見えない原因物質だったと思うんですよ。

この本は買いです!!

 

 

エコハンター第143回「リユースとリサイクル」

エコハンター第143回「」
 
身近なリユース(再利用)といえば、衣類のお下がりや洗浄して使う一升瓶ですよね。
リサイクル(再資源化)と違って、製品を原料まで戻さずに洗って使い直すリユースは、資源とエネルギーの節約になり、また家庭の廃棄物量を減らすのにも役立っています。
 
子育て中は子どものためにたくさんのものを購入します。
だけどすぐに成長するので、ベビーカーやチャイルドシート、小さくなった衣料など、たくさんのものがゴミとして捨てられやすいんですね。
しかし、捨てる前にほんのちょっとの一手間で、欲しい人はいないか、またはリサイクルショップに販売できないかを調べてもらえれば、ゴミの削減に大きく貢献できるんです。
 
中古のベビーカーやチャイルドシートは、リサイクルショップやインターネットのオークション・サイトで大変安く手に入れることができます。
あらかじめリユースすることを目的に使う若いお母さんの中には、後々のために大事に扱い、製品の取扱説明書をきちんと取っておくという人がたくさんいます。
 
子育てにはお金のかかるものも多いのですが、子供用の自転車やチャイルドシートやスキー板などは、子どもが小さい時期にほんのひと時だけ使うものですので、使った後はリユースに回せるように大事に扱うと、思いがけず中古品店に販売できたりします。
 
最近では、簡単にインターネットオークションに出品できるスマートフォン用のアプリも出ています。
出品する人には不要品の処分ができて、お金を稼げるよい機会ですし、購入する人にとっては必要なものを安く手に入れるよい機会なのです。
 
資源を節約するために、リユースする。
マイボトル(自分用の水筒)にコーヒーショップでコーヒーを入れてもらうなど、リユースに努力する若者が増えて来ています。
コーヒー店ではボトルのサイズや衛生状態によっては断られる場合もありますが、マイボトルにコーヒーを入れてもらうことで、資源の節約への協力として、20円ほどの値引きを受けられる場合もあります。
不要品は最後、埋め立てられるより他のないものですが、再利用されれば長く、人の役に立ってくれるのです。
 
<エコハンター第142回「うだでく余った夏野菜の使い道」へ>
<エコハンター第144回「虫歯の母子感染を減らす?」>
 
他の回のエコハンターはこちらから!
※※※この画像(記事は)は、陸奥新報社提供です。無断転載はできません。※※※