検索結果 "季節"

[うちのバッチャ2] 06.木を植える人

木を植える人
 
風は涼しく、日射しは暖かい。植樹をするにはちょうどいい季節がやってきましたね。
この季節になるとホームセンターでは、苗を求める人達でいっぱいになります。
「今年はどんな木を植えようかしら。やっぱり実のなる木がいいかしら、花のなる木がいいかしら」
まるで若い娘さんが初夏の服を選ぶように、おばあちゃん達は毎年、庭に植える木を選ぶのです。
「ツツジだばピンクと白、どっちがいいべか?」
「おめんとこ(あなたの所)の庭だば、ピンクがいいんでねなあ! 松あるし、少しパッとさせた方がいいんた(いいような)気がするや!」
こういったおばあちゃん同士の会話を聞いていると、
「水玉とボーダーだったら、どっちが似合うと思う?」
「そうねえ。ボーダーだと普通すぎるし、水玉だと甘くなりすぎちゃうから、水玉にデニムを合わせて甘さを抑えちゃえば?」
なんて風に相談し合って服を選ぶお嬢さん方と大して変わらない気がしてくるのです。ツツジの甘さを松の渋さで抑える上級テクニックで、お庭のセンスアップは間違いなしです。
ちなみに、私が1番好きな木は藤の木で、2番目に好きな木が松なんですね。藤の木は花が咲く日のことを思って、1年中楽しみにしていられるのが良いのです。5月の暖かい日に一斉に花ほころぶのもいいし、花が終わった後にジャングルのように繁った葉っぱの下に潜って、涼むのも趣があります。
松は枝ぶりを見るのが好きです。見事な松を見かけると、しばらくは眺めていられます。
植木にはロマンがあるんですね。子どもが生まれる度に庭に記念樹を植えて、子どもの成長とともに大きくなるその木を眺めていると、木が、まるで自分の子どものように思えてきます。長男の時に植えた桜は7年目に青々と繁り、次男が生まれた時のエゴノキはまだ3年目で、可愛らしく小さな白い花をつけています。
3年前、うちの庭に「木を植えさせて下さい」という人がやって来ました。その人の名前は中溪宏一さん。歩きながら木を植える、アースウォーカーという仕事をされていました。
アースウォーカーは、北海道から沖縄までの距離を自分の足で歩き、木の苗を日本中に植えていきます。木を植える人達の姿を見て、言葉でなしにその魅力に惹かれ、見た人の何かが鼓舞され、中溪さん達は歩く支援をしてもらったそうです。
中溪さんは、何も持っていなくても、応援したくなる青年でした。ある時、中溪さん達が秋田県を歩いていると、おばあさんに突然声をかけられました。
「格好いいものをやるから、うちに来てくれ!」
そして中溪さん達がそのおばあさんの家に行くと、丼になみなみと注がれた牛乳を出されたそうです。丼いっぱいの牛乳……! なんて格好いいのでしょう。おばあさんの魂の高鳴りを感じます。彼らに出会った人達はきっと今年も、庭に木を植えるのでしょう。

 

ついに出た! 青森県最強バッチャとドジな嫁が繰り広げるぶっ飛びエッセイ☆ 

マンガも6ページに増量

『うちのバッチャ2
 -88歳快進撃-』
 
山田スイッチ 著
山田スイッチ社 刊
¥1,000
 
 
・お買い求めの際は青森県内の各書店か(郷土本コーナー)山田スイッチ社をご利用ください!

 

 

 

 

[うちのバッチャ2] 05.花粉症デビュー

花粉症デビュー
 
今年に入ってから急に花粉症になったらしく、ふいに鼻水が垂直に垂れてくるのです。
今までくしゃみと鼻水が止まらない人を見るにつけ、「花粉症は大変だなあ。一体、どんな気分なのかしら?」と安易にそう思っていたのですが。自分が花粉症になったら鼻水が30秒に1回の割合で出るようになりまして。ぶーぶー鼻をかみながら、少しだけ大人になった気分です。
一体、この花粉症が何によるものなのか……スギ花粉なのか何なのか。調べるためにアレルギー科の病院を訪ねると、大変なことが起こりました。
「それじゃあ、腕をまくって出してください。」
そう言われて素直に腕を差し出すと、そこに針先で9か所ものひっかき傷を付けていく看護婦さん。
「いい~?」と驚いて変な顔をしていると、更にその傷の上に代表的なアレルギー物質の液体を次々に載せられる私。
「あと20分がまんしてくださいね。痒くなっても掻かないように!」
痒くなる物質を塗られ、アレルギーに反応して赤く膨れてゆくわが腕を黙って見守るしかないなんて……。これがまた、とんでもなく痒いのです。そして、よく見ると腫れ上がっていくのは9か所のひっかき傷のうち、わずか3か所だけ。ここに塗られたのが私のアレルギー物質なのか! そう思いながら、掻きむしりたいのを必死にがまんして出た検査結果は、「ハウスダスト、ダニ、カモガヤ」のアレルギーでした。
実を言うと私は日光アレルギーも持っていまして。太陽を見て鼻水は出ないにしても、紫外線を浴びると赤くなってただれて痒いというやっかいな体質なのです。
日光アレルギーの人間はUVカットに本気で取り組まないと、大変な目にあいます。今まで日光にしか気を遣ってこなかったのに、これからは日光を避けつつハウスダストとダニを吸い込まないようにして、カモガヤ(イネ科の植物)の花粉に気をつけるだなんて……。目には見えないけども、周りは敵だらけじゃないですか。
友人に重度のスギ花粉症のNさんという人がいるのですが、彼はスギ花粉が舞う季節には必ずと言っていいほどくしゃみ、鼻水、目のかゆみという3点セットに見舞われているのです。そんな彼がある時、こう言いました。
「僕はスギ花粉症だけど、スギを憎んだことは1度もないね」
あれほど自分を苦しめてやまないスギを憎まないだなんて……! どれだけできた人なのでしょう。ひょっとすると、スギ花粉症になったおかげで「できた人間」になったのかもしれません。私もハウスダストとダニとカモガヤを愛することはないにしても、せめて、「憎んだことはない」と言い放てる日が来たら、自分も一つ大人の階段を上れるのではないか期待しているのです。

 

ついに出た! 青森県最強バッチャとドジな嫁が繰り広げるぶっ飛びエッセイ☆ 

マンガも6ページに増量

『うちのバッチャ2
 -88歳快進撃-』
 
山田スイッチ 著
山田スイッチ社 刊
¥1,000
 
 
・お買い求めの際は青森県内の各書店か(郷土本コーナー)山田スイッチ社をご利用ください!

 

 

 

 

[うちのバッチャ2] 03.春のバッチャ

春のバッチャ
 
青森県の5月は芽吹きの季節です。いつも歩く散歩コースにタンポポやオオイヌノフグリなどの可愛らしい小さな花々が咲いて、ライトグリーンの若い芽がふんわりと木の枝を覆うと、それを見たうちのバッチャは感嘆の声を上げます。
「ろー! モエ出て、ろー!(まあ、若い芽が出て、ご覧なさいよ!)」
「モエ」は若芽のことです。きっと「萌える」という言葉から来ているのでしょう。萌える5月。木の枝の先から小さな葉っぱが顔を出すと、どこのバッチャも「ろー!」「おんろー、モエ出て、ろー!」と歓声をあげるのです。
冬の間に家に閉じこもっていた近所のバッチャ達も、雪が解けてようやく「わい、あずましじゃ!(なんて心地いいのでしょう!)」と言わんばかりに畑に集まってきました。よそのバッチャ達は冬の間、めったに見かけることがありません。
それなので、春に出会うとお互いに冬眠から覚めたような気持ちになるのです。
春のバッチャは大忙しです。畑の草を抜き、堆肥を撒いて畑を耕し、大量のホッケ寿司を樽に漬けます。84歳にしてこの元気…少し分けてもらいたいぐらいです。バッチャは朝5時頃に畑に出て草を抜き、7時頃には家族にご飯を食べさせるため家に戻ります。
ひ孫を学校に送り出したら、一息入れてご飯を食べ、テレビで速水もこみち君の『MOCO'Sキッチン』を私と見ます。
「おろ〜、あったに高い所から塩振って、ろー! わい〜、油ゴサゴサと入れて! あれだば油くせくなってまうべな〜!」
「おばあちゃん、アレはサラダ油でねくて、オリーブオイルだから、そったに油くせくも、ならねえがさもしれませんよ。」
「んだべか〜?」
速水もこみち君の登場する朝は、田舎の主婦である私とバッチャを戦慄させているのです。ふいにバッチャが言いました。
「アレは一体、なんだもんだ?」
「あ~、アレは……おそらく、ハーブという草ですよ。シソみたいなもんです。」
「わい、こんだ(今度は)一体、どった貝だべ! まんず見たことねえ!」
「アレは、きっとムール貝ですよ。スペイン人が食べる貝ですよ。ムール貝売ってるスーパーなんて、この辺じゃないですけどね。シジミで代用できるのかしら?」
こんな風に、速水もこみち君の作るカフェ風のメニューは、青森県の片隅に住む我々にとっては再現不可能なお料理として捉えられているのでした。
それでも毎日一生懸命この情報番組を見るのは、もこみち君がいい男だからに違いありません。もこみち君に突っ込みを入れて、ホッと一息つけば朝の9時。畑の苗植えが待っています。
「明日はどったら料理ば作るもんだかさ」と、楽しみにしながら我々は洗濯と掃除をして、畑の草を抜き、子ども達が帰ってくる夕方に備えるのでした。

ついに出た! 青森県最強バッチャとドジな嫁が繰り広げるぶっ飛びエッセイ☆ 

マンガも6ページに増量

『うちのバッチャ2
 -88歳快進撃-』
 
山田スイッチ 著
山田スイッチ社 刊
¥1,000
 
 
・お買い求めの際は青森県内の各書店か(郷土本コーナー)山田スイッチ社をご利用ください!

 

[うちのバッチャ2] 02.サバの押し寿司

サバの押し寿司
 
しめサバの美味しい季節ですね。スーパーでしめサバを買ってきて、自宅で酢飯を作って押し寿司を作ってみたところ、「このサバの押し寿司は、皮をあぶるとよけいに美味しいのではなかろうか?」という思いが生まれました。
以前、お寿司屋さんでサーモンのお寿司を出され、突然そのサーモンを目の前でガスバーナーであぶられた経験から、しめサバもあぶってみたら相当に美味しいのではなかろうかという思いが募り、ホームセンターで念願のガスバーナーを購入するに至ったのでした。
晩ご飯時に、家族にサバをバーナーであぶるパフォーマンスを見せようと、子ども達の留守中に何度もバーナーの点火を練習して、いざ本番。テーブルの上で青い炎がバチバチと音を立ててサバの表面をあぶっていました。しめサバの押し寿司は、想像以上の美味しさでした。
「サバの脂がとろけて、あぶられて香ばしくなった表面とほんのりと甘酸っぱいサバの身が醤油と相まってもう、なんとも言えず美味しかったよ!」
あぶりしめサバの魅力を実家で力説していると、父が言いました。
「おまえ、家の中でバーナーでサバなんかあぶって、おばあちゃんは何も言わないのか?」
「うん」
母も言います。
「おばあちゃん、火を見て驚いたりしないの?」
「いやあ、バッチャは普通に見てたけど、子ども達が怖がって抱きついてきたね……」
きっとよそのバッチャは、夕飯の席で嫁がしめサバをガスバーナーであぶりだしたら、卒倒したりするのでしょう。バッチャが何も言わないのでつい、これで普通だと思っていました。
晩ご飯時に訪れる私の思いつきには、「七輪でサンマを焼きながら食べたい」というものもあり、何年か前に居間のテーブルの上に七輪を置いて、サンマを炭火であぶってたところ、もうもうと煙が室内に拡がり、煙が目にしみるばかりではなく、扇ぎ方が足りなかったせいかサンマが全然焼けないという事態に見舞われ、最終的にはサンマを七輪から下ろして、ガスで焼いて食べるという、意味のわからないことをしてしまったことがあります。
しかし、その翌日にはバッチャは私に「炭熾し器」というアイテムを与え、私の突発的な行動を助長してくれるのでした……。この嫁にして、この姑ありです。
怒ろうと思えば怒れる要素は無限にあるのですが、バッチャの中ではこの事態は、普通のこととして捉えられているのでしょう。
かつて、私が誤って居間のストーブの上にシーツを干してボヤを出してしまった時も、バッチャは燃えてるストーブとシーツを見つめながらこう語ったのでした。
「あの時はまんどろであった(明るかった)なあ~!」
それ以上のお咎めがなかったことを思いますと、しめサバをガスバーナーであぶったぐらいでは、バッチャが驚かないのは当たり前なのかもしれないです。
 

ついに出た! 青森県最強バッチャとドジな嫁が繰り広げるぶっ飛びエッセイ☆ 

マンガも6ページに増量

『うちのバッチャ2
 -88歳快進撃-』
 
山田スイッチ 著
山田スイッチ社 刊
¥1,000
 
 
・お買い求めの際は青森県内の各書店か(郷土本コーナー)山田スイッチ社をご利用ください!
 

 

うちのバッチャ2

うちのバッチャ2 -88歳快進撃-

目次

07.肉大卒の夫
08.珍しい日
09.津軽式ギャグ
10.偉大な田んぼ
11.獅子踊り
12.ご長寿ネタ
13.ナマコ美人
14.ありそうでないこと
15.ネイティブ・ツガリアン
16.雪の一日
17.ドキドキ☆頻尿日記
18.雪の一日 その2
19.たなちゅうさん
20.宇宙的な主婦
21.バッチャとゆるキャラ
22.バッチャの本
23.男前に育てる
24.夫のつけたあだ名
25.こけしのある風景
26.梅雨の楽しみ
27.行動的なお年寄り
28.バッチャと温泉
29.メグウィンさんねぶた祭りへ!
30.うちの嫁姑問題
31.福島で本格ピッツァ
32.風邪の季節
33.風邪のチャンス
34.入院した夫
35.レディー・ガガに一言
36.気功師、現れる
37.バッチャの子ども時代
38.過去にこだわらない女
39.男は何歳から?
40.節分の楽しみ
41.七戸の本気
42.カレーの付け合わせ
43.自由な夫
44.弱くても勝てます
45.仙台の牛タン
46.元気の出ることば
47.夏の準備
48.バッチャに聞いたあの世
49.バッチャ達のブルース
50.悩みに新アイディア
51.デコお盆
52.ジッチャの虹
53.永遠のパシリ
54.ポルターガイスト
55.未来に行く方法
 
あとがき「9歳 19歳 29歳」
 
解説

 

ついに出た! 青森県最強バッチャとドジな嫁が繰り広げるぶっ飛びエッセイ☆ 

マンガも6ページに増量

『うちのバッチャ2
 -88歳快進撃-』
 
山田スイッチ 著
山田スイッチ社 刊
¥1,000
 
 
・お買い求めの際は青森県内の各書店か(郷土本コーナー)山田スイッチ社をご利用ください!