検索結果 "季節"

ダニホテルの季節

昨日、テレビでカビとダニの特集やってたの。



しくじり先生の前かな? 「今でしょ!」の林先生の番組で。



「黒かびが目に見えることはそうはない。見えた時はもう

大変なことになってる」




そうで。



窓をじっと見てみたら、なんか黒い点々があったのね。



「これって、黒かびの高層ビルなんじゃないの!? 



集合住宅! 集合住宅ドグ~~!!!!!」





ってびっくりして、今日はカビ取りしてたドグ~!



あと、ダニは6~8月の高温多湿の時期にワッと増えるそうなので。

ダニが気になる方はダニホテルを設置することをお勧めします☆

ダニの大好きなニオイ成分で集めて、集まったら抜け出れない仕組みなんDAYONE!



百均でもダニを集めて捨てるタイプの

シートが売ってて、今年はそれを試そうと思っているんだけど

去年はダニホテルでダニ被害0だったの☆



ダニに刺されると赤く8ミリくらいの発疹ができて痒くなるから、

その経験がある人はお布団の下にダニホテルを設置

するといいYO☆

置くだけ! ダニを集めてポイ! ダニ粘着シート 「ダニホテル」ふとん 2枚入り



「俺と一緒に、行かないダニ?」

「ダニ~……」



花王・愛のドラマ劇場DAYO~。

 

エコハンター第113回「この季節、大量に余るのはミカンの皮ではないでしょうか?」

エコハンター第113回「この季節、大量に余るのはミカンの皮ではないでしょうか?
 
この季節、大量に余るのはミカンの皮ではないでしょうか?
ミカンの皮のいいところは、香りによるリフレッシュ効果があるところです。今年、ミカンの皮をもっとたくさん利用したいと思った私は、ミカン風呂にチャレンジしました。
 
お風呂用に使うミカンは、食べる前に皮をよく洗ってワックス等を落とすようにします。
※無農薬ミカンはそのままで大丈夫です。
乾燥させたミカンの皮5個分を目の細かい洗濯用ネットに入れて、お風呂に投入!
 
お風呂にお湯をためる段階でミカンの皮を投入すると、お湯が満タンになる頃にはミカンの皮から薄緑の色が出て、入浴剤を入れたみたいな雰囲気になります。
ミカンの香りいっぱいのお風呂は冷え性の改善にも効果があります。
ミカン風呂の後は体がポカポカと温かいのです。
 
ミカンの皮にはクエン酸やビタミンCが豊富に含まれているので、美肌効果も期待できそうです。
しかし、「私は敏感肌です!」という人にはお勧めできません。
ミカンに含まれるリモネンという物質が肌をピリピリさせる可能性があるので、肌の弱い方や赤ちゃんは避けた方がいいかもしれません。 
 
さらにソラレンという物質によってシミができる場合もあるので、お風呂あがりにはシャワーで顔と体を洗い流した方がいいなど、ミカン風呂はいろいろ面倒なことが多いのですが、それでもお勧めしたいほど良いお風呂なのです。
使ったミカンの皮は、わが家ではアルミトレーの上に載せてストーブの上で乾かしてから捨てています。
その時に香るミカンのアロマも大変すがすがしく、元気とやる気が湧いて来ます。
 
日本では冬至の日にゆず湯に入る風習がありますが、ゆず湯には、邪気払いの意味が込められていたそうです。
日本や中国では、冬至は太陽の力が一番弱まる日であり、この日を境に再び力がよみがえってくると考えられていました。そこで、冬至のことを陰が極まり再び陽にかえるという意味の「一陽来復」といい、この日にゆず湯に入って邪気を払うと、運も上昇するとされていました。
きっと昔の人はゆずの香りで気持ちが新たになることを知っていたのでしょうね。
 
参考 <暮らしの歳時記> 
http://allabout.co.jp/gm/gc/220635/3/
 

 

 

エコハンター第87回「夏は、最もエコハンターが活躍する季節!」

 
エコハンター第87回「夏は、最もエコハンターが活躍する季節!」
 
夏の準備に余念がないエコハンターです。
夏は、最もエコハンターが活躍する季節! 
今年も部屋の温度を下げるために緑のカーテンを育てようと、朝顔の種を撒きました。
緑のカーテンはつる性植物の葉っぱで窓を覆い、直射日光を遮り、部屋の温度が上がるのを抑えるものです。
更に生い茂った葉っぱが建物の壁に蓄熱するのを防ぎます。
 
昨年、緑のカーテンを育ててみた感想は、「やはり日陰は涼しい」でした。
家の中の遮光カーテンを閉めても涼しくなるとは思うのですが、遮光カーテンは風通しが悪いのです。
一方、日本で昔から使われているよしずは、建物に斜めに立てかけるので、隙間が大きく、風通しはかなり良いです。
すだれも、窓辺から数十センチ離して取り付けられるので、風通しは抜群です。
緑のカーテンやよしず、すだれを使って、今年も涼しい夏を送りたいと思っています。
 
さてさて、エコな夏の準備を今回はもう一つ。皆さん、水の準備はできていますか? 
昨年9月に津軽広域で水道水から基準値を超えるメチルイソボルネオールが検出された時、弘前市では給水車を出す騒ぎとなりました。
平川市のわが家でも水がまずくて飲めない、料理にも使えない状態が続きましたが、わが家にはペットボトルに貯えた水道水が50リットルが用意してありました。
そのペットボトルの水道水で、異臭騒ぎの間の飲料水をまかなうことができたので、「水って、貯えると便利だな!」ということを、お伝えしたいと思っていたのです。
空いているペットボトルを見かけたら、いざという時のために中身を水ですすいで、水道水を入れて保存しましょう。
 
更に美味しい水が飲みたい方には、卓上用の浄水ポットの使用をお薦めします。
卓上用の浄水ポットは水道に取り付ける必要がないので手軽に浄水を試すことができます。
水をお店まで車で買いに行かなくて済むので、ガソリン代が節約できてエコですね。 
月に60リットルの浄水を作ることができて、2ヶ月使用できる活性炭入りのカートリッジのお値段は、1個1000円から2000円ぐらいです。
浄水ポットの水はとても美味しいので興味のある方はぜひ、使ってみてくださいね。
 
 
※※※この画像(記事は)は、陸奥新報社提供です。無断転載はできません。※※※

 

 

エコハンター第55回「チャイの季節」

エコハンター第55回 「チャイの季節」

 

風邪を引きやすい季節になりましたね。

先週に引き続き、乾燥からのどを守ろうと今、

まさにサッカー日本代表のゴールキーパーのような気持ちで

必死にウイルスからのどを守らんと闘っております。

「のどは俺が、守る!」そういった感じで。  

 

先週お伝えできなかった乾燥からのどを守る方法は、マスクをすることです。

これが一番乾燥からのどを守れているように感じます。

私たちの吐く息には二酸化炭素と水分が含まれています。

マスクをかけるとその水分によって、のどを潤すことができます。

マスクをして眼鏡をかけた人の眼鏡のくもり具合を見れば、

私たちの吐く息にたくさんの水蒸気が含まれていることを実感できますよね。  

 

既にのどを痛めてしまった時は、

温かい紅茶にショウガの絞り汁とハチミツを入れて飲むとのどの痛みが和らぎます。

炎症が強い時は気管支炎になっているかもしれないので、

お医者さんに診てもらいましょう。

 

寒くなる季節、わが家で楽しみになるのがチャイ(インド風のミルクティー)

作って飲むことです。

小鍋に水100ccを沸かし、

紅茶の茶葉(ティーバッグでも良い)をティースプーン1杯半入れて、

ショウガのすり下ろしシナモン、カルダモン、クローブなどの

スパイスを加えて弱火で3分煮出します。

牛乳100ccを加え、沸騰直前で火を止めて茶こしで漉して

砂糖やハチミツを加えれば、チャイのできがりです!

スパイスの量は一人前だと小さじ8分の1ずつで、

瓶入りのスパイスならほんの一振りです。

好みによってスパイスの量を変えたり、違うスパイスを入れても美味しいですね。

 

わが家ではすり下ろしショウガの代わりに

粉末のジンジャーパウダーを使っています。  

シナモンには殺菌作用や解熱作用があり、風邪の予防に効果があります。

シナモンはスリランカ産のセイロンシナモンと、

カシアと呼ばれる中国産やベトナム産のチャイナシナモンの2種類があります。

ベトナム産のカシアにはクマリンという

肝機能に副作用を与える物質が多く含まれるので、

もしもたくさん摂取するなら、セイロンシナモンを選ぶのをお勧めします。

また、妊娠中の方はシナモンの過剰摂取に注意しましょう。

 

参考「シナモンの副作用と効果・効能」

 

<エコハンター第54回 「乾燥しているときはバスタオルを濡らして干すべし」へ>

<エコハンター第56回 「輝きを取り戻せ」へ>

 

他の回のエコハンターはこちらから!

 

※※※この画像(記事)は、陸奥新報社提供です。無断転載はできません。※※※

 

 

一番好きな季節

山田スイッチの『言い得て妙』 仕事と育児の荒波に、お母さんはもうどうやって原稿を書いてるのかわからなくなってきました。。。-100517_1315~01.jpg

育児、朝から晩まで大変なんだけど、今の季節は一番好き。
プラスマイナス0で。むしろ、ありがたい感じかもしれませんね。