検索結果 "小学校"

[うちのバッチャ2] 04.日食フィーバー

日食フィーバー
 
金環日食の日は、皆様いかがお過ごしだったでしょうか? 子だくさんの橋本徹大阪元市長の家では、家族10人で2枚の日食グラスを、1人5秒ずつ使って順番に見たとニュースで伝えられましたが、なんとも微笑ましいニュースですよね。
わが家では5枚入りの日食グラスを購入していたのですが、前日に、私の父がふとした時に、「小学校の時にガラスにすすをつけて、日食を観た記憶がある」と言っていたのを思い出し、弘前にいる父母に2枚の日食グラスを送り、子ども達2人に日食グラスをかけさせ、大人は1枚を代わりばんこに使って観ることにしました。
生まれて初めて日食を観たわが家の3歳児がこう叫びました。
「お月さまだ! これが、お月さまになるんだよ!」
ええっ、太陽がお月さまに……? 3歳児は興奮して真っ黒な日食グラスを付けたまま走り出し、すぐに壁にぶつかってギャーッ! と泣き出しました。
「真っ黒なメガネつけて走るからだよ」
すると、それまで黙って20分ほど観測していた7歳の長男が極めて冷静に言いました。
「丸くならないねえ」
「ごめん……青森県は部分日食にしかならないんだよ」
前日のアニメで金環日食のシーンを観ていた息子は、太陽と月が重なって丸くなるのを覚えていたんですね。しかし、あれだけテレビで金環日食のシーンを観たのだから、実物はお月さまぐらいでちょうど良かったのではないでしょうか。
日食グラスを付けてウルトラマンのような見た目になった夫が言います。
「日食っていうものはよ、大体曇りさなるって昔から決まってるんだはんで、今日、初めて見るや?」
そこへバッチャが登場しました。
「あ、おばあちゃん! 今、ちょうど日食始まってますから、どうぞ!」
するとバッチャは例のウルトラマンの目によく似たグラスをババッと被って、一言。
「おんろ〜! 地球もよく、できてらもんだあ……」
「ち、地球……!」
日食を初めて観たという84歳のバッチャから、地球規模の感想が出ました!
その日の朝、興奮して朝4時頃目が覚めてしまった私は、イクラのようにオレンジ色に輝く丸い、大きな太陽が昇るのを観ました。「これから日食やるぞ!」と言わんばかりの、やる気に満ちた太陽でした。
最大食の時間を迎え、子どもは保育園に登園し、満足して家に入ると、実家に電話をかけました。
「お母さん、日食観れた?」
「観れたもなんも~! おかげさまでバッチリ! お父さんなんか、近所の人みんなにあのメガネ貸して見せてるわよ! 今も道行く人に日食見せてるわ~」
「エエ~ッ! そうなの?」
たった1枚300円の日食グラスでしたが、実家の父母に送ったおかげでそれが、何人分もの働きをしてくれたみたいで、本当に良かったです。
 

ついに出た! 青森県最強バッチャとドジな嫁が繰り広げるぶっ飛びエッセイ☆ 

マンガも6ページに増量

『うちのバッチャ2
 -88歳快進撃-』
 
山田スイッチ 著
山田スイッチ社 刊
¥1,000
 
 
・お買い求めの際は青森県内の各書店か(郷土本コーナー)山田スイッチ社をご利用ください!

 

昨日見た夢。

今日、夢の中で私たち家族はボートの上で暮らしていて、水面が上がってきているから、どこかの陸でこっそり場所を借りて暮らさないとと大きな工場とホテルの混じったような場所を、子どもを抱えながら歩いていたんだけど、たどり着いた小さな水上ボートのような家に、佐藤初女さんがいたのでした。

 

私は、夢の中で「ランディさんが7月に初女さんのことを講演会でお話しされるんです。それで、私も小学校の親子レクで、おむすび講習会やろうと思ってるんです」というと、夢の中の初女さんは「私のことなどもういいから」とおっしゃられたんだけど、「いえ、初女さんは……新しいんです!」と、なぜか夢で初女さんの新しさを力説していました。

 

初女さんの背景が、和柄になったり、不思議な美しさに変化して、きれいだなあと思っていたら、目が覚めました。

夢で会うとは、思わなかったです……。

 

 

ランディさんの名言。

そもそも、この私をこんなふうにへたくそに演じているのは誰なの? これってなりたい私なの? (田口ランディ Twitterより)

 

という田口ランディさんの言葉。

ああ、演じていたのか……!

と思う。

 

そして、私は小学校5年生の時に、

新たな演目である「面白い自分」というのを演じ始めたことを

覚えている。

 

最初は、うまく演じられなかったけど、

次第に慣れて、うまくなっていく。

 

その時は、いじめられっ子でいる自分にほとほと疲れ、

飽きたのだ。

もう、いい加減に飽きたと、ほとほと疲れたというところまで

落ちないと、新しい自分って演じられない。

 

だって、そのいじめられっ子の自分を手放したくなかったのだから。

でも、手放すこともできるんだよね。

 

十年もやってれば、

新しい自分になっちゃう。

 

やってみようかと思ったら、動き時。

 

うっかりスイッチさん。

 先週のエッセイで、小学校での講演で踊り出し、子どもたちが一緒に踊りだしたのを見て

「そういえば私、踊りで会場を沸かせられなかったことはなかったな……!」と思い、

記事にもそう書いたつもりだったのですが、読んでみたら「会場を沸かせられたことはなかった」と書いてあったのです。

 「こ……、これではただのダメな人じゃないですか!」驚いた私は二度見してしまいましたが、
 
やっぱりそこには「踊りで会場を沸かせられたことはなかった」と書かれてあるのです。
 
  文章的には間違ってもいないので、全然気付きませんでした!
 

魔法の百均 第16回「夏休みはお手伝い強化月間」

魔法の百均 第16回「夏休みはお手伝い強化月間」
 
とうとう小学校1年生と4年生の子どもたちが夏休みに入ってしまいました…!
世のお母さん達は、あの夏休み前の3連休でかなり落ち込んだのではないでしょうか?
「ま…まだ夏休みに入る覚悟ができていないのに!」って。
子どもって、家にお母さんがいると甘えたさ全開でかかってきますよね。
不意打ちを受けた私はどうやってその3日を過ごせばいいのかと、オロオロしていました。
 
しかし、例年夏休みに入ったらわが家では「お手伝い強化月間」を始めるんです。
これは、楽ですよ。
 
どうやって子どもを遊ばせようかと考える必要がなくなるんですもの。
お洗濯物を干すのでも、お昼ごはんのお手伝いをさせるのでも、なんでもやらせればいいんですよ。
 
お母さんが家事を始めると、子どもはゲームを始めちゃうんですから。
自分ばかりが働いて損だと思ったら、積極的に子どもにお手伝いをお願いしましょう。
 
小学生にお手伝いをさせるコツは、下手くそでも手直ししないこと。
「うまいうまい!」と褒めて続けさせましょう。
3年ぐらいやると本当にうまくなりますので。
 
そこで、わが家では夏休み対策として、子どもが持っても恐がらないセラミック包丁をホームセンターで購入し、百均で2人分のまな板を用意しました!
100円でまな板が買えるだなんて…!プラス100円で大きくて丈夫なまな板も買えます!
百均のまな板の種類は非常に豊富で、木のまな板はもちろん、プラスチック製のまな板有り、円形のまな板あり、シートタイプのまな板ありで、選び放題なのです。
 
シートタイプのまな板は、柔らかいので少し丸めるようにすると、材料を切った後にこぼすことなくお鍋に入れることができます。
 
経験上、イラストが入っていない無地の方が、包丁でイラストが削れることなく使えますね。
これが一枚あると、まな板を一瞬で取り替えて、最後にまとめて洗うことができるので便利です。
 
お手伝いをさせると子どもはにんじん1本切っても達成感を味わってくれます。
最初のうちはにんじん1本だけでもいいので、徐々に調理の面白さを教えてあげましょう。
 
家でピザを作っても、楽しいものです。
 
ドライイーストと強力粉と砂糖、塩、水があればピザの生地は作れるので、ベーコンや夏野菜を子どもに切ってもらって、手作りピザを楽しんでみるのはいかがでしょうか?
ドライイーストも百均で売っているのです。
 
案外とフライパンで蓋をすれば、中火で3分で焼きあがるのでお勧めなのです。
ピザの縁が膨らまなかったら、蓋をしたまま火を止め、1分待ちます。
仕上げに魚焼きグリルで1分ほど炙るとより美味しいです。
 
夏休みはぜひ、お子さんと料理を楽しんでみて下さい!
 
※※※この画像(記事は)は、陸奥新報社提供です。無断転載はできません。※※※