検索結果 "後編"

エコハンター第73回「レコーディングトイレット・後編」

エコハンター第73回「レコーディングトイレット・後編」

 

自分の体が一体、どんな体質をしているのか。

それを知る機会ってなかなかないですよね。

例えば、うちの長男は「醤油に肌が負けやすい」という性質を持っており、

醤油をつけて何かを食べると、必ず口の周りに小さなブツブツが出ます。

本当に食べた後すぐに出るので、わかりやすいんですね。

 

そんなわけで。「自分が頻尿である」という自覚を持った私は、

飲み物と体の影響を調べるために実験を始めました。

4週間はお茶を飲まず、2週間はコーヒーも飲まず、3週間をアルコール抜きで暮らし、

比較実験のために実験終了後は毎晩お酒を飲み続けました。

そこでわかったのは、私の場合は緑茶・紅茶などのお茶を飲まない限りには、

頻尿にならない体質であるということでした!

 

茶ものをやめて3日目に、既に頻尿改善の兆候が現れまして。

それまで1時間に1回トイレに行っていた私がなんと、

2時間に1回のペースで済むようになったのです!

これは、すごいことです。

途中、うっかりと「そば茶ならノンカフェインだから大丈夫だろう」

と思ってそば茶を飲んだのですが、

飲んだ後にそば茶に含まれるルチン(利尿作用を促し血管を丈夫にする栄養素)によって、

やっぱりトイレに行きたくなったのでした。

紅茶にもタンニン(利尿作用と止血や消炎作用のある栄養素)が含まれているので、

頻尿の人は近くにトイレがあるのを確認してから頂くといいですね。

逆に、膀胱炎の人は利尿作用のあるものをどんどん摂って、

膀胱内の細菌を排出するといいと思われます。

2週間コーヒーを飲まずに過ごしてわかったことは、

私の場合は、そんなには頻尿に影響がないということでした。

きっと、体質にもよるのでしょうね。

 

頻尿には冷えも関係があると聞き、根菜スープやハチミツショウガ湯を飲むようにしましたところ、

一層改善された感があり、なんと一日のトイレ回数が2時間半に1回に減りました。

アルコールも種類によって頻尿になるものとならないものがあるという結果を得ました。

自分の体質を知って、頻尿にならない努力をし、トイレの節水に励むエコハンターでした。

 

参照:膀胱炎の症状・原因・治療navi   http://www.boukouen-kh.com/

 

 

<エコハンター第72回「レコーディングトイレット・前編」へ>

<エコハンター第74回「魔女の儀式もとい野菜の魔法」へ>

 

他の回のエコハンターはこちらから!

 

※※※この画像(記事)は、陸奥新報社提供です。無断転載はできません。※※※

 

 

降りてゆく生き方 生き方の祭典によせて 後編

森田さんが続けて言った。



「ほとんどの農家は、この点の理解も決断も無理なはずです。

それはそれで、やむをえないでしょう。


それというのは、農法のやり方を切り替えるには、

「生き方」そのものを切り替えねばならないからです。




逆に言うと、生き方を切り替えないまま農法だけ変えても、

間違いなく行き詰るのです。

「生き方」の転換の先に、農法の転換がないとダメなんですね。

ですので、それを実行できる人は、必然、少なくなってしまうわけです。」




うむむ……ナルホド。


実をいうと私の思い描いていた「青森県の生ゴミ全堆肥化」もこれがネックで頓挫している。堆肥の入れすぎを環境部会の部課長・Hさんがいち早く気付いて、よく調べた方がいいという段階である。

ところで。私は農薬の問題をどうこう言わなくてもよかった時代に

思いを馳せる。つまりは、農薬が登場するより前の時代だ。


農薬の起源は1700年代。

欧州で除虫菊の粉で作物を害虫から守ることができることが既に知られており、商品として流通し始めたといわれている。日本の農村で農薬が普及し始めたのが1930年代。その後、農薬は昭和初期に本格的に普及した。

(参考 フリー百科事典 ウィキペディア「農薬」の項目より)


ということは、1930年代より前の時代には、人々は農薬も使わずに作物を育てていたことになる。その後、第2次世界大戦が1945年にあり、

日本は戦争に負け、とにかく復興しなけばならない、がんばらねばならない、と文字通りがんばってきた。

アメリカに追いつけ、追い越せとがんばり、農村部の青年は農業よりも工業化に必要とされ、都市への労働力の流出は、その当時普及し始めた、

農薬と農業の機械化がまかなうこととなった。


そこで一気に都市化が進んで、農村部も機械化・農薬による

収穫数増大をはかってきた。


そこでようやく余暇も得られた豊かな現代、人は

気付けば時間に追われて、自然もコンクリに埋められ、

農地は農薬がなければやっていけない、

哀れな存在に成り果てていたのかもしれない。



何もかもをコントロールしようとするのは、

ものすごく自然に反した生き方だ。一定の規律しかないようにも見える。

人間の身体も自然であり、調子の良いとき、悪いときがある。

その自然のものを色々無視して頑張らないといけないような世の中に、

今、なってしまっている気がする。



その規律では、生きられなかった人達が

「降りてゆく生き方」という言葉をスローガンに、

弱さを絆に、トラブルを糧に(清水義晴著『変革は、弱いところ、小さいところ、遠いところから』より抜粋)

して生きてきた、「浦河べてるの家」の、統合失調症の人達なのではないか? と思う。


そこでは、「小さなできること」から、

全てが始まっているように見える。大きなものが悪いのではなく、小さなできることを積み重ねる生き方。こんな生き方があったんだと、私は「降りてゆく生き方」のモデルになった、浦河べてるの家に関する書物を読むと

感動してしまうんだ。


私の、小さなできることってなんだろう? それはきっと、人の話を聞くことだ。降りてゆく生き方の祭典には、

面白い人がたくさん登場する。



武田鉄矢さん、木村秋則さん、無肥料自然栽培の川名秀郎さん、寺田本家23代目投手の寺田啓佐さん、山口乃子さん、べてるの家を発見した清水義晴さん、浦河べてるの家の向谷地生良さん、篠田昭さん、森を作った校長の山之内義一郎さん。

ひょっとすると木村秋則さんという人は、進化するのに必要な突然変異の農法を生み出したのかも知れない。その突然変異を、受け入れるか受け入れないかは

どうやっても私たち、個人個人にかかってくる。


その日は、一体どんな言葉が交わされるのだろう。この、疑り深い私たちの、ガードの固い心を動かしてくれるだろうか……。

動いたら、世の中は少し、変わるのかもしれない。

4月18日(日) 

降りてゆく生き方 生き方の祭典

場所 日本青年館 大ホール

午前の部 11時   開演 (完売)

午後の部 1530分 開演

全席自由 当日券 4000円 前売り 3000

内容 映画「降りてゆく生き方」上映

「生き方」スペシャルトーク 舞台挨拶ほか

託児あり

 

写真で振り返る完成・自家用竪穴式住居(後編)

完成27日の空2
27日は完成した竪穴式住居に魂を入れるため、舞踏家・雪雄子さんに
巫女舞いを踊っていただきました。
この日の空は、螺旋に飛行機雲が渦を巻き、まるで鳳凰のような雲が空を
舞っていました。

舞踏家・雪雄子さんの舞い
雪さんの舞踏。
近所のバッチャ達がオーディエンスです。
これを見たバッチャが慌てて一升酒を買いに行きました。
お祓いだと思ったそうです。

供物を捧げました
神様に捧げた供物。
畑で取れたカボチャ、ミョウガ、桃、バッチャの炊いた赤飯、海の幸のアタリメ、ご神酒などなど。

近所のおばあちゃん達と
「竪穴式住居完成」を祝いに、ご近所のおばあちゃん達が集まってくれました。
舞いを見た後は、お赤飯とご神酒、近所のバッチャ達が一斉に作ってくれた
紅白餅とか、焼きイカとか、ミョウガの和え物とかでやんややんやでお祝いです。
この日は一日、快晴。
神様も喜んでいるような気がしました。

この後すぐに仙台に渡り、色々な視察やフォーラムに参加したのですが。
この写真を見せると一発で受けましたね……。
「中に卑弥呼がいる!」
って。卑弥呼。それはきっと正面の雪さんのことですね……!
そして何故か野人もいるし。


おかげさまで「縄文友の会」は、
現在、竪穴式住居所有。
メンバーに作家の田口ランディさん(発起人)、シャーマン(舞踏家)の雪雄子さん、
呪術師(エジプトカード占い)の山田スイッチ、
竪穴式住居建設メンバー、測量のできる隊長、自然農と褌販売のエレキ、
冒険家の小倉さん、ホップ・ステップ・玉砕!さん等。
超・豪華メンバーに恵まれました。

そして予告していましたとおり、今回、竪穴式住居建設に関わった皆さんは、
全員メンバーに入ってもらいます。

この勢いで友の会の活動(縄文好きかい?と地味に勧める)を
がんばっていきたいと思います。

そうそう。竪穴感謝祭には、本物の縄文人も現れました!!
(写真は後日)
あと、本当に野生の勘だけで徒歩でたどり着いた人が一名……!
平川市中を探したそうです。
平川市のイチノヘさん、ご参加ありがとうございました!

 

いじわるなひとが好き(後編)

今まで黙っていましたが、

この世にはケンさんのブログというものがあるんです。(!!)

しかも、

言い得て妙のように、のんびりとした更新速度ではなく、

ほぼ毎日更新されるびゅんびゅんしたブログがあるんですよ。

たまに見ると面白いよ。

そんな中で、ケンさんは意地悪な人のもっともな意見を

すごく論理的に展開していたりするのですが。

今の世の中はケンさんに言わせると、

『アリとキリギリス』のキリギリスが、

死なない世の中なんですって。

「あのお話は、キリギリスが死ぬから

ちゃんと働いて蓄えよう」っていう教訓が活きるはずなんだばって、

今の世の中は、アリみたいに働かなくても、

アリと同じようなものも食べれるし、同じようなところに住めるばな!

生活保護で!

んだはんで、キリギリスは増えてもしょうがねえ世の中さなって

まっちゅうんだいな!

偽の弱者を救うことに一生懸命さなって、

本当に助けねばマネ人のところにまで、

お金が回ってねえんず。

しかも助けるってなれば必ず金で解決するっきゃ。

んだはんでもっと増えるんずよ。

偽物を見分ける目が必要だんず」

ということを、私に言ってたケンさんが、

自分のブログで書くとどんだけ論理的に攻めてくるのか……

楽しみです。ふふ。

アドレスは載せませんが、

google検索で「汁ムゴ魚」と検索して、

「日記的なもの」

というのをクリックすれば、

ケンさんのブログにたどり着きます。

ちなみに、ケンさんの作成した「文章作成用フリーソフト」・真魚は、

行数が自由に変えられて非常に便利なソフトです。

韓国語も打てるらしい。(フランス語とかも。)

スイッチの原稿はこの「真魚(マナ)」でばっかり書いています。

ダウンロードはタダなので、要チェックです!

先週は、慌ただしかったです~。

でも最近、楽しいの、な!

いいことあれば、へこむこともあるんだけど。

毎週木曜日はボランティアで煉瓦倉庫の取材に行って、

働くgrafメンバーとボランティアの女の子たちを見てると、

変にパワーをもらって来ちゃいます。

吸い取ってるのかも…。

慌ただしいスイッチは、

19日、青森ぱるるプラザの寿大学入学式で、

踊ってきました……。

いえ、講演を頼まれたのですが、

本当に話、ヘタなんで。

最後は踊ってきたんでした。

講演タイトルは、『自分で世界ふしぎ発見! ~行き当たりばったりでも

活きていく方法~』

だったのですが。

『バカでも一生懸命ならいいじゃない!!』

に、

変えたらいいじゃないってくらいに

バカ丸出しでした…。

ああ……。

それで、ぱるるプラザみたいに広い場所で

やるのは腰が退けていたので、

踊りの師匠の雪さんに二十分踊ってもらって、

場を感動させてから、

最後に舞台でくるくる回って、フィナーレ!

とにかくくるくる回っていました。

話は本当に自信がないので、

踊りがダメなら講演は絶対受けない……予定の

スイッチです。

終わった後、その日青森で初女さんの講演があって、

聞きに行ってきたのですが。

身体中がポカポカしてきて、

いい講演でした。

生きる気力が湧いてきました。

最近、森のイスキアで布団を上げてるイメージが、

繰り返し頭の中によぎるのですが。

きっと、師匠が四歳くらいになったら、

布団を上げにボランティアで

いくのだと思います。

イスキアの人に、いずれ布団をあげにいくと

約束してきました。

さて!

今日からバッチャが白内障の手術で入院です!

去年片っ方やったので、

今年もう片一方をやって、パチッと見えるようになる予定です。

手術はバッチャに言わせると、

「すごく見えるようになる」

のだとか。

新生バッチャをお楽しみ下さい。

 

写真で見る皿割り大会 後編

会場の席の人、全員が鮭トバに夢中になってしまった

第一回 山田スイッチ出版記念 皿割り大会。

例のトバは手前の映像。

なんと、会場にお料理研究家の福士るみ子さん

(通称 るみタン)が起しになっていたので、

るみタン、トバを石油ストーブで炙りだした~!!

11

るみタン。赤いジャンパーの主がるみタン。

かっぺいさんが皿を割る映像もすごい…!

06

割る皿には各人、願い事を書いて頂きました!

かっぺいさんの願い事は、「昨日までの自分」

を、壊すってことだね!

演奏終了とともに、「第一回皿割り大会、開催です!!」

まずはわたくしから……。

07

割るで~!!

09

見守るオーディエンス。

パッカーン!!

み、みごとに割れました~!

皿割り大会の開催です!

子どもも割ります!

10

女の子も割ります。

最年少は2歳!

願い事は「アンパンマン」!

割る理由はそれぞれで、とにかく皿を割りたいのだという人もいれば、

「どうしても皿を割らねばならない状況だった」方も。

それって一体どんな状況か、聞けない……。

14

青年も割ります!

皿に書かれた願い事は……

姉 歯 建 築。

割れ! 割ってまえ!!

13

皆が皿を割り、昂揚した気分になりつつ、

三本締めで締めさせて頂きました!!

16

割った後の皿割り場……。

美しいと感じたのは私だけでしょうか。

「いい形ですねえ」と、

ゆきの街通信の内藤さんと、フリーライターの

須藤さん(着物姿で皿を割った)が、

カマクラに見入ってらっしゃいました。

皿割り大会の後、やまぶき会の倉内姉妹の三味線と、

舞踏家の雪雄子さんの舞踏をご覧頂きました。

三味線の音が会場に響いていきます……。

雪さんと倉内姉妹

そして、最後。

マイルス・デイビスの曲に合わせて何故か

私が踊っていました……!

何で!? つーか私、踊れるの!?

お、おど、踊れたーーーーー!!!!

曲がかかったら爆発的に、踊れたんでした!

白塗りで踊る舞踏をやめてはや三年、

もう踊れないかと思っていたけど、

踊ることが出来たんです!

すごく、すごく嬉しかった!

「走りたいから、走るんだよ!」

「踊りたいから、踊るんだよ!!」

踊りの途中で雪さんからの花束を受け取り、

ぶわーーっっっと力が満ちてきて

一気に踊り、大会は幕を閉じたのでした。

そう、踊りすぎておじぎをした後、

私は「呼吸困難に」陥ってまして。

皿割り大会は幕を閉じたのでした。

踊ってる写真、動画だけはあるんだけど

もし撮った方がいらしたら、

スイッチまで(画像で)送ってください!

ご感想などまだまだお待ちしてます!

では、最後は皿割り大会を終えて、

頂いたメールを紹介して、お別れしたいと思います。

山田スイッチさま

おばんでございます。
昨日の皿割りの宴、楽しませていただきました。

それにしても・・・雪雄子さんの舞踊を見る、スイッチさんは、
いい顔していらっしゃいました・・・。

雪さんと、スイッチさんが踊っている姿を見て、
ああ、表現できるっていいなぁ、と思いました。

帰りに、ライターの須藤ゆかさんと、
「何かを壊し」たり「何かに心任せて体を動かす」って
だんだんしなくなりますよねぇ・・・という話をしました。

この日、「皿割り」と「舞踏」は
いずれもどこかに、自分の中身をさらけだすという意味で
共通点があるのではないか、と思いました。

「内面を表に出す」って、だんだんしなくなるし、難しいことです。

皿割りに気恥ずかしさを感じたのは、すでに、
内面を出すことへの拒否反応なんだろうなあと。

「意識過剰」と書いて皿を割ればよかった・・・

***

それにしても・・・見事な、ほれぼれする形の「かまくら」
でした。須藤さんと、帰り際しげしげと見つめて、
「いい形ですネェ」と。

また、スイッチ企画にお寄せいただければ幸いです。

乱文でした。すみません。

皆様本当に、どうもありがとうございました!