検索結果 "時間"

一閑張りバッグの展示即売会 弘前

ケンさんのお母さん、葛西京子さんの
一閑張りバッグの展示即売会が鳴海要記念陶房館で
開催中です!
美しい手仕事、類いまれなるセンス。
葛西京子さんの手仕事は、丁寧さに心が温まる不思議な
世界を作っています。
お時間のある方はぜひどうぞ!
6月7日~6月12日まで。(最終日は午後3時半までの展示になります)
 
展覧会詳細 鳴海要記念陶房館のブログはこちら!
https://blogs.yahoo.co.jp/narumikanametouboukan/GALLERY/show_image.html?id=34651130&no=0
 

ヨガ、続けてます☆(^▽^)/

この5月は、予想通りにゴリゴリに忙しかったので、
全然ヨガ教室に行く時間もなく、
とうとう低気圧で頭痛がするほど体がガタを言い始めたんだドグ~!!

 

ドグ子、頭痛って生まれて初めてドグ!
なんでも低気圧で脳の血管が膨張すると、
(高気圧の際は気圧に押されて血管が細い)
膨張した血管が神経を圧迫して頭痛がするんだドグって。

 

痛みや炎症にはロキソニンが効くと聞いていましたドグけど、
普通にイブ飲んだら治りました。(*´Д`)

 

「アカン……土偶とはいえ、中の人はもう40歳。
更年期障害かもしれないドグ!!
更年期なったら普通に頭痛とか起こるのかもしれないドグ~!?」

 

というわけで。
少しでも体調をまともにしようと、
ヨガ教室に3日連続で通ってみましたドグ☆

 

一日目、先生に「頭痛がするドグ~」と訴えたところ、
頭痛に効くというサイプレスってアロマを焚いてくれて
アロマヨガに。

 

二日目、頭痛がなくなったけどまだ安心はできまいと
ちょっと厳しめのヨガコースを受け、
股関節周りを重点的にほぐしてみたところ、
全身がポカポカに!

 

三日目。
美人でスタイルのいい大好きなA先生のヨガ。
A先生は、語りかけが神がかってるんだドグ!!

「体のこわばりや、余計な考えは 優しく手放して……
何も考えずに、今に集中しましょう……」

 

そんで今。

頭痛治った。

 

いや、気圧がそんなに低くないからかもしれないドグけど、
やっぱり自分の体は自分でなんとかしなきゃと
始めたヨガ。
更年期障害にも効くかもしれないドグ~!(^▽^)/

 

 

2017年4月28日 弘前さくらまつり☆

 

 





ドッグドグ~!


2600本の桜が咲きこぼれる、


弘前さくらまつりに行ってきたドグ~!(^▽^)/





さくら、きれいだったドグ~!







 


昨日は快晴! しかも満開!


向こうに見えるのが美空ひばりが「お岩木山」と呼んだ


岩木山ドグ~!

 







 





桜に見とれるドグ子。


今年はGW突入前ということで、


外国人に囲まれなくて済みましたドグ。(笑)


去年は大変だったドグ~。





弘前の桜は毎年、4月28日前後が見ごろなんだドグ。


GWも5月3日とかだともう、遅いんだドグよ。


祭り期間中はなかなかお宿が取れないんだけど、


青森市とか、電車で一時間くらいの街に宿を取ってくる


外国の方が多いドグ~。(*´Д`)




 


お堀と桜のコントラストがすっごいきれい。


これで一年、やっていけるドグ~☆





 






弘前城には銀杏の巨樹とか、いろいろ素敵な場所があるので


いつか遊びにきてくださいドグ~!


ラピュタみたいな巨樹にご案内しますドグ~!(o^―^o)p





ドグドグ~!

 

 

 

震災から6年。今年は何をする?

「あの時、ああして良かったなあ」って、
大人になってからは、いつも思うんだよね。
後悔することって、本当にない。
だって後悔するって、暇な証拠。
 
人生を前向きに生きていくには、後悔なんて、している暇はないんだよね。
2013年と2014年の夏、福島の川内村に行って私は、本当に大切な人たちに会った。
その後も、どんどん大切な人たちに会ってる。
なんて人生なんだ……と思う。
 
私は全部、予感で動いていて意味なんて考えないんだけど
神様、こんなにたくさんのプレゼントを贈ってもらって
本当にありがとうございますと、
いつも思っている。
 
今年の3・11は新宿の経王寺で開かれる
東京慰霊祭 アノニマス・エイドに参加します☆
午後の1時から夜9時までドグドグしているので、
お暇な方はぜひ、遊びにいらしてくださいね☆
 
東京慰霊祭~アノニマス・エイド~
2017年3月11日(土)
◎昼の部13時00分から
◎夜の部18時30分から
東京都新宿区経王寺本堂にて
http://www.kyoouji.gr.jp/about/access.html
どなたでも自由な時間に参加できます
入場無料・予約不要
 

アキバカートどうなるかな?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 バッチャに子供たちを預けて、出張に行ってきました。新幹線で東京に行くのは久しぶりです。
 東北を通ってる間、新幹線の窓からたくさんの白鳥の渡りが見れました。
 4時間ほどの会議を終えて、向かった先は友達のいる秋葉原。電気製品とオタク文化の街です。
 実を言うと、私にはオタクの友達がたくさんいまして。オタクといえば「アニメ好き」というイメージはそのままなのですが、真のオタクというものはもっと深いものなのです。
 
 例えば、素晴らしいアニメ映画に出会ったら、ひとまずその映画の舞台になった街を「聖地巡礼」として訪問し、グッズやお土産をたくさん買っていくのが真のオタクです。地方経済を潤すのに、オタクは欠かせない存在なのです。実際の土地に触れて、アニメの主人公が立っていた場所と同じ場所に立ち、記念撮影をして帰るんですね。
 
 そんなこんなで訪れた秋葉原では、普段青森県でのどかに暮らしている私にとって、衝撃的な光景がたくさん現れたのでした。
 
 「道路を……マリオカートが走ってる!」
 道路にゲームの「マリオカート」で観た車と同じものが走っていたのです。オタクの友人が言います。
 
 「ああ、あれは公道用のレンタルカートに乗って、週末になるとスーパーマリオのコスプレをした人たちがアキバ(秋葉原)をレンタルカートでぐるぐる回るんですよ」
「すごい……マリオにルイージ、ヨッシーまで! これが、アキバなんだね!」
 しばらく行くと、アニメの絵が描かれた車が停まっています。
「これは?」
「これは、痛い車と書いてイタ車っていうんです」
「イタリアの車じゃなくて、痛い車!」
「そう珍しくもないんですけどね」
「これってこのアニメが好きだから、わざわざ車を買ってペイントしてるわけでしょう? 青森じゃラッピングバスしか見たことないよ」
 そうこうしているうちに、居酒屋にたどり着きました。
 
「お客さん、意外と普通だね~」
「そうですねえ。オタクというのは、コスプレしている人以外は服装にこだわらない人が多いんです」
「服装にこだわらない?」
「ええ。オタクは服の機能性を重視します。釣り用のメッシュのベストってあるじゃないですか? ポケットがいっぱいついてるやつ。夏になるとあれを素肌に着てるおじさんが歩いてますよ」
「素肌に!」
「しかも、買ったものをそのポケットに入れるので、ちゃんと乳首が隠れるんです」
 
「すごい機能的だ!」
 
 初めてオタクの街・アキバを訪れ、新しい世界観に触れた気がしたのでした。