検索結果 "牧野"

小牧野劇場 写真報告

アートディレクターの杉原信幸君より連絡があり、

縄文友の会のHPを見ると、

小牧野劇場の一日のことが

写真と丁寧な言葉で振り返られていました。

 

杉原さんの使う言葉はとても丁寧で、星空で星座の軌跡を探すように

美しいんです。

杉原さんの言葉から、当日の大雨の天候から、ぐんぐんと空が晴れ渡り

太陽が田口ランディさんを照らしたことなど

思い出しました。

 

写真家の片山康夫さんと、手塚愛子さんが当日

撮影してくれた写真は、かけがえのないプレゼントになりました

ぜひ、縄文友の会HPをご覧ください。

 

美術作家でありアートディレクターでもある杉原さんが、次に何をやるのか、とても

楽しみです。

 

 

小牧野のススキたち

                           撮影 片山康夫

 

ストーンサークルフェスティバルの日、

土砂降りだった空が晴れ渡り、青空に透けるような雲と

ススキが揺れて、縄文の世界と繋がったような

錯覚を覚えた。

 

それを、

写真家の片山康夫さんが写真の中に捉えていた。

 

川上弘美さんが、『センセイの鞄』の中で

木々がオイデオイデと揺れていると(たしか)表現されてから、

ススキや木々が揺れる時、

オイデオイデと言っているように感じるようになった。

 

秋の光は、向こうの世界へと繋げてくれるみたいだった。

 

センセイの鞄 (文春文庫)

 

 

 

 

 

 

小牧野遺跡にいきました。

 

すっごいいい天気でした〜!あした楽しみだ〜!

 
 

小牧野劇場のおやつ決まりました!

どうも。

2012年10月13日開催の小牧野劇場バスガイド兼おやつ係の

山田スイッチです!

 

とうとうおやつの準備ができました!!

 

小牧野劇場は、縄文遺跡である小牧野ストーンサークルを

作家・田口ランディさんの手で劇場に変える物語です。

 

その物語の世界に入るために、

必要なものをこっそり用意していたのですが、

それは、来てみてからのお楽しみ!

 

まだバス定員まで若干空きがありますので

迷っていた皆さんはぜひ明日中にご連絡ください!

お申し込み先・イベント詳細はhttp://jomotomo.com まで!

 

そんなわけで当日のおやつなのですが。

メインは尾上町の「花のや」さんのおはぎに決定しました!

無添加の、甘すぎないおはぎをみんなで食べましょう!!

そして、その脇を固める可愛いおやつ達をご紹介!

イラン産の干しイチジクと、中国ウイグル自治区のグリーンレーズン、

そして珍しい一品として生アーモンドを。

 

ローストしていないアーモンドの上品な香りと、

これがレーズン???と驚くほど固くて味わい深いグリーンレーズン。

そして私の大好物の干しイチジクは、縄文遺跡で食べたいおやつです。

 

おやつのお茶は、

・マテ茶

・コーヒー

・ほうじ茶

・ラズベリー・リーフとエキナセアのハーブティー

・有機ピーチティー

・有機ストロベリーティー

・グリーンティー(緑茶)

・りんごジュース(医果同源)

です。

 

甘酒は途中で発酵してすっぱくなりそうだったので

今回は持って行けず。また次回に…!

 

小牧野劇場は無料イベントです。限定50名様ですが

あと10席ほど余裕があります。

ぜひご応募ください。(^-^)p

 

事業名:


小牧野劇場―ストーンサークルフェスティバル2012


(平成24年度青森県縄文力強化事業)


日時:2012年10月13日(土)13:30より開催


会場:小牧野遺跡(青森県青森市野沢字小牧野)


主催:縄文友の会


企画・問い合わせ・申し込み:杉原信幸(アートディレクター)


Tel.080-3250-9807 nobu.yuki@jcom.home.ne.jp

 

縄文友の会 山田スイッチ☆

 

スライドショーでお届けする小牧野遠足

youtubeのスライドショーで小牧野遠足当日の様子を楽しんで頂けます。
撮影は写真家の片山康夫さん。撮影補助として、スイッチ父さん。
編集に縄文友の会・隊長のNakさん。

小牧野遠足当日、
手に止まった蚊に黙って血を吸わせていたNakさん。
後から「かゆい」と言って掻いていました……だったら最初から吸わせなきゃいいのに……。

エンディングの笛演奏は、我らが佐藤ぶん太、さん!
ぶん太、さんの笛の音をぜひ、お聞きください!

小牧野遠足 2010年9月23日

写真撮影 片山康夫 
編集 Nak
横笛演奏 佐藤ぶん太、