検索結果 "牧野"

指でお話。指談講座を受けてきました!

田口ランディさんに連れられて、箱根の聖地を指談講師の牧野順子さん、

マクロビ料理研究家の田口竜三さんと一緒に回りました。(*´▽`*)

この日はランディさんが、早起きしておむすびを握ってくれていて。石仏が彫られた巨石の前でおむすびを食べて感動!! 田口家の梅干しが、森のイスキアで食べた梅干しと同じ味がしたのです!

ランディさんとはもう10年以上のお付き合いになるのですが、10年前からずっとランディさんは、優しいのです。
思いやりでいっぱいで、優しさがキラキラしてる。いつも思う。「私も、そうなりたいな」って。(*´▽`*)

翌朝に、湯河原の海で牧野さんと石の上にバランスを取って石を重ねる遊びをしていたら、初めてチャレンジされた牧野さんがどんどん石を重ねていくのに驚きました!

石の声も聴こえるんだ……! って。

牧野さんが「合氣道を30年やっていたから指談がすぐできるようになった」というお話を聞いて、

「きっとそれは、藤平光一さんの心身統一合氣道なんじゃないかな?」

と思っていたのですが、本当に牧野さんのお師匠さんが、今はもう亡くなられた合氣道の達人、藤平光一さんでビックリしました。

藤平光一さんの『氣の威力』が、私の愛読書だったから。翌日の指談講座では、牧野さんの培ってこられた合氣道の精神が、指談にすごく活きているのを目の当たりにして、震えるほど感動してしまいました。

三歳くらいの言語障害のあるお子さんが、牧野さんと指で会話をしているビデオを見て、「あたし、ほんとうはなんでもしってるのよ」というセリフに驚き、「ごはんどうしたらもっと食べれる?」という質問に、「一口が多すぎるのよね。もっと少なくしてくれたら、食べれると思う」と、言語で答えているのを見て、それを聞いたお母さんが本当に納得されているのを見て、指談ってすごいと思ったのでした。

そしてそして、牧野さんに習ったその日、私も指談の基礎が使えるようになったのです!!

耳の魔法は本当に不思議で、言葉にしなくても私たちは、きっと私たちの体から出ている微弱な電磁波や筋反射で、気持ちを伝えあっているんだと、お腹の底から納得させられました。

翌日の講習会も出たかったのですが、なんと次の日が参観日でお弁当を作らなきゃいけなくて、しかもお昼から講演会で青森市のお寺でお話しなきゃいけなかったので、慌てて帰りました。・゜・(つД`)・゜・

指談講座、すごかったです。
魔法を本当に体験したと、感じました。
そしてもう、その魔法の基礎が使えるようになったのです。

こんな、素晴らしい会を企画して下さった田口ランディさん、遠くから来て下さった牧野さん、優しさに満ちた会場の宮上幼稚園さんに、

心から感謝申し上げます。

本当にありがとうございましたー!

 

 

縄文5行日記

日曜日、小牧野の森 縄文の学び舎に行って、憧れの国文学教授の小林達雄先生の
前説やってきたんだドグ~!(^O^)p
そんなわけで縄文5行日記ドグ~!
 
①土偶買っちゃった☆
小林千幌さんの土偶「山霧の神」ドグ~!
聞いて! 奥様、こちらの土偶がなんと、
たったの3万円だったんだドグ~!
やっだー! お買得ドグ~!
物造りのマサトさん曰く、「岡本太郎の太陽の塔みたい」
だドグ~!
絶対、土に埋めておけば千年以内に国宝に認定されるドグ~!
 
②ドグ子の縄文レベルの高さについて
実はドグ子、縄文検定があったら1級ぐらい
軽く取れちゃうぐらい縄文スキルが高いんだドグ☆
やってみたことを振り返ってみると、
 
☆縄文土器を作ったことがある
☆竪穴式住居を作ったことがある
☆ストーンサークル(50㍍✕45㍍)を作ったことがある
☆縄文遺跡の上で縄文イベントを3年以上連続でやったことがある
☆シャーマンの友達がいる
☆縄文遺跡のダウジング調査をしたことがある
☆土偶のゆるキャラをやっている
☆マイ土偶を持っている
 
などなど。
でもこれって、女子高生がネイルの上手な付け方を語るぐらい、
専門的すぎてよくわからないドグNE……。
「ネイルの上にスワロフスキーを載せてトップコートでコーティングすればあ」とか言われても「ハア」としか
答えられないドグ……。
 
③LINEスタンプ作ってみた☆
土偶仲間と一緒にLINEスタンプを製作中ドグ~!
LINEスタンプの買い方がわからないんだドグけど、
LINEコインって一体、どこから手に入れるんだドグ……?
わからなすぎて涙が出ちゃうドグ……。
ドグ子、めったにオンラインにならないから
ラインスタンプなんて今まで買わずに来たけど、
発売されたら、お知らせするドグ~!
④小林達雄先生の講演の前説をやりましたドグ!!
ふおお~!
ドグ子のヒーローは今、岡田さんとか50代以上になってしまい、
小林達雄先生においてはもう、78才なんだドグけど
小林先生の土偶説や文明論はすっごく面白いんだドグ☆
 
⑤仙骨治療を受けた。
2ヶ月に一回くらい、ドグ子は体の修理をしているんだドグ。
大体、2ヶ月もあれば筋肉を無茶な使い方したり
長時間同じ姿勢でいることからくるぶしとか
土踏まず、首の辺りがコッチコチになってるんだドグ~!
 
それで、今「トリガーポイント」って言って、
押すと死ぬほど痛くて、しかも一箇所を押すと別の場所に反応があるポイントを紹介した治療法が出てるんだドグけど、
仙骨治療はそのトリガーポイントにチタンの棒を当てて、
ゴム製のハンマーで振動を与えて筋肉の硬直を緩ませるのを、相手の仙骨の出す信号通りにやるっていう珍しい施術なんだドグ。死ぬほど痛いけど!!
 
(身体を正しく使っていないと、肩甲骨の位置とかズレちゃうんだドグ!)
そんなわけで今、ゆるゆるしてるドグ……。
体がコッチコチにならないためには、
正しい姿勢で素早く歩くのが大事だって、何度も言われているのに全然守れてないドグ……。
でも今日からちょっとずつ歩くドグ~!
 
ドグドグ~!(^O^)
 

どぐキャラ総選挙FINAL

今年も土偶のゆるキャラ総選挙にエントリーしているドグ子です☆(^O^)p

どぐキャラ総選挙の投票ページドグ~! 

どぐキャラ総選挙は今年で3年目! そしてファイナルを迎えます!

ドグ子は2年連続で3位なんだけど、3年目は何位になれるかな??

今年もドグドグがんばるドグ~!

ワンクリックで投票できるので、うっかり押すと一票入っちゃうドグYO☆ 

今年はいのるんがいないからちょっぴり寂しいドグ~。

http://dogupota.net/dogusen2015/

今年のドグ子はねぶた仕様!

弘前ネプタで会えた皆さん、ぜひともドグ子に投票して下さいNE~☆(^O^)

よろしくNE☆

ドグドグ~!

       撮影場所:ストックのお花畑、弘前駅、弘前イトーヨーカドー前、小牧野ストーンサークル

 

 

原始感覚美術祭 開催中!

2011年に青森県の事業として外ヶ浜町蟹田に造った、直径50メートル×45メートルの蟹田ストーンサークルがgoogle earth で見ることが出来ました! googleさん、すごいなあ~! 青森県東津軽郡外ヶ浜町字蟹田大平沢辺34-3 大山ふるさと資料館 で探すと出てきます!
 
このストーンサークルを造ってから、アーティストの杉原信幸くんは韓国、粟島、長野県木崎湖畔と、ストーンサークルを作り続けています。
 
あの時は震災の後で、県内最古の縄文遺跡で一体、何をやったらいいのか本当にわからなかったのですが、夏の終わりが近づく頃に、「そうだ、ストーンサークルだ!」と思い、ストーンサークルが作れる人を探しに、長野県で開かれている原始感覚美術祭へと飛んだのでした。
 
祈りのための行為であり、行為としての祈りというものがストーンサークルを作ること、石を運び、並べることにあるのではないか? と思ったんです。石を環状に並べることで、その土地の力を強めようという気持ちもあったんです。ここのストーンサークルに出かけると、太陽がとても近くにいるように感じます。
 
縄文のイベントには三内丸山縄文大祭、小牧野遠足、外ヶ浜町で開催したストーン・サークルフェスティバルと三年間関わり、ラストの小牧野劇場で完全に、縄文人が太陽信仰をしていたように、自分の神様が太陽になったのを感じたのでした。
 
今、イベントプロデュースの仕事はもうやめてしまったのですが、あの仕事をしていたから、太陽がすごく身近に感じられるようになったのだと思うのです。
長野の原始感覚美術祭は、2014年9月7日までやっていますので、縄文が好きな方はぜひ、訪れてみてください。
 

エコハンター第117回「東北農民管弦楽団 結成記念演奏会」

 
エコハンター第117回「東北農民管弦楽団 結成記念演奏会」
 
彼女が欲しい男性も、彼氏が欲しい女性もたくさん余っているのに、なかなかその2人が出会えないでいるのは、違う場所にいるからではないでしょうか?
こういったことは、無農薬野菜を買い求めたい消費者と、一生懸命に無農薬野菜を作っていても、その販売ルートが確立していない生産者との間にも言えることだと思うんです。
 
どこに行けば無農薬野菜に「会える」のかと。そんな消費者にとって、出会いの場になり得るクラシックコンサートが23日午後一時から、岩木文化センター あそべ〜るで開かれます! 
 
その名も「東北農民管弦楽団 結成記念演奏会」です。
オーケストラを構成する70人の演奏者達は、いずれも農業や農協勤務、農学部生や農政職員、獣医さんやお米屋さん、花屋さん、肥料屋さん…と、「農」に関わる人達で構成されているのが特徴です。
農業と音楽を愛する人にはたまらない現場だと思います。
 
この楽団の着想は宮沢賢治の「農民芸術概論」から来ています。
音楽を愛する農業関係者たちが、農閑期である冬に集い、練習を重ね、農に携わる身であることに誇りを持ちながら、コンサートホールで楽器を演奏するというものです。
 
演奏曲は、ドヴォルザーク作の2曲(オペラ「いたずら農夫」序曲とロマンス)、ベートーヴェンの交響曲第6番「田園」です。
 
会場では無農薬栽培のジャガイモの販売があります。
この季節のジャガイモは収穫直後よりもでんぷんが糖化して、一番美味しいホクホクの甘いおイモになっているそうです。
それが1キロたったの300円! 
 
またゲストでバイオリンソロも披露する牧野時夫さん(北海道で「えこふぁーむ」という有機農園を経営)の有機ブドウジュースの販売もあります。
牧野さんのブドウジュースの美味しさは、誰も体験したことのない濃さにあるそうです。
安いワインに牧野さんのブドウジュースを入れると、高級ワインの味に変わるとまで言われ、ブドウそのものの味が楽しめるジュースです。
 
無農薬野菜の定期購入の申し込みもできるこの演奏会で、きっと素敵な生産者さんとの出会いがあると思います。
コンサートの入場料は1000円。素敵な人達に会いにいってみませんか?
 
イベントは終了しました!!
 
 
 
※※※この画像(記事は)は、陸奥新報社提供です。無断転載はできません。※※※