検索結果 "発見"

良いスマホ育児。

スマホ育児に悩む友達の日記を読んでいたら、

良いスマホ育児というものを思いついたドグ!!



①まずスマホをテレビ台に隠す。

②お母さんスマホは~? って子供が聞いてきたら、「戸棚の中だよ」と答える。

③戸棚を開けると「スマホはれいぞうこの「い」のつくものの下に隠れているという紙が出てくる。

④子供が冷蔵庫の中のイカとか、いちごなどの食材を探していると、イチジクの下からまたメモが出てくる。



⑤「よくぞここまでたどり着いた! ゆうしゃ達よ。しかし、まだまだスマホは闇のなかである。ヒントは音の出るはこの下だ! と書いてある。ついしん プリンを一つだけたべてもいいぞ!

⑥音の出る箱なんて、わかんないよー! と子供が言ったら、追加ヒントを出してあげる。

「ついかヒント。テレビです。」



⑦子供が慌ててプリンを食べながらテレビ台に行く。

⑧ スマホついに発見!!!!!!!!

⑨ スマホゲームに興じる。

⑩ 15分後にタイマーが鳴るようにしかける

⑪ 「大変! このスマホ、あと20秒で爆発するって!! どうする? どうする?」



⑫ 爆発するスマホをイメージして、親子で対策を練る。

⑬ ここで子供が「水につけちゃえばいいんじゃない?」と言ったら大急ぎで否定する。

⑭ 「もっといい方法を考えて!!」

⑮ 「神様……おねがいです! スマホで遊ばせてください……!」



⑯ 神のコスプレで現れる。※子供がプリキュアに祈った場合は、プリキュアのコスプレをする必要がある。

⑰ 「ふっふっふ。良い子の君、私は神だ。なわとびを50回跳んだらスマホをやらせてあげよう」



⑱なわとびを50回跳んだ子供が、疲れて寝る。



⑲起きるまでに新しい隠し場所に隠し、新たなメッセージを添える。

⑳子供が起きる。「おかーさん、スマホどこ~?」



①に戻る。

 

文体は人格を作る

ドグ子の文体は「ドグ子体」と言って、
語尾にドグがつくんだドグけど
物を書き始めた黎明期の頃は、
エッセイってどういうものなのかの構造がわからなくて

とにかく、松尾スズキさんの文章を読みまくったんだドグね。

TVブロスが東京にいる間、
ドグ子にとってのバイブルであったドグから。

松尾さんの文体は、とっちらかってて面白いんだドグ。
関係ない文章がバンバカ降ってくるんだけど、
オチは筋が通っている。
でも基本、ふざけているんだドグ。

文体は、リズムであって、
糸紬だとドグ子は思うんだドグ。

脳みそから糸を紡ぐようにヒュルヒュルと
リズムに乗せて言葉を紡いでいく。
その文体が人格をも作るのではないか? というのが
今朝思ったこと。

文体は文字通り文だから、
楽しいリズムに乗って書けばどうしても
楽しい文章ができてしまう。

美しいリズムに乗って書けばどうしても
美しい文章になるし、

リズムを無視すれば
読みにくい文章になる。

ドグ子がよく遊びに行くSNSの
クラウドシティ屈指の色男文体は
ヤムアキさんだと思うんだドグね。
長くても読める美しい文章。
笑いを取らなくてもぐいぐい読ませてくれるし、笑わせてくれるし
読んでると『ジョジョの奇妙な冒険』を読んでるような気持になるドグ。

独特なのが、家清くんの文章。
とつとつと書いてるようなんだけど
すごく読ませられるのは、
書きながら潜るタイプだからだと思うんだドグ。

自分の深層部分に潜っていくから、
読んでるうちにつられて一緒に潜っていって、
家清くんが何か発見した時は
読んでる方も嬉しくなる。

面白い文体だなあ……と思って読んでるんだドグよ。

それで、ドグ子は文体っていうのは
自分を洗脳するのに有効なんじゃないか?
って思うんだドグ。

書いてる時ほど文章に向き合うことって
ないドグから。
指という体を使って、目から情報を入れて、、
その繰り返しによって

文体を変えれば人格すらも変わっていくのではないか? と
思ったのでしたドグ~☆(*´▽`*)

 

生きるの楽しい。

六ケ所村から帰って来ました☆
今、頭の中身を整頓して、
文章にして、文章チェックしてもらっているところ。OK出たら、六ケ所ツアーの感想、載せますね☆
 
生きてるの、楽しいドグ~。
 
19歳ころのドグ子は、「生きるのつらい」が口癖だったのに、一体どういうことなのか。
 
何があったんだドグ? 
 
多分、生きるのつらいって言葉を発見した時、ドグ子中二病的に自分に酔ってたんだドグ。(*´Д`) 
 
酔いから覚めたら、けっこう楽しいドグ~☆(^▽^)/
 
追伸 むつ市の「寒立馬」っていうお酒が
美味しかったドグ~!(^▽^)/

 

 

ドグ子の母曰く

明日から六ケ所村です。出発前にこれだけアップしていきますね。
 
ドグ子の母曰く
 
「墓を秋田からうちの近所に移したいんだけど、
お墓代よりも魂抜き代の方がかかると思うのよね~。
 
魂抜き代節約するために、夜中に墓起こしに行こうかしら?」
 
正月、ドグ子の母がものすごくシュールなことを言ってましたドグ。
 
ドグ子のお母さんは、普段から自分が第一発見者になるべく
コンビニの怪しい人物の顔は覚えるように、
怪しい車のナンバーも覚えるようにしているんだって。
 
何の努力なんだドグ……。

 

 

自分を犠牲に、とはどういう意味か。

エジプトカード占いの「飾り止め」のカードの意味は、

「犠牲を伴った成長」という意味で、

成長には犠牲がつきもの。自分を犠牲にして人のために尽くしている人は

必ず救われる

 

という意味があるんだドグけど、

この「自分を犠牲に」の意味というのが、

なかなか捉えどころがなく、難しいんだドグ。

 

その人にとって、何が楽なのかを考えないと、

その人にとって犠牲になることが何なのか、わからないからなんだドグ。

 

占い手は、ただカードの意味を言うだけで、

その「犠牲を伴った成長」の中身は、占われた人自身の中から

生まれなければならない。

その人の心に当たらなければならないんだドグけど、

本人が何に甘え、何の犠牲を払ってこなかったかを理解しなければ、

正しい犠牲は払われないし、正しい対処は行われないんだドグ。

 

ずっとストレスの強い職場で働いている友人は、

自分を犠牲にして働いているように見えていたんだドグけど、

もしも辞めることが一番その人にとって苦しいことならば、

辞めないことはむしろ楽な道なんだドグね。

 

楽な道を歩んでいる限り、犠牲を伴った成長は得られず、飾り止めのカードのカギとなる

「人生において大きい意味を持つ人物・出来事」には

出会えないんだドグ。

 

これを、私自身がその「犠牲を伴った成長」を今まで避けてきたのだ、

ということに初めて気付き、

自分の甘さ、本当のことに気付けない愚かさを知って、

生きなおさなければと思ったところなんだドグ。

 

私自身の甘さというのは、

悩める友達を心配して、それを言い訳にして、

自分がやらなければいけない仕事も、エクササイズも、

見舞わなければならない実家の祖母のことも、

全てを後回しにして、享楽に浸っていたことなんだドグ。

 

本当は何をしなければならないかなんて、

ずっと頭の中にランプが点灯するようにわかっていたはずなのに。

全部、目の前に起こる事象にかまけて、

果たさなかった。

 

でも、物事はすべて、必要があって起こるから。

これに気付いてしまったのならば、やるべきことを果たさなければならないって

ようやく気付いたんだドグ。

やるべきことに気付かぬふりをしていると、神様はどんどん、ひどいことをしてくる。

それは、私が一番最初の職業に就いた時に、

やるべきことを放って就いた職業で、身体をぶっ壊して骨身に染みてわかっていたことだった

はずドグ。

 

何から目を背けて、どんな成長を果たしてこなかったのか。

人のせいにして、自分がやらなかったことは何なのか。

今こそ、目を見開いてしっかり、やっていかなければならないんだドグ。

 

行くのが怖かったホームにようやく出掛けると、

ボケたといわれた祖母は、私を発見すると満面の笑みで。

涙をたたえながら迎えてくれて、全然ボケてなんかいなかった。

それよりも、限りない愛情で私を包んでくれた。

 

どうして、今までちゃんとここに

来なかったのか。

いうなら、

本当のことに触れるのが怖かったからなんだドグ。

 

でも、本当のことは、私の予想なんか遥かに超えて、

優しく、素晴らしく、愛情に満ちていたんだドグ。。。

 

祖母の見舞いに、行けて良かった。

これに気付くきっかけとなった、「飾り止め」のカードに

深く感謝して今日は眠りたいドグ……。