検索結果 "百均"

魔法の百均 第27回「手芸界の黒船・グルーガン」

魔法の百均 第27回「手芸界の黒船・グルーガン」
 
「可愛いと思って買ったアンティークボタンやベルベットのリボン、レースモチーフやパール風のビーズを、タンスの肥やしにしている人がいるねえ…。
アタシだよっ!」
と、にしおかすみこさんのようなネタで始まる今週の百均は、こういった可愛い手芸アイテムを使いこなせずに泣いていた人への救世主。
手芸界の黒船・「グルーガン」を紹介したいと思うのです…!
グ、グルーガン…?一体、何、ソレ…。
 
そう思われる方も多いと思います。
グルーガンは「ホットメルト接着剤」といって、80〜100度の熱をかけてプラスチックのグルースティックを融かして接着させる接着剤です。
 
まるで拳銃(ガン)のような見た目をしていてコンセントを挿すとプラスチックが溶け、トリガーを引けば、ノズルから溶かしたプラスチックが少しずつ出てくるんです。
これが百均で200円+税で売っているんですね!
プラスチックが固まる時にくっつくので接着力が強く、「硬化が早い・溶剤を使っていない・透明で接着部分が目立ちにくい」などの利点があり、私が被っているゆるキャラのドグ子の頭も、ダンボールをグルーガンで接着して作っているんですね。
 
グルーガンは100度の溶けたプラスチックが先端から出てくるので「やけどに気をつける・使用中はプラスチックが垂れてくると危ないので上に向けない・子どもの手の届かない場所に置く・連続使用時間は1時間」などの基本的なことを守れば、とにかく便利な工作・手芸アイテムなのです。
 
グルーガンには別売りの「グルースティック」という棒状のプラスチックを使います。
グルースティックは20本入り100円+税と、なかなかお安いです。
 
グルーガンの後ろにこのグルースティックの挿入口があり、そこに挿し込んでトリガーを何度か引いてからコンセントを差し込むと、5分くらいで熱々のグルー(にかわ)が出てきます。
グルーが出てこなくなったら、新たに後ろからグルースティックを差し込むと良いです。
 
大好きなブローチの、金具が壊れて使えなくなったことってありませんか?接着剤でくっつけてもすぐに取れてしまいますが、ブローチ本体に百均で売ってる「コサージュ用ピン」をグルーガンでくっつけると、ブローチが息を吹き返すんです…!
件のリボンやアンティークボタンも、フェルトを布でくるんでくるみボタンのようにボンドで接着したものを土台に、グルーガンで好きな素材を載せるようにくっつけて、最後にコサージュ用ピンを付ければ、素敵なコサージュの完成です!
元から自分が好きで選んだ素材ですから、出来上がりが嫌いになるわけがありません。
やけどには十分気をつけて、グルーガン・ライフをお楽しみ下さい。
 
※※※この画像(記事は)は、陸奥新報社提供です。無断転載はできません。※※※

 

魔法の百均 第26回「柄付きブラシで洗えばいいじゃないの!」

魔法の百均 第26回「柄付きブラシで洗えばいいじゃないの!」
 
魚焼き器を洗うのって、なんとなく億劫だったりしますよね。
魚から脂が落ちて、ベトベトしていて、「洗うの嫌だなあ、後にしようかなあ」なんて言ってるうちに、脂がこびりついてもう一段階洗いたくないステージに入ることって、ありますよね。
 
一体何が悪いのか…。
そう思っていた私に、百均が光を差してくれました。
 
 「あなたが悪いんじゃない。 悪いのは、道具選びのせいだったのよ!」と…!
「ベトベト汚れを素手で触りたくないのなら、柄付きブラシで洗えばいいじゃないの!」と、百均のマリア様が言うので、その「柄付きブラシ」を探しに行くと、魔法瓶の底を洗うのにぴったりのものを見つけました。
 
この商品、ただの柄付きブラシにはない毛の生え方をしているんです。
ブラシの毛が、魔法瓶の底も魔法瓶の側面も一度に磨けるように、カーブを描いて90度に毛が生えているんです。
 
これを一本、魚焼き器専用にしてみると、今日からあなたの魚焼き器は、活躍の回数を2倍に増やすこと間違いなしです。
だって、洗うのが本当に楽なのだから。
 
どんな魚の脂も重曹を振りまいて、しばらく置いてから柄付ブラシでゴシゴシこすると、汚れは途端に落ちてしまいます。
 
ここでもう一手間エコにしたいと思ったら、「スクレーパー付きちょこっとブラシ」という商品が売ってますので、プラスチック製のスクレーパー(ヘラ)でこびりついた脂を落として、燃えるゴミに捨ててから洗うと排水を汚さないのでとってもエコです。
 
よくテレビでやってるカレーのこびりついたお皿を洗剤につけたらペロッと汚れが落ちた…!という宣伝は、エコの人が卒倒するほど環境に良くないです。
 
アレを分解する下水道処理施設のバクテリアの身になって考えれば、下水道には極力、油ものや有機物を流さないように、ヘラで落とすかボロ布で拭き取ってから洗った方がいいんです。
(拭きとったものは燃えるゴミへ!)そうでないと、バクテリアが窒息しちゃう。
 
古くなったゴムベラもスクレーパー代わりに使えますので、汚れがひどい時に試してみて下さい。
洗うのがとっても楽になりますよ。
 
百均では重曹も108円で売っていて、私はよくお鍋を焦がした時に使っています。
いや、お鍋を焦がさないのが一番エコだとはわかっているのですが、いかんせん「ボンヤリ横丁」とあだ名を付けられるほどのボンヤリ体質なので、しょっちゅう鍋が焦げちゃうんですよね。
 
焦げ付いた鍋に水を張って、小さじ2杯の重曹を入れて沸騰させ、冷めるまで放置しておくと焦げつきが浮かび上がってきます。
重曹を入れて沸騰させると鍋から水が溢れることがあるので、水は6分目以内にしておくといいです。
 
便利アイテムで台所をきれいにして、もっとお料理を楽しみましょう!
 
※※※この画像(記事は)は、陸奥新報社提供です。無断転載はできません。※※※

 

魔法の百均 第25回「可愛いテトラパックの作り方」

魔法の百均 第25回「可愛いテトラパックの作り方」

先週に引き続き、ハロウィンといえばやっぱりお菓子のプレゼントですが、キャンディやチョコレートを少しずつ小分けにしてラッピングする時に便利な折り紙のテトラポッドの作り方を今日はご紹介します!

昔よくあったテトラパックの牛乳の形に作るラッピング方法は、長方形の紙があったらすぐ作れます。
 
折り紙で作る場合は、小さめのキャンディ3個分でしたら折り紙を半分に切って、キャンディやグミ、チョコ、ガムなど10個以上のの詰め合わせを作るのでしたら、折り紙2枚をセロハンテープでつなげて長方形にしたものを用意します。
 
テトラパックを作るためには、
①まず長方形の端と端をセロテープでつなぎ合わせ、円筒形にします。
 
②そうしたら、円筒形の端っこを潰して、端から4ミリくらいのところにホチキスを打ちます。
3個入りは一箇所、10個入りの方は3ヶ所ぐらい留めるといいです。
 
③留めたら端っこを織ってきれいにします。
 
④③にお菓子を詰めます。
 
⑤お菓子を詰めたら、底とは十字になるように口をホチキスで閉じ、片方の端を織って形を整えれば、テトラパックのできあがり!
百均では水玉模様やストライプ模様、両面色付きの折り紙など。
折り紙の種類が本当に豊富に取り揃えてあるんです。
トレーシングペーパーで出来た水玉模様の折り紙などは、100円で買えるのが不思議なくらい。
 
テトラパックは長方形の袋を使って作ると、もっと簡単にできます。
袋の底に対して入り口が十字になるように、丁度良いところまで折り曲げてホチキスで留めれば完成です。
 
テトラパックは出来上がると本当に可愛いので、ハロウィン以外にもちょっとしたお土産やプレゼントを包むのにもお勧めです。
 
テトラパックの頂点にリボンを輪っかにしてホチキスで留めれば特別感も増しますね。
 
ポップな柄の折り紙は、急にラッピングが必要になった時にも裏面をセロテープでつなぎ合わせれば大きなラッピングシートになりますし、ただの茶封筒にカラフルな折り紙を被せて、麻紐で結んだりすると立派なプレゼントのラッピングに。
 
百均のラッピングコーナーは驚くほど充実しているので、可愛い袋やリボンを探している人は一度出かけてみてください。
 
蝋引きの紙で作られたアンティーク風の袋や、和紙の袋など。
紙好きにはたまらない世界が待っています。
 
女性がお化粧をしているのは、あれはラッピングを施しているのと同じなのかもしれません。
素材のままでもいいのですが、ちょっと見た目を工夫すると、プレゼントも立派に見えますので。
特別な日には、ラッピングを楽しんでみてはいかがでしょうか。
 
※※※この画像(記事は)は、陸奥新報社提供です。無断転載はできません。※※※

 

魔法の百均 第24回「ハロウィンも百均」

魔法の百均 第24回「ハロウィンも百均」
 
そろそろ「ひろさきりんごハロウィンカーニバル」がやって来ますね!
今年は10月10日午前10時半から午後3時までの開催だそうです。
午後3時からは「りんごハロウィンパレード」という仮装行列があります。
 
この日、弘前市の街中には仮装した子ども達や大人たちが溢れかえり、参加したお子さんにはお菓子がもらえるという、大規模ハロウィンパーティーが土手町を中心とした弘前市の各地で展開されるのです!
昨年のりんごハロウィンに参加した私は、圧倒的な数のハロウィン仮装に身を包んだ人々の笑顔に驚き、「弘前市民って、こんなにコスプレが好きだったんだ…!」と感動したのでした。
 
普段、「土偶のOL、ドグ子」という個人的にやっているゆるキャラである私は、ダンボール製の土偶を被って、セーラー服を着たり、ねぶたの衣装を着たり、果てはきぐるみの「天然ボケなすちゃん」というナスの胴体に土偶の顔を合わせて出かけたりしているのですが。
 
土偶を被って歩いていると、たくさんの人に声をかけてもらえるのが嬉しいのです。
 
しかも、ドグ子の設定は「23才・OL」なので、本当にゆるキャラをやっている間は心身ともに若返りますね。
「楽しいドグ〜!」と語尾に「ドグ」でもつければ、気分は更に上向きに。
 
こんな仮装を誰にも怪しまれずに、思う存分満喫できる季節が、10月のハロウィンなのです!
今の時期、百均ではハロウィンコーナーが出来上がっており、ハロウィンを盛り上げるグッズで溢れかえっています。
 
窓ガラスに貼るとハロウィン気分が盛り上がるカボチャやオバケのジェルシールに、ハロウィンモチーフのマスキングテープなど。
可愛いグッズがいっぱいなのです!
カボチャや魔女をモチーフにした仮装アイテムには、魔女帽子や魔女風カチューシャ、マント、400円のコスプレ用衣装など様々です。
 
子どもにハロウィンを楽しんでもらいたい時、百均はこころ強い味方なのです。
 
帽子を被ってマントを羽織れば、もう立派なチビ悪魔ちゃんやチビ魔女ちゃんの誕生です。
 
中でも気に入ったのが、小さな魔女帽やカボチャの付いたカチューシャです。
 
「これが100円なの!?」と驚くほど可愛いカチューシャは、お子様だけではなく大人にだって似合うはず。
 
ハロウィン仮装も含めて、近年コスプレイベントでの集客数はどんどん上がってきています。
 
前年のりんごハロウィンでも「この勢いはネプタ祭り並みかも!」と思うほどたくさんのコスプレファッションに身を包む人たちで街が溢れました。
10月10日はフードコートに仮装コンテスト、ダンスバトルにワークショップとイベントが盛りだくさんです!
まずは百均のハロウィンコーナーに出かけて、気分を盛り上げてみてはいかがでしょうか。
 
 
※※※この画像(記事は)は、陸奥新報社提供です。無断転載はできません。※※※

 

 

 

 

魔法の百均 第23回「災害時でも備えあれば憂いなし」

魔法の百均 第23回「災害時でも備えあれば憂いなし」
 
百均アイテムで防災対策をしたいと思ったのですが、災害時に一体何が役に立つのかと調べてみたところ、「ウェットティッシュが役に立った」という女性が多いことがわかりました。
 
何故、ウェットティッシュ!?と思うのですが、災害時は断水することが多く、水のない状況では汚れを落とすことが難しいので、身体を拭いたり、手の消毒に使ったり、赤ちゃんのおしりを拭いたりと重宝されるそうです。
災害時持ち出し袋の中身は、懐中電灯や携帯ラジオが重要なのかと思いきや、実際の避難生活では水が出ないことに対する対策が重要なんだと感じました。
水がないとお皿を洗うことはもちろん、下着も洗えないのです。
下着の替えも、百均で売ってますので何点か用意しておくと安心ですね。
 
できることなら、私は人より鼻をかむ回数が多いので、ティッシュも準備したいところです。
百均では、ローション入りのティッシュが6〜9個入り108円で売っています。
 
災害時にティッシュを見つけたら、ティッシュを用意した自分に感謝できそうです。
 
あと、マスクは感染予防とスッピン隠しに重宝するそうですので、一週間分くらい用意しておきたいですね。
 
飲料用水に付きましても、非常用持ち出し袋の中には、何本かペットボトルの水を持っていた方が安心です。
大きいペットボトルのものより、小さいペットボトルの方が一度に全部開封せずに済んで便利です。
 
私の家では2リットルのペットボトルに水道水を入れたものを20本ほど備蓄してあります。
しかも2階の部屋に……!
近くの川が氾濫して1階部分が浸水した時の場合を考えれば、水と携帯食料、靴は2階に用意した方が1階をやられた時に安心できるかもしれません。
 
震災時に枕元にあると便利なのは、携帯電話ではなく、靴だという話もあります。
いざという時は窓ガラスが割れて裸足では歩けない場合を想定して、ベッドの下にズックを置いておくと逃げる時に便利ですね。
 
「一体、どこまでの限界状況を想定しているのか……」と思う方も多いと思いますが、備えあれば憂いなしと言います。
いざという時にペットと一緒に逃げたい人には、百均の大型洗濯ネットをペットの数だけ用意しておきましょう。
ヘリコプターで救出してもらう際、ペットを袋状のものに入れるとペットが安心して暴れないそうですので。
 
また、給水時に一番便利なのはポリタンクだそうです。
給水車から水をもらう時に便利なので、百均のポリタンクに水を入れて用意しておきましょう。
 
水は震災以外の時も、水不足や水質変化で水がまずくなった時に使えるので、普段から備えておけば、家族に尊敬されるかもしれません。
 
※※※この画像(記事は)は、陸奥新報社提供です。無断転載はできません。※※※