検索結果 "百均"

イベント&掲載情報

 
連載中
 
生きてるって幸せー!エッセイ・田口ランディ イラスト・山田スイッチ – 日本農業新聞 毎日更新 
 
<イベント情報>
 
2015年 10月17日(土) 13:00〜
「生きることは踊ること」 山田スイッチ × 雪雄子
 
会費:1000円

 

五行日記☆

昨日あったこと☆



パソコン新しくした(レノボからレノボに。ドグ子史上、最もお高い5万8000円!

 安いパソコンだと3万8000円とかの時もあったドグ)



・春休みドラえもん映画見にいった。(映画って、画面が大きいからいいね。なんか、泣けた。藤子先生は

タイムパトロール出しときゃなんとかなるって



感じの時けっこうあったけど、オチがタイムパトロールじゃなくて感動した。友情に置き換えたスタッフが偉いと思う)



・美味しい肉屋のお肉を、自宅で換気扇をガンガン回しながら、

「炉ばた大将」で焼いて食べた。家の中は煙だらけだけども、お店の味に……!

イワタニ 炉ばた大将 炙家(あぶりや) 【カセットガス式 網焼き・串焼き専用器】 CB-RBT-A



・百均の羊毛を買ってきて、石鹸水をつけてフェルト化させる遊びをした。



なんか、書道と一緒で無になれるドグ……。

ドグ子、手芸好きだけど縫うのが苦手だからグルーガンとか、石鹸水でこするだけとかのものしかやらないドグ……。



・羊毛フェルトで作ったかわいいだけのフェルトを、「無意味」と名付けた。



無意味は、切り取って、縫い付けて、無意味に装うときにきっと便利になるはず。。。



以上でーす☆

 

年末年始のお知らせ☆

冬休みが始まって困ってるお母さん方、いるドグか?
我が社の社長(スイッチ本体)も朝から晩まで子どもに
「おかーさん」「おかーさん」と一日200回ぐらい呼びつけられる上に
小1男子と小4男子が同時に違う話を続けるので

 

気が狂いそうになってるドグ~!

 

だけど、こんなキチガイじみた毎日でも近所の4年生Tくんが来ると
子供同士で遊ぶので、
もはやTくんを時給500円くらいで雇いたいぐらいだと言ってたドグ☆

 

あんまり呼ばれるのもシャクだからと言ってホームセンターに子どもを連れて行った社長。
金槌と材木を与えてなんか勝手に作らせようとしたら、
結局小1男子のサポートに回って、自分の時間とか取れなかったそうドグ~!

 

年末年始は新聞連載が正月休みで本当に良かったドグ……。

ちなみに、
陸奥新報紙『魔法の百均』→1月7日スタート 
読売新聞青森県版
『山田スイッチのTHE青森暮らし』→1月9日スタート ドグ~!

 

来年もよろしくドグ~☆

 

魔法の百均 第27回「手芸界の黒船・グルーガン」

魔法の百均 第27回「手芸界の黒船・グルーガン」
 
「可愛いと思って買ったアンティークボタンやベルベットのリボン、レースモチーフやパール風のビーズを、タンスの肥やしにしている人がいるねえ…。
アタシだよっ!」
と、にしおかすみこさんのようなネタで始まる今週の百均は、こういった可愛い手芸アイテムを使いこなせずに泣いていた人への救世主。
手芸界の黒船・「グルーガン」を紹介したいと思うのです…!
グ、グルーガン…?一体、何、ソレ…。
 
そう思われる方も多いと思います。
グルーガンは「ホットメルト接着剤」といって、80〜100度の熱をかけてプラスチックのグルースティックを融かして接着させる接着剤です。
 
まるで拳銃(ガン)のような見た目をしていてコンセントを挿すとプラスチックが溶け、トリガーを引けば、ノズルから溶かしたプラスチックが少しずつ出てくるんです。
これが百均で200円+税で売っているんですね!
プラスチックが固まる時にくっつくので接着力が強く、「硬化が早い・溶剤を使っていない・透明で接着部分が目立ちにくい」などの利点があり、私が被っているゆるキャラのドグ子の頭も、ダンボールをグルーガンで接着して作っているんですね。
 
グルーガンは100度の溶けたプラスチックが先端から出てくるので「やけどに気をつける・使用中はプラスチックが垂れてくると危ないので上に向けない・子どもの手の届かない場所に置く・連続使用時間は1時間」などの基本的なことを守れば、とにかく便利な工作・手芸アイテムなのです。
 
グルーガンには別売りの「グルースティック」という棒状のプラスチックを使います。
グルースティックは20本入り100円+税と、なかなかお安いです。
 
グルーガンの後ろにこのグルースティックの挿入口があり、そこに挿し込んでトリガーを何度か引いてからコンセントを差し込むと、5分くらいで熱々のグルー(にかわ)が出てきます。
グルーが出てこなくなったら、新たに後ろからグルースティックを差し込むと良いです。
 
大好きなブローチの、金具が壊れて使えなくなったことってありませんか?接着剤でくっつけてもすぐに取れてしまいますが、ブローチ本体に百均で売ってる「コサージュ用ピン」をグルーガンでくっつけると、ブローチが息を吹き返すんです…!
件のリボンやアンティークボタンも、フェルトを布でくるんでくるみボタンのようにボンドで接着したものを土台に、グルーガンで好きな素材を載せるようにくっつけて、最後にコサージュ用ピンを付ければ、素敵なコサージュの完成です!
元から自分が好きで選んだ素材ですから、出来上がりが嫌いになるわけがありません。
やけどには十分気をつけて、グルーガン・ライフをお楽しみ下さい。
 
※※※この画像(記事は)は、陸奥新報社提供です。無断転載はできません。※※※

 

魔法の百均 第26回「柄付きブラシで洗えばいいじゃないの!」

魔法の百均 第26回「柄付きブラシで洗えばいいじゃないの!」
 
魚焼き器を洗うのって、なんとなく億劫だったりしますよね。
魚から脂が落ちて、ベトベトしていて、「洗うの嫌だなあ、後にしようかなあ」なんて言ってるうちに、脂がこびりついてもう一段階洗いたくないステージに入ることって、ありますよね。
 
一体何が悪いのか…。
そう思っていた私に、百均が光を差してくれました。
 
 「あなたが悪いんじゃない。 悪いのは、道具選びのせいだったのよ!」と…!
「ベトベト汚れを素手で触りたくないのなら、柄付きブラシで洗えばいいじゃないの!」と、百均のマリア様が言うので、その「柄付きブラシ」を探しに行くと、魔法瓶の底を洗うのにぴったりのものを見つけました。
 
この商品、ただの柄付きブラシにはない毛の生え方をしているんです。
ブラシの毛が、魔法瓶の底も魔法瓶の側面も一度に磨けるように、カーブを描いて90度に毛が生えているんです。
 
これを一本、魚焼き器専用にしてみると、今日からあなたの魚焼き器は、活躍の回数を2倍に増やすこと間違いなしです。
だって、洗うのが本当に楽なのだから。
 
どんな魚の脂も重曹を振りまいて、しばらく置いてから柄付ブラシでゴシゴシこすると、汚れは途端に落ちてしまいます。
 
ここでもう一手間エコにしたいと思ったら、「スクレーパー付きちょこっとブラシ」という商品が売ってますので、プラスチック製のスクレーパー(ヘラ)でこびりついた脂を落として、燃えるゴミに捨ててから洗うと排水を汚さないのでとってもエコです。
 
よくテレビでやってるカレーのこびりついたお皿を洗剤につけたらペロッと汚れが落ちた…!という宣伝は、エコの人が卒倒するほど環境に良くないです。
 
アレを分解する下水道処理施設のバクテリアの身になって考えれば、下水道には極力、油ものや有機物を流さないように、ヘラで落とすかボロ布で拭き取ってから洗った方がいいんです。
(拭きとったものは燃えるゴミへ!)そうでないと、バクテリアが窒息しちゃう。
 
古くなったゴムベラもスクレーパー代わりに使えますので、汚れがひどい時に試してみて下さい。
洗うのがとっても楽になりますよ。
 
百均では重曹も108円で売っていて、私はよくお鍋を焦がした時に使っています。
いや、お鍋を焦がさないのが一番エコだとはわかっているのですが、いかんせん「ボンヤリ横丁」とあだ名を付けられるほどのボンヤリ体質なので、しょっちゅう鍋が焦げちゃうんですよね。
 
焦げ付いた鍋に水を張って、小さじ2杯の重曹を入れて沸騰させ、冷めるまで放置しておくと焦げつきが浮かび上がってきます。
重曹を入れて沸騰させると鍋から水が溢れることがあるので、水は6分目以内にしておくといいです。
 
便利アイテムで台所をきれいにして、もっとお料理を楽しみましょう!
 
※※※この画像(記事は)は、陸奥新報社提供です。無断転載はできません。※※※