検索結果 "育児"

良いスマホ育児。

スマホ育児に悩む友達の日記を読んでいたら、

良いスマホ育児というものを思いついたドグ!!



①まずスマホをテレビ台に隠す。

②お母さんスマホは~? って子供が聞いてきたら、「戸棚の中だよ」と答える。

③戸棚を開けると「スマホはれいぞうこの「い」のつくものの下に隠れているという紙が出てくる。

④子供が冷蔵庫の中のイカとか、いちごなどの食材を探していると、イチジクの下からまたメモが出てくる。



⑤「よくぞここまでたどり着いた! ゆうしゃ達よ。しかし、まだまだスマホは闇のなかである。ヒントは音の出るはこの下だ! と書いてある。ついしん プリンを一つだけたべてもいいぞ!

⑥音の出る箱なんて、わかんないよー! と子供が言ったら、追加ヒントを出してあげる。

「ついかヒント。テレビです。」



⑦子供が慌ててプリンを食べながらテレビ台に行く。

⑧ スマホついに発見!!!!!!!!

⑨ スマホゲームに興じる。

⑩ 15分後にタイマーが鳴るようにしかける

⑪ 「大変! このスマホ、あと20秒で爆発するって!! どうする? どうする?」



⑫ 爆発するスマホをイメージして、親子で対策を練る。

⑬ ここで子供が「水につけちゃえばいいんじゃない?」と言ったら大急ぎで否定する。

⑭ 「もっといい方法を考えて!!」

⑮ 「神様……おねがいです! スマホで遊ばせてください……!」



⑯ 神のコスプレで現れる。※子供がプリキュアに祈った場合は、プリキュアのコスプレをする必要がある。

⑰ 「ふっふっふ。良い子の君、私は神だ。なわとびを50回跳んだらスマホをやらせてあげよう」



⑱なわとびを50回跳んだ子供が、疲れて寝る。



⑲起きるまでに新しい隠し場所に隠し、新たなメッセージを添える。

⑳子供が起きる。「おかーさん、スマホどこ~?」



①に戻る。

 

励まされる。

乳がんで、片胸を全摘する友人が、ものすごく前向きで、

「アマゾネスには育児を終えたらそうする習慣もあるらしいし、

新しい自分に会えるし!」と、

とても美しい未来を語ってくれて、

私はすごく、透明なものを見たようで、励まされてしまった。

 

誰も、彼女よりも真っ直ぐに現実をとらえて、

強く、優しくはなれないだろう。

 

彼女の強さは、灯台になる。

足元の暗さを、照らして立つ

灯台に。

 

私はすっかりと、違う次元を見せられてしまった……。

 

テーマが違う。

自分で作ったコロッケが、

見た目はアレなんだドグけど

妙~にうまいので、ドグ子の家族には好評なんだドグ。



ドグ子は家のことを自分でやらないと

気が済まない性格らしく、

ごはん、掃除、洗濯などをやっていると、

もちろん書く時間は少なくなるので

天才のような文章は永遠に書けないという

ジレンマに陥るドグ。




これは、テーマが違うんだドグな……

というのが今日の悟りで。



人生が一回きりだと思っていると、

この人生で恋愛も結婚も仕事も創作も家事も育児も

なんだってがんばらなきゃいけないような

気分になってくるドグけど、



人生が何回もある→生まれ変わりがある

と思えば、



「今期の目標は天才コラムニストじゃなくて、

家事のできる土偶なんだなあ」




と、

割り切って暮らせるんだドグ。



一番大事なのは、生き延びることだと思っていると、

どうやったら平常運転で回せるかってすごく大事で。

できるだけストレスがかからない生き方を今、

選択してると思うドグ。




それで、面白いのは楽な道を模索しているうちに年を取って、

昔はストレスがかかってできなかったことも

こなせるようになったことなんだドグ~。



もう、テレビが回ってても全然気にならなくなったドグ子は

最近は市のPRビデオに

出演とナレーションとイラストを提供しているんだドグけど

そういうの全然、苦にならないドグ。



4コマ漫画を描くのは大変ドグけど

1コマ漫画ならいける……のが今の現状で。

4コマ行けるようにするにはもう何年か、

1コマを描き続けてみようかとも思っているんだドグ。



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そういう風にしていたら、

すっごい時間かかるけど、

ストレスなくぬる~っと行けるかなあ?

って思っているドグ~☆



でも、まさか自分がのんきな土偶になるだなんて。

20代の頃は予測もしなかったんだドグ。



(*´Д`)はふーん

 

人に会うということ。

湯河原に行って、ランディさんちに泊まって、話をするのは私にとってすごく大事なことで。何故か何年も、年に一度は泊まりに行って、思う存分おしゃべりしてると、心の中にある不定形の、未来のカタチが見えてくるんです。
 
自分が「ここは弱いな」と思っていることに、実は「絵がヘタ」というものがあって。(笑)
同じ構図の絵ならいくらでも描けるけど、チャレンジしたことのない構図とかから逃げがちだったんですね。
 
だから育児日記も「漫画が多くなきゃ育児中の人は読まない!」という私の理想を現実化する力がなくて、ずっっと出版できずにいたの。
 
でも、今ランディさんの新聞の挿絵(日本農業新聞で連載中☆「生きてるって、幸せー!」の挿絵)を10月から始めて、初めて「もっと絵がうまくなりたい! 修行したい!」という気分になって、しかも良いダメ出しをする編集者さんに巡り会えたから(今まではイラストでダメを出されたことが一度もなかった)、これは転機だと思ったんですね。
 
あと、本当にビビりだから、本を出すのってしんどいんだけど、2年前に自分で自分の本が出せたんだから、あとはやるだけ。6ヶ月間、新聞のイラスト連載で毎日絵を描けば、絶対私は成長して、絵を描きこなせる! って思ってるから。本を待ってくれている人のためにも、しっかり絵の技術磨いて、思い描いていた本を出したいと思ってるんです。
 
今まで、本当に絵に自信がなかったけど、
ランディさんからイラストで声をかけてもらったってことは、
絶対に何かの転機だと思うし、これをランディさんにも打ち明けることができて、本当に「やるべきこと」っていうのがありありと目に浮かんだのでした。
 
最初にランディさんに出会った頃は、「1才になる師匠のオッパイをいつやめるべきか」とかで悩んでいたんだけど、そういう転機の時(断乳とか)に会えるから、本当に人に会うことって、大切だなあって感じるのです。
 
まる。
 

魔法の百均 第12回「百均アイテムで夏を快適に乗りきろう!」

 
魔法の百均 第12回「百均アイテムで夏を快適に乗りきろう!」
 
紫外線の強くなるこの季節。今から準備しておきたいのが、車の日除け対策です! 
先月から百均で購入したサンシェードをフロントガラスに使っているのですが、車内の空気が熱くなりすぎないので重宝しています。
 
JAFが2012年の8月に行った真夏の車内温度の測定実験では、車内温度25度の車を4時間放置した結果、1時間後にはサンシェード有りの車の車内温度は45度、サンシェードなしの車で48度という結果になりました。
 
この3度の差がけっこう大きいと私は感じています。
しかし窓を3センチ開けた車はなんと、43度に!
車の窓を開けておくのは少し不用心な気がしますが、安全な場所でしたら暑さ対策によいかもしれません。
 
ちなみに、対策なしの黒い車だと熱を吸収するため52度まで上がりました。
車内温度の上昇は著しいもので、JAFの実験では室内温度20度のエアコンを止めると、炎天下ではわずか15分で熱中症指数が危険レベルに達する31度を超えました。たったの30分で、窓を開けても40度を超えます。
 
赤ちゃんのいるお父さんお母さんは、日頃育児に追われているので、車で赤ちゃんが眠ってくれると、ほんの少しの買い物だから…と車を離れてしまうことがありますよね。
 
育児中で朦朧としているので、確かな判断ができないのです。
そういう時は間違いなく、エンジンをかけっぱなしにして、エアコンを入れておかなければ危険だと思っていいです。
エンジンをかけたままでも、ガソリンがなくなると止まってしまうので注意が必要です。
 
私はエンジンのかかっていない車内に赤ちゃんがいるのを見かけたら、親が戻ってくるまで見張っていることがあります。
「何かあったら、大変だー! 死んでからじゃ遅すぎる!」と思って見張っているのですが、大体の場合は親御さんが5分以内に帰ってきますね。
 
親御さんには文句も言わずにその場を立ち去るのですが、きっと「不審者がいるから危険だ…」と察知して、今度からは寝ている赤ちゃんも連れていってくれることでしょう。
白は光を反射し、黒は熱を吸収するというのは本当の話で、サンシェードも選ぶ際は銀色か白っぽいもので厚みがあるものを選ぶと、光を反射しながら断熱するので良いです。
 
ちなみに運転用の手袋やアームカバーも百均で売っているのですが、UVカット手袋の私のお勧めの色は、黒です。
白い色は光を反射するので、反射した光が運転中に顔に当たって肌を衰えさせるといけないと思っているんですね。手袋で手や腕を守って、くすみのない肌を手に入れましょう。
百均には「涼感キシリトール糸使用」など、素敵なアイテムがたくさんあります。
 
百均アイテムを使って、この夏を快適に乗りきっていきましょう!
 
※※※この画像(記事は)は、陸奥新報社提供です。無断転載はできません。※※※