検索結果 "講演会"

生きること、それはじぶんを表現すること  田口ランディさんの講演会

作家の田口ランディさんが



広島県福山市で朗読と講演を行います。



「生きること、それはじぶんを表現すること」



このタイトルに、すべてのことが込められているような気がします



講演は、300点を超える死刑囚の絵画の展覧会を行う



鞆の津ミュージアムで行われます。

死刑になっても、指先からは表現の微粒子が漏れてしまうのだ……

感じました。

以下、田口ランディさんのブログよりご紹介させて頂きます。

山田スイッチ

 

極限芸術「死刑囚の表現」
2013年4月21日(土)〜6月23日(日)まで
広島県福山市鞆の津(とものつ)ミュージアムにて
300点を越える死刑囚の絵画を公開!表現の本質に迫る

http://abtm.jp/blog/197.html

6月8日(土)に死刑囚の方との手紙の朗読と講演を行います。

朗読「死刑囚からの手紙」
地下鉄サリン事件によって確定死刑囚となった林泰男さんとの手紙のやりとりの一部を抜粋して朗読します。死刑が執行されるときの思い、事件に対する気持ちの変化、被害者の方への思い、死刑囚の複雑な心が伝われば……と願っています。

講演「生きること、それは自分を表現すること」
自己表現……とはなんでしょうか。わたしは長いこと自分を表現することが不安で、怖くてできませんでした。どう表現していいのかもわかりませんでした。絵を描いても文章を描いても「うまくやろう」としてしまう……。自由に自分を表現できない。それはとても辛いことでした。表現とはなにか……、死刑囚の絵画を通していっしょに考えてみたいと思います。

鞆の津ミュージアムは福山にありとても遠いです。
広島近辺にお住まいの方は、どうか興味のありそうなお友達にお知らせください。
めったにない機会です。見ることが可能な方はぜご覧になってください。

田口ランディ

http://runday.exblog.jp/iv/detail/index.asp?s=20235227&i=201305%2F20%2F34%2Fc0082534_9432846.jpg

 

明日は、佐藤初女さんの講演会。弘前中三スペースアストロにて

山田スイッチの『言い得て妙』 仕事と育児の荒波に、お母さんはもうどうやって原稿を書いてるのかわからなくなってきました。。。-110507_2043~001.jpg

画像は、佐藤初女さんから頂いた「ゴン太のお母さん」という絵本です。

作者は、セントロザリー さん。六甲出版から出されている本です。

ゴン太のお母さんは死んでしまったことに、幼いゴン太は気づきません。そして、お母さんを探す旅に出ます。そして、たくさんの優しい動物たちに出会い、励まされ。お母さんを探し続けますが、海に引き込まれ死にかけてしまいます。

そこへ、ゴン太のお母さんが現れて言うのです。

「心配してくださった三太君の心も、やさしい目ではげましてくださったリスさんの心も、いのちを救ってくださったぞうさんの心も、みんな、お母さんの心と同じなのですよ。」

中略

「ゴン太の涙も、お母さんの涙も、山のみんなの涙も同じなのですよ。一つの涙、一つの心、その中でみんな生きているのだから、お母さんが見えなくても、いつもお母さんは、ゴン太と共に生きていますよ。

さあ、一つの心を持って、みんなの待っている山へお帰り。」

中略

山へ帰ったゴン太は、「一つの心、一つの心。」と、つぶやきながら、毎日、いい子にしているのです。

 

山田スイッチの無料講演会お知らせ

昨日はかねてからのご依頼だった、

浅瀬石婦人会でのお話の日でした。

私の、バカパワーが炸裂して、

聞いてくれていた皆さんがドッカンドッカン笑ってくれて……


なんともいえないカタルシスを感じてしまいました。

いやもう、本当に今、生きてるって感じがしたの。

コール&レスポンスが近くて。


やっぱり新聞に書いている時って、

読者の方々の表情とか見えないから、

時々不安になるんですよ。

私もうダメかもって思ったりもするんですよ。


だけど新聞読んで声をかけてくれて、

しかもドッカンドッカン笑ってくれるってなるとねえ?

あ、大丈夫。ちゃんとこのまま生きればいいやって

思いますよね。


浅瀬石婦人会の皆様方、

どうもありがとうございました!


追伸 昨日の記事を見て、早速講演に声をかけていただきました!

どうもありがとうございます。(^-^)


明日の陸奥新報紙「山田スイッチの育児日記」のコーナーで発表しますが、


2011年 4月1日から7月30日までの4ヵ月間、

青森県内の

小中高等学校、専門学校、大学の学生さん生徒さんを対象にした講演に限り、

山田スイッチの出前講座、無料で講演いたします!!


もしも遠い場所の場合は、バス賃だけください!


地震の前から決めていたことなのですが。

ねぷた囃子でギネスに挑戦
応援企画
です。

横笛ギネス実行委員会が塩ビ管で作った練習用の笛も、

先着4000本まで各学年にプレゼントできます!


こんな時こそ、元気出していきましょう!

学校出前講座無料キャンペーンにつきましては、

詳しくはjomon_tomonokai@yahoo.co.jp


までお問い合わせ下さい。


山田スイッチ


 

昨日のスイッチ講演会では

昨日の講演会では、

うちの子どもが卒乳した話と、今日の晩ご飯はメンチカツだった話と、

普段新聞には書けないケンさんの最近の様子

(インドやアメリカから謎のサプリメントが平川市のわが家に届き、

それを摂取しながら筋トレしてたら10㎏痩せた)話と、

うんこが1メートル出た師匠のお話を交えながら

スクワットをしました……!!


お客様は、30代から70代の方々だったのですが、

一緒にスロー・スクワットとクイック・スクワットの基本をやってくださり、

私もう、コラムニストとかじゃなくて、

なんちゃってスポーツインストラクターとして

呼ばれたい……!!


と思えるほど、


大人数でやるスクワットは楽しかったです。(笑)


スクワットで息が上がったので、

今度はみんなで気を練ってみました。(笑)


普段、手からそんなに気を出す機会ってないじゃないですか。

気を出すことのない我々なので、やってみると

面白いんですよ。


丹田で作った気を手で受け止めて、

気功を練っていると、頭に昇っていた気が腹の方に降りて来て、

ものすごく落ち着きます。


ただし、落ち着いて眠くなって来ちゃうので、

講演会では終盤でやらないと、みんな寝ちゃいます。(笑)


人の集中力はもって20分。

それをモットーにトークさせて頂いているので、

20~30分話してはみんなでスクワット、気功を練ってまたお話、

それからまたスクワット、みんなで自己紹介&今年のビッグニュースを語り会う

&最後にスクワットと今年のスイッチ家のニュースを語って、


昨日の講演は終了しました!


きっと、今日は参加された皆さん、筋肉痛になっていることでしょう……。

ケンさん直伝の股割りスクワット。

普段歩くことが本当に少ない我々ですから、

スクワットでもして足腰を鍛えて、ピンピン生きてコロリと死ぬように

がんばりましょう! ということで、幕を閉じました。


(こんなオチで良かったのかどうか心配です……。)




 

初女さんの講演会

昨日は、弘前中三で開かれた佐藤初女さんの講演会に。
今、初女さんが何を感じて、どういう思いでいるのかが気になって
参加したんだけど、

久しぶりにお会いしたイスキアのスタッフの皆さんは
とても元気そうで。
相変わらずの元気を、あそこの皆さんは
全員が七十歳以上というスタッフであるにも関わらず、発揮していることが
素敵だと思った。

初女さんは小さい頃、学校から家に帰った時に
お母さんが不在で、「なんだ、誰もいないのか」と言ったことが
ありました、と語られた。
家の中心にお母さんがいることがどんなに
大切なことかを。

お母さん以外はそこにいたのに、
「なんだ、誰もいないのか」と言ってしまうほど
お母さんの存在って、大きいものなんだそうです。

なんか、わかるかも。

最近、師匠(4歳)が弟ができたせいなのか、
4歳になったせいなのか。
10秒に1回のペースで
「おかあしゃん、見て-!」
と言います。

10秒に一回ですよ。10秒に。
そんでそのたびに「はいはい見てますよー」って
答えるわけだけど。
一日に何十回もその「ピカチュウ見てー!」
「ブロック見てー!」「おかしゃん、見てー!」を言われていると
時折、頭に来たりしまして。
「見てるっちゅうねん!」と言いたくなることもありますよね??

それで、ものすごく大人げないんだけど
「師匠!お母さん今、包丁でにんじん切ってるの。見て-!」
「ほら、お母さん今お鍋ににんじん入れたよ、見てー!!」
「見て-!お母さん今度火、つけるから!見てー?」


と言ったところ、

得も言われぬ快感がよぎったんですね……。

な、なんだろうこの、「見てー?」と言う時に感じる快感って……。
誰かに見てもらえるって、こんなに気持ちのいいことだったとは……。

しかし
その時師匠は私の「見てー?」を聞いたとき、
4歳なのに苦笑いをしていたのでした……。

それで気がついたんですけど、
この「見てー?」って言うのは、すごく男の子に特徴的なんじゃないでしょうかね。
実をいうと、うちのケンさんもしょっちゅう「聞いて聞いて!」っていう
感じで喋ってくるんですよ。
今はまってることについて。
ケンさんの今はまってるもの。
それは筋肉とかプロテインとかラズベリーケトンという物質についてなのですが……。

それをですね、まるで子供のように熱心に話すんですよ。
生後2ヶ月の子供をあやしてる最中に。
それと同時進行で師匠が何事かを一生懸命話しながらブロックなんぞ作って
10秒に一回のペースで
「見てー?」「見てー?」を繰り返してくるわけで。
さすがにどっちの何をどうしたらいいのかわからなくなって。

「お、お母さんは聖徳太子じゃない!!」
と言ったところ、
ケンさんが冷静になって
「聖徳太子っきゃ、いねかったんだ?」

と言ったのでした。

ええっ!? 聖徳太子っていなかったの!?

そして、思ったのがきっと
母親って、話を聞いてくれる人なんだなあと。
いつもいることが必要なんじゃなくて、
ちゃんと受け止めてくれる存在が必要なんだなあと。
思ったのです。

話を聞いて相づち打ってくれる人っていうか。
その存在を否定しない人っていうのが
求められて、母親という役目を負っているのではないかと。

何故なら、佐藤初女さんは、
みんなに「お母さん」と呼ばれて、慕われている人だから。
いつもそこにいる存在ではないのに、「お母さん」と呼ばせる何かが、初女さんにはある。
初女さんは、人の話を黙って聞いてくれる。
初女さんの思ったとおりに相手を変えようとしない。
目の前に対峙する人のすべてを全部受け止めると、
目の前の人が、自然と癒されていく。
その存在を否定しないっていうのは、本当に
大きなことなんだ。

最後の質問に、
「何故平和が訪れないのでしょうか」という重い質問があったんだけど、
初女さんは案外あっさりと
「人間が自分本位だからです」と
答えていらっしゃって。


「自分がこうされたら嫌だな、と 相手の立場になって考えれば
争いごとはおこりません」

とおっしゃられていた。

面白いのが、「輸入食品やあらかじめカットされた野菜についてどう思いますか?」
の質問に、

「輸入食品は買わないこと。野菜は包丁を使って、全部切ること」

と、びっくりするほど直球ストレートに語られていて。
なんか格好いかった……。
そうか、もうダナブルー(デンマーク産ブルーチーズ)はあきらめるか……。
イスキアではカッテージ・チーズも普通に作ってることだしな……。

そして、ご飯をきちんと食べていれば大丈夫です
と、何度もおっしゃっていた。

ご飯をきちんと食べる、食べさせるは
生活のリズムを作る大切なことだ。

初女さんは今、若い人たちに大変希望を持っているのだそうだ。
東京では初女さんの講演会の訪れる多くの人が若者で、
その年齢層もだんだんと下がっているという。
若い人のつくる未来に、希望を持っている。

若い人もそうでない人も。
初女さんの言葉や、その姿に触れたら
変われると思う。
初女さんの本を読むと、がんばろうって気になってくる。
初女さんのお料理/佐藤 初女

¥1,890
Amazon.co.jp
新しく出された本。
イスキアで供されるお料理のレシピ本になっている。
あの美味しそうな梅干しの作り方が載っています。

おむすびの祈り「森のイスキア」 (集英社文庫)/佐藤 初女

¥700
Amazon.co.jp
初女さんの本を一番最初に読むなら、
この本が一番だと思う。
何度も読んで、何冊も買って人に配った。
「私には心がある。心だったら、汲めども汲めども、無尽蔵にある」
この言葉が忘れられない。

昨日の母の日は、
バッチャとケンさんのお母さんに花束を。
実家の母にはエプロンを贈った。
師匠からは、保育園で描いたお母さんの絵をもらって、
ホワイトボードに
「おかあさんすき」って書いてもらっちゃって……
お母さんになってよかったなあと思った。
うん。この絵は、お母さんの一生の宝物だよ って思った。