JOMON FANに掲載されました!

エッセイ「世界の中の縄文人」がJOMON FAN 

 に掲載されました!

今日のドグ子はどこまで行くのか?

見てね☆ 

 

返信数:2

この記事へのコメントはRSS 2.0フィードで確認できます。

Both comments and pings are currently closed.

  1. 久作 より:

    [世界ふしぎ発見」見てました。私は大陸同士がもっと近かったのではないかと思ってしまいました。そして、色ではなくて、立体の模様をつけるということが現代のフィギュアへと続いているのではないかと思ってしまいました。むかしの3Dプリンタみたいな…日本の変態技術の原型なのかも(@_@;)

  2. yamadaswitch より:

    久作さん

    昔の3Dプリンタ……!
    これは新しい表現ですね。
    実際に、縄文土器は見た人が勉強して同じようなものを作るから
    ある意味、人が3Dプリンタだったんですよね。
    大陸は、近かったのかもしれないですよね。
    陸続きだったのかもしれないし。
    実を言うと今、恐竜のいた時代にも興味があるんです。
    そうすると一気に時代が何億年単位になって、
    それがまた面白いです。