Posts Tagged "ぽち"

エコハンター第130回「弘前ねぷたのぽち袋」

エコハンター第130回「弘前ねぷたのぽち袋」
 
裂織の美しさというものは、新しい布にはない美しさだと思うんです。
裂織は、古くなった衣類の縫い目をほどいて端切れに戻し、それを裂いて作った長い紐を横に渡し、麻糸を縦糸にして織った布です。
元の布が持つ色の変化や模様を楽しめて、なんともいえない味わいが、布から伝わってくる素晴らしい伝統文化だと思っています。
青森県内では、この裂織の作品に触れる機会が多いのが嬉しいですよね。
うちの近所では裂織を20年やっているイソおばあちゃんの布を買って、素敵なバッグを作っているお年寄りが多く、みんなとてもオシャレなのです。
 
古いものから全くの新しいものを生み出すパワー。
そんな素敵なパワーに出会えるのが、弘前市城東にあるCASAICOさんです。
このお店を知ったのは、埼玉県の友人がインターネット上に「弘前ねぷたのぽち袋」の写真を掲載したことがきっかけでした。
色鮮やかなねぷたを解体した紙から、まさかぽち袋を作ってしまうだなんて。
大きなねぷた絵ではなく、小さなぽち袋になったことで、その細部に渡る美しさが際立っており、またこれほど美しいぽち袋は見たことがないと思いました。
弘前ねぷたのぽち袋を開発した店長の葛西将人さんは、ねぷたが大好きで、祭りが終わった後にねぷた絵が剥がされるのが、いつももったいないと思っていたそうです。
県外から将人さんの元へお嫁に来た彩子さんの「ぽち袋にしたら素敵だと思う」という一言に、ねぷたのぽち袋を開発しました。
 
「売上の一部を、ぽち袋の元になるねぷた絵を寄贈してくれた団体さんに還元することで、ねぷたを応援しています」と将人さん。
広島や仙台のギャラリーにも置かれているというねぷたのぽち袋。
きっと、ぽち袋を見てねぷたに興味を持ってくれる人も多いはず。
リサイクルをすることで、より一層美しくなった商品の並ぶCASAICOさんでは、週末に割れた陶器を漆で接着して純金や金箔をまぶす金継ぎや、漆塗りの教室も開かれています。
ぜひ一度、足をお運び下さい。
 
CASAICO 弘前市城東中央4−2−11 
電話 88−7574 午前11時〜19時営業 
火曜不定休
 
 
※※※この画像(記事は)は、陸奥新報社提供です。無断転載はできません。※※※

 

 

 

 

エコハンター第112回「身の回りにあるものでぽち袋を作ろう」

 
エコハンター第112回「身の回りにあるものでぽち袋を作ろう」
 
お正月にお年玉をあげようとしたら、ぽち袋がなくて困ったという方、結構いらっしゃるんじゃないでしょうか。
何もない時はティッシュに包んだりしますよね。
 
本日は、急にぽち袋が必要になった時に、身の回りにある包装紙やフリーペーパーで作る方法をご紹介します!
まず、使用済みのぽち袋を用意し、のり付け部分を丁寧に指で剥がして開き、ぽち袋の「型紙」を作ります。
その型紙を包装紙や、紙質のいいフリーペーパーの上に置き、外周に沿って鉛筆かペンで線を引きます。
線の内側をハサミで切り取り、左右を合わせ底を折り重ねてのり付けすると…なんと、新しいぽち袋が出来上がるんです!
 
一般的なぽち袋は15cm×15cmの折り紙でも作れるサイズです。
折り紙を使う場合は、2枚重ねて作ると豪華さが増します。
好みの2色を使い、紙を少しずらして貼り合わせると着物のかさねのようできれいです。
また折り紙を継ぎ合わせたものでぽち袋を作ると、オリジナルのポチ袋になります。
 
封筒もポチ袋と同じ要領で、使用済みの封筒から型紙が手に入ります。
宛名の部分には無地の紙を切り取って住所を書き、のり付けするとかわいく仕上がります。
エコハンターは、郵便物に気合を入れる場合には、無地の封筒にカラフルな水玉模様のトレーシングペーパー(32枚入りで105円で販売中!)と折り紙を重ねてのり付けしたり、きれいな紙をキノコや家の形に切り抜いて封筒に貼ったりして、いわゆる「封筒デコ」を楽しんでいます。
 
ただの茶封筒も、マスキングテープを貼ってデコレーションしたり、ハンコを押したり、イラストを描いたりするだけで印象が変わります。
受け取った人が喜ぶ姿を想像しながら、一手間加えた封筒で手紙を送れば、手作りの温かさも一緒に届くのでないでしょうか。
 
定形郵便で出す場合は、長辺が14〜23.5cm、短辺が9〜12cm、厚さ1cm以内の長方形の封筒にします。
これ以外のサイズは定形外郵便になります。
 
定形郵便は25gまでが80円、50gまでが90円と定形外郵便より安く送ることができるので、お得なのです。