Posts Tagged "もの"

変わりたいと思ったら、変われるものなの。

noteに記事をアップしました!

noteアプリをスマホに入れていなくても

こちらから読めます☆

https://note.mu/yamadaswitch/n/n61536acee315

変わりたいと思ったら、変われるものなの。山田スイッチ

 

ぜひ、お読みください☆

noteでただいま、

毎日エッセイ、イラスト、四コマ漫画を掲載中です!(^▽^)/

ぜひフォローお願い致します!(^▽^)/

 

稲葉俊郎『いのちを呼びさますもの ひとのこころとからだ』

医師の稲葉俊郎さんの著書
『いのちを呼びさますもの ひとのこころとからだ』
(アノニマ・スタジオ)
を読みました。

艶めかしい赤い表紙に金色のシンボル、白い帯がきれい。
赤血球と白血球みたい。
それか、産着に包まれた赤ちゃんのよう。

本は、良き友人に例えられることが多いけど
この本を読んでいると本当に友人が語りかけてくるようで
友達同士でいる時の、「そういえば知ってる?」みたいな
雰囲気でとてつもなく面白い、体の不思議を語ってくれる。

「ねえ、頭頂眼って知ってる? 約2億年前頃(三畳紀)までは、
光を感じるセンサーとしての目は4つあったんだよ」

そんな風に語り掛けてくれる友人がいたら、
毎日はなんて面白いのだろうと思う。
稲葉さんは語りかける。

『進化の歴史からいえば、目の数も変化した。
約2億年前頃(三畳紀)までは、光を感じるセンサーとしての
目は4つあった。ただ、4つのうち2つは退化し、
左右の2つの目だけが残ることになった。
消えてしまった他の2つは、過去に「頭頂眼」といわれ、
脳の一部としての視神経が頭頂方向へ向かって
前後に分かれた視覚器だった。』<本文より>

頭頂眼、めちゃくちゃ気になる。
しかも、めちゃくちゃ詳しく説明してくれる稲葉さんが
物語るのがうまいので、理系の話にも引き込まれてしまう。

第二章の「心のはたらき」では、
意識と無意識、自我と自己を教えてくれるんだけど
話を教えるのがうまい先生のように、
難しくなってくると面白い話題で生徒を眠らせない。

『例えば、仏教の思想のひとつである「唯識」を例に挙げてみよう。
唯識はまさに意識が層構造になっていることを扱ったもので、
4世紀ごろのインドで生まれた考え方だ。
唯識を知らなくても西遊記に出てくる玄奘三蔵(三蔵法師)
の名前は聞いたことがあるだろう。
玄奘三蔵が命がけで天竺(インド)に渡り、
17年もの歳月をかけて中国へ持ち帰ったのが唯識である。』
<本文より>

これを聞いている時(読んでいる時)、
私は勝手に「うっそー! 唯識ってそうなの? マジかっけー!」
とか言いながら読んでいる。

『三島由紀夫も晩年は唯識に傾倒し、『豊穣の海』は
唯識の知識をベースにしながら輪廻転生がテーマとなって
書かれている』
<本文より>

自分の中にある知識で輝くもの。
「これが、面白いんだ」という宝物を丁寧に紹介してくれる文章。
そして、病弱だった幼い頃の彼が医師となって
病とは何かを見つめるうちにたどり着いた世界観は
水のようにひたひたと、その新しさで脳を浸してくれる。

『……もっとも重要な人生のテーマは自己認識であり、
「わたし」を知ることなのだ。
「わたし」という存在が持っている、
表層の自我だけではなく深層の自己をも含んだ
「わたし」を発見することこそが大事なのだ。』
<本文より>

第三章の「医療と芸術」では、どの文章も重要すぎて抜粋しずらい。
古英語の「Hal」(完全である)から生まれた「Health」、
健康という言葉にそもそも「完全」(Hal)、「全体性」(Holism)、
「神聖」(Holy)といった意味合いが含まれている
……物語の導入部から
不思議な言葉「Hal」に引き込まれ、
ギリシャのエピダウロスの考古遺跡から古事記、
メタファー、そしてアールブリュットの世界まで。

そこに何を見い出しているのかを
教えてくれる。紹介されている筋ジストロフィーの詩人・岩崎航さんの
詩の世界が不思議な重さを加え、

稲葉俊郎さんの世界観に深く深く潜っていく。

本当は、当たり前のことなのかもしれないが、
彼の言葉によって初めて意識したのが次の文章。

『誰もが体を持っている、誰もが心を持っている。
誰もが命を持っている。
すべての人は個別に違うものだが、
人種や宗教や思想や文化の違いを超えて、体や心や命には
共通の原理が働いている。だからこそ、
人々は芸術を必要としたし、医療を必要とした。
そうした共通原理の場に立って対話を続けていくことこそが、
今強く求められている。人々は、生命は、
ある共通の土台に立っているのだから。』<本文より>

一人の医師が、
何を感じて生きているのか。
「ああ、こんなことを感じながら生きているんだ」ということが
本当に新鮮で面白い。

世界は、
こんなにもまだ知らないことが多くて、面白いものなんだと
伝えてくれる一冊です。

 

恐怖は静かに忍び寄るもの。

整体師をやってる友人が、コリやら体のねじれ、病気というものは

「静かに忍び寄ってくるもの」だ
って言うんだドグ。



静かに忍び寄り、気づいた時には

手もつけられない状態に!

だから、静かに身に着けたものを
取り去る時は、

盛大に音を立てながら「いだだだだ! やめてー!」



と派手になるそうドグ。




静かに忍び寄るものの一つとして、

体重もあれは、少しずつ増えてくるから曲者ドグ~!



毎年1キロ太っていったら、

5年で5キロ太っちゃうドグ!

「1キロは誤差の範囲内」だと思っていると

手遅れに……!



そんなわけで、ダイエットしようと思うドグ~!(*´Д`)

今日から晩ご飯はキャベツドグよ。|д゚)



先日、セーラー服を着て土偶を被ってしていたら、

土偶を取ったところを見られ、しかも

Twitterに「23歳だったんですね! JK(女子高生)だと思いました。

すごいなあ~!」ってコメントもらったんだドグけど、



この「すごいなあ~」は、

①女子高生じゃないのにセーラー服を着る勇気がすごい

②23歳なのに女子高生のふりをしているのがすごい

③何も、守るものがないというのはすごい

④キチガイってすごい




のうちのどれだと思うドグ……?



①②だったとしたら、

こっちは年齢をたったの一桁ごまかしているのではなく、



倍以上ごまかしているんだから、きっともっとすごいんだドグ~。



(*´Д`)そろそろ、年齢設定を普通に、「不明」に替えようかと

考えているドグ……。




逆に「88歳(米寿)」とかね。



ドグドグ~!

 

その辺のもので生きる

友人の、テンダーさんは20代でアメリカのトラッカースクールに狩猟を学びに出かけ、帰ってきたら鹿とか猪とかをナイフで捌ける人になっていたんだけど。

この子は馬鹿か天才かの紙一重だなあといつも思う。いや、天才なんだけどね。

しかし、会ってみると本当に素直で、楽しい人なのです。


田口ランディさんの「ゾーンにて」にも、彼と思しき人が登場する。トキさんに動物の解体を教えてくれた男の子ととして。

ゾーンにて


そんな彼がアウトドアカルチャーのニュースサイトA kimamaで連載を始めることになりました☆ タイトル決めを上野の大統領で考えていたんだだけど、隣で編集のFさんが「テンダーくんの、アウトドアーとテクノロジーを融合した生活をタイトルにしたいんです! こういう人はめったにいない!」と熱く語っていたので、

「アウトドアーとテクノロジーを混ぜてみる? アウトロジーとかテクノドアーとか。」と言ってみたところ、「う~ん」と唸る編集さん。
「でもテンダーのいいところはサバイバルできるところだと思うの。」と私。「でも、サバイバルという言葉も使い古された感がありますから……」

 

「それじゃ、その辺のもので生きるって、どう?

これを言ったら、「それだ!!」と何故か天啓が降りてきたようになり、タイトルが決まってしまったのでした。

ついでに母である書道家・中田桂翠さんにタイトルを書いてもらい、

 

テンダーのページが完成!!  書にレオナルド・ダ・ヴィンチのイラストを合わせる辺り、テンダーさんはやっぱり最高だなあ~と思うのです。

 

「その辺のもので生きる」

 

かなりその辺のもので生きると思うから、見てみてね! 

 

エコハンター第112回「身の回りにあるものでぽち袋を作ろう」

 
エコハンター第112回「身の回りにあるものでぽち袋を作ろう」
 
お正月にお年玉をあげようとしたら、ぽち袋がなくて困ったという方、結構いらっしゃるんじゃないでしょうか。
何もない時はティッシュに包んだりしますよね。
 
本日は、急にぽち袋が必要になった時に、身の回りにある包装紙やフリーペーパーで作る方法をご紹介します!
まず、使用済みのぽち袋を用意し、のり付け部分を丁寧に指で剥がして開き、ぽち袋の「型紙」を作ります。
その型紙を包装紙や、紙質のいいフリーペーパーの上に置き、外周に沿って鉛筆かペンで線を引きます。
線の内側をハサミで切り取り、左右を合わせ底を折り重ねてのり付けすると…なんと、新しいぽち袋が出来上がるんです!
 
一般的なぽち袋は15cm×15cmの折り紙でも作れるサイズです。
折り紙を使う場合は、2枚重ねて作ると豪華さが増します。
好みの2色を使い、紙を少しずらして貼り合わせると着物のかさねのようできれいです。
また折り紙を継ぎ合わせたものでぽち袋を作ると、オリジナルのポチ袋になります。
 
封筒もポチ袋と同じ要領で、使用済みの封筒から型紙が手に入ります。
宛名の部分には無地の紙を切り取って住所を書き、のり付けするとかわいく仕上がります。
エコハンターは、郵便物に気合を入れる場合には、無地の封筒にカラフルな水玉模様のトレーシングペーパー(32枚入りで105円で販売中!)と折り紙を重ねてのり付けしたり、きれいな紙をキノコや家の形に切り抜いて封筒に貼ったりして、いわゆる「封筒デコ」を楽しんでいます。
 
ただの茶封筒も、マスキングテープを貼ってデコレーションしたり、ハンコを押したり、イラストを描いたりするだけで印象が変わります。
受け取った人が喜ぶ姿を想像しながら、一手間加えた封筒で手紙を送れば、手作りの温かさも一緒に届くのでないでしょうか。
 
定形郵便で出す場合は、長辺が14〜23.5cm、短辺が9〜12cm、厚さ1cm以内の長方形の封筒にします。
これ以外のサイズは定形外郵便になります。
 
定形郵便は25gまでが80円、50gまでが90円と定形外郵便より安く送ることができるので、お得なのです。