Posts Tagged "ゆきの"

ゆきのまち幻想文学賞

毎年、八甲田ホテルで開催される

ゆきのまち幻想文学賞の受賞式は、

本の中にある雪の世界に旅立つような

幻想旅行だった。

 

花の香りいっぱいの会場。受賞者の胸元に飾られたコサージュは、

生のりんごの花。

この日のために開花させて、コサージュにされたもの。

りんごの花のいい匂いがあちこちにただよい、

ふわふわとした気持ちにさせられた。

 

八甲田ホテルは、入ってすぐフロントのところに

棟方志功の書や絵が無数に掛けられている。

かつて、八甲田ホテルと同じ経営の酸ヶ湯温泉に逗留した棟方志功が描いたもので、

「こんな大胆な書を書く人は一体、誰なんだ?」と

近づいて見ると、志功だった。

 

棟方志功の描く絵や、書の前に立つと

本当ににんまりと顔をくしゃくしゃにして、

ただ描きたいから描いてる、描いているだけで気持ちがいい、

もっともっと描きたい!もっと思いっきり描きたい!

という、志功のパワーがぐんぐん伝わってくる。

 

ひょっとしたら、県立美術館にあるものよりもパワフルなものであるかもしれない。

ガラスケースに入っていないところがまたいい。

生き生きとした、何者にも捕らわれず、大海原で泳ぐように

描かれた魚の絵 鷹の絵

そんな書や、絵があちこちに飾られていた。

 

萩尾望都先生は、とても美しい方だった。

あんな優しさは、普通持てないというほど、身のこなしや

雰囲気が優しい。

桃源郷にいる人のようだった。

 

高田宏先生にストーンサークルを造った時の話をすると、

「君に本気で関わったら、大変なことになるのはよくわかる」

と、真顔で言われ、ねぶた囃子が流れて私が跳ね出すと、

「よく跳んだ!」と拍手して褒めてくれた。

 

乳井先生はすっごい頭のいい人。

いろんなことを知っていて、おしみなく教えてくれる。

若山牧水が旅と酒に明け暮れていたなんて

全然知らなかった。そんなことを、

八甲田の雪の回廊をバスで通りながらみんなに語ってくれて

幻想の中に酒を飲んだ若山牧水が現れて、

酔いすぎて温泉に浸かり、疲れを癒しているのだった。

 

受賞者の方ともお話させていただき、

山形の中衛門さんのしゃべる山形弁が、本当に土地と繋がった言葉、

土地と繋がった体を物語っているようで

その物語を朗読した奥村潮さんの声を聞いているうちに、

その土地の持つすばらしい力を体感することができた。

 

これ以上ない晴天の会だったけど、

朗読の時にだけ、中衛門さんの牛乳吹雪が目の前に顕れて

とても素敵だった。

 

すばらしい受賞式。

この会が、ずっと続いていきますように。

 

 

ゆきのまち通信

山田スイッチの『言い得て妙』 仕事と育児の荒波に、お母さんはもうどうやって原稿を書いてるのかわからなくなってきました。。。-090704_1257~01.jpg

ゆきのまち通信の123号の特集 「夏をいとおしむ」に載りました。

表紙がすごく素敵。白地に鮮やかな緑は、私の中の鉄板で可愛い色。苺の赤もたまらなく愛しいです。
初夏の縄文遺跡や、津軽塗りの下駄の魅力をお伝えしてます。
竪穴式住居の前で津軽塗りの下駄を履いて、妖怪イヌジマくんを持って写真に写ったら、見どころがありすぎて逆にわからない感じでしたが。
この日は梅雨の合間の、素晴らしいお天気でした。