Posts Tagged "ショップ"

雪 雄子 舞踏ワークショップ「身体に還る日」


山田スイッチの『言い得て妙』 仕事と育児の荒波に、お母さんはもうどうやって原稿を書いてるのかわからなくなってきました。。。-雪雄子2011



山田スイッチの『言い得て妙』 仕事と育児の荒波に、お母さんはもうどうやって原稿を書いてるのかわからなくなってきました。。。-雪雄子2011

山田スイッチの『言い得て妙』 仕事と育児の荒波に、お母さんはもうどうやって原稿を書いてるのかわからなくなってきました。。。-雪雄子2011  
撮影 手塚愛子 2011年8月 木崎湖畔にて


雪  雄子 舞踏ワークショップ
「身体に還る日」

 2011年11月16日(水曜日) 1:00pm~3:00pm頃迄。
 弘前市鳴海要記念陶房館         
料金 1500円(コーヒーのサービス付)
 2011年11月17日(木曜日)4:00pm~5:30pm
弘前大学理工学部4階8番教室 
  (見学等、自由 )

†その他のお知らせです。
 11月26日~都内経由にて、来春迄はこちらです。  
 長野県上水内郡小川村稲丘西丸山荘 〒381-3301  雪  雄子      
(番地はありません)宜しくお願い致します。
 

雪雄子 舞踏ワークショップ

山田スイッチの『言い得て妙』 仕事と育児の荒波に、お母さんはもうどうやって原稿を書いてるのかわからなくなってきました。。。-110629_1348~001.jpg

今日は2時から雪さんの舞踏ワークショップ。

前回のワークショップで、樹になる ということを本気でやったら途中でイメージの世界に没入しちゃって、樹になってしまっていた。
樹は、若葉が繁る夏、あまりの歓びにもう、これ以上の歓喜を与えないで・・・と思っている。

苦しいくらいの歓びに、体内を駆け巡る光合成の陽の光にはち切れそうになってキミドリ色の葉を繁らせ、「もう、これ以上の歓びがきたらおかしくなってしまう」と、風に吹かれて身体中を揺らす。

秋に、葉っぱが落ちる時、樹は相当ホッとしている。
静かな冬を待ち、また歓喜の春と夏が来ることを。思って眠る。

 

今日は雪雄子さんの稽古場で舞踏ワークショップです。

山田スイッチの『言い得て妙』 仕事と育児の荒波に、お母さんはもうどうやって原稿を書いてるのかわからなくなってきました。。。-090512_1403~01.jpg

写真は、雪さんの生けたオオデマリ。
今日は舞踏家の雪雄子さんの稽古場に、マペコを連れて舞踏のワークショップ を受けにきました。舞踏ワークショップを受けると、忘れていた丹田のことを思いだします。丹田、大事です。

 

雪雄子舞踏ワークショップ 森の記憶 「命の形」

080303_1928~0001.jpg

いよいよ、雪さんの舞踏ワークショップが明日から始まります。

サンクトペテルブルグのバレエホールで、1700人の大ホールに舞踏で1500人を動員した彼女。(大野一雄フェスティバル2007 大野一雄研究所、BankART主催)

きっと、何かが見つかると思います。

場所は弘前市土手町
上土手スクエアで毎週火曜日
午後6時から8時まで。
ワークショップの料金は学生500円 一般1000円です。

お問い合わせは、yukiyuko_butoh@yahoo.co.jp
まで