Posts Tagged "テーマ"

なんか、薄々感づいた。

男子って、追いかけると逃げるじゃない?
男子に限らず女子でも。
好きって言ったとたんに興味を失うというか。
その仕組みが今日、わかった気がするんだドグーーー!!

昨日「テーマが違う」って日記を書いてから後に
「年代ごとにテーマが違うってのもあるのかもしれない」
って思ったんだドグ~。

すごく興味があって必死なって手に入れようとしてる
時にはどうやっても手に入らなくて、
挫折して何年も経って、どうでもよくなった頃に
手に入るってことが、
ドグ子の人生にはありすぎるぐらいにあるドグ……。

欲求が高まってマックスの時に
「ハイ!」ってプレゼントされたら一番嬉しいのにね。

ひょっとすると、その欲求が高まってる時というのは、
ひどく「空回りしやすい状態」なのではないか? と
後になって思うんだドグ。。。

神様って、意地悪ドグ~。(*´Д`)

 

テーマが違う。

自分で作ったコロッケが、

見た目はアレなんだドグけど

妙~にうまいので、ドグ子の家族には好評なんだドグ。



ドグ子は家のことを自分でやらないと

気が済まない性格らしく、

ごはん、掃除、洗濯などをやっていると、

もちろん書く時間は少なくなるので

天才のような文章は永遠に書けないという

ジレンマに陥るドグ。




これは、テーマが違うんだドグな……

というのが今日の悟りで。



人生が一回きりだと思っていると、

この人生で恋愛も結婚も仕事も創作も家事も育児も

なんだってがんばらなきゃいけないような

気分になってくるドグけど、



人生が何回もある→生まれ変わりがある

と思えば、



「今期の目標は天才コラムニストじゃなくて、

家事のできる土偶なんだなあ」




と、

割り切って暮らせるんだドグ。



一番大事なのは、生き延びることだと思っていると、

どうやったら平常運転で回せるかってすごく大事で。

できるだけストレスがかからない生き方を今、

選択してると思うドグ。




それで、面白いのは楽な道を模索しているうちに年を取って、

昔はストレスがかかってできなかったことも

こなせるようになったことなんだドグ~。



もう、テレビが回ってても全然気にならなくなったドグ子は

最近は市のPRビデオに

出演とナレーションとイラストを提供しているんだドグけど

そういうの全然、苦にならないドグ。



4コマ漫画を描くのは大変ドグけど

1コマ漫画ならいける……のが今の現状で。

4コマ行けるようにするにはもう何年か、

1コマを描き続けてみようかとも思っているんだドグ。



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そういう風にしていたら、

すっごい時間かかるけど、

ストレスなくぬる~っと行けるかなあ?

って思っているドグ~☆



でも、まさか自分がのんきな土偶になるだなんて。

20代の頃は予測もしなかったんだドグ。



(*´Д`)はふーん

 

宗教的なテーマへの挑戦

スティックのりと修正液と定規を使って

ウルトラマンに拝んでもらったら、



なんとも言えない宗教的な雰囲気に。





昨日は宗教について考えて眠ったんだドグ~。



やっぱり最強の宗教は、太陽信仰かな? と。



ドグ子、2年ほど浄土真宗の勉強会に通って

親鸞上人のこと勉強してたんだけど、



親鸞っていえばドグ子のテキトウな解釈だと



悪人でも助かる「悪人正機説」とか

「俺が死んだら死体は鴨川にでも捨てとけ」って言ったことで



有名じゃないですか。



あと、「難度海を渡る船に乗る」とか、



「南無阿弥陀仏」って唱えたら誰でも救われるとか。



普通の人の心理だと、

「いやいや、唱えただけでは救われないでしょう???」

とか、



「そんな苦難の荒海を渡る船には乗ってるか? 

って聞かれたら私、乗っていませんわ」



って思うわけで。

船に乗りたくても乗れてない、



「南無阿弥陀仏と唱えただけで救われるって言われても、



全然救われた気がしない。」



って正直思っちゃうから。

だから親鸞上人みたいにがんばって

その境地まで行って、救われようってみんな

真面目に仏教勉強しよう~!!って考えになるんだと思うんだドグけど



どちらかと言うと親鸞上人って、

考えすぎて考えすぎて、ひっくり返って

逆に「救われたー!」ってバカになることができた

人なのかな?? と思ったの。



親鸞上人って若いころ、悩みまくってたから。

悩みの底までたどり着いて、ひっくり返ったんじゃないかしら。



ドグ子は太陽信仰の人だから、

「船乗った?」

って聞かれたら、

「乗った、乗った!」



って答えちゃうんだYONE☆



「えっマジで? それじゃ阿弥陀仏の本願には?」



「触れた、触れた! マジ救われちゃったYO~!」




って。こういうところはドグ子、

精神的に日サロに通ってるタイプに近いんDAYO~☆



ちなみに阿弥陀仏の本願っていうのは、



阿弥陀仏様が「全ての人間は俺が絶対の幸福のうちに救う!」

って誓ったから全員が救われるっていう話で。

全員が救われるっていうんだから、いわんや悪人をや

っていうのが悪人正機説だとドグ子は思うの。



それで、太陽信仰のいいところは

太陽って、本当に与えるだけ与えて、

見返りを求めないじゃないですか。

それは、誰にとっても太陽はそうだなあって。



ぽかぽかあったかいし。



太陽、最高じゃないですか。



だから、「阿弥陀仏って実際のところ、太陽なんでしょ?」



って思って言ったら、



浄土真宗の人に「それは全然違います!」

言われてしまったのだけど。



ドグ子にとっては太陽が

アミダブツなのでした☆



ドグ~!

 

最近のテーマ。

最近、コラムを書くときに心がけていることがあって。

人というのはこだわりがある時に最も強いメッセージが発せられるけど、

一度そのこだわりを捨てて、捨てた状態から何かにこだわってメッセージを発したいという

1つの欲望があって。


私は何にこだわればいいのか、が

最近のコラムから即、読み取れた。

それは、「弱さの情報公開」(BY 向谷地生良さん)の徹底というものだ。


コラムを書いていると、だんだん小賢くなって小さくまとまりそうになるのを、徹底的に分解して捨てて、ダメさをもっと追求して、ここまでダメなのにまだダメ!という私の日常の、最も弱い部分の情報公開を、徹底していこうと。昨日、原稿書いていて思ったんだよね。


どうしようもないネタばっか書いていこう…と。


だから、やっぱり西原理恵子さんのマンガが面白いのは、

徹底した弱さの情報公開にあると思うから。

腹くくっていこうと決心した次第でした。


オマケ。最近読んだ中で最も新しい考えが載っていた本。

安心して絶望できる人生 (生活人新書)/向谷地 生良
¥777
Amazon.co.jp

この本は、本っっっっ当に面白いです。

考え方が新しすぎ。読むべし。