Posts Tagged "下駄"

エコハンター第43回 「下駄と土踏まず」

 

 

エコハンター第43回 「下駄と土踏まず」

 

一昨年から足裏の掴む力を鍛えたくて、

夏は下駄をよく履いているエコハンターです。

そのおかげなのか何なのか、

私の足の裏にはものの見事な土踏まずが出来たのでした。

 「この土踏まずなら人に見せても、自慢できるな…」と、

なぜか誇らしげな気になります。

 

人は誰でも生まれた時は扁平足で、

土踏まずは大体、8歳ぐらいで形成されるといいま す。

しかし、現代っ子はあまり歩かなくなっているのか、

土踏まずがなくなってきているのだそうです。

土踏まずがないと、歩く時の衝撃をうまく逃すことができず、

痛みや疲労のもとになるそうです。 

 

息子の足を見てみると、

通っていた保育園で裸足保育を取り入れていたためか、

小学校に入って学校までよく歩くようになったためなのか、

足の裏に立派な土踏まずができていました。

足裏の掴む力を鍛えるには、裸足で過ごしたり、

足の指でビー玉を握ってみたり、タオルを足の指で掴んで持ち上げ、

床に置くという動作を繰り返すと良いといいます。

 

健康番組で長年司会を務めたみのもんたさんが、

今でも続けている健康法を聞かれた時 に、

「お風呂で足の指をグーパー、グーパーと20回やること」と答えていたように、

足は 健康を考える上で大事な所なんですね。 

下駄を履いた足をよく見ると、板の上で指先が踏ん張って、

アーチ状になっているのがわかります。

 

私の愛用の下駄はなんと、津軽塗りです。  

これを履くと、足の裏に板が吸い付くような心地良さがあります。

鼻緒を足の指でギュッと掴んで、散歩がてらにトレーニング。

 

津軽塗りの下駄は他の漆塗りのものに比べて、丈夫で割れにくいのが特徴です。 

普通の漆塗りのものは一日履いただけで漆が割れるということが

意外と普通にありますが、津軽塗りは普通の道路を歩いている分に関しては

本当に割れにくいのです。(さすがに砂利道には不向きですが……)

 

最近の下駄は底にゴムが貼り付けてあって滑りにくく、快適に歩けるようになっています。

下駄は、鼻緒がぼろくなっても新しい鼻緒と交換してずっと履けるからエコですね。

鼻緒はきつすぎたり緩すぎたりすると危ないので、

履き物やさんに相談して、鼻緒を直 してもらうなど、

快適な足裏ライフを取り入れてもらえればと思っています。

 

 

おすすめの履物屋!津軽塗りの下駄が買えるよ。

えびすや履物店

 

<エコハンター第42回 「バッチャの甘酒」へ>

<エコハンター第44回 「エコハンターだからね」へ>

 

ほかの回のエコハンターはこちら!

 

 

※※※この画像(記事)は、陸奥新報社提供です。無断転載はできません。※※※

 

 

 

 

東京で、津軽塗りの下駄に出会えます!

着物デザイナー・やまもとゆみさんの

「履いて、履いて、あるく」が本日から開催です!


女の子にとっての宝物のような、

美しい下駄をデザインするやまもとゆみさん。

津軽塗りの下駄の、美しさを存分に引き出すような

繊細な鼻緒を結びつけるやまもとゆみさんのお履き物は、

お着物好きの女性なら、一度は観てみたいもの。


やまもとゆみの、「履いて、履いて、あるく」は

コチラのサイトから!


http://expoyumi.exblog.jp/14152987/

以下、HPより転載致します。

「履いて、履いて、あるく。」

やまもとゆみはヨーロッパツアーを終え、日本に戻ってきました。
漆を40回塗り重ねた400年の歴史を持つ「津軽塗」をポップでキュートな下駄にデザインしています。
また下駄にあわせる足袋(靴下)は、マルタンマルジェラやナイキのシューズにもぴったり。
おしゃれは「あしもと」から、やまもとゆみの作品に会いにきてください。

東京では、下駄のおあつらえをたまわります。
限定数生産のピンクの津軽塗や3色塗り分けのポップなものをやまもとゆみオリジナル花緒と組み合わせて世界にひとつをお作りいただけます。

 会期:2010年10月20日(水)-23日(土)14:00-19:00
        10月24日(日)13:00-17:00
 場所:Ruby in the Soda
    東京都港区西麻布1-8-12
utena house 1F 
     TEL & FAX 03-3475-8266
お問合せ:http://www.rubyin.net

 

下駄が来る!

山田スイッチの『言い得て妙』 仕事と育児の荒波に、お母さんはもうどうやって原稿を書いてるのかわからなくなってきました。。。-090520_1023~01.jpg

歩くことが楽しくなる靴として、都会のアスファルトの上でも凸凹道を歩いているような感覚を持ち、自然と身体がバランスをとることで健康に良いと言われるマサイ・シューズというのが流行っているのですが。

マサイ・シューズって三万円以上もして高いんですよ。なので、それに代わる何かが見つからないかと思っていたら先月、エレキが下駄を履いて神奈川からやって来たのでした。

下駄ってどうなの?
そう聞くと、エレキ。「靴と違って、クッションが何もないから、自分の足でバランスとるように自然にできてるんですよ。今の人って、土踏まずがないっていうじゃないですか。多分、クッションに助けられるから必要がなくなるんですよ。下駄を履くと土踏まずが出来ますよ」

そうか。ならばと思って試してみたのは、毎日の生活にちょっと飽きてきたから。大概、スーパーにしか行かなくなったからせめて、足下ぐらい変えてみたい。

それで、下駄を履いてスーパーに行ったら、足がすごく気持ちいいんですよ!
カラコロ、カラコロ気持ちいい!

何事!?って感じ。買い物してるだけで気持ちいい!
車の運転だけは向かないけども、それから毎日、下駄を履いて散歩してます。

先日、Koyomiさんから師匠とマペコにって、弘前にある「ゑびすや」さんの桐の下駄を頂きました!

もしも、弘前で親子でカラコロ買い物している人を見かけたら、それは私かもしれません。

画像は散歩の途中、やまもとゆみと津軽塗りコラボの下駄を履いて。
気持ちのいい初夏です。

やまもとゆみさんの下駄はこちらで!http://www.miette.info/01yumi/menu/01menu01.html
ゑびすや 弘前市本町にある創作はきもののお店。
パンのマタニから徒歩1分。青銀の向かい辺り。

 

かわいい下駄の鼻緒に夢中。

ゆみ4
津軽塗りの下駄とやまもとゆみさんの着物。
(着物は一部を除いて展示販売されています!)
harappaギャラリーで着物作家やまもとゆみさんの、
「きもの はきもの かわいいもの」展が始まりました!
あまりに可愛い鼻緒の数々。お履き物。
赤い水玉の着物用下着・ランジュ・プチ。

乙女心を、ギュッと握られてしまいます。
好きな鼻緒を選んで、津軽塗りの下駄に合わせて……
まさしく自分だけのMY下駄ができるという素敵な企画。

ゆみ3

工芸品大好きなスイッチかあさんにはたまりません。
弘前には本当に乙女心をきゅっとさせる
こぎん刺しやあけびづる細工、ブナコの木のお皿、津軽塗りなどの素敵アイテムが
たくさんあるので、観光で訪れた方はぜひとも、工芸品にも触れてみて下さい……!

現代着物作家さんであるやまもとゆみ・meets・津軽塗り。
きっと小粋な足元を演出してくれるはずです!

ミシンで着物 綿・麻・ゆかた/やまもとゆみ

¥1,575
Amazon.co.jpかわいい音楽すてきな暮らし no1 (1)

¥1,890
Amazon.co.jp

ゆみ2
鼻緒が美しいって、今までなかった感覚。

ゆみ1
ずらっと並んだ鼻緒。どれにしようかな…?

詳しくはコチラへ。
きもの・はきもの・かわいいもの展は
土手町・harappaギャラリー(中土手町・マル幸あかいし向かい)にて
8月1日から8月24日まで開催です! 
水曜定休 Pあり。