Posts Tagged "人生"

生きることとは、全人生を賭けた実験

生きることとは、全人生を賭けた実験ドグ!

毎日、実験結果が与えられて、

一つ一つが記憶として降り積もるドグ。

 

結婚するとか、恋愛するとか、まさに実験。

色々試しているんだドグ。

 

そんなわけで、
新しい家に引っ越すために40年使われてきた
家具を買い替えようと、

ニトリに行ったんだドグ!

 

ドグ子にとって家具は色がとっても大事。
だけど、
最終的には気になる椅子に全部座って、
ケツの座り心地で選びましたドグ~!

 

い、色!
色が予想もしない展開に……!!

 

長く使うものだから、座り心地はぜったいに譲れないと
ケツが言っているんだドグ……。( ゚Д゚)
その結果、見つけたダイニングチェアは
木製に白い座面の付いた、超ナチュラルな感じに。

 

「ニトリって広いけど、
気に入る椅子は一つぐらいしかないね!」

って、ケツが言っていましたドグ……。(*´ω`)

 

 

打診打診だよ、人生は。

おはようドグ~!



ドグ子です。

「打診」という言葉が好きなドグ子なんだけど、

この由来をちょっぴりお伝えできればなあと

思って今朝は書いてるドグ☆



人って、思っていることを口に出さないと

伝わらない生き物なのに、



自分の思っていることだけは、



思っているだけで伝わると



誤解する生き物だと思うんだドグ~!



だけど、「打診する」と決意した時、

言葉は、頭のなかから初めて体の外に出る
んだドグ。



「こんなことを思っていたのか!」



と、初めて伝えられるの。



神社に行ってドグ子が「80万円下さい!」って

お願いすると、それは神さまとドグ子には伝わるけど

他の人にはドグ子が80万円欲しいと思っていることが伝わらないので



ドグ子は「80万円下さい!ってお願いしたんです」って

他の人にもお話するの。




そうすると、初めて「ああ、ドグ子君は80万円稼ぐ気持ちがあるのね」



っていうことで、80万円分の仕事が舞い込んでくるの。



ようは、自分の内にあった言葉を



意を決して自分の外に出すことをドグ子は



打診と呼んでいるんです☆ドグ~!



奈良美智さんに本の表紙を描いてもらいたいけど、

思っているだけじゃいつまでも伝わらないじゃない?

岡田さんに会ってみたいけど、

思っているだけじゃいつまでも伝わらない。



だから、言葉にして体の外に出してあげると、

海に一滴の色の付いた水が落ちるように

ただ何もせずに思っていた状態とは少し

違う状態に行けるんだYONE☆

 

しあわせスイッチ





ドグ子はそうやって打診して、

奈良美智さんに表紙を描いてもらって、

庭に竪穴式住居作って、

ブラジルでサンマを焼いて売って歩いて本にして、

青森県に巨大ストーンサークルを造ったから。。



初めの一歩であって、

一番しんどい、

「言葉にして相手に伝えること」を、

とても大事にしているの。



それを、打診と呼んでいるんだドグ~。



でも、打診さえすれば、後はやって来るものをどんどんこなすより

他がないので。

巻き込まれるように働いていくんだけど

その一歩がないと、働くことができない。



好きな相手に、好きと言わないと

何も始まらないよね。

誰も「お察し申し上げます」なんて言って

先取りしてなんかくれないんだから。



打診するのは、とても面倒なことなんだけど、

ここぞという時には全力を出して

いける土偶でありたい

と、ドグ子は思うんだドグ~☆(^O^)p



ドグドグ~☆

 

ダーリンはブッダ 第12回 人生の先が読めない

イラスト/ナカエカナコ             
 
ダーリンはブッダ 第12回 人生の先が読めない
              
 よく見ると、彼は入学当初よく学校行事で見かけた応援団で粋がっていた春日先輩だった。それが、怖いぐらいに脅えて顔色も青く、どこか学生服も薄汚れて見え、今すぐ保健室に連れていかなきゃ死んでしまうのではないかと思えた。
「ちょっと、大丈夫ですか!?」
 声をかけると先輩は青ざめた手に握っていたスマートフォンを取り落とした。冴馬はそれを拾って彼の学生服のポケットに入れると、静かに背中に手を当てて、ゆっくりとさすった。冴馬は静かに、ゆっくりと背中をさすり続けた。すると先輩が泣き出したのだ。
「保健室、行きますか?」
「いや、いい。」
「それじゃ、すぐそこに僕たちの部室があります。そこで、休んでいってくれませんか?」
 冴馬がそう願い出ると春日は静かにそれに応じた。まだ目がうつろでどこか魂が抜けているような、危ない状態だった。先輩を仏教部の部室に連れて行くと、タカハシが驚いて言った。
「春日先輩じゃないッスか。ど、どうしたんスか?」
 タカハシは入学当初、ほんの3日だけ応援団にいたことがある。応援団の練習中に「フ〜、ちょっと休憩していいッスか?」と、あまりにも慣れた手つきで煙草に火を付け、プカプカと吸い出したために西校・応援団を退部になったのだ。
 頭のいい良い子ちゃんが集う西校の中では悪い奴ばかりが集まっていた応援団でも、校庭で人が見ている目の前で煙草を吸う奴なんてのはいなかった。みんな隠れて吸うのはうまかったが、タカハシみたいに普通に「煙草は、うめ〜な〜」などと言って吸う高校生は存在しなかったのだ。ちなみにタカハシが中学時代、咥え煙草で受験勉強をし、晩酌しながら最難関の西校に受かったことは有名である。
 応援団長だった春日は他の団員の手前、一年のタカハシがする無茶苦茶を見過ごすわけにはいかず、やむなくタカハシを退部させた。
 春日は、タカハシの姿を見ると少し懐かしそうにし、ぽろりと涙を浮かべた。そして言った。
「俺は……俺の家族は、もう、殺されるかもしれない……もう、生きていたって何のいいこともない……」
 と……。冴馬は、ただ黙って聞いて、彼の肩に手を当てた。ずいぶんと長い時間が経った気がする。タカハシも何故か春日先輩があまりにも傷ついているのに驚いてか、何も言わなかった。私は黙って部室にあるポットからお湯を注いで森永のココアを淹れた。
 何か、そうした方が良いような気がしたのだ。先輩の前に差し出すと、先輩はぶるぶるとカップに手を触れた。
「……たいしたことのないイタズラだったんだ。ちょっとからかったり、プロレス技をかけたり、水泳の後にパンツを隠したりするうちにそれが楽しくなった。俺の家は両親とも教師をしている家だから、家ん中がクソつまんねくて、それで面白いことねえかと思ってクラスのバカをからかってただけなんだ……。そうしたらそいつが、自殺未遂を起こしたんだ……」
 春日のカップを握る手がまたブルブルと震えだした。
「それでもたいしたことないと思ってたんだ。だけど周りは違った。今までそいつがいじめられるのを笑って見ていた連中まで俺との関わりを急に断とうとして、無視し始めた。
 たった一日で状況が前と180度変わったんだ。自殺未遂でも死ななかったから、マスコミは来なかった。その代わり、そのイジメてた奴が友愛会に入ったんだ。それから、そこの会長やってる瀬ノ尾っていう女がよ、俺がやったことを全部聞き出して、それを全部あいつのコミュニティサイトに書き込み始めたんだ。
 最初のうちは、つまらねえことしやがってぐらにしか考えてなかった。だけどどうやら、あいつのサイト、この学校の6割ぐらいの連中が見ているみたいなんだ……。『どうやったらなくなるの? イジメの問題』とかってタイトル付けやがってよ、それでいて俺のことを実名でそいつに何をしたか克明に書くんだ。『マスコミに載らないこの学校の真実』とかなんとか。それを、ただの個人的な日記であるかのように書いて、俺の両親が教師をやっていることまで書き出した。知っている連中が読めばすぐにわかるような文面で書きやがるんだ。それで、俺の妹が一週間前に、後ろから『卑怯者の妹!』って言われながら道路に突き飛ばされたんだ……。
 何もしていない妹がだ。妹は怖くなって学校に通わなくなった……なんで、俺の妹だって知らない人間に妹の顔、ばれてんだよ……。それでもう、気が狂いそうになってその女のサイトを毎回チェックするようになった。あの女が書き込むとすぐに家族に何か起きるような気がして、それで読むと俺のことが書いてある。コメント欄にそれに同調する書き込みや、同じクラスのヤツが見た俺のもっと非道いイジメが書き込まれていく。読むと心臓を握りつぶされるような気持ちになるけど不安で、読まずにいられねえんだ。もう、ずっと、生きた心地がしねえんだ……」
 その言葉を黙って肩に手を置きながら聞いていた冴馬が言った。
「……ずいぶんと複雑に、絡まってしまったんですね。」
 春日は黙ってうつむき、静かに涙を流した。
「そんな恐ろしいことをする人からは、逃げた方が得策なんですが。先輩の場合は家族まで連れて逃げるわけにはいかないのでしょう? だけどインターネットサイトとて、ただ人が暇つぶしにやっていることです。瀬ノ尾さんの書くことが退屈になったら、人は誰も読まなくなるでしょう。それに瀬ノ尾さんが三日あなたのことを書かなくなったら、人は、あなたのことなんて忘れてしまいますよ。人はそんなには他人に興味を持ち続けられないものです。ただ、あなたを悪だと決めつけることによって、正義の名の下に色々なことができるとつい、卑しさを出してしまう人もいるかもしれませんね……」
「あの愛羅って女だったら止めろ言うても聞かんのやろうなあ。先輩、面と向かってやめれ言うてやったんスか?」
「言おうとした……そうしたら友愛会の連中に8人がかりでボコボコにされたんだ。俺がイジメてた奴が、俺のことを靴で楽しそうに何度も蹴飛ばして来たよ。あの会は、強い連中はいないけど60人くらいの会員がいるんだ……あれだけの人数で集団でやられたら……太刀打ちできない。校外の活動をしているヤツも含めたら何人いるかわかりゃしない……。商店街を通る時に誰もがあの女の手がかかっている人間に見える。もう、胃が、石でできているみたいに硬くなってしまった……」
「なんで、商店街でボランティアするような人達が、たった一人の人のことを蹴飛ばしたりするのかしら……。」
 すると冴馬が言った。
「自分を、絶対の正義だと信じた時、自分の反対側の意見は許し難い悪になってしまうんだ。『悪を倒す』は人が最も興奮する物語だからね。瀬ノ尾さんはその辺の人の意識をうまく利用して書き込みを行っているんだろうね。そして読んだみんなは正義に燃えて我を忘れてしまうんだよ、きっと。」
 冴馬は先輩の肩に当てていた手を、そっと顔に触れさせた。心無しか、冴馬が手を当てていたところだけ先輩の生気が戻ったように見える。先輩が両の手で顔を抑えて言った。
「俺は、どうしたらいいんだ……?」
「……もしも、この学校内でまた先輩に危害が加わるようなら、この部室に逃げ込んで来てください。ここは、あなたの避難場所です。あと、ヒカルさん……」
「な、何? 冴馬。」
「もしかすると、この仏教部に身を置くことによって、ヒカルさんに迷惑がかかるかもしれない。だけど、多分ここにいれば、人の本当の姿を見ることができるんだ。1ヶ月だけ、
僕に賭けてくれないかな?」
 私は冴馬がこの先輩のために、何かをしようとしているのだと気が付いた。最初から教室で無視されていたガリ子に声をかけたり、ガリ子を仏教部に勧誘したり。冴馬って、そういう人なのだ。まあ、この先輩に関わったら、確かに何か悪いことが起こりそうな予感はする。
「……いいわよ、冴馬。私には、少ないけどもすごい友達がいるもの。」
「……ありがとう。」
 冴馬はにこっと笑って言った。
「しょせんイジメもロジスティクスです。発生源があって需要がある場所に供給されてゆくもの。どこに何が供給されていくかの因子を突き止めれば、解決のいく問題だと思う。大元は友愛会だそうですが、友愛会から発信される情報を変える方法はあるはず。そこに、僕は切り込んでいこうと思う。」
「おお〜、戦争やのう!」
 タカハシが嬉しそうに椅子を揺らした。私はできることならいざこざには巻き込まれたくなかったが、冴馬の言う『人の本当の姿』というものに興味を持ち始めちゃったのだから、仕方がない。冴馬は、私が何も悟れないご近所宗教の娘だっていうことを知っているのだろうか? 人のことが何もわからないから、余計に私は知りたくなるのだ。
 
   思いはどこから
  
 ガリ子は部室を飛び出した後、タカハシが追いかけて来なかったのでショックを受けてバスに飛び乗り、デブ子の家に向かっていた。ガリ子はバスに乗るとき、ステップの段差で股関節を外しそうになる。慎重に慎重にとバスに乗り込むと、乗るのに時間がかかったためか、久しぶりに感じる嫌な視線を身に浴びた。
(これだからバスって嫌なのよね。ママの言うとおりにタクシーに乗れば良かった。人のエゴには超うるさいくせに自分のエゴは可愛いとか思ってる集団が乗っているんだもの。どんなエゴだって可愛いって事をわからせてやりたいわ……)
「3千グラム……」
 ガリ子は思わず声に出して言った。
(新生児一人分の重さを増やせだなんて、どういうことなのかしら……ひょっとして高橋君、私の、赤ちゃんが欲しいのかしら……?)
 そう思った途端、ガリ子は何やら晴れやかな思いが胸に宿るのを感じた。バスの広い窓から陽光が差し込んでガリ子を照らし、頬が薔薇色に染まった。空は驚くほどに青かった。
(そうね、赤ちゃんを作るんだったら、もう少し体重を付けてもいいのかもしれないわね。どうせ産んだら出て行った分3千グラム減るんだし。胎盤も出て行ったらもう何キロか痩せるのかもしれないわ。ああ、高橋君がそこまで考えてくれていたなんて……! 私だったら臨月の妊婦の状態で、ヒカルさんぐらいのウエストでいられるわ。どうしよう、ヒカルさんと裕子ちゃんに相談しなくっちゃ。)
 ガリ子は薄っぺらい自分のウエストを見て、生まれたばかりの赤ちゃんを想像していた。
(そういえば生理は止まっているけど、3キロぐらい太れば元に戻るのかしら? そういえば生理が止まったのって40キロを切った辺りだったわ……それじゃあ、もっと太らなきゃダメっていうこと? まさかタカハシ君ったら、私がまだ相談していない生理のことまで心配して……?)
「でも、私と高橋君の子どもだったら、可愛いこと間違い無しだわ。」
 ガリ子はタカハシのことを考えるだけで幸せだった。目をつぶると改造した学ランの太い腕を自分の左側に想像できる。タカハシのことだったら髪の生え際の、赤く染まる前の黒髪でさえ愛せるような気がした。悲しいほどつまらない学校生活を送っていたガリ子にとって、自分が興味を持てる存在がいるというのは不思議なほどに刺激ある出来事だった。そして夢中になっているうちに、少し自分への興味が薄れているのに気がついた。カロリーを計算する時間が減って、タカハシの顔ばかり思い出している。
(高橋君、いつも赤い靴下を履いているから、きっと赤が好きなのね。来月はクリスマスだもの。赤いマフラーを編んでプレゼントしようかしら。それとも、赤い髪が目立つようにマフラーは赤が映える色にしたらいいのかしら……)
 冬の青空はガリ子に祝福を与えている。ガリ子は青空が自分に語りかけてくるのを感じた。透明な雲の向こうからメッセージが伝わってくる。
 よく気付いたね。良かったね。本当に良かった……と。
 
 その頃、冴馬は春日先輩を三年の玄関まで送り届けていた。送り出すときに一言、「この携帯を見ても事態は変わりません。」と言った。
「もっと言ってしまえば、この中には瀬ノ尾さんの作った桃太郎とか浦島太郎のお話が入っているだけです。物語を聞いた人が亀をいじめたと言って、現実と非現実の境目を失って悪さをするかもしれませんが、その物語も長く続けば効力を失います。人は必ず飽きるんです。きっと、明日にでも。」
 春日は力弱く頷くと、人気のない中庭を見てホッとして家路を急いだ。冴馬はそれを静かに見守っていた……。
「……それじゃあ、ロジスティクスの説明をするね。」
 冴馬は部室に戻ると白い紙を広げ、何やら説明を始めた。
「ロジスティクスは、ようは供給ルートなんだ。もしもヒカルさんが学校に来る途中、消しゴムを欲しいと思った時にはコンビニと百均と文房具店という購入手段があるわけだけど、この辺で一番買いやすいのはどこの消しゴムだと思う?」
「この辺だったら……ローソンかな? 文房具屋さん、遠いし。」
「そう。さほど遠くなくて値段も高すぎない。近い場所のものを僕らは選ぶ。ローソンの消しゴムは中央から搬送されてくる。搬送ルートを断てば、僕らはローソンで消しゴムを買うことができなくなるのでやむなく文房具店まで行く。百均はもっと遠いからね。
 これを瀬ノ尾さんの無自覚なイジメに置き換えると、供給源は瀬ノ尾さんのパソコンで、ルートはネットの情報サイト、受け取るのは端末を持った読者である60パーセントの学校の生徒達やその他の人達……。それのどこかを断てば、春日先輩への報復は弱まると思うんだ。だけどその供給源を断つ方法は、瀬ノ尾さんのパソコンを壊すか、書き込みができなくなるほど忙しくさせるか……、興味を他の対象に移し替えるしかないと思う。
 瀬ノ尾さんのパソコンを壊すと器物損壊の罪になるからこれは却下だ。パソコンがなくても端末から書き込めるだろうし。だとしたら、サイトで扱う商品を替えるまでだよ。消しゴムが欲しい人に、ノートを薦めてみるんだ。読者だって本当に消しゴムが欲しかったかどうかなんてわからないわけだし。」
 冴馬は紙に「消しゴム=春日先輩のイジメ問題」→「ノート=違う問題」と書き込んだ。
「そこで、思ったんだけど。僕が目立って瀬ノ尾さんの興味を引けば、イジメの対象は僕に変わるのではなかろうか?」
 冴馬はあまりにも普通にそう言った。
「ちょ、ちょっと! そんなことをしたら冴馬の方が陰険なイジメの被害者になって非道い目に遭わされるわよ! それに春日先輩だって自分でいじめてた相手に報復されているわけだもの、自業自得じゃない?」
「うん。たとえ自業自得でも、あの人はこれ以上ないくらい弱っていたんだし、痛みを知れば人を傷つけることはなくなるし、もう許されていいと思うんだ。それに、天罰は天が下す物であって、人が下すものではないと思うよ。」
「だからって冴馬があんな目に遭ったらどうするの!?」
「さっき言ったように、大体の人は近ければ安い百均よりもローソンへ行くよね。近いっていうのは少し危ないことなんだ。他の条件が空ろになって分けて考えられなくなるからね。脳の中の事象であっても、自分の身に遠いことよりも近いことを本気で考えてしまうでしょう? 『自分』というものは、自分に一番近いからそれを狙われた春日先輩は少しおかしくなってしまったんだ。だけどその上で身の安全を守る方法もあるんだよ。自分を、最も遠い場所だと……他人であると考えると、自分が狙われても平静でいられる。」
「ハイイ!?」
「ああ、ごめん。色々と話がごちゃまぜになった……。ようは、僕は自分がどうなってもそんなに気にはならないんだ。」
(気にならないって……)
「……ただ、」
 冴馬はうつむきながらヒカルに言った。
「ヒカルさんが同じ仏教部の部員ということで、巻き込まれてほしくはないんだ。僕は、自分のことは他人に思えるけど、ヒカルさんのことは、他人とは思えないから……」
 私は自分の顔が真っ赤になるのを感じた。他人に思えないって、どういうことなんだろう……? 冴馬は、一緒に歩いた北校からの帰り道ことを、まだ、覚えてくれているのだろうか。私はいつでもあの日の満月のことを考えている。月が満ちてくると冴馬のことを考えてしまう。冴馬は……?
「面倒くさいのう。友愛会ってヤツをボコボコにすればいいだけの話じゃないんけ?」
 タカハシが言った。
「それでは友愛会がやっていることと同じになってしまうからね。ただ、こういうことは気になるか、気にならないかで決めていいと思うんだ。僕はさっき、春日先輩とネットとの関係に興味を持ってしまったから、もう関わってしまっているのだと思う。だとしたらこれは、僕の問題なんだよ。僕は、気になるということを大切にしたい。高橋君とも、気になったからこうして一緒にいられるんだしね。」
 冴馬は邪気のない笑顔で言った。タカハシは「ばかやろう……」と照れた。私はこれから起こることについて何の見通しも立てていなかった。自分が大変な目に遭うとも知らずに……。帰り道、タカハシがガリ子を探しに行き、私と冴馬は二人きりになって歩いて帰った。恋人ではないけれど、一緒に歩いていられる今の距離が、嬉しい。月はまだ半月で、冬の夜空に星がきれいだった。帰る途中にパチンコ店の前を通ると、そのネオンが群青色の闇に浮かんで驚くほどにきれいでびっくりした。
(クリスマスのネオンみたい……ただのパチンコ屋さんなのに……。)
 冴馬のことを好きになってから、色々なものが美しく見える。風が吹いて落葉した桜の木が揺らいでいる。その枝の間から星が見える……。きれいすぎて、時折悲しくなるくらい。
「ヒカルさん、僕にとっては学校生活っていうのは特別に思えないものなんだ。学校では瞑想している時間の方が長い。それよりも、この学校に居づらくなってしまった人が、少しでも安心できる場所を作りたいと思っているんだ。僕は、みんなといるとすごく落ち着くから……」
「そうだね。」
 冴馬が普通のことを私に語りかけてくれるのが嬉しい。できるだけ、近くにいて、冴馬が動く度に秘かに聞こえる衣擦れの音を聞きたい。隣にいると暖かく感じるいつもの冴馬の匂いを嗅ぎたい。できることなら、冴馬と一緒に見ているもの全てを、ずっと覚えていたい……。

 

第11回「冬の訪れ」
第13回「オーディエンス」
 
ダーリンはブッダ 目次
 

よしもとばななさんの「人生の旅をゆく2」

ばななさんの「人生の旅をゆく 2」を読んで、

震災の時、ばななさんがどうしていたのかを知ることができました。

ばななさんの本を読んでいると、まるで自分がその生活を体験しているような

妙な錯覚を覚えてしまう。だから、エッセイの中でけんちん汁が宅配便で送られてきたりすると、

私まで嬉しくなってしまう。

 

心に留めておきたい言葉を三つ。

 

 「掃除をすることも、歩くことも、起きることも、みんな瞑想の一部のように行えば瞑想の必要は

ないと聞いたことがある。自分の身体は寺院だからその祭壇にファストフードはお供えしない

方がいいという話しも。」

  ( 『人生の旅をゆく 2』 「青い女の青い憂鬱」より)

 

「あんなに好き合っていたら、好きすぎたら、いっしょに住むのは無理です。

結婚は無理です。公には言えませんけどね。」

 (『人生の旅をゆく2』  「河合先生ありがとう」より)

 

 「子犬は、ひもが身体にからんでしまうくらい毎歩いちいちとびはねて「わーい!」という

声が聞こえてきそうなくらいだった。

 目の前をひらひらする蝶を見ても、ゆれる緑の葉っぱを見ても、風が吹いてきても、車が

通っても、犬が通っても、おじいさんが通っても、乳母車が通っても、目をきらきらさせていちいち私を見上げる。

楽しくて楽しくてしかたない、どうしてこんなに世の中っておもしろいの?

 なんでこんなにきれいだったり、どきどきするの? こんな楽しいことがあるなんて、

信じられない、なんで産まれてきたことってこんなに楽しいの?

 そう言っているとしか思えないくらいに、嬉しそうなのだ。」

 

(『人生の旅をゆく 2』 「人生をつくるもの」より)

 

この後に語られた言葉は、震災後の日本を生きる上でほんとうに、

たいせつなものだと思った。

世界を見る目を、分けてもらう。そんなエッセイだった。

 

人生の旅をゆく 2