Posts Tagged "写真展"

渋谷ヒカリエ 荒木経惟「花ト恋人(こいじん)」

アートコーディネーターの内田真由美さんから頂いた、

アラーキー写真展のご案内です。
アラーキーの感じている世界が、私は好きです。

元気で、狂おしいほどの愛を持った人なんだと思います。

以下、頂いたメーリングから転載させていただきますね。

太字と赤字は、私が勝手に入れたものです。

なんか、すごいなと思って。
***************************************************

荒木経惟展「花ト恋人(こいじん)」

会場:渋谷ヒカリエ(8階) 8/ CUBE

会期:2012年5月16日(水) - 28日(月)

11:00~20:00

入場無料

企画:内田真由美+タカ・イシイギャラリー

☆★☆★☆★☆★

日本を代表する写真家、アラーキーこと荒木経惟のポラロイドによる写真展。

エネルギッシュな活動で常に注目を集め続け、海外でも高い評価を得る荒木は、

人が生きることの悦びと哀しみ、その深さを、圧倒的な写真の力で見せてくれます。

長年撮り続けてきたポラロイドより、花と女1000点を展示します。

荒木は、新しいことが始まる渋谷に花を捧げ、 「新天地」に「新世界」にしたい、

そして、福島に花を捧げ、福島を「楽園」にしたいと語っています。

「花は女であり、女は花である」という荒木。

「花は生殖器なんだよ、女も生殖に関係するだろ、 今、一番欠けているのがエロ、

エロというのは生きる力や悦びだからね」。

 

会場には、初来日したレディ・ガガとのフォト・セッションによる 迫力ある大判写真7点も展示します。

以前より荒木に撮影されることを熱望していたガガ。

2009年に初来日した際に実現したアラーキーとガガのフォト・セッション。

他に、荒木が古希を迎えた2010年に撮影した「古希ノ写真」より 花の写真なども展示します。

 

また、会場において、荒木によって生み出された、映画でもなくスライドでもない、

新しい写真表現である映像作品「アラキネマ」19本を連続上映します。

 

荒木は、本展開催中の5月25日に72歳を迎えます。

2008年に前立腺がんを患い手術、闘病を経て、ますますパワフルな制作活動を続ける アラーキー。

「シャッター音は鼓動、写真を撮ること自体が生活であり、人生」

と言う荒木。 会場にほとばしる荒木の写真への情熱、そして会場に充満する“生”。

長年撮影し続けてきた花と女のポラロイド1000点、 レディ・ガガとのフォト・セッション、

映像作品「アラキネマ」の連続上映。

アラーキーの世界をお楽しみください。

http://www.hikarie8.com/home.shtml

 

***********************************************************************

オマケ。

私のアラーキーおすすめ写真集

いい顔してる人

熊本の美術館で、1才未満の赤ちゃんと母親のヌード写真を

一般公募で撮影したアラーキー。

写真を展示したら、その場がカテドラル(聖堂)になっちゃった! とアラーキーは言います。

母子の聖性に満ちた写真を見た時、

黙って涙が流れました。

 

いい顔してる人の写真と、アラーキーの語りで構成されているこの本は、

だらだらしゃべっているようでその、どれもが本質をついていると

思わせるんですね。

日本に足りないのがエロならば、

アラーキーこそがこの日本を救うのかもしれません。

 

 

 

 

 

片山康夫写真展「水、鳥、津軽」

山田スイッチの『言い得て妙』 仕事と育児の荒波に、お母さんはもうどうやって原稿を書いてるのかわからなくなってきました。。。-101022_1356~02.jpg

弘前市の田中屋さんで開催中です。とても、静かに見つめる世界。派手じゃなく、じんわりしているんだけど自分だけの楽しみのように、なんでもない風景の中で鳥が飛んで、ふっと静かに意識が動くとき。ひとりぼっちでいるのに、何か底知れないものと繋がっていると感じる一瞬のこと。そういう寂しい安心感を味わえると思います。

 

永野雅子写真展『記憶』

私の大好きな写真家である永野雅子さんの
写真展が7月30日より開催されます。
場所は、弘前市のharappa gallery

何と、初日のトークショーにスイッチかあさんも
ゲストで出ることになりました!
雅子さんのスライドショーを楽しみながら。
(スライドショーって、写真も楽しみだけど音楽も楽しみなんだよね!)
当日は雅子さんの写真や長谷川正之さんの写真、そして
弘前の魅力を、思う存分語りたいと思います。
トークショーの会場は写真展の会場から歩いて10分の
百石町展示館です。お間違えのないよう、お気を付け下さい!

永野雅子写真展「記憶」

2009年7月30日(木)-8月25日(火) 10:00-19:00
※弘前ねぷた土手町運行時(8/1-4)は、21時まで
会場:harappa gallery(036-8182 弘前市土手町112)
主催:NPO法人 harappa
入場無料

関連イベント/トークセッション「弘前の記憶」
永野雅子(写真家)
×山田スイッチ(コラムニスト)
×長谷川正之(フォトグラファー)
2009年7月30日(木) 19:00-20:30
会場:弘前市立百石町展示館(036-8035 弘前市大字百石町3-2)
主催:NPO harappa百石町展示館自主事業実施委員会
入場無料

 

hirokic写真展

人の感性が羨ましくなるときがある。

どうやっても私には感じ切れないもの。

痛さ、甘さ、切なさというものを

深く深く受け止めて、それをカメラで捕らえてしまう人がいる。

彼が写真家になるのが、私の夢だった。

彼の周りの誰もがそう願っていた。

その願いは今、叶えられようとしている。

弘前の街のことを、hirokicはこう言った。

「街全体に

神社の境内のような

静謐な空気が流れている」

何故枯れかけた薔薇があんなに美しいのか。

痛さというものがこんなに甘く感じられるのか。

hirokic
に聞いてみたい。http://and.rock-stock.net/

今週末、東京にいる方、ぜひ訪れて下さい。

2006.3/25~26(土、日)
hirokic
 写真展「rooms」
会場;中目黒Gallery 7c
http://www.h7.dion.ne.jp/~gallery7/
にて

3/25日 12:00~19:00
※17:00~パーティー☆

3/26日 11:00~17:00

 

永野雅子写真展

雅子さんに出会ったのは、

弘前の巨大な煉瓦倉庫の中で開かれた、

奈良美智展のカフェだった。

彼女は2005年の奈良美智弘前展の

写真家さんである。

写真家・雅子さん。

彼女の名前をHAPPY HOURのBBSにに見つけると、

いつも、いいようもない緊張を覚えていた。

名前から姿を想像してしまう。

中学の時に同級生だった同じ名前の「雅子ちゃん」が浮かび、

しばらくの間私は雅子さんを、

同級生の雅子ちゃんの顔で 覚えていた。

私の同級生だった雅子ちゃんは、

もう、名字が何、雅子さんだったか覚えてないのだが、

背が高く、凛とした印象を持つ子だった。

だから、雅子さん という名前を見かけると、

いつも。背の高い凛とした、「雅子ちゃん」の姿を思い浮かべた。

その姿で、私はいつもBBSの流れる情報を読む。

どんな名前の人も、

一瞬で姿を想像してしまう。

言葉しか残らないBBSから、私はいつも姿を想像して画面を見てしまう。

だから私の脳内BBSは、人々が映像で喋り合っている。

その中でも雅子さんの使う言葉は、

写真家の言葉だった。

世界の、ほつれるような言葉にならないものを

映し出す写真のように、

一言、ひとことが美しかった。

とても遠い世界の人に思えたので、

もし近くにいても、

時が降りてくるまでは出会えないと思っていた。

一年か二年かをBBSの前で過ごし、そして時が降りてきた。

実をいうと、雅子さんに出会ったその日は、

私の中の「何か」が漏れ出してる一日であって、

十ヶ月間腹の中にいた子供を出産し、

産後三週間を産んだ子と一緒に

まるで繭の中のような家で過ごして。

そんな毎日から初めて、表へ出た一日だった。

今でもその日の空気の色を思い出すことができる。

外の世界の空気が私に押し寄せてくるように見えた

どんな空気も私を乱した。

ましてや向かった先は弘前の聖地……吉井酒造煉瓦倉庫である。

奈良さんの作品は押し寄せる世界のようで、

煉瓦倉庫の空気は私を遠く連れ去って、

心がハラハラと泣き叫んで、

その後、雅子さんの写真に、もう一度出会った。

一度目は、弘前展のカタログにある、雅子さんの写真集。

開けた途端に 光に反射して残る、雪の足跡が出てきた。

それはほんの一瞬にしか見えない、美しく儚いものであって

今まで見たこともない、「消え去りそうな世界」 だった。

こんな形にならない気持ちを 形にされると、

私は涙がとまらなくなってしまう

それでしょうがなく、なんだか泣きながら、

出会ってしまった

ようやく私は雅子さんに、出会えたのだ。

雅子さんは 中学の同級生の 雅子ちゃんと

やっぱり姿は違っていたけど、

凛とした印象は同じだった。

ノドが苦しくて、うまく喋れなかったけど

私は恋をするより多くを感じていた。

何故か それでもう充分だと思えた

東京に住んでる方に、ぜひ、見てきてほしい写真展があります。

 ほんの数秒先には、消え去ってしまいそうな世界を。

写真にしてしまうすばらしい写真家さんがいます。

彼女は写真に する。

こころにしか残せないような、形にならないいっときを。 
 あまりにも美しい弘前の空気が、そこにある。

■ 永野雅子写真展 I NEVER FORGET YOU.
Yoshitomo NARA From the Depth of My Drawer
弘前展の記憶

撮影 永野雅子
会期 2005年7月26日(火)~31日(日)12:00~19:00
場所 studio Sarrut AOYAMA
   150-0001東京都渋谷区神宮前4-9-16 1F
   TEL:03-3403-3605
   
http://www.sarrut.com

協力 「奈良美智展 弘前」実行委員会