Posts Tagged "誕生"

ドングリ粉100%! 縄文バカバーガー誕生

山田スイッチの「あそこのおかあさん縄文人だから」が更新されました!
 
パンはドングリ粉100パーセント、肉はイノシシ肉、野菜はフキノトウの素揚げという、
縄文バカバーガーを開発しましたドグ!
ドグ子さんの4コマまんが付き☆
お暇な方は寄って行ってね☆(^▽^)/

 

 

[うちのバッチャ] 13. 第二のひ孫誕生

 
13. 第二のひ孫誕生
 
「自宅の庭に、縄文時代の竪穴式住居を建てたら、妊娠してた」という、冗談みたいな本当の話が、我が身に降りかかってきました。
なぜそんなものを建てたのかというと、青森県には約5000年前から3000年前に縄文時代の人が暮らしていた遺跡がたくさんありまして。縄文遺跡に通ううちに、いつの間にか遺跡で食べるおにぎりが美味しくて縄文遺跡が好きになり、作家の田口ランディさんと「縄文友の会」という会まで結成した私は、2008年の夏に竪穴式住居の建設に踏み切ったのです。
とにかく、穴を掘って丸太で柱を立てて、住居を作ろう! と。そして、恐る恐るバッチャに、「おばあちゃん、庭に、竪穴式住居を建ててもいいですか?」と聞いたところ、「恐ろしな!」という許可を得たわけです。
 
建設の日、約10人の男達がカレーライスを食べさせると言われて連れてこられ、
「ここに穴を掘ってくれ。深さ1メートルぐらい。」
と言われ、スコップを手渡されました。
「カレーが食べられるって話はどこにいったんだ!?」
「大丈夫。直径3メートルの円に掘ったら、カレーを食べさせてあげるから」
そう言われて、夏の暑い盛りにえんえん深さ1メートルまで掘り進むと、今度は「ナタで木を削って杭を作ってくれ。」とナタを渡され、「一体、何本だ?」と聞くと、「まあ、150本くらいかな?」とサクッと言われ、「一体、いつになったらカレーを食べさせてくれるんだ〜」と、人々が汗だくで、だまされながら作ったのが、わが家の竪穴式住居なのです。
掘った穴の周りを杭で囲って土の進入を防ぎ、中に杉の丸太で4本の柱を立て、5メートルぐらいの長めの棒50本と、杉の皮付きの板400枚で屋根を葺いたわが家の竪穴式住居の影には、カレー一つにだまされて穴を掘った男達のロマンが隠されていたのでした。
建設にかかった日数は材料集めに2ヶ月間、作業に4日間でした。
おそらく、縄文時代にも人々はムラの男衆総出で住居を建て、女達はカレーではないにしても、イノシシ汁とかそういうものを作って、男達を鼓舞していたに違いありません。
「イノシシ食べたらがんばるのよ~!」って。
その竪穴式住居は、初めて建てたにしてはやけに本格的なものに見え、なぜか青森県庁の方々が視察に訪れるようにもなり、噂を聞きつけた地元新聞やラジオ、テレビ、FM東京の方々も取材に来てくれました。
 
しかし、何より不思議だったのは、住居が完成した日になぜか私の妊娠が発覚したことです。
「産まれてくる子は縄文の末裔に違いない」
そう言われ続けた私の出産日前日……その日、青森市に住んでいらっしゃる、私の憧れの民俗学者・田中忠三郎先生から私の元にお手紙が届きました。驚いて中を開けてみると、こんなメッセージが。
「昔、産婆さんも産婦人科もなかった頃、出産する時産婦は、おなかに麻ひもを巻いておりました。麻は神が宿るもの、聖なる力があるものといわれ、赤ちゃんを守っておりました。この麻ひもは赤ちゃんを守って下さるでしょう……。」
そして、封筒の中からは白い紙に包まれた、麻ひもが出てきたのです。
こ、このひもが、赤ちゃんを守って下さるのですか! 麻ひも……というより見た目が「縄」なんですけど……!
そうこうしているうちに陣痛がやってきました。巻くか巻かないか? という選択肢がどんどん迫って参りました。もう、迷っている時間はありません。巻いて安産なら、巻けばいいじゃない! 
腹に麻ひもを巻き、会社に行った夫を電話で呼び戻すと、既に陣痛は3分間隔。
移動の最中に
「イダダダダ! イダダ! イダダダ! い~た~い~」
と、呻きながら産婦人科へ向かう夫と私。途中、車窓からは青空に映えた真っ白な岩木山が見えて、なんともいえない出産日和。
産むなら、今日!
 
長男出産時にかかった時間は4時間35分でしたが、今回は産院着いて早々、助産師さんがこう言いました。
「もう、産んじゃいましょう!」
「も……もうですか!」
「もう頭が見えてますから、産んじゃいましょう!」
言われるがままに分娩台に上がり、指示通りに「ふんぬー! ふんぬー!」といきんでいたら、なんと。第二子は分娩台に上がってから、18分で産まれてきたのです。
こ、これが、麻ひもの力なのか……?
「お疲れ様ですー。お母さん、2900グラムの男の子ですよー」
「ええっ男の子? わ、本当だ!」
「それじゃあ、お母さんのパジャマも着替えましょうねー……ハッ。な……、縄?」
助産師さんに見られたのは、普段出産では見かけることのない私の腹に巻かれた麻ひもでした。
「あ、あの。青森県では昔、おなかに麻ひもを巻いて出産に臨むと安産になるって言い伝えがあったと民俗学の先生が……」
「ええー! 初耳ですねー!」
初耳……。やはり、腹に縄を巻いて出産する人など、近代においてはいなくなっていたのですね。この産院で腹に麻ひもを巻いて出産したのは、きっと私が初めてです。
 
それにしても、分娩台に上がって18分で出産というのは早すぎるような気がします。私はよほどの安産だったらしく、産まれてきた子はすごくきれいな丸い頭の形をしていました。バッチャはあまりの赤ちゃんの小ささに、
「これは、マペコだなあ。マペコ! マ~ペコ!」
と、津軽弁で「小さい子」というあだ名を付けてくれました。
ありがたい麻ひもを入院中、冷蔵庫の横のタオル掛けに結わえておいたら、見舞いに来た家族全員に
「縄? なんで縄……?」
と、一様に驚かれてしまったのでした。
 
 
 

青森県の最強バッチャが繰り広げる、愉快で楽しい村のお年寄り情報満載エッセイ集!   

これを読んだら即・元気!!

『うちのバッチャ』
 
山田スイッチ 著
山田スイッチ社 刊
¥1,000
 
お買い求めはこちらから!
 

 

 

[うちのバッチャ] 11. カブ男、師匠誕生

 
011. カブ男、師匠誕生
 
大根が軒先に干される季節になりました。
朝、車で外出した際には何事もなかった車庫の軒下に、いつの間にか大根が干されているということが田舎ではよく起こるのです。
気づかずに車庫入れをしたら、車の屋根に大根がごんごんとぶつかるというのを初めて体験致しました。
「何故、大根が!?」
もちろん、それはバッチャの仕業です。大根は至る所に干されていて、後に漬け物へと変わるのです。 バッチャというのは、年中野菜を干したり漬けたりしているものなんですね。春にはホッケが洗濯物の横に干されていましたが、秋は大根と柿が軒下につるされます。野菜は、干せば日持ちも良くなりますし、味わいも深まりますね。
昔は冷蔵庫やスーパーなんてものがなかったから、こうやって冬の間に食べる野菜を確保していたのでしょう。バッチャの漬ける漬け物の量というのは、半端ではありません。
とにかく、大量の野菜を相手にでかい漬物用の樽に何本も漬けるのがバッチャ流です。
そして漬けあがったバッチャの漬け物は、半端なく美味しいのです。
美味しいなら多いに越したことはないのですが、食べきれないほどあるので、うっかり多めに漬け物樽から出してしまうと、暖かい場所で乳酸菌が一気に増え、酸っぱくなってしまいます。
 
漬け物を最後まで美味しく食べるには、石が必要だと青森県弘前市で「森のイスキア」を主宰されている、佐藤初女さんは言います。
森のイスキアは、弘前のおばあちゃん達がおいしいご飯を作って迎えてくれる、教会のような場所です。70歳以上のスタッフの方達が、佐藤初女さんとひとつひとつ心を込めてお料理をされているので、食べた時にどうしてもその心が伝わってきて、「ああ、自分は大切にされているんだ」と、言葉にはできないほどの慈愛を感じてしまい、大切に生きようという思いが生まれてくるのだと思います。
一度、森のイスキアを訪ねる機会があり、じゃがいもを煮たものを頂いたら、黄金色のじゃがいもがあんまり美味しくて、泣けてきたことがありました。
佐藤初女さんは、今年で92歳。心を込めてむすんだおむすびでたくさんの人の心をほぐしてきた、穏やかで美しい印象のおばあちゃんです。
漬け物を漬ける時は、大きな樽には大きな石、小さなタッパーには小さな石を使うといいのだそうです。しかし、流石に近年に入ってから、わが家の冷蔵庫で石が上に載っているタッパーというものは見なくなりました。
 
いけない。このままでは、漬け物が酸っぱくなってしまう……。
そう思った時に救世主が現れました。バッチャにとってはひ孫にあたる我が子……あだ名は「師匠」です。
離乳食を終えた息子は、いつの間にか漬け物をバリバリと食べるような子どもになっていました。離乳食から漬け物って、その飛躍の仕方は一体何なのでしょうか。師匠の漬け物好きは、半端ではありません。バッチャの漬けた漬け物が枯渇するのではないか? というくらい、勢いよく食べます
1歳半ばになった頃から突然、自発的にカブ漬けを食べ出した息子は、カブ漬けが食卓に上がるともう、カブから手を離しません。
「カブちょうだい! カブちょうだい!」
「師匠、カブ漬けばっかり食べてないで、ご飯もちゃんと食べなさい!」
「カブ! カブ! カブ!」
おまえはカブの、何なんだ……。
この息子、焼きそばを食べれば紅ショウガ。カレーを食べれば福神漬にラッキョウと。メインディッシュを無視して横に添えてある漬け物ばかりを食べてしまいます。
最終的にはバッチャに、「カブ男」というあだ名まで付けられてしまいました。だけどすごい勢いで消費されていくカブ漬けを見て、バッチャは嬉しそうなのです。
 
 
 

青森県の最強バッチャが繰り広げる、愉快で楽しい村のお年寄り情報満載エッセイ集!   

これを読んだら即・元気!!

『うちのバッチャ』
 
山田スイッチ 著
山田スイッチ社 刊
¥1,000
 
お買い求めはこちらから!

 

 

 

 

エレキさん誕生

山田スイッチの『言い得て妙』 仕事と育児の荒波に、お母さんはもうどうやって原稿を書いてるのかわからなくなってきました。。。-110427_1329~001.jpg
    

明日はTHE・エコ暮らしで

おなじみの国民的アイドル「エレキさん」の生誕27周年記念祭です。

エレキさんは、この間わが家に数日間滞在し、朝晩のごはんを食べて

いかれたのですが。肉大学 焼き肉学部卒業のうちのケンさん(うちの夫)と同じ食事をするうちに、

お腹をこわされまして。

 

なんか、辛そうでした。

 

ちなみに、ケンさんは牛肉学部 焼き肉学科卒だそうです。

牛肉学部には焼き肉学科の他にもステーキ学科があります。

豚肉学部とんかつ学科卒は、地元のとんかつ店への就職が有利になるそうなので、

ぜひそちらにご入学を……って。

 

普通に専門学校通ったほうが良くねえ!? 

 

とまあ、この話は置いておいて……。

 

ここ最近のエレキさん発言で面白かったものを一つ。

 

山田スイッチの『言い得て妙』 仕事と育児の荒波に、お母さんはもうどうやって原稿を書いてるのかわからなくなってきました。。。-110427_1329~001.jpg
 

 「これは都市伝説なんですけど、

厳格なマクロビオティックをやっていて

無農薬野菜しか食べてなかった人がいたんです。

その人、コンビニのお弁当一口食べたら

死んじゃったんだって……」

 

 

 

 

 「ええ~!?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

じゃあ、もう一つ。

 

 

 

山田スイッチの『言い得て妙』 仕事と育児の荒波に、お母さんはもうどうやって原稿を書いてるのかわからなくなってきました。。。-110427_1329~001.jpg

 「いつか……人々が出した物を元の位置に

戻せる日が来ますように。」

 

 

 

 「い……祈ってる……!?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「最近……」

山田スイッチの『言い得て妙』 仕事と育児の荒波に、お母さんはもうどうやって原稿を書いてるのかわからなくなってきました。。。-110427_1329~001.jpg

  「最近、このポーズでないと考えがまとまらなく

 なったんだよねえ」

 

 

 「そんなポーズ!?????」

 

そんなこんなで。

 

本当はテンダー隊員(@ヨホホ研究所)
が報告すべきエレキ生誕27周年なのですが。

とりあえず今年はスイッチ隊員が報告しておきました!

 

来年もよろしくお願い致します!