こどものかゆみ、だいぶ治ってきました。

一時は夜間に三度起こされて痒がる息子を風呂に入れたり、薬塗ったりしていた
スイッチかあさんですが、
夜間に師匠がもう、かゆさで起き上がらなくなりました!
自由だ!自由の夜明けが来た!!

8月の中頃からヘルパンギーナを発症して、
誤診されて、再発して、腎臓にばい菌が入って……。
すっげえ長い闘いでしたが、
根気よく薬飲んで、手足冷やして、手足洗ってを繰り返しているうちに
もう、ほぼ完治しました!!

中でもよく効いたのが、
「痒がったら即、風呂に入れる」
でした。

掻く前に風呂に!!

しかし、何故風呂に?

不思議に思ってランディさんにお聞きしたら、
「痒いのは乾燥しているからだよ!お風呂に入れば水分が補給できるじゃない。
うちの娘だと、ホホバオイルを塗ってたりしてる。風呂から上がってしっとりしているうちに、ホホバオイルを塗ると、水分が逃げないんだよ」

と教えてもらって、

「ホ、ホホバオイルですね!」

とアロマ屋さんに直行。
言われた通りにあまり安いオイルとかは避けて、
ヒラタアロマサロンでちょっといい油を買って来ました!!

塗ってみたら、師匠はご機嫌でした。
この人は本当に敏感肌で。
薬も強いのはしみるらしくて、塗った後怒って洗い流させるようなヤツだから。
「風呂に入れる」意外に手段がなかったけど、
心強い相棒、ホホバオイルの登場で水分を閉じこめることに成功!!
※もちろん、どんな薬や療法でも合う人合わない人っているから、
体質に合わせて使ってあげてくださいね!

この二ヶ月間、いろんな薬に出会いました。
本当に症状のひどい時は、ステロイドも使いました。
だけどこれは長い期間使わない、と。
小児科で厳重に言われたので、
「ここの医者は安心だなあ」と思いながら、
非ステロイド系の「サトウザルベ」とか。
そういった弱い薬を使いつつ、とにかく痒がったらシャワーで洗う。

シャワーの効果はてきめんです。
気づかずに掻かれると、本当にひどい状態になって、いつまでも治らないから。
今は、一日に一度の風呂で、全然痒がらなくなりました。
明けない夜はないね……。

仙台でランディさんにお会いして、
娘さんのアトピーのことを聞いたら、
「うちの娘は生まれた時から、ずっと漢方の先生の所に行ってて、漢方だけで治してるんだよね。」
と言われて、「すごい母がいるよーーー!」と恐れ入りました。
その選択肢、すごいよ!

とにかく、ここ二ヶ月間で、
とりあえず師匠に合う治療法は何なのか。なんとなくわかってきました。
あと、ヘルパンギーナは抗生剤を最後まで飲まないと再発することと、
間違った薬でも再発して腎臓にばい菌が入りやすいことがわかったので、
一つ、ものを覚えたよ!

こちらは師匠を生む前に、色々薬やかゆみに関して「ううむ!」と唸った一冊。


雨宮 処凛
アトピーの女王
オススメですよ!