エコハンター第116回「ハイ、天空の剣だよ〜」

 
エコハンター第116回「ハイ、天空の剣だよ〜」
 
冬でも子どもにはゲーム以外でも遊んで欲しい。
しかも、新聞紙をリユースしたい。そんな2つの願いを叶えるとっておきのエコ技は、「子どもに新聞紙で遊ばせる」です!
 
このエコ技は男児から小学校男子ぐらいにしか通用しないのですが、新聞紙を2枚重ねて端から斜めに細く、くるくると丸めてセロハンテープで留めたものを2人の男子に与えると、もらった瞬間に闘いだしますね…。
 
ポイントは、あげる時の一言です。
「ハイ、剣だよ〜」じゃ普通の反応しかもらえません。渡す時はちょっとひねった一言を。
「ハイ、天空の剣だよ〜」
こう言うと、なんだかすごい剣をもらったような気がして、闘いにも熱が入るようです。
 
基本の剣は新聞紙を丸めただけでできますが、オプションとして鞘や鍔も作ってあげると良いでしょう。
作り方は簡単。
剣よりもゆるめに新聞紙を丸めて最後に先っぽを折り返し、セロテープで留めると鞘ができます。
鍔は、鍔の形に切った新聞紙を重ねて厚みをつけてセロテープで貼り付けましょう。
 
これで放っておいても30分くらいは新聞紙の剣で闘ってくれますし、壊れたら自分で新聞紙を丸めて作ってくれるようになります。
おかげさまでわが家には、丸めた新聞紙が大事な剣として、そこら中に散らばっています。
部屋は汚くなりますが、子どもは元気に遊んでくれます。
 
子どもに家にあるもので遊ばせるには、毎日がワークショップだと思えばいいんです。
実際に開かれているワークショップに連れて行くのもいいですし、家でワークショップと称して子どもに何かを教えるのもいいです。
 
わが家でよくやるのは、グミ作りです。
グミにしたいジュース60ccを深鉢型のお皿に入れて、ゼライス5グラムを加えます。
甘さが足りない場合はここで砂糖をスプーン1杯程度加えて、電子レンジで1分弱加熱します。
スプーンで混ぜてよく溶けたら、アルミトレーの上にグミの液で好きな形を作ります。
そして冷蔵庫で5分ほど冷やすと…グミ、というよりも固めのゼリーなのですが、面白くて美味しいもののできあがりです! 
 
長い冬もあと少し。
家の中で楽しいワークショップを開催してみませんか?東北農民管弦楽団 結成記念演奏会