エコハンター第145回「折り詰めシチュー」

エコハンター第145回「折り詰めシチュー」
 
結婚式やお葬式でお料理を残したら、生もの以外は折り詰めに詰めて持って帰りますよね。
だけども冷えた天ぷらやエビフライを食べるのは、ちょっと寂しい…。
そんな時は、温かいそばつゆを作って、天ぷらそばにしてしまうか、いっそのこと天ぷらやエビフライの衣を剥いて、シチューにしてしまいましょう。
折り詰めの残りをかなりの割合でうちでは、シチューにしてしまいます。
 
衣を剥いて、簡単にお湯で洗って。折り詰めのホタテを焼いたものなんかは細かく刻んで入れますと、シチューにコクが出て美味しいです。
材料もタマネギを1個分を刻んだら、フライパンにバター10グラム、刻んだベーコン、衣を剥いたエビフライや海老天のエビ、ホタテを細かくしたもの、ニンジンなどを加えて炒め、タマネギが透き通ったら被るくらいの水を入れて煮ます。
野菜に火が通ったら、コンソメやウェイパー(中華だし)で味付けをし、牛乳を加えます。
 
私の作り方では、これにブールマニエという、西洋料理の即席のとろみ付けを加えて、塩コショウをして出来上がりです。
ブールマニエはバター10グラムを室温で柔らかく戻したものに小麦粉10グラムを加えてよく混ぜたものです。
スプーンだとなかなかうまく混ざらないので、私の場合は指先でバターと小麦粉をこねるように混ぜます。
 
ブールマニエは煮込み料理やソース、スープのとろみ付けにはもちろん、カレーやシチューのルーにも使えます。
加えるときは、料理の煮汁の一部でブールマニエを溶かしてから、少しずつ加えるときれいに溶けます。
 
スープの量に対してブールマニエが足りないとうまくとろみがつかないのですが、その場合は、とろみなしのスープとして味わいましょう! 
そしてもちろん、残ったエビフライの衣や天ぷらの衣は、捨てずに庭の土を掘って埋め、堆肥にしましょう。
 
土の中のバクテリアが分解してくれるので、燃えるゴミに出さなくて済みます。ついでに野菜の皮なども埋めて実験しましょう。
今の時期ですと、10日ほどで分解されて土に還りますので、ぜひ試してみて下さいね。
 
<エコハンター第144回「虫歯の母子感染を減らす?」へ>
<エコハンター第146回「風呂敷、使ってみませんか?」へ>
 
他の回のエコハンターはこちらから!
※※※この画像(記事は)は、陸奥新報社提供です。無断転載はできません。※※※