エコハンター第156回「お肌の乾燥の味方。ホホバオイル」

エコハンター第156回「お肌の乾燥の味方。ホホバオイル」

お肌の乾燥する季節になりましたね。冬が近づくにつれて、肌も唇もガサガサになっていくこの頃。
このままでは心もガサガサになってしまいます。
 
しかし、寒くてついついお湯で顔を洗ってしまいますと、お肌の皮脂が抜けてしまうので、冬こそ水で顔を洗うべきだとエコハンターは思っているのです。 
まあ、石けんをネットで泡立てるぐらいまでならお湯を使ってもいいんですよ。
しかし、泡立てた泡を顔に載せて、すすぐ時にはぜひとも水を使って頂きたいのです。
 
エコハンターは60代ぐらいでお肌がツヤツヤしている人を見かけたら、「洗顔はどうやっているんですか?」と聞くことにしています。
お肌には長年の実験結果が出ますから。
ある時、60代の人にこれを聞いたら、「冬でも水で洗うこと!」と言われ、驚きました。
 
理由はわからないけども、とにかく水で朝晩顔を洗ってみると…おお。
驚くことに、顔から皮脂が抜けすぎずに潤っているんですね。
顔を洗ったらすぐに化粧水などで保湿をし、乳液で通気性のいい蓋(平田洋子さんの名言)をします。
 
これでもまだガサつくようでしたら、私の場合はホホバオイルに頼ることにしています。
ホホバオイルは、ヒトの肌の皮脂に含まれるワックスエステルという成分を豊富に含んでいるんです。
ホホバオイルでリンパマッサージをする際は、オイルをつけて肌の上を滑るように、あまり強く押しすぎずに優しく、鎖骨の周りを撫でて、目の下は目頭から目尻へ、こめかみから耳の前を通って、あごと首の付根から鎖骨のラインへ、首の上から下へと向かって撫でるといいですよ!
 
唇の乾燥にもホホバオイルは効果があります。
オイルをたっぷり塗って、ラップをして5分待てば、ガサガサが収まっているはず。
 
ホホバオイルがない場合は、オリーブオイルやワセリンを唇に塗り、ラップするのも効果があります。
唇が乾燥している時はついつい、唇を舐めてしまいますが、舐めるとそこから水分が蒸散してまた乾燥してしまいますので、乾燥した時は思い切ってパックをすることをお勧めします。
 
 
※※※この画像(記事は)は、陸奥新報社提供です。無断転載はできません。※※※