エコハンター第34回「太陽光で充電の巻」

ずっと使ってみたかったソーラーパネル。

ためしてみたら、意外としっかり使えることがわかったのでした。

エコハンター第34回 「太陽光で充電の巻」。

 

日差しの強い季節になりましたね。太陽光で発電するには、最も相応しい季節に…!

ここしばらくの間、私の使う携帯電話の電源はすべて太陽光でした。

太陽光で充電できるアイテムを手に入れ、3ヶ月間の使用期間を経て、ようやく皆さまにご報告することができます。

 

家電量販店でゲットしたP社の「コンパクトソーラーライト」は、

太陽光で発電し内部に収納されている単3の蓄電池2本に蓄電ができ、

しかも停電時にはLED(発光ダイオード)ライトとして使えて更に、

携帯電話の充電もできるという面白くて実用的なアイテムです。

 

毎日南側の窓の側に置いて、丸一日太陽に当てておけば太陽光発電での充電は完了。

付属のUSBコードを携帯電話に差し込めば、

あらまあ、携帯の充電ランプが点灯するじゃないですか!

 

このアイテムで携帯電話の充電がしたいという方は、

買う前にご自分の携帯電話の給電口をよーく確かめてからお買い求め下さいね。

また、別売りで給電口の型を変換するアイテムも販売されております。

 

備え付けのLEDライトは、

フル充電時は「弱」の明るさで60時間、「強」の明るさで10時間点灯可能です。

私が買った2月の時点で販売額は5千円くらいだったのですが、

安いところだともう4千円台ですね。お買い得になったものです。

 

曇りが3日続くとこの太陽光発電はアウトなのですが、

天気がいい日はフル充電できちゃいます。

毎日携帯で1時間話していても大丈夫。

携帯電話って、そんなに電気代がかからないのです。

14インチの液晶テレビを1時間見ると60ワットほどの電力を消費するのですが、

携帯電話で1時間話しても、消費電力は15ワットほどです。

 

ただし、太陽光発電は天候と太陽の動きに左右されるものです。

この3ヶ月の間に、曇りが続いて充電が不十分なまま過ごした日が何度かあり、

とうとう電池切れになった日が1回だけありました。

まあ、そういう時はコンセントから充電すればいいんですけどね。

 

太陽光を気軽に試してみたい方には、お勧めのアイテムだと思います。

<エコハンター第33回「夏はステテコ」へ

エコハンター第35回「これからは味を売る時代」へ

 

ほかの回のエコハンターはこちら!

※※※この画像(記事)は、陸奥新報社提供です。無断転載はできません。※※※