エコハンター第66回「ホテルのシャンプーは洗濯に使えますねん」

エコハンター第66回「ホテルのシャンプーは使えますねん」

 

シンプルに暮らす第二弾は、「ボトルを減らそう!」です。

私は三人姉妹の真ん中で育ったので、

青春時代には風呂場に

姉用のシャンプー・リンス、私用のシャンプー・リンス、妹用のシャンプー・リンスがずらりと並び、

しかも気に入らなかったシャンプー・リンスは使われないまま放置されていたので、

よくお風呂場がボトルの集積場みたいになっていたのを思い出します。

 

使っているボトルが並んでいるのはまだいいのですが、

使われていない上にこれからも使われる予定のないボトルが

永遠に並んでいるのを見ると気持ちが萎えますよね。

そこで、本日はお風呂場周りの邪魔なボトルの退治方法です! 

 

使っていないシャンプーはスポンジに付けて、泡立てて風呂釜を洗うのに使えば、

とても良い匂いのお風呂用洗剤になるんですね。

お風呂用の「超強力風呂釜洗い」みたいな洗剤は、

泡で汚れを落とすので素手では触れないほど強力で、

うっかり触ると手肌を痛めてしまいます。

ですが、シャンプーだったらそのまま使っても手肌が荒れる心配はないですよね。

シャンプーはこの他にも、お洗濯に使えます。

 

昔、ジャズシンガーの綾戸智恵さんがテレビに出始めた頃、

ジャズシンガーとして呼ばれているのにどうしてもそれを伝えたかったのか、

「ホテルのシャンプーは洗濯に使えますねん! それでリンスは柔軟剤に使えますねん!」と、

大阪のおばちゃんトーク丸出しで語っていたのが印象的で、

放送後すぐにシャンプーでセーターを洗い、リンスで仕上げしたところ、

本当にふわふわの洗い上がりになったことがありました。  

そういえば、髪の毛を洗うシャンプー・リンスですから、

毛織物のお洗濯には最適だったのかもしれません。  

 

リンスはお湯で薄めて柔軟剤代わりに洗濯機に入れると、

お洗濯物が柔らかく、しかもリンスの香りになります。

お風呂場のボトルの中身が色々余っていたら、ぜひ試してみてください。

 

 

<エコハンター第65回「確実にものを減らせるテクニック」へ>

<エコハンター第67回「奇跡のテキスタイルアート」へ>

 

他の回のエコハンターはこちらから!

 

※※※この画像(記事)は、陸奥新報社提供です。無断転載はできません。※※※